PROFILE

お名前:2010年8耐
生年月日:2010年07月25日
出身地:三重県
自己紹介:


2010年7月22日(木)〜25日(日)まで鈴鹿サーキットで開催される伝統の耐久レース『“コカ・コーラゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース・第33回大会』のオフィシャルブログです!

ここを見れば、鈴鹿8耐のみどころがよ〜く分かりますよ!


7/22(木)公式練習
7/23(金)公式予選
7/24(土)スーパーポール
7/25(日)決勝(8時間)

CATEGORY

COMMENT

TRACK BACK

FAVORITE

引き継がれるマフラー作りのスピリット

以前、鈴鹿サーキットから最も近い所にあるチーム

http://blog.eigyo.co.jp/8tai2010/article/45826

とご紹介した


「#66 DOGFISH O-TEC SUZUKA YIC」







同チームのライダーであり、チームオーナーでもある


大内田実(おおうちだ・みのる)選手は

主にバイク用のマフラーの製造を手掛ける


株式会社 オーテック・鈴鹿を経営されています。











大内田選手は86年のサンデーロードレースSP400で

レースデビューされたライダーで、予選出走600台の激戦区を

戦い抜き、見事予選5番手のタイムを記録し、決勝も6位に

入りました。





その活躍ぶりを見ていたのが、


MORIWAKI

モリワキエンジニアリングの森脇護さんでした。





森脇さんの誘いを受け、4耐出場を目指してモリワキ入り。

マフラー製造で名高い同社でマフラーの製造に携わりながら

ライダーとしてレースを戦いました。





そう

大内田さんの今の仕事のルーツはモリワキにあるのです。


大内田さんはモリワキで技術を学び、そのノウハウを

自社の製品に活かしています。









それだけではありません。









モリワキのクラブチーム
「モリワキクラブ」では若いライダーが

従業員として働きながらレース活動をしていますが、



大内田さんは若いライダーに働く機会を与え、

レース活動をサポートするという姿勢までも

継承されているのです。





工作機械を操作しているのは
佐藤太紀選手、18歳。

今、SRS-Jでレースを学びながらオーテック・鈴鹿で働いています。











大内田選手自身が若い頃に与えてもらったチャンス。



そのチャンスを今の若いライダーにも・・・





鈴鹿8耐が歴史を重ねていくにつれ、

8耐に関わる人たち、挑戦する人たちのスピリットも

受け継がれていっているのですね!





ちなみに、チーム名にもある
「DOGFISH」とは

同社のオリジナルマフラーのブランド名です。







【関連リンク】



オーテック・鈴鹿 

http://www.otec-suzuka.net/





モリワキエンジニアリング

http://www.moriwaki.co.jp/







投稿日時: 2010/07/10 09:16:06   投稿者:【 2010年8耐 】
カテゴリ: 参戦チーム