PROFILE

お名前:2010年8耐
生年月日:2010年07月25日
出身地:三重県
自己紹介:


2010年7月22日(木)〜25日(日)まで鈴鹿サーキットで開催される伝統の耐久レース『“コカ・コーラゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース・第33回大会』のオフィシャルブログです!

ここを見れば、鈴鹿8耐のみどころがよ〜く分かりますよ!


7/22(木)公式練習
7/23(金)公式予選
7/24(土)スーパーポール
7/25(日)決勝(8時間)

CATEGORY

COMMENT

TRACK BACK

FAVORITE

実は昔、8耐のお客さんでした


「ロードレースは大嫌いだったんですよ」




「#3 Honda DREAM RT 桜井ホンダ」


桜井哲夫総監督の口から飛び出したオドロキの発言です。





バイク屋歴50年という桜井さん。

実は元々のレース活動のスタートは
モトクロス

ご自身でも40代くらいまではライダーとして活躍し、

現在は4輪レースのチーム監督である長谷見昌広さんらと

戦っていたそうです。



桜井さんの世代が若かった時代は舗装道路もまだ少ない時代。

ダート路面を走るモトクロスが2輪モータースポーツの花形だった

時代ですから何ら不思議ではありませんね。









では、どうして桜井ホンダがロードレースに参戦するように

なっていったのでしょうか??






「30年前、8耐が始まった頃はお店のお客さんと一緒に


8耐を見に行っていました。お客さんのバイク100台くらいを連ねてね。


2コーナーの所が昔は山になっていて、そこに陣取って見るのが


毎年の恒例でした。だから、当時はピットを見たことすら無かったんです」





鈴鹿8耐のお客さんだったという桜井さんと桜井ホンダは

80 年代後半から徐々にロードレースとの関わりを持ち始めます。






「ホンダの関係者にVIPルームに招待された時、これからの時代は


バイクでロードレースをやらないと駄目だよ、来年からマシンを貸す


から8耐に出ろ!と言われたのが始まりです」









数多くのお客さんが鈴鹿8耐でロードレースを楽しむのを見て、

スポーツバイクのファンを守るためにはロードレースへの参戦が

不可欠だと感じた桜井さんは1989年から8耐に関わります。



ロードレースとは関わりが無かったバイク販売店がいきなり

鈴鹿8耐に挑戦するのはきっと大変なことだったでしょう。



桜井さんは自らアメリカに出向き、

アンディ・レンフロート / デイル・コータリーと契約し、

90年からは桜井ホンダとして参戦するようになりました。









以来、様々なスポンサー、様々なコラボレーションで参戦し、

トップライダーを数多く起用してきた桜井ホンダ。

突然の8耐参戦をオファーされたのも、桜井さんを始めとする

お店の社員さんたちが頑張ってバイクをたくさん売ったからです。





そして、努力の末の2003年、桜井ホンダは

鎌田/生見のペアで鈴鹿8耐の優勝を勝ち取ったのです。














「レースを見ていると、スカッとするよね」と語る桜井さん。





バイク屋で修行を始めた15才の頃、先輩が「浅間火山レース」を

見に行った話を聞いては興奮していたそうです。






「5000円の月給では、28万円のバイクはとても買えなかった。


だから僕はレースを見に行くことができなかった・・・」







桜井さん自身が今もなおガレージでメンテナンスして頑張る

モチベーション、桜井ホンダの原点、そして発展の理由は

やはりモータースポーツにあるのではないかと思います。











【関連リンク】



桜井ホンダ

http://www.sakurai-honda.co.jp/







投稿日時: 2010/07/16 05:11:12   投稿者:【 2010年8耐 】
カテゴリ: 参戦チーム