PROFILE

お名前:2010年8耐
生年月日:2010年07月25日
出身地:三重県
自己紹介:


2010年7月22日(木)〜25日(日)まで鈴鹿サーキットで開催される伝統の耐久レース『“コカ・コーラゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース・第33回大会』のオフィシャルブログです!

ここを見れば、鈴鹿8耐のみどころがよ〜く分かりますよ!


7/22(木)公式練習
7/23(金)公式予選
7/24(土)スーパーポール
7/25(日)決勝(8時間)

CATEGORY

COMMENT

TRACK BACK

FAVORITE

蜂のマークの名門、ハニービー!


野田弘樹(のだ・ひろき)選手


関口太郎(せきぐち・たろう)選手の2人で今年も8耐に挑む、




「#999 テルル・ハニービーレーシング」









野田選手のライディングスーツには


「ヘルメットを被った蜜蜂」のマークがついています!






RACING TEAM HONEYBEEは1979年(第2回大会)から

参戦している非常に歴史のあるチームです。









同チームを主宰する
「オートショップ スガハラ」を営む


菅原道直さんにお話を伺いしました。






「ハニービーレーシングは実はバイクの販売店4店舗が集まって


結成されたチームなんです。みんなで一緒に何かできないか?


というのが始まりで、初期の頃はいろんなバイクで出ていましたね。


みんなでワイワイ楽しくやっていました」





バイク販売店が合同でチームを結成し始まったハニービーの歴史。

菅原さんのお店「オートショップ スガハラ」がチームの中心に

なっていったのは1981年ぐらいからだそうです。











チームのマスコットキャラクターについて訪ねると・・・




「最初は蜂が羽根を広げるマークだったんですが、かっこ悪くてね。


何とかならないかなと思っていたところ、チームに所属したライダーの


お父さんが漫画家だったんですよ。その方に描いてもらいました」



何とも可愛らしい、ヘルメットを被った蜜蜂のマークは

そんな縁で生まれたものだったんですね!









しかし、そのチーム名の由来については




「・・・ ん〜。 ハッキリした覚えが無いんですよ。


たぶんお酒の席で決まったと思うんですよね」との答え(笑)



これまたノリで決まってしまったチーム名のようですが、

「ハチタイ」にかけて「蜂」になったんでしょうか???



真相は謎です。





きっと何らかの経緯があってハニービーとなったのでしょうが、

参戦初期の頃の記憶は曖昧になっているようです。









それもそのはず。





ハニービーレーシングとして鈴鹿8耐に参戦して以降、

バイク業界には空前のバイクブームがやってきます。









最盛期で年間3000台の
バイクを売りました。

スタッフはたったの4人ですよ(笑)



今では信じられないですよね!」









目のまわるような忙しさの中で、

鈴鹿8耐だけでなく、
鈴鹿4耐
NK4耐

さらには
アメリカ・デイトナ100マイルレースなどにも挑戦していた

わけですから、それもなるほど、納得ですね!





菅原さんのお店に行くと、ちょっと年季の入った蜜蜂の看板を

見ることができます。



お店にも足を運んでその歴史の長さも感じてみて下さい!







【関連リンク】



オートショップ スガハラ

http://www.as-sugahara.com/





野田弘樹 公式サイト

http://www.nodahiroki.com/





関口太郎 オフィシャルサイト

http://www.tarosekiguchi.jp/













投稿日時: 2010/07/13 01:14:35   投稿者:【 2010年8耐 】
カテゴリ: 参戦チーム