PROFILE

お名前:ボス:中西 俊之
性別:男性
生年月日:1971年04月19日
出身地:京都府
自己紹介:
ビジネスラリアートの代表です

HISTORY

CATEGORY

COMMENT

TRACK BACK

twitter
TOTAL: 11件 [ 1/2 ]
<< 前へ 12 次へ >>

ごめんなさい

みなさん、ごめんなさい
 
ブログのリニューアルが少し延期になりました
 
いくつか理由はあるのですが
 
今年も8耐とコラボすることが決まり
 
いっそその時にまとめてリニューアルするほうがいいのでは
 
ということになりました
 
 
リニューアル後のイメージはこんな感じです
 
Facebookやtwitterとの連携
 
絵文字や画像点数の増加など
 
必要機能は取り揃えています
 
お待たせしすぎて申し訳ありませんが
 
もう少しだけお待ちください
 
いいブログになると思います
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

投稿日時: 2011/05/27 20:10:36 投稿者:【 ボス:中西 俊之 】
カテゴリ: 社長日記:お知らせ   コメント( 1 ) 

日経フォーラムを開催します

お知らせです
 
来月ですが、日本経済新聞社さんとフォーラムを開催します
 
ゲストプレゼンターは、
 
元グーグル社長の村上さんと
 
MM総研の中島さんです
 
お二人とも、お世話になっている方々で
 
今回、ご無理ってお話していただくことになりました
 
6月27日に日経本社のカンファレンスブースで行いますので
 
お時間ある方は是非お越しください
 
僕も少しだけごあいさつさせていただく予定となってます
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

投稿日時: 2011/05/26 19:36:08 投稿者:【 ボス:中西 俊之 】
カテゴリ: 社長日記:お知らせ   コメント( 1 ) 

今年のつなぎ

今年のつなぎのデザインのベースができました!
 
 
もちろん、タイチさんのつなぎです!!
 
スポンサーロゴ等は
 
これから少し変更になりますが
 
ベースデザインはこれで決まりです!
 
4耐出場に関して、賛否両論出てますが
 
今年も走ります!
 
良かれと思って、出場してはいけないと
 
多くの方に言われてますが
 
すみません
 
そのお気持ちは、本当に感謝しています
 
しかし、やれるとこまでとことんやります!
 
バイクのおかげで会社も一致団結できてます
 
怪我には気をつけて走りますので
 
応援よろしくお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

投稿日時: 2011/05/25 17:34:46 投稿者:【 ボス:中西 俊之 】
カテゴリ: 社長日記:バイク編   コメント( 1 ) 

重職心得箇条

先輩から送られてきたメールです
 
社内だけに送ろうと思いましたが
 
ご故意にしていただいている皆様に
少しでもお役にたてばと思いブログにあげます
 
先輩も書いてましたが
現代でも通用する内容です
 
今一度、心するにはいい言葉です
 
 
 
 

「重職心得箇条」佐藤一斎著

 人の上に立つ人の心構えや戒めて,江戸時代から今なお読み継がれている。
  著者の佐藤一斎は多くの人材を育成したが,その門下生には,吉田松陰,
  坂本龍馬,勝海舟らも師事した佐久間象山も含まれる.全17条から要約してみます。


ここで「重職」とありますが、およそ、小さな組織のリーダーでもあてはまると思います。

  重職心得箇条(要約)

 第1条

  重職と申すは,家国の大事を取計べき職にして,軽々しきはあしく候
   大事に油断ありては,其職を得ずと申すべく候
   小事に区々たれば,大事に手抜あるもの,瑣末を省く時は,
   自然と大事抜目あるべからず.斯の如くして大臣の名に叶うべし
            
 重職の心得です。大事を大切にして、小事にこだわらない。

    リーダーは大きな方針、戦略を考えるべきで、細かいこと心を使っていたら、
    大きな戦略を間違える。戦略を間違えると、いくら「戦術」で挽回しようと
   思っても無理です。

第2条
  
 有司を引立て,気乗り能き様に駆使する事,要務にて候.又些少の過失に
 目つきて,人を容れ用る事ならねば,取るべき人は一人も無之様になるべし.
 自分流儀のものを取計るは,水へ水をさす類にて,塩梅を調和するに非ず
 平生嫌いな人を能く用ると云う事こそ手際なり,此工夫あるべし

         
  「自分流儀」のやり方でしか行わないことを戒めてます。自分と違う
   考えも取り入れる度量。また小人ほど有能な人物を用いない。有能
   な人に「気乗り」して働いてもらうこと。「適材適所」です。

第5条

 応機と云う事あり肝要也.物事何によらず後の機は前に見ゆるもの也
  其機の動きを察して,是に従うべし
  物に拘りたる時は,後に及んでとんと行き支えて難渋あるものなり
        

   重職の最も重要なのは「時機」です。タイミングです。これをはずすと
     その後でいくらバタバタしてもどうしようもない。     

第6条

 公平を失うては,善き事も行なわれず
  凡そ物事の内に入ては,大体の中すみ見えず,姑(しばら)く引除て活眼にて
  惣体の体面を視て中を取るべし       

   自分の身勝手な、狭い考えで決めることを厳に戒めてます。
      広く全体から判断できているか。大局的見地で見れるかです。

第7条
      
 衆人の厭服する所を心掛べし,無利押付の事あるべからず
  苛察を威厳と認め,又好む所に私するは皆少量の病なり
        
     「自分の考え」を押し付けていないか。それを「威厳」と勘違いし
      ていないか。また、人気取りで物事を決めてはいけない。

第8条

 重職たるもの,勤向繁多と云う口上は恥べき事なり
 仮令(たとえ)世話敷とも世話敷とは云わぬが能きなり
  随分手のすき,心に有余あるに非れば,大事に心付 かぬもの也
  重職小事を自らし,諸役に任使する事能わざる故に,諸役自然ともたれる所ありて,
  重職多事になる勢あり 

    
  「忙しい」と言ってはいけないとは、常に佐藤一斎が強調したこと。
   「小事」を人にまかさずに、「大事」を重んじなくなる。
    よく細かいことしか言ない人がいますが、まさに、「重職」といえるかどうかです。

第10条                     

 政事は大小軽重の弁を失うべからず 緩急先後の序を誤るべからず 徐緩にても失し,
 火急にても過つ也,着眼を高くし,惣体を見廻し,両三年四五年乃至十年の内何々と,
 意中に成算を立て,手順を逐て施行すべし.

    仕事には、順番が一番大切であり、事の軽重をつけれるか。
    先行きまで見通して、スケジュールをたてないと、常にその場しのぎになります。

第11条

 胸中を豁大寛広にすべし 僅少の事を大造に心得て,狭迫なる振舞あるべからず 
 仮令 才ありても其用を果さず 人を容る丶気象と物を蓄る器量こそ誠に大臣の体と云うべし
            
  些細なことで怒るような器量ではいけないということです。
    そのようなことでは才能ある人も才能が発揮できない。

第12条

 大臣たるもの胸中に定見ありて,見込みたる事を貫き通すべき元より也 然れども
 又虚懐公平にし人言を採り,沛然と一時に転化すべき事もあり此虚懐転化なきは我意の弊害
 を免れがたし能々視察あるべし
 
    重職には、「定見」が必要であるということです。
    しかし、虚心坦懐に他人の意見を取り入れる。
    ブレルということでなく、定見を持ちつつ、他者の意見も拝聴する。
  
第13条

 政事に抑揚の勢を取る事あり 有司上下に釣合を持事あり 能々弁うべし 此所手
 に入て信を以て貫き義を以て裁する時は,成し難き事はなかるべし
           
  たとえ、上の命としても、論ずるべきことは論ずるべしとのことです。
   それが「信」と「義」にそうものならば。いい諾々と従うのはむしろ重職にあらず。

第16条

 物事を隠す風儀甚あしし 機事は密なるべけれども,打出して能き事迄もつつみ隠す
 時は却て,衆人に探る心を持たせる様になるもの也

  やはりこの時代から都合の悪いことは隠すことが問題だったようです。
   なまじ隠すから、人々は「探る」心を持つ。今でも同じです。


佐藤一斎

1772年11月(安永元年10月)生まれ。1790年(寛政2年)より岩村藩に仕えた。
公儀儒官である林家に養子として迎えられ、当主(大学頭)として林述斎と名乗った。
一斎も近侍し門弟として昌平坂学問所に入門する。
1805年(文化2年)には塾長に就き、述斎と共に多くの門弟の指導に当たった。
儒学の大成者として公に認められ、1841年(天保12年)に述斎が没したため、
公儀の学問所昌平黌(しょうへいこう)の儒官(総長)を命じられ、広く崇められた。
当然朱子学が専門だが、その広い見識は陽明学まで及び、学問仲間から尊敬をこめて
『陽朱陰王』と呼ばれた。門下生は3000人と言われ、一斎から育った弟子として、
山田方谷、佐久間象山、渡辺崋山、横井小楠等、 いずれも幕末に活躍した人材たちがいる。
同門の友人には松崎慊堂がいる。将軍侍医の杉本宗春院とは極めて親しかった。

言志四録:佐藤一斎が後半生の四十余年にわたり記した随想録。指導者のための指針の書とされ、
          西郷隆盛の終生の愛読書だった、今日まで長く読み継がれている。

 
 
 
先日、書店で思わず買ってしまいました
 
 
「やりましょう」といえる組織作りが僕の課題です
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

投稿日時: 2011/05/16 10:24:16 投稿者:【 ボス:中西 俊之 】
カテゴリ: 社長日記:   コメント( 2 ) 

上海ですが




今から、お好み焼き食べてきます(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

投稿日時: 2011/05/12 21:17:00 投稿者:【 ボス:中西 俊之 】
カテゴリ: 社長日記:   コメント( 0 ) 

5月5日の沖縄タイムス

5月5日の沖縄タイムスに取り上げていただきました
 
沖縄を拠点とした
 
ビジネスラリアートのアジアゲートウェイ構想についてです
 
 
今後、ヨーロッパやアメリカへ進出することも
 
記事として取り上げていただいてます
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

投稿日時: 2011/05/12 16:27:39 投稿者:【 ボス:中西 俊之 】
カテゴリ: 社長日記:お知らせ   コメント( 1 ) 

こんだけいきます!




僕は、無理です(爆笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

投稿日時: 2011/05/11 21:24:56 投稿者:【 ボス:中西 俊之 】
カテゴリ: 社長日記:   コメント( 0 ) 

リスク




道山、チャレンジします!

僕は、無理です(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

投稿日時: 2011/05/11 21:21:44 投稿者:【 ボス:中西 俊之 】
カテゴリ: 社長日記:   コメント( 0 ) 

快晴!




今回も上海には珍しく快晴!

やっぱり、晴れ男(笑)

しかし、めちゃくちゃ暑い

正面のビルが、BR上海のビルです
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

投稿日時: 2011/05/10 14:05:05 投稿者:【 ボス:中西 俊之 】
カテゴリ: 社長日記:   コメント( 0 ) 

コミックショック

コミックショックの田中さんから
 
 
プレゼントいただきました!
 
 
 
愛車、CB750Fが載っているのでってことで
 
プレゼントしてもらいました
 
ありがとうございます
 
今年の4耐も応援に来てもらえるみたいで
 
頑張りますので応援よろしくです!
 
コミックショックのブログはこちらです!!!
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

投稿日時: 2011/05/04 14:16:57 投稿者:【 ボス:中西 俊之 】
カテゴリ: 社長日記:   コメント( 0 ) 
TOTAL: 11件 [ 1/2 ]
<< 前へ 12 次へ >>

<<  2011年5月  >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
COUNTER
今日 : 0
昨日 : 0
合計 : 0
ARCHIVE
2017 年 06 月 ( 3 )
2017 年 04 月 ( 1 )
2017 年 03 月 ( 3 )
2017 年 02 月 ( 2 )
2017 年 01 月 ( 1 )
2016 年 12 月 ( 4 )
2016 年 11 月 ( 3 )
2016 年 10 月 ( 3 )
2016 年 08 月 ( 2 )
2016 年 06 月 ( 4 )
2016 年 05 月 ( 1 )
2016 年 04 月 ( 3 )
2016 年 03 月 ( 2 )
2016 年 02 月 ( 1 )
2016 年 01 月 ( 2 )
2015 年 12 月 ( 3 )
2015 年 11 月 ( 3 )
2015 年 10 月 ( 5 )
2015 年 09 月 ( 3 )
2015 年 08 月 ( 3 )
2015 年 07 月 ( 5 )
2015 年 06 月 ( 12 )
2015 年 05 月 ( 12 )
2015 年 04 月 ( 4 )
2015 年 03 月 ( 8 )
2015 年 02 月 ( 7 )
2015 年 01 月 ( 6 )
2014 年 12 月 ( 9 )
2014 年 11 月 ( 4 )
2014 年 10 月 ( 8 )
2014 年 09 月 ( 3 )
2014 年 08 月 ( 4 )
2014 年 07 月 ( 12 )
2014 年 06 月 ( 8 )
2014 年 05 月 ( 5 )
2014 年 04 月 ( 7 )
2014 年 03 月 ( 2 )
2014 年 02 月 ( 6 )
2014 年 01 月 ( 1 )
2013 年 12 月 ( 10 )
2013 年 11 月 ( 3 )
2013 年 10 月 ( 2 )
2013 年 09 月 ( 6 )
2013 年 08 月 ( 4 )
2013 年 07 月 ( 4 )
2013 年 06 月 ( 3 )
2013 年 05 月 ( 3 )
2013 年 04 月 ( 1 )
2013 年 03 月 ( 3 )
2013 年 02 月 ( 2 )
2013 年 01 月 ( 5 )
2012 年 12 月 ( 4 )
2012 年 11 月 ( 2 )
2012 年 10 月 ( 1 )
2012 年 09 月 ( 10 )
2012 年 08 月 ( 6 )
2012 年 07 月 ( 3 )
2012 年 06 月 ( 2 )
2012 年 05 月 ( 6 )
2012 年 04 月 ( 15 )
2012 年 03 月 ( 8 )
2012 年 02 月 ( 12 )
2012 年 01 月 ( 10 )
2011 年 12 月 ( 7 )
2011 年 11 月 ( 12 )
2011 年 10 月 ( 17 )
2011 年 09 月 ( 5 )
2011 年 08 月 ( 20 )
2011 年 07 月 ( 26 )
2011 年 06 月 ( 17 )
2011 年 05 月 ( 11 )
2011 年 04 月 ( 4 )
2011 年 03 月 ( 13 )
2011 年 02 月 ( 15 )
2011 年 01 月 ( 11 )
2010 年 12 月 ( 9 )
2010 年 11 月 ( 17 )
2010 年 10 月 ( 10 )
2010 年 09 月 ( 12 )
2010 年 08 月 ( 25 )
2010 年 07 月 ( 27 )
2010 年 06 月 ( 22 )
2010 年 05 月 ( 17 )
2010 年 04 月 ( 7 )
2010 年 03 月 ( 7 )
2010 年 02 月 ( 12 )
2010 年 01 月 ( 12 )
2009 年 12 月 ( 21 )
2009 年 11 月 ( 14 )
2009 年 10 月 ( 12 )
2009 年 09 月 ( 12 )
2009 年 08 月 ( 20 )
2009 年 07 月 ( 12 )
2009 年 06 月 ( 16 )
2009 年 05 月 ( 13 )
2009 年 04 月 ( 22 )
2009 年 03 月 ( 19 )
2009 年 02 月 ( 21 )
2009 年 01 月 ( 7 )
2008 年 12 月 ( 25 )
2008 年 11 月 ( 4 )
2008 年 10 月 ( 8 )
2008 年 09 月 ( 6 )
2008 年 08 月 ( 9 )
2008 年 07 月 ( 4 )
2008 年 06 月 ( 3 )
2008 年 05 月 ( 4 )
2008 年 04 月 ( 6 )
2008 年 03 月 ( 1 )
2008 年 02 月 ( 2 )
2008 年 01 月 ( 5 )
2007 年 12 月 ( 6 )
2007 年 11 月 ( 3 )
2007 年 10 月 ( 2 )
2007 年 09 月 ( 1 )
2007 年 08 月 ( 7 )
2007 年 07 月 ( 13 )
2007 年 06 月 ( 6 )
2007 年 05 月 ( 8 )
2007 年 04 月 ( 8 )
2007 年 03 月 ( 6 )
2007 年 02 月 ( 8 )
2007 年 01 月 ( 13 )
2006 年 12 月 ( 19 )
2006 年 11 月 ( 7 )
2006 年 10 月 ( 14 )
2006 年 09 月 ( 6 )
2006 年 08 月 ( 1 )
LINKS

RSタイチ

SHOEI

ダンロップ

WAKOS

EKチェーン

ザム・ジャパン

エイミングスポーツ

TSR

QR-CODE