PROFILE

お名前:2010年8耐
生年月日:2010年07月25日
出身地:三重県
自己紹介:


2010年7月22日(木)〜25日(日)まで鈴鹿サーキットで開催される伝統の耐久レース『“コカ・コーラゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース・第33回大会』のオフィシャルブログです!

ここを見れば、鈴鹿8耐のみどころがよ〜く分かりますよ!


7/22(木)公式練習
7/23(金)公式予選
7/24(土)スーパーポール
7/25(日)決勝(8時間)

CATEGORY

COMMENT

TRACK BACK

FAVORITE

また新たなステージへ、高橋巧!

今年の鈴鹿8耐にもたくさんの若手ライダーが出場します。



今年、20歳にして、3度目の鈴鹿8耐に挑むのは


「#634 MuSASHi RT ハルクプロ」


高橋巧(たかはし・たくみ)選手。





もう、ロードレースファンの方にはお馴染みで、

ここ数年、人気急上昇の若手ライダーですね!











高橋巧選手が鈴鹿8耐に初挑戦したのは2008年。

「ハルクプロ」の第3ライダーとして登録された時でした。



レースウィークに入って第2ライダーが転倒で負傷し、

急遽、ベテラン小西良輝選手と組んでレースを走ることに!

ほとんど経験のない1000ccのスーパーバイク、

しかも超トップチームのマシンを駆り、

結果を残さなければならない状況になったのです。



「そんな無茶な」と誰もが思う状況の中、

初の8耐、しかも18歳で


3位表彰台獲得!



まさに奇跡でした。。。











2008年全日本GP250でチャンピオンに輝き、

2009年、晴れて全日本JSB1000のライダーになったのですが、

切ないことに、彼の鈴鹿8耐のシートはありませんでした。













しかし、8耐レースウィーク前週に

「桜井ホンダ」の正ライダーが転倒。

オファーが来たのはレースウィークになってから。

乗ったことがない他チームのマシンで

いきなり戦わなければならない大変な状況の中、



またもや
3位表彰台!



まさに2年連続の奇跡でした。。。



他チームのライディングスーツであることが

代役出場の急ぶりを物語っていますね。











この2度の奇跡を経て、

今年の高橋巧選手は全日本JSB1000でも

トップライダーに成長!



開幕戦で
優勝!



鈴鹿では歴史に残るトップ争いの末、
3位表彰台!



そして



300km耐久では一人で走りきり、
2位表彰台!




レースでは表彰台獲得率100%なのです。





もうここまでくると奇跡とは言えません。

完全に今の高橋巧選手の凄さを表す結果ではないでしょうか?







高橋巧選手は今年、鈴鹿8耐最年少優勝記録(21歳)の

記録更新がかかっています。



新たなるステージへと上り詰めることができるか?



20歳のエースライダー、
高橋巧の夏が始まります。














「8tai!ヤング割0円キャンペーン」で来場される若い世代のファンの


皆さんも、同世代の若いライダーたちを思いっきり応援して下さいね!









【関連リンク】



高橋巧オフィシャルブログ (New!)

http://blog.eigyo.co.jp/takumi



高橋巧ブログ (アメブロ)

http://ameblo.jp/jsb1000-56/











投稿日時: 2010/07/19 15:07:04   投稿者:【 2010年8耐 】
カテゴリ: 参戦ライダー