ストレージ仮想化とは何?

 今回あるメーカーさんのストレージ仮想化のセミナーに参加してきました。

ストレージ仮想化、言葉はよく耳にしますが一体ストレージの仮想化をすることで何ができるの?

今回このセミナーに参加して感じ取ったストレージ仮想化をすることによって何が変わるのか?

少し考えて見ました。間違ってたらすみませんm(_ _)m

 

ストレージ仮想化のメリット?

■その1分身の術でリソースの有効活用


■その2障害発生から復旧までスピーディな対応が可能


■その3管理手間が楽に。物理サーバの削減でコストダウン

 

 

■その1分身の術でリソースの有効活用

専有サーバの場合サーバの稼働率の多くは常に100%稼働している訳でなく、実際はかなりの空きが領域があり遊んでいる状態が多いわけで、この余剰領域をうまく活用できれば最小のコストで最大のメリットが生まれる。
仮想化の一つのメリットしてこの余剰領域を分割仮想化し別アプリを利用することができれば限りなくサーバ稼働率を100%に近づけられ領域を無駄なく有効活用が可能。

 


■その2障害発生から復旧までスピーディな対応が可能


サーバの障害でハードウェア障害は避けられない問題で、ハードウェアの交換などの場合は復旧まで時間がかかり時間ロスが発生。また時間ロスを短縮する場合サービスごとのバックアップサーバやコールドスタンバイ機を保持する必要があるためコスト高になります。
しかしストレージなら障害発生が起きても障害前と同じ環境を遠隔操作ですぐに復旧構築ができることでクライアントへのストレスを最小限に抑えることができ素早い復旧対応が可能です。

 

■その3管理手間が楽に。物理サーバの削減でコストダウン


ストレージ仮想化を導入することにより今まで各サーバごとに管理していたハードのスペック管理や監視などが、ストレージ仮想化により集約されるため管理運用が簡単になる。また今までサービスごとに必要だったサーバをストレージ仮想化し集約することによってラック使用を抑えることができコストダウンに繋がる

 

以上簡単ですがセミナーに参加してストレージ仮想化について感じ取ったメリットです。

いやーまだまだ勉強が足りんです反省。今後もセミナーや勉強会に参加して知識を身につけて貢献できるよう精進します。

シェア

投稿日時: 2011/09/24 01:54:46
カテゴリ: 運用チーム   コメント( 0 ) 

名前:

コメント:

下記画像に表示されている文字列を入力してください