PROFILE

お名前:2010年8耐
生年月日:2010年07月25日
出身地:三重県
自己紹介:


2010年7月22日(木)〜25日(日)まで鈴鹿サーキットで開催される伝統の耐久レース『“コカ・コーラゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース・第33回大会』のオフィシャルブログです!

ここを見れば、鈴鹿8耐のみどころがよ〜く分かりますよ!


7/22(木)公式練習
7/23(金)公式予選
7/24(土)スーパーポール
7/25(日)決勝(8時間)

CATEGORY

COMMENT

TRACK BACK

FAVORITE

クレバーウルフ、斉藤選手のために戦う!

鮮やかな蛍光オレンジのカラーリングの


「#221 クレバーウルフレーシング」





チームのファクトリーは大阪市平野区にあります。



「クレバーウルフ」の母体である加美自動車は

かつて4輪レースに参加していました。



会社の事業として、レーシングバイクのカウルに用いられる

FRP(繊維強化プラスチック)のOEM生産を始めたことを

きっかけに、「2輪レースをもっと学ぼう」と
1984年に同社は


「クレバーウルフ」を発足させ、ロードレースに参入します。









代表の
津島光敏さんにお話を伺いました。




「鈴鹿8耐への初挑戦は86年。スズキのノーマルのマシンでしたが、


なぜかいきなり予選を通過しました。結果はリタイアだったんやけど、


うちは塗装も業務やから、せめてマシンだけは綺麗にしていこうと


頑張ったら、カラーリング賞みたいのをもらうことができました」



しかし、2年目以降の鈴鹿8耐は厳しいものだったようです。

クレバーウルフは89 年まで連続して予選落ちを喫します。











そんなクレバーウルフに運命の人が現れました。



鈴鹿8耐、最多出場記録(通算25回)、連続出場記録(23回)をもつ、


斉藤光雄(さいとう・みつお)選手です。






「当時、名門のチームカナヤに居た斉藤選手は250ccクラスで全日本の


チャンピオンにもなりました。SUGOのレースでうちとピットが一緒に


なったのがきっかけで、それ以来、鈴鹿8耐を一緒にやってきました」











しかし、今年のエントリーリストには斉藤光雄選手の名前がありません。














「実はご家庭の事情で、斉藤選手は今年出場できないことになりました。


仕方がないことですが、本当に残念でなりません・・・」




「斉藤選手はチームの”全て”です」



そう話すと津島さんは感極まって、言葉を詰まらせてしまいました。













斉藤選手とレースをするためにあったと言っても過言ではない

クレバーウルフの鈴鹿8耐。津島さんはそんな状況でもレースを続ける

決断をされました。






「斉藤選手が居ないことで、チームのモチベーションが一番心配でした。


でも、寺本クン(寺本幸司選手)が入ってくれて、同じ関西人という


こともあるし、彼は本当にいい人で、チームが前を向くことができた。


続けていくことも大事やと思ったんです」













残念ながら斉藤光雄選手の偉大な連続出場記録は

23回でストップすることになりました。



しかし、
「彼が乗る以上は応援を続けたい」と津島さんも語る通り、

歴代1位の出場回数記録更新の可能性は来年以降残されています。







「クレバーウルフレーシング」は斉藤選手の帰りを待ちながら

今年も鈴鹿8耐を戦います!







【関連リンク】

クレバーウルフレーシング

http://www.cwr.co.jp/







投稿日時: 2010/07/10 08:02:26   投稿者:【 2010年8耐 】
カテゴリ: 参戦チーム