WCMSを活用したインバウンド関連の記事が琉球新報社で掲載されました

弊社が作成させて頂いたサイトが新聞に掲載されました!

 

本日(2016年1月14日)付けの琉球新報にて、沖縄県が県内の免税店の場所を調べる事ができる外国語サイトを開設する旨を発表されました。

このサイトは弊社のWCMSをご利用いただいております。沖縄県様のサイトでは、
日本語、英語、繁体字、簡体字の4カ国語をご利用いただいておりますが、WCMSではその他多くの言語もカバーしております。

アジア有数の観光地沖縄県では県内の免税店が2014年時点で138店舗だったのが、たった1年でおよそ5倍の634店舗に急増したそうです。

2016年に入っても「爆買い」がおさまる様子も無く、まだまだ外国語サイトの必要性は高まります。

2020年のオリンピックまで右肩上がりにのびると言われている訪日客を獲得するために、ぜひWCMSの導入を考えられてはいかがでしょうか。

お問い合わせ:ビジネスラリアート株式会社管理部075-353-5050
シェア

投稿日時: 2016/01/14 17:01:00
カテゴリ: TOPIX   コメント( 0 ) 

名前:

コメント:

下記画像に表示されている文字列を入力してください