うるのも!かうのも!わたしのまちの|コミックショック!

10月よりコミックショック新堀川店限定買取フェア開催!!

買取合計点数15点ごとに「50円OFFクーポン券」を1枚進呈いたします。 クーポン配布の期間は10/1~10/31の一カ月間!この機会に是非ご利用下さい。 


シェア

投稿日時:2011/10/01 09:55:26
カテゴリ: 新堀川店  

◆◆ 新堀川店セール情報 ◆◆特別号

コミックショック新堀川店では、この3連休(9/23,24,25)にセールを行います。

しかもスペシャル版です。

セットコミック10%OFF

一般DVD20%OFF」 

コンビニコミック20%OFF

特価コミック20%OFF

上記のセールを全部やっちゃいます。台風一過の週末は、是非コミックショック新堀川店にお越し下さい。


シェア

投稿日時:2011/09/23 10:07:39
カテゴリ: 新堀川店  

『みなさまこんにちは~毎度お騒がせしてます、新堀川店MFB情報のコーナーです』

最近では8月も終わったと思いきや、いきなり大型台風が日本を直撃し、本当に大変な9月の幕開けとなりました。
そんな状況を少しでも良くするためには一人ひとりが少しでも明るく元気になること、きっとそれがドンドン伝染していき、やがては日本全体が明るくなることに繋がるとおもいます。そのためにも、人が元気になる一つのツールとして今回もいくつか書籍をお勧めしたいと思います。それでは、新堀川店MFB情報栄えある第3段発信します。


『デュラララ!!』 (原作 成田 良悟 作画 茶鳥木 明代)

デュラララ!!キタ―――――――(☆o☆)/――――――――ってな感じで 
 一気にテンションMAXになってしまう、まさしく神作品です。あの「バッカーノ」と並ぶ、成田良悟先生の代表作。
舞台は東京・池袋。そこにはキレた奴らが集う。これは、そんな彼らが織りなす歪んだ恋と愛情の物語。その舞台に下り立った一人の青年。彼はこの街に求めていた“非日常”を・・・
その彼が耳にした街で流れるいくつかの噂話。
 絶対に敵にしてはいけない男―――「ヘイワジマシズオ」
 絶対に関わってはいけない男―――「オリハライザヤ」
そして、池袋の街を漆黒のライダースーツに身を包み、漆黒のバイクを駆る。通称“黒バイク”と呼ばれる目に見える都市伝説。彼は、今日もある物を求めて街中を疾走する。
 また、1つの色を象徴とし、活動するカラーギャングと呼ばれる集団と、それとは逆に、特定の色を持たず、規模も詳細も不明、でも確実に存在し数を増やし続ける謎だらけのチーム“ダラーズ”。
彼らが池袋の街に集いしとき、街は今日も怪しく蠢く。
 今回は気軽にこの作品に触れてもらえるように、コミック版のほうを用意させて頂きました。ちょうど1~4巻セットが原作小説の1冊分に相当します。
デュラララは読んでみたい、でも小説系はちょっと・・・という方にオススメです。またすでに原作の方をお読みになった方でも、ぜひ読んで頂きたいです。
新たな発見があるかもしれませんよ。


『コードブレイカー』 (著 上条 明峰)

「週刊少年マガジン」にて絶賛連載中の作品。法で裁ききれない悪を裁く“存在しないもの(コードブレイカー)”

異能と呼ばれる特殊能力を武器に悪に裁きを下す。
 “目には目を 歯には歯を 悪には悪を・・・”
クールでスタイリッシュなバトルを繰り広げる深遠なるダークヒーローストーリー。炎に磁力に音に光。まさに定番(?)ものから特殊な物まで、多種多様な異能が登場!
理想郷(エデン)の創世の4傑、地獄の七魔、本誌ではさらなる超展開が繰り広げられています。
一人ひとりのキャラクターが普通にカッコ良いです。また一見冷めた雰囲気に見える彼らですが、戦いの時に見せるアツい男気のようなものがあり、そこにまた違ったカッコよさを感じます。
盛れば盛るほど面白い、これぞまさに王道と呼べる作品。さらなる「後のせサクサク感」を期待しています。設定の盛り込みすぎでしょうもないかもとか思っているあなた、1度読んでみて下さい。1周まわって面白い、そう感じるはずです。


『鬼灯さん家のアネキ』 (著 五十嵐 藍)

「悪戯好きで可愛い姉貴は好きですか?」
鬼灯家に暮らす血の繋がらない姉と弟。その可愛い姉が仕掛けるちょっと刺激的な悪戯にドキドキしたり、ハラハラしたり。
 時には命がけの悪戯も!?そんな姉貴にいい加減愛想が尽きそうになるも・・・・でも残念、やっぱりアネキは可愛かった。
可愛いは正義  可愛いは最強

だから、もう一度たずねます。
「悪戯好きで可愛い姉貴は好きですか?」
答えはもちろん決まってますよね。また、そんなアネキの隠れた本心を垣間見た時、その魅力にもう完全にノックアウトです。
ある意味、理想的(?)な姉が登場する「鬼灯さん家のアネキ」読んでみてはいかがですか。


『ギャルゴ -地方都市伝説大全-』(著 比嘉 智康)

 1人は町でも有名な凶暴性をと未知数の“咀嚼力”を合わせ持つ、まさしく“凶犬”と呼ぶにふさわしい子ともう一人は、背丈にして0,2メートルつまり20cm!?で、3サイズが上から、
12、7、10,5、(ちなみに単位は全て㎝です)のとんでもないナイスバディらしい女の子。
そんな、すこぶる魅力的(?)な仲間達とともに相手にするは、「地方都市伝説」。
 町にはびこる出所不明、でもどこからともなく広がっていく噂。ずっと前から主人公の住む真幌市だけで語り継がれている噂、それが地方都市伝説。
そんな実体不明の噂話、でもひそかに被害者は存在してー祖母から受け継いだ特殊な力と、家に代々伝わる伝説の―
ではなく近所のホームセンターで手軽に買える(なんなら特売品でもOK)全長180cm程度の鉄の棒。そう物・干・竿☆
 その2つの武器と心強い(?)仲間ともに、奇怪な噂と対峙する。(戦うシーンはガチバトルです。)そうして出会う、地方都市伝説の真相と、一つの悲しい事実。
それを目の当たりにした時、主人公は・・・。ちなみに「ギャルゴ」というのは、主人公のあだ名というか称号のようなもので、その由来は、本編にてお楽しみに。


『RIGHT×LIGHT』(著 ツカサ)

 大切なものを失ってしまった代償に、宿った力。昔、巻き込まれた海難事故の際、妹の手を掴めずに助けられなかった“右手”
それ以来、その右手は何かを掴もうとすると否定される「無かった事になる」
 ―握ったものを跡形も無く消す力―
それは魔法なんかじゃなく、いわば“呪い”
 そうして彼は“空っぽの手品師”として、その呪いを背負い続けてきた。今もこれからも。しかし、その呪いを隠しつつ、平凡な日常を過ごしていた彼が出会った不思議な少女。
なぞの仮面集団に追われていた“半透明”の女の子「アリッサ」。出会ったばかりの彼女はいきなり命じる
 「あんたに選択の余地はないのよ!あたしに従いなさい。」
そしてなかば強引に依代(よりしろ)にされてしまった主人公は、世界の秘密を目の当たりにする事になり。そんな非日常の中で対峙する人々、関わると不幸になる魔女と呼ばれる女の子、
アリッサを狙う「ジン」呼ばれる謎の男。彼らと交錯する時、主人公の右手に刻まれた呪いの真の正体が明らかになる。それは、呪いなどという生易しいものではなかった。
 魔法とか興味ないと思う方でも、一度読み始めると一気にその世界観に引き込まれる、そんな物語です。これから来る秋の夜長とやらにぴったりの作品です。立ち読みでもいいです。一度手に取ってみて下さい。



以上が今回紹介させて頂く「元気の源」になります。
どれも、きっとあなたを楽しませてくれるものだと思います。今回も店頭にて『HPまたは携帯サイトを見た』と言って頂くだけで紹介した商品はもちろん、
今回に限り以前にMFBで紹介した商品もすべて10%OFFで提供させて頂きます。
あなたを元気にするお手伝いができればと願いつつ赤い看板が目印のコミックショック新堀川店にてお待ちしております。

シェア

投稿日時:2011/09/21 11:27:31
カテゴリ: 新堀川店  

☆☆☆ 高野店CD新入荷情報 ☆☆☆

まだベルリンの壁も崩壊する前、半占領下にあったドイツにおいてロック史上、もっとも異形だったともいえるシーンが形成されていました。それらの音楽はジャーマン・プログレッシブ、あるいはクラウト・ロックと呼ばれ、そこに属するロックバンドは当時の欧米ロックにおいてもかなりの異彩を放っていたようです。代表的なバンドにCAN、FAUST、NEU、KRAFTWERKなんか挙げられますが、これらのバンドはレディオ・ヘッドのトム・ヨークが多大な影響を受けていると発言していたりと、今の音楽に実は大きな足跡を残しています。奇妙奇天烈なのに妙に中毒性がある、ロックの異端児たちが繰り広げたストレンジ・ミュージックの世界を一部紹介したいと思います。しかも、今回はそのシーンの中でも特にサイケデリックにぶっ飛んだ二組に絞ってみます。


AMON DUUL「COLLAPSING」\1.500-

その名も「サイケデリック・アンダーグラウンド」という強烈なタイトルで、内容は更にサイケデリックでカオスなサウンドをぶちまけた1stアルバムに続いて発表されたアモン・デュールの2ndアルバム。前作と同様のセッションを楽曲として再構成させた、これまたサイケデリックでトリッピーな傑作。反響するノイズとリズム・ループによるこれぞジャーマン・ロック、な一枚。かなりカッコ良いです。

AMON DUUL「楽園のデュール」\2.800- 廃盤

で、そんなアモン・デュールのラストとなる3rdアルバム。元々がヒッピー的なコミューンを母体にしていたバンドで、セッションが楽曲制作の中心だったこともあり、長続きが難しいのは目に見えていた感じもします。前作、前々作の猛然とした攻撃性は影を潜め、アコースティック・サウンドによって脱色された一枚。しかし、その枯れた感じが堪らない。リズムがループするのは同じですが、こちらはなんというか頭が真っ白になる感じ。叩きのめされてトリップする1st、2ndと聴き比べてみるとより面白い。


ASH RA TEMPEL「SEVEN UP」\1.800-

アシュ・ラ・テンペルの3rdアルバム。ブルースが音楽的な基盤になっているマニュエル・ゲッチングを中心に結成されただけあって、初期はジミヘンやクリームあたりのサイケデリアのみを抽出したような、濃厚なサイケ・ブルース・ガレージサウンドを聴かせてくれます。出口の見えないノイジーなロック・セッションは、こういうのの物真似、未だにしてるバンドってあるようなー、とか考えてちょっと感慨深くもなれたりします。もちろん、そういう真似っこバンドとは比較にならないくらいカッコ良いですが。


ASH RA TEMPEL「INVENTIONS FOR ELECTRIC GUITAR」\1.800-

マニュエル・ゲッチング以外のメンバーが全て抜け、実質的にソロ活動名義と化したアシュ・ラ・テンペルとしての初作品。タイトル通り、ディレイをかけたエレキギターの抽象的なフレーズを中心に幻想的ともいえる音響世界を構築した傑作。初のソロ制作にもかかわらず、この完成度は凄い。おそらく、現在のテクノやアンビエントの原点となっている音楽で、ミニマルな音の重層性をロックの言語で構成したのはこの作品が最初ではないでしょうか?ロックファン、テクノファン、並びに音響系ファンの方は必聴です。


ジャーマン・プログレ、並びにクラウト・ロックのシーンは当時の欧米ロックからの影響を大いに受けているのと同時に、ドイツ国内で大きな革新を続けていたシュトックハウゼンら現代音楽の作曲家からも影響を受けたり、または直接彼らに師事していたりもしていたました。そういった環境下での、今でいうミクスチャー感覚は当時、そして現代においても非常に刺激的で面白いものを生み出しています。これを機にちょっと変な音楽に触れてみるというのもいいのでは?

 こちらの商品は現在、すでに店頭で並んでいる商品です。急がないとなくなってしまう、なんてこともあり得ます。気になったり、これ欲しかった、という方はいち早くコミックショック高野店へ!!

シェア

投稿日時:2011/09/21 09:41:29
カテゴリ: 高野店  

★★★ワゴン半額セール★★★

高野店おなじみの『店頭ワゴンセール!』商品入れ替えの為、在庫処分セールを行います。


ありとあらゆるジャンルがつまったワゴン商品にはお宝が眠っているかも!?


20日頃までの開催です!お早目に!!



次回は特大本のワゴンセールを行いますので、お楽しみに☆

シェア

投稿日時:2011/09/09 10:41:27
カテゴリ: 高野店  

☆新堀川店セールじょうほっう!☆

皆様お待たせ致しましたでございます!
新堀川店恒例のセールタイムです! 
今回のセールは、「一般DVD20%OFF」でござい!  
期間のほどは9日(金曜)10日(土曜)の二日間でござんす!
皆様のら~い~て~んを~お~待ちして~おり~ます~!よよい!
オススメDVDは『渋谷怪談サッちゃんの都市伝説』でふ!

これを見たときちびりそうになりました! 

シェア

投稿日時:2011/09/09 09:17:10
カテゴリ: 新堀川店  
 
PROFILE

お名前:Step関西

HISTORY
CATEGORY
COMMENT
TRACK BACK
FAVORITE
<<  2011年9月  >>




123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
COUNTER
今日 : 0
昨日 : 0
合計 : 0

READER
ARCHIVE
LINKS
QR-CODE