PROFILE

お名前:2010年8耐
生年月日:2010年07月25日
出身地:三重県
自己紹介:


2010年7月22日(木)〜25日(日)まで鈴鹿サーキットで開催される伝統の耐久レース『“コカ・コーラゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース・第33回大会』のオフィシャルブログです!

ここを見れば、鈴鹿8耐のみどころがよ〜く分かりますよ!


7/22(木)公式練習
7/23(金)公式予選
7/24(土)スーパーポール
7/25(日)決勝(8時間)

CATEGORY

COMMENT

TRACK BACK

FAVORITE

ナサート&カワサキに魅せられて・・・



鈴鹿8耐はライダー、チーム監督ばかりが

クローズアップされますが、マシンを作る
メカニックにとっても

一年に一度の「勝負」の舞台です。








自分のバイクを、より速くし、結果を出したい!



フツフツと沸いてくるそんな欲求を満たすために

日々研究し、新しいアイディアを試し、

トライ&エラーの繰り返しをしながら、

チームで働くメカニック達は年に一度の勝負に挑むのです。












「#9 BEET RACING」のチーフメカニック、


渡辺健心さんも速いバイク作りに情熱を燃やす、

熟練のメカニックです。









渡辺さんは以前、尼崎の
「阪神ライディングスクール」が運営した

レーシングチームのメカニックとして、カワサキのマシンを長年、

走らせていました。





そんな渡辺さんとBEETの関わりは94年のこと、

全日本ロードレースで「阪神ライディングスクール」チームに


「BEET」のマフラー「 NASSERT(ナサート)」が供給されました。






「94年の第2戦MINEでのことです。供給してもらったナサートは


低・中速のパワーがよく出てて、予選で4番手が取れたのです。


決勝レースではライダーの梁明(りょう・あきら)選手がチームに


初優勝をもたらしました」









時代はワークスチームひしめき合う、まさにロードレース全盛期。


一介のプライベートチームを奇跡的な勝利に導いた「BEET」の


「NASSERT」は、翌年、カワサキのワークスチームが使用することに。












「NASSERT」と共に勝利を掴んだ渡辺さんは

15年の月日を経た昨年、
「BEET(日本ビート工業)」に入社しました。





カワサキのバイクと共に戦ってきた渡辺さんですが、「BEET」入社前に

他メーカーのバイクを使用するチームに所属していたことがあります。



しかし、自分でバイクを仕上げる、という渡辺さんの欲求は満たされず、


渡辺さんは再びカワサキのバイクを手がけることになったのです。










「カワサキのバイクはとても面白い。今、自分でいろいろ考えながら


バイクを作っているので、結果が出ると本当に嬉しいんですよね」



そう語る渡辺さんの表情は実に活き活きしていました。









8耐のメカニックの方も熱い「思い」を持って

鈴鹿8耐を戦っています。







ファンの皆さんもピットウォークやナイトピットウォークに

参加される時、ライダーだけでなく、ぜひメカニックの皆さんにも

激励の言葉をかけてくださいね!







【関連リンク】



BEET RACING

http://www.beet.co.jp/













投稿日時: 2010/07/19 13:00:00   投稿者:【 2010年8耐 】
カテゴリ: 参戦チーム