また懐かしい動画を見つけました!

これもバックアップを作って、PC内からは削除していたデータだったので、見つかって嬉しかったです!^^

 

ひっさびさに、長男のではなく、自分のレースの動画です。

 

とっても遅いので(^。^; 殆どテレビに映りませんが、映像としてまともに残っている自分のレースはコレだけなので、大事な動画ファイルなのです。

 

自己満足で公開しちゃいます!^^

 

この映像を見返すと、当時パドックで、コース上で、一緒に切磋琢磨し合ったライダーたちは、現在はミニバイクレースに出ていたり、2世を走らせていたりと、すっかり時代が変わったことを実感します。

まだ7年弱ぐらいしか経ってないんですが・・・。

 

2006 もてぎロードレース選手権第1戦 MP/ST250 決勝レース(前編)

2006 もてぎロードレース選手権第1戦 MP/ST250 決勝レース(後編)

このレースのリザルト

当時HPにアップしたレポ

懐かしい映像が2つ見つかりました205

いやぁ~、失くしたもんだとばかり思っていたので嬉しいな~^^

ほんの3年半前ですが、随分と前のように感じます。

小5の時の長男がちっちゃい!

エントリー台数が2台のタイマンバトルでしたが、熱かった!!

↓ レースを始めて1年ぐらいの2人による、35秒台の攻防。

2009 大洗選手権 第3戦 スーパーキッズ決勝レース(前編)

決勝レース(後編)

表彰式(前編)

表彰式(後編)

 

 

 

もうひとつは小6の時、ウェイトアップに苦しみ出した頃の頑張れたレース。

未勝利ながら、ポイントランキングトップで迎えた 2010 桶川の3戦目。

西から強力なライダーが遠征してきて凄い刺激を受けたレース。

のちに、自身も西に遠征するキッカケとなったレース。

2010 関東ロード第3戦 KIDS サイティング前

決勝レース

表彰式

 

 

 

熱かったなぁ~^^

こうやってココに載るのが、関東ロード選に出るようになってからの目標だったんですよね~140

 

凡人の長男は、練習、練習で、人一倍走り込んで、目標達成までに丸4年の歳月を要しました205

 

ギリギリだったけど、達成出来て良かったぁ~210

関東ロード選最終戦 SP-F 決勝

関東ロード選最終戦 SP-F 表彰式

 

 

 

 

2012最終戦勝者のコメントが掲載される、2013開幕戦のプログラムが記念に欲しぃな~(^。^;

滅多にないことだし・・・orz

あぁ小市民・・・

グラチャンの(主にお父さんの)心の傷も癒えぬうち、ミニバイク卒業レースの日がやってまいりました。


今回の関東ロード選も、8月の第3戦と同様にダブルエントリー。
クラスは、

・M
・SP-F

Mは他コースのチャンピオンが集まる、ミッションクラスのエキスパートレース。
排気系はノーマル、サス変更とレブリミッター解除等の点火系の変更はOK。

SPはMのレギュレーションに加えて排気系の変更もOKとした、関東圏ではミニバイクレース最高峰に位置づけされているクラスで、関東ロード選ではラップタイムによって下記の3つにクラス分けをしてレースを開催している。

・SP-F(マシン+ライダーの最低重量124kg以上) ~44秒ぐらい(?)
・SP-B(マシン+ライダーの最低重量126kg以上) ~43秒ぐらい(?)
・SP-E(マシン+ライダーの最低重量128kg以上) 上記以上に速い。

最低重量制限がある為に、ジュニアライダーは大抵ウェイトを積んでレギュレーションをクリアしていることが多い。
大体、ライダーのウェイトが42kg以上(装備込みで47kgぐらい?)であれば追加ウェイト無しでOKになる見込み。


長男の場合は装備込みで50kg近いのでウェイト追加なしで全く問題なしです。
ジュニアライダーの場合、レース前の部活だとか食事の関係でウェイトが微妙な時は、燃料の量で微調整してやれば問題ないでしょう。

 


 

・・・とまぁ、参加クラスのレギュレーションについて簡単に触れましたが、THRのスタンスはノーマルのままで参戦してライダーのウデを磨くことなので、当然今回もHRCトロフィー仕様のままで参戦しました。

決してレースをナメているとか、バカにしているとかではないので、誤解のないようにあえて綴っておきます。

 


 

Mクラスでは足回りのレベルが段違いのマシンたちの中で、ノーマルNSFのポテンシャルをどう生かしてハンディを埋めていくか?
SPクラスでは、ラップタイムでクラス分けされているとはいえ、インフィールド内の加速力のハンディをどう埋めていくか?

ただガムシャラに攻めたてても、どちらのクラスでも善戦は出来ません。
周りのマシンと自分のマシンの特性の違いを正しく理解して、武器に出来るところでは積極的に攻め込み、守らないとイケないところはカッコなんか気にせず守る。
頭をよ~く使って走らないとイカンのです。

頭に血が上りやすくて感情的な性格のお父さんには全く向かない、冷静によく考えた走り方が必要です(爆)
熱血ペースのお父さんと全くリズムが合わない、ひたすらクールなA型の長男なら、鍛え方次第でバトルに強くなる要素を含んだやり方だと思っています(笑)

 


で、前日練では雨予報を覆した“晴れ男”な長男。
久し振りに走るコースではいつものことですが、朝イチの走行はリズムがバラバラでハチャメチャな走り。
それでもラップタイム的には自己ベストのコンマ8秒落ちぐらいなのは驚きました。
気温が6℃ぐらいしかなくて、エンジンが絶好調だったからかなぁ~なんて(^^;

桶川は1本が13分ぐらいと短いので、カンを取り戻すのに苦労するかな?と思っていましたが、走行毎に桶川のリズムを思い出していき、午前中終了の頃には自己ベストを更新しました。


去年の7月のレースの予選でマークしたタイム以来、1年半振りの更新となりました。
その時の長男と比べて8kgのウェイトアップで自己ベスト更新なら、夏と冬の気温の違いを差し引いても、ライダーのスキルアップによって更新出来たと判断出来ると思いました^^

そして午後も走行毎にコンマ1秒ずつ着実に自己ベストを更新していった長男。

最終的には43秒7までタイムアップしました。

 

 


練習後は、長男だけAらかわ家に拉致されていきました(笑)伏せ字になってないな(^。^;

 

 

 

明けてレース日
朝から強風です。orz
2週連続で強風の中でのレースになるとは・・・。
こんな状況では良いタイムなんて当然出やしません。
どんなに攻めても、前日練で出した自己ベストのコンマ5秒落ちが精一杯。
いつもよりもフロント荷重を意識しないと、1コーナーと4コーナーはフロントからすくわれそうになると言っていました。
接地感がコーナリング中にコロコロ変わると・・・そりゃコエェ~

 

 

 

【予選結果】

M 9位 44秒243 トップとの差はコンマ637秒(チーン・・・終了~)
SP-F 1位 44秒197 2位との差はコンマ981秒(大差をつけることが出来たので、あとはスタート次第だな・・・)

 

 

 

【決勝レース結果】

M 8位
トップグループは遥か彼方・・・セカンドグループでのバトルではアタマ取り成功。

M 決勝レース VTR

 

 

 


SP-F 優勝
インフィールド内でのマシン特性の差が大きい為、バトルになったら勝つのは難しいので、いかにトップ独走の状況を作れるかが勝利のカギでした。
前回8月の遠征時も予選はトップタイムだったものの、2番手以降のタイムが接近していた為、決勝では後退後に前に出ることは出来ず終いの4位に終わっていました。
教訓を生かしてリベンジ完了!
そして2年間のターミネーターキッズを含む4年間の関東ロード選で今回が初優勝。
最後の最後に優勝出来て、嬉しさよりも「ホッ」としたのが正直なところ。
“終わり良ければ全て良し!”で、ミニバイクレースを(勝手に)卒業です!

SP-F 決勝レース VTR

 

 

 


関東ロード最終戦に参加の方々、強風の中お疲れ様でした。髪が砂でゴワゴワのバリバリ(^^;
差し入れや激励や、お得な情報等々、色々とありがとうございました。
今回で今シーズンのTHRレース活動は終了です。
来シーズンからはいよいよロードレースの扉を開けに行く予定です。
お父さんの古巣の場所に帰れるという楽しみと、数年間ドップリと浸かってハマったミニバイクコースから離れる淋しさと・・・何とも表現出来ないような気持ちです。


あ、でも、楽しむが一番!のミニバイクレースは、長男の気持ちと予定さえ合えば、これからもやるつもりですよ~^^・・・っていうか、NSF100は手放してしまうので、耐久レース等のお誘いにのります!(^。^;

 

 

 

 

今シーズンの覚書(全31戦、39レース)

【IWAI GP@岩井サーキット】
第2戦  GP2  3位

【BATTLAX榛名青木宣篤杯@榛名モータースポーツランド】
第1戦  HRCトロフィー  2位(最終ラップに転倒)
第2戦  HRCトロフィー  3位
第3戦  HRCトロフィー  3位
第4戦  HRCトロフィー  3位
第5戦  HRCトロフィー  2位(WET RACE)

【東日本モトチャンプ杯@サーキット秋ヶ瀬】
第1戦  HRCトロフィー  3位

【関東ロードミニ選手権@桶川スポーツランド】
第1戦  HRCトロフィー  4位
第3戦  HRCトロフィー  6位
           SP-F  4位
第6戦  M 8位
           SP-F 優勝

【モトキッズ杯@日光サーキット】
第1戦  HRCトロフィー  4位(WET RACE)

【西日本モトチャンプ杯@名阪スポーツランド】
第1戦  HRCトロフィー  転倒リタイヤ
第2戦  HRCトロフィー  2位
第3戦  HRCトロフィー  2位

【近畿スポーツランド杯】
第1戦  M-EX  9位
           HRCトロフィー  3位
第2戦  HRCトロフィー  3位
第3戦  HRCトロフィー  優勝

【ライスポカップ明智スプリント@明智ヒルトップサーキット】
第2戦  HRCトロフィー  2位(WET RACE)
第3戦  HRCトロフィー  転倒リタイヤ
第5戦  HRCトロフィー  優勝(HALF WET RACE)
第6戦  HRCトロフィー  2位
第7戦  HRCトロフィー  2位
フェスティバル  M  3位

【DE耐!@ツインリンクもてぎ】
NSF100  2位

【もてぎショートコース選手権@もてぎ北ショートコース】
第2戦  HRCトロフィー  2位(3LAP目に転倒)
第3戦  HRCトロフィー  優勝
第4戦  HRCトロフィー  2位(WET RACE)
           NSF100ノーマル耐久  優勝(WET RACE)

【ライスポカップ美浜シリース@美浜サーキット】
第3戦  HRCトロフィー
           第1ヒート  3位
           第2ヒート  3位
第4戦  HRCトロフィー
           第1ヒート  4位
           第2ヒート  3位

【ライスポカップ白糸スプリント@富士宮白糸スピードランド】
第4戦  HRCトロフィー  転倒リタイヤ(WET RACE)

【NSF100 HRCトロフィーグラチャン@鈴鹿サーキット】
JC  10位 

 

 

 

・・・3シーズン分ぐらいの、濃密な1シーズンでした140

このレースの為に、数々のレースを頑張ってきましたが・・・・・・

2日間、長男の気合いのハートに火がつくことはなく・・・・・・

ひたすらローテンションのまま終了・・・・・・

トップグループに5秒(?)離され、ボロ負けの10位フィニッシュでした・・・・・・

 

 

優勝は、明智で一緒に戦ってきた同胞。

 

THR的には、涙が出る程に悔しい結果でしたが、意外と素直に称えられた自分にびっくり。

明智でも毎回負けていて、その度に歯を食いしばって「おめでとう!」を言ってきたけど・・・

お父さん同士で熱い抱擁でした。

 

 

来週末でマジモードのミニバイクレースは終了(勝手に卒業)。

昨日・今日のような、後悔たっぷりなレースにならないよう、お父さんは整備と祈ることしか出来ません。

 

 

全ては長男次第!

さぁ、今週末はいよいよグラチャンです。

今シーズンのNSF乗り日本一決定戦です!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

このレースの為に一年間(二年間?)頑張ってきたのです!!!!!!!!!!!!!!!!

去年はお試しで、15位以内が目標でした(爆)

それなのに、10数台による3位争いの末の5位入賞と出来すぎのレースでしたが・・・・・・

 

今年は違います。

NSF乗り日本一を目指して頑張ってきました!

目指せ今年の日本一!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

ショートコースじゃ太刀打ち出来ないライダーにも、10kg以内のウェイト差であれば、インターナショナルサーキットでのレースでならチャンスがあるハズ!!(既に大人の軽量級に近いウェイトだが)

 

 

 

 

しかし・・・

 

 

 

 

ホントに達成出来たとしたら・・・

 

 

 

 

多分、初の快挙ではないかと???????

 

 

 

 

地方選でトップじゃないライダーが、グラチャンで勝った例は恐らくないのではないかと・・・・・・

 

 

 

 

雄一郎よ!

地方選の負けライダーがグラチャンで勝った初めての男になれっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

酔っ払ぁ~!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

THR 晩秋の6連戦の最後、美浜最終戦。
今回は土日共にお天気に恵まれました。
土曜の前日練は台風のような強風に悩まされましたが・・・。

今回は、第3戦の時とコースレイアウトが違い、“フルコース+3コーナー”というレイアウトでした。
1コーナーの次にシケインのようなコーナーが追加されるだけなので、長男的には「コースが全然違う!」というようなことはなく、すんなりと受け入れられたようです。

練習は・・・・・・台数が多過ぎて参りました。
美浜はクラス分けをする文化がないようで、スキルの違いの差があまりに大きくて危険な香りがプンプンしました。
長男曰く、

「DE耐みたいで恐い!」

予測不能な動きをするライダーが多くてまともに走れず、殆ど練習にならない状態。
最後から2本目の20分間は、台数が減ってそこそこ走れましたが、最後の1本は路面温度が急激に落ちたこともあり、攻め込むには躊躇してしまう状況になってしまいました。
というわけで、あまり意味をもたない前日練となってしまいました。
これは残念。



練習後の整備(というか、レースの準備)にやたらと時間がかかってしまい、待たされた家族は、気づいた時には車の中で寝てました(汗)
このままだと子供たちの夕飯が抜きになってしまうので、作業を一時中断してお風呂に。
“かんぽの宿 知多美浜”にNぐち親子と一緒に。
小一時間程で美浜サーキットにとんぼ返りし、家族が美味しそうにお鍋をつついている横で、お腹をグーグー鳴らしながら作業の続き。・°°・(((p(≧□≦)q)))・°°・。
更にとなりのテント内では、親父連中の酒盛りで盛り上がっている楽しそうな声が聞こえてきます・・・自分にとってこの状況は殆ど拷問です!゚(゚´Д`゚)゚
作業が終わって宴会に合流出来た時には9時を回っていました。 疲れた~orz
あまりの疲労に、日をまたいだ頃には睡魔に耐えるのがツラくなり、途中でリタイヤ。
早々にお休みさせてもらいました・・・「え~っ!?」とか言われながら・・・(滝汗)



翌朝
寒さで眠りが浅いワリにはなかなか目が覚めず、気づいた時には周りの皆さんは準備に忙しくしておりました(; ̄ー ̄A
お父さんよりも遥かに先に眠った家族は全然起き出す気配なし。
お父さんはひとりさみしくお店を広げて、受付と車検の準備。


朝フリ
路面温度の低さもあったが、フェニックスでフロントからスカーッと(T_T)
ま、珍しく以外と軽傷で、左のハンドルとクラッチレバー交換で済みました。
でも予選までに間に合わせるのは焦りましたが・・・(;´Д`A
とりあえずフロントがフルボトムしてガックガクだというので、油面を5mm上げて様子見。


予選
前日練があまり実のある練習にならなかったこともあり、朝フリまではロクなタイムが出ていなかったのですが、予選で突然コンマ8秒もタイムアップし、まさかの2番手タイムをマーク。
しかし、「フロントの接地感が全然ないフェニックスが恐くて攻められない」と。
見ていてよく分かる程に、フェニックスだけはかなりヘナチョコな走り。
仕方ないので、フェニックスだけは、アペックスで意識してスピードを落として向き変えし、開けるポイントを早くすることで対処していました。
何も考えていないように見えて、意外と考えて走っているみたいです(笑)


そして決勝第1ヒート

VTR

予選のタイムから更にコンマ4秒タイムアップしていたのですが、それでも足りずに離されて終了。
また大人に負けてしまいました。orz


決勝第2ヒート

VTR

前回の第3戦でもそうでしたが、1ヒート目で燃え尽きてきて2ヒート目はスタート直後からダメダメ。
あっという間に単独の4番手になって、淋しくひとり旅。
中盤から終盤にかけて、3番手の大人が(ハイスピードコースの美浜でジュニアと互角に渡り合う凄い人なんですが)ペースが落ちてきたおかげで、少しずつ長男が追いついて、最終ラップの最終コーナーで切り返し際の意地のレイトブレーキング。
ギリギリで3位に浮上してチェッカーを受けました。


鈴鹿で行われるグラチャンを目前にして、不甲斐ないレースをしてしまい、転倒のおまけもあり、まともに闘えるのか不安にさせてくれた長男ですが・・・
今シーズンの集大成であり、勝利を最大の目標としてきたグラチャンは一体どうなってしまうのか?
お父さんは不安で不安で仕方ありません(^。^;
楽しめるといいんだけどな~?



ハルキ! チャンピオンおめでとう!!o(≧∇≦*)o

明智フェスティバルは、ミニバイクレースのシリーズ戦が行われている全国のコースでランキング3位以内のライダーはご招待なお祭りレース。

今回は、近隣のコースのツワモノが何台もエントリーしてくると考え、長男の希望もあり、修行の為にMクラスにエントリーしました。

 

しかし、フタを開けてみると、いつもの明智スプリントのエントラントと全く同じメンツでした(笑)
ま、それでも十分ツワモノが揃っているのですが・・・(^。^;

 

前週の雨の白糸で、マシンにそこそこのダメージがあったので、土曜の前日練で確認したかったのですが、生憎の雨だった為走らず(日曜の予報が晴れということもあり)。

 

というわけで、土曜は朝から自宅でひたすら修復作業に没頭。

マフラーの曲がりだけは自分で直せず・・・パワーダウンの基なのでグラチャンまでには何とかしたいな、と。

 

 

最近、急激に気温が低くなってきたので、フロントフォーク油面を変更。

ついでにフォークオイルそのものも交換。

リヤサスも黄バネから赤バネに変更。

 

 

日曜の朝フリで試すも、ピリッとした走りが出来ず。

特に4コーナーではフロントの押さえが利かずに曲げられない&開けるのが遅れている。

8コーナー立ちではマシンから振り落とされそうになって攻められないとのこと。

見た目通り、タイム的には45秒も切れない有り様。

走行後のマシンを確認してみると、フォークがあまりストロークしていないので、油面を更に下げてみる。

リヤは良い感じでストロークしていた。

 

 

 

そして予選タイムアタック。

あまり走りは変わらない。

タイムは44秒7まで上がったが、いつ転んでもおかしくないぐらい、ライダーの気合い&技量で何とかタイムアップしただけで、走りそのものはあまりイケてない。

5番手タイムで、決勝は2列目からのスタート。

 

さすが最高峰のMクラス。

このタイムじゃヘタをすると3列目まで落ちてしまいそうな感じです。(^^;

 

予選後にもう一度マシンチェック。

まだフロントのストローク量が足りてない。

逆にリヤはフルボトムで底づいている。

完全に前後のバランスが崩れているよう。

何かがおかしい。

フォークオイル交換前よりも油面を下げているのにストローク量が減るなんて・・・。

 

まさか・・・

 

お父さんてば、番手を間違ってました(汗)

いつも入れている10番のつもりが、15番を入れていました!(爆)

気温が低くなってきたからって、油面を下げるだけのつもりで、ついでにオイル交換をした時に硬いオイルを入れてしまっていました。

決勝までに間に合わせる為、急いで10番のオイルに交換。

油面も元に戻しました。(^^;

フォークの作業後ライダーから珍しくリクエストが・・・

リヤサスのバネもいつもの黄色に戻して欲しいと。

底づいちゃってましたしね。

結局、いつものセッッティングに戻して欲しいということに。

お父さん、気温を気にして気を利かせたつもりが、ライダーにとってはありがた迷惑の状態になっちゃっていたようです。orz

 

 

 

【決勝レース】

クラッチミートは良かったのですが、フロントロー2番グリッドのライダーのスタート失敗のアオリを受けてアクセルを戻してしまい失速(長男はこういうのがホントに多い)。

1コーナーまでに2番手まで上がる作戦が上手くいかずに、4番手。

そして、その後もあまりペースが上がらずトップがどんどん逃げる展開に。

走り自体はそれ程悪くないのに、タイムが上がらない。

予選よりコンマ1~2秒速いだけ。

ど~もおかしい。

やっぱりマフラーの曲がりがパワーダウンを引き起こしている(ライダーもいつもよりマシンが遅いと予選後に言っていた)。

 

 

Mクラス決勝レースVTR

 

 

というわけで、マシンが完調であれば2番手までは捕まえられたハズ(タラレバッ!!)。

トップはちょっとスピード違反で取り締まらないと~ぐらいの速さだったので、例え完調だったとしても、スタート直後から貼りついていないと勝負出来ない状態でした。

 

とりあえず去年の遠征で勝てなかった相手を抜き、引き離してチェッカーを受けられたので、まぁまぁ楽しめたようでした。

 

 

レース後、「ステップ擦りまくりだった」と長男。

・・・それはどうしようもないので、限りあるバンク角の中で、安全に速く走る方法を編み出してください(笑)

このままだと、ステップ先端の樹脂部分がなくなっちゃうよぉ~(T_T)

 

 

 

 

明智な皆さん、一年間お世話様でした。m(_ _)m

 

新年の“ランキング表彰式@名古屋”という名の呑み会に是非参上したい!

・・・けど、その日は長女の水泳競技会!

終わった後に行けるかな~?(^^; 時間的に・・・

今週末は、明智スプリントのお祭り “明智フェスティバル”です。

 

全国のミニバイクレースシリーズのランキング上位者はご招待のレースなのですが・・・

 

どのクラスを見渡しても、エントリーしているメンツがいつもの明智スプリントと変わらない(^^;

 

しかも、HRCトロフィーはエントリーゼロ!

Mにエントリーしておいて良かった(^。^;

 

エントリーリスト

 

Yまがみ兄弟、西のターミキッズ出身の横綱2人、他にも強豪揃いのメンツの中で、ノーマルNSFのままでどこまでヤレるか?

長男が挑戦してきます!

 

強豪の面々を相手に、長男は既に気合いが入っている模様!

 

 

気合いが空回りしないといいな(笑)

 

 

ま、お祭りレースなので、いつもと違った緊張感を楽しんでくれるといいな、と。

 

 

前日練が雨になりそうなのが残念ですが・・・

前日は夜だけ楽しむか!(爆)

 

レースの日は晴れそうだっ!!153

色々な意味で苦い思い出にしかならなかった、白糸スピードランドの2日間。

 

お天気に恵まれた前日練は、朝イチの数分間ですぐに転倒。

これでリズムを狂わせたのか?その後は一日を通してあまり良いところもなく終了。

ファイナルも決まらなかった・・・。




翌日は朝フリと予選まではドライコンディション。

予選では前日練のタイムを更新し、3番手タイム。

決勝は天気予報通りにウェット。

ウェットコンディションになった場合のイメトレもしていたようですが・・・

 

一番遅いラップタイムで周回していたにもかかわらず、4コーナーで乗っちゃいけない滑るラインに乗って、フロントから転倒。

とりあえずライダーにケガはなし。

 

転んでも転んでもすぐに再スタートを切るNSFのライダーをたくさん見てきましたが、ウチの長男の転倒はドライでもウェットでも何故かマシンが大破する確率が高く、またもやリタイヤとなりました。

 

転倒数が増えてきたのも気になります。

転倒数と長男の調子は比例しがちなので・・・

 

 

HRCトロフィー決勝レースVTR

 

 

 

今回は、マシンと装備の両方にたくさんのダメージがあったので、12月のグラチャンに向けての費用捻出に黄色信号が199

 

 

 

TOTAL: 2,472件 [ 1/248 ]
<< 前へ 12345678910 次へ >>

<<  2017年4月  >>






1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
COUNTER
今日 : 0
昨日 : 0
合計 : 0
HISTORY
READER
  • bikeplus