PROFILE

お名前:戸田 蔵人
性別:男性
自己紹介:
国際A級プロモトクロスライダー 

2011 TEAM SUZUKI アドバイザー

№981 IA1Class

08年の6月に合同ライディングテスト中に事故が起きました。
                                     
胸から下が完全麻痺になり動かす事も感じる事もできなくなってしまいました

損傷部位:脊椎T5・6・7脱臼粉砕骨折、 肋骨1本残し全骨折

折れた肋骨が左右の肺に刺さり穴が開き多量出血 
      
損傷高位;T5・6・7完全麻痺 asia A コンプリート 

脊髄神経はほぼ完全断裂

歩けないだけじゃなくて

色んな合併症、体がうずくまって動けないような

酷い痺れにも襲われるけれど

きっと僕に起きている全ての事に意味があると思うんだ

応援してくれてるファンの皆さんや協力してくれている

方達のお陰で少しずつ元気になっているよ

今は脊髄を研究している博士さんの方や

論文など読みあさり脊髄神経について勉強中

現医学では完全麻痺ほど脊髄神経を

傷つけてしまうと100%回復はできないと。

その医学の壁を乗り越え

いつか・・・・

いつか必ず歩いてみせる!

人間としての尊厳を取り戻すんだ

そしてまたライダーに復帰する!


『障害をチャンスとせよ』



I was injured in a factory riding test accident

in December of 2008 . I was diagnosed as a complete

injury at the T5-T7 level and my doctors told me

that would never walk again.But I perform training

to walk for return every day


Notihng is impossble


HISTORY
CATEGORY
COMMENT
TRACK BACK
FAVORITE

こころのバリアフリー

 
外出時、私達が気にしなきゃいけない問題の1番はバリアフリーで

あるかどうかだったりします。
 
 
車が駐車できるかできないかはまだまだ問題に入らないくらいです。
 
なかなか「段差がない」ところというのはないもので、建物を建てる
 
設計者から言えば、段差は色んな意味で必要だったりするのでしょう。
 

  
 
バリアフリー化は進んでいるところもあれば、そうでない所もあり

何度も苦い思い、悲しい思いをした事もあります。
 
行きたくても行けないところや

整っていない環境だったり

諦めなきゃいない事は沢山あるなー、と痛感していました。
 
 
ところが、私のモトクロスでの先輩や友人は、そんな事で躊躇している私に

 
「しっかり車椅子につかまっとけ!」
 
 
といって階段でも何でも車椅子ごと持ち上げていってしまいます。

 
 
病院に入院している時、車椅子で体の不自由な方の介護に慣れている
 
理学療法士の方が3人掛かりでも私を担げなかったりしていたので
 
その突然の行動に驚き、とても嬉しかった。
 
 
男が男に惚れてしまいそうでした(笑
 
何ら簡単に、時にひょいと一人でも持ち上げてしまったりします。普通に(笑)
 
 
「うわー、どこでもバリアフリーにしちゃうんだなー」と
 
 
まさに「こころのバリアフリー」で今までの世界感が変わり
 
何か新しい楽しい気持ちがパーっと広がった感覚でした。
 
 
皆のやさしさに感謝すると共に、早く歩いて、選手に復活し、
 
そして私もそんな「心のバリア」を少しでも取り除いてあげれるような
 
事をしてあげたいなと思いました。
 
 
 
 
さあ、目標達成の為に毎日を惜しみなく頑張るぞー!!!
 
 
 
 
 
 
この記事をクリップ!
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2011/09/23 19:28:38
カテゴリ:   コメント( 8 ) 
<<  2011年9月  >>




123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
COUNTER
今日 : 0
昨日 : 0
合計 : 0

READER
ARCHIVE
2014 年 11 月 ( 1 )
2014 年 10 月 ( 2 )
2014 年 08 月 ( 1 )
2014 年 07 月 ( 1 )
2014 年 06 月 ( 1 )
2014 年 05 月 ( 1 )
2014 年 04 月 ( 1 )
2014 年 03 月 ( 1 )
2014 年 02 月 ( 1 )
2013 年 09 月 ( 1 )
2013 年 08 月 ( 2 )
2013 年 07 月 ( 1 )
2013 年 06 月 ( 3 )
2013 年 05 月 ( 2 )
2013 年 04 月 ( 2 )
2013 年 03 月 ( 3 )
2013 年 02 月 ( 3 )
2013 年 01 月 ( 1 )
2012 年 11 月 ( 1 )
2012 年 10 月 ( 1 )
2012 年 09 月 ( 1 )
2012 年 08 月 ( 1 )
2012 年 07 月 ( 2 )
2012 年 06 月 ( 2 )
2012 年 05 月 ( 1 )
2012 年 04 月 ( 2 )
2012 年 03 月 ( 2 )
2012 年 02 月 ( 1 )
2012 年 01 月 ( 2 )
2011 年 12 月 ( 2 )
2011 年 11 月 ( 2 )
2011 年 10 月 ( 1 )
2011 年 09 月 ( 1 )
2011 年 08 月 ( 3 )
2011 年 07 月 ( 2 )
2011 年 06 月 ( 1 )
2011 年 05 月 ( 2 )
2011 年 04 月 ( 6 )
2011 年 03 月 ( 4 )
2011 年 02 月 ( 2 )
2011 年 01 月 ( 6 )
2010 年 12 月 ( 3 )
2010 年 11 月 ( 5 )
2010 年 10 月 ( 5 )
2010 年 09 月 ( 4 )
2010 年 08 月 ( 4 )
2010 年 07 月 ( 5 )
2010 年 06 月 ( 6 )
2010 年 04 月 ( 4 )
2010 年 03 月 ( 2 )
2010 年 01 月 ( 1 )
2009 年 12 月 ( 1 )
2009 年 10 月 ( 2 )
2009 年 09 月 ( 1 )
2009 年 06 月 ( 1 )
2009 年 04 月 ( 1 )
2009 年 03 月 ( 1 )
2009 年 01 月 ( 1 )
2008 年 12 月 ( 1 )
2008 年 10 月 ( 2 )
2008 年 08 月 ( 1 )
2008 年 07 月 ( 2 )
2008 年 06 月 ( 17 )
2008 年 05 月 ( 23 )
2008 年 04 月 ( 18 )
2008 年 03 月 ( 24 )
2008 年 02 月 ( 16 )
2008 年 01 月 ( 11 )
LINKS
bikeplus