うるのも!かうのも!わたしのまちの|コミックショック!

してますか?『おもてなし』

してらっしゃらないなら、やってみませんか?おもてなし。
 
気軽に人を呼んで、楽しいホームパーティーをしましょう!
 
 
そんな時に役立つ本を紹介します。
 
 
『プレイフルキッチン』
レシピだけじゃなく、パーティーのコツやマナーなども説明してあり、すぐにでもパーティーが開きたくなる1冊です。
レシピの行程もシンプルで、初心者でも簡単にご馳走が作れそうです。
 
『おいしいおいしい招待状』
ローストビーフやラタトゥイユチキンなど、ご馳走の得意料理がいくつも持ててしまいそうな本。レシピが豊富です。作り置きができるレシピも充実していて、時間に追われずパーティーの準備が出来そうです。
 
『smoothies and juices』
ちょっと変わって、ジュースでおもてなしなんていかが?
ジュースパーティーなんて、楽しいパーティーになる事間違いなしです。
 
『究極のお箸』
最後にこちら。この本で料理と相性の良いお箸を選んでおもてなしして下さい。逆にマイ箸持参でお呼ばれでも良いですね。
高野店の趣味のコーナーには料理本以外にもソーイング
や着物の本などがありますよ★
シェア

投稿日時:2010/07/28 13:11:49
カテゴリ: 高野店  

□■ ライトノベルの棚増設しました ■□

ライトノベル増量しました。
新しくBL系や乙女系のもの始めました。
野店にはこんなオススメのラノベがありますよ!

『Gosick』 著 桜庭一樹 富士見ミステリー文庫
直木賞作家桜庭一樹の出世作。ついにアニメ化も決定。挿絵無し版が角川文庫から再版しましたが、視覚的潤いも求めるならこちらのバージョンを。横柄なロジカルロリータ、ヴィクトリカ嬢にメロメロ。

 
『Baby Princess』 著 公野櫻子 電撃文庫
設定でいけるシリーズ1。正統派百合物語『ストロベリー・パニック』で一躍有名になった公野櫻子の現在連載作品。 「お天気お姉さんから0歳児まで揃った19人姉妹との同居」というどっかの魔法学校モノに匹敵する脅威の設定。
 
 
『ご主人さんとメイド様』 著 榎木津無代 電撃文庫
設定でいけるシリーズ2。『とらドラ!』の竹宮ゆゆ子絶賛の第16回電撃小説大賞銀賞受賞作。タイトルからなんとなく察せられる、  ご主人様とメイドの主従逆転型ポスト・ツンデレ系ライトノベル。
 
 
『鳳凰堂みりあは働かない!』 著 石川ゆうや MF文庫
タイトルでいけるシリーズ1。多くの自称・社会不適合者が宣言したくて仕方が無い一言をタイトルに掲げたニート系ラブコメディ(て、何?)。可愛い金持ちお嬢様が貧乏人たちを虐げるというM体質が震える一冊。
 
 
『曲矢さんのエア彼氏』 著 中村九郎 ガガガ文庫
タイトルでいけるシリーズ2。昨今の「エア・ブーム」(ex.エア・ギター、エア・ドラム、空気清浄機・・・etc)を巧みに取り込んだ、「脳内彼女」とは一味違う話題作。あれ、これってSFなの?
 
 
『ライトノベルの楽しい書き方』 著 本田透 GA文庫
『電波男』以来、小説だけでなく多分野に渡る批評も行っているラノベ界の知性(多分)、本田透の現在連載作。ラブコメディという体裁を取ったライトノベル作家によるメタ・ライトノベル。
シェア

投稿日時:2010/07/15 12:19:11
カテゴリ: 高野店  

◆ 美術書・図録オススメ

高野店の芸術コーナーには美術書・写真集の他に建築系の本、
雑誌や 「マンガの描き方」といった本まで幅広く取り扱いしています。
 
その中から今回はオススメの美術書・図録を紹介します☆


【ロベール・ドアノー】
戦後に活躍したフランスの写真家、ロベール・ドアノーの作品集(図録)。本職としてファッション写真を撮りながらも、街中を歩き回って人々や風景のスナップが多数収録されています。アンリ・カルティエ=ブレッソンを彷彿とさせる(同時代人ですが)非常にクールなモノクロームの感触は、写真にあまり興味のない方でも楽しめるのでは。
 
 
【アール・ヌーヴォーの世界4――ビアズリーとロンドン――】
オスカー・ワイルドの『サロメ』の挿画でも有名なビアズリーを中心に、イギリスのアール・ヌーヴォーの流れを豊富な図版と文章で追っていく一冊。ビアズリーだけでなく、ウィリアム・モリスが中心となったアーツ&クラフト運動も大きく取り上げられているので、そちらに関心がある方にもオススメ。、荒俣宏、山岸涼子、高山宏といった豪華な顔ぶれが執筆しているのも魅力。
 
 
【コンテンポラリー・アボリジナル・アート】
オセアニアの現住民族として今もまだその文化を継承/発展させているアボリジニの芸術作品をまとめた図録。最近、日本でも個展が開かれてたエミリー・ウングワレーの作品も収録。身体と絵画を繋ぐ芸術の運動性そのものに接近し得る稀有な体験の記録。アール・ブリュット(アウトサイダー・アート)に通づるところもあるので、そちら関心のある方も是非。
シェア

投稿日時:2010/07/07 19:31:29
カテゴリ: 高野店  
 
PROFILE

お名前:Step関西

HISTORY
CATEGORY
COMMENT
TRACK BACK
FAVORITE
<<  2010年7月  >>




123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
COUNTER
今日 : 0
昨日 : 0
合計 : 0

READER
ARCHIVE
LINKS
QR-CODE