お名前:fdukt

<<  2016年12月  >>




123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

TODAY : 0
YESTERDAY : 0
TOTAL : 0

読者一覧

訪問者一覧

「レーザー直撃でiPhone壊れた!」 そんなことがあるのか

「レーザー直撃でiPhone壊れた!」 そんなことがあるのか

クラブへ遊びに行ったところ、iPhoneにレーザーポインター光線が当たって壊れてしまった――ツイッターでこんな報告をする人が出て、「そんなことがあるのか」「怖いな」と話題になっている。

15秒ほどの動画には、クラブのDJが音楽をかける様子が映っている。青や黄色のレーザー光が、壁の上の方を明るく照らしていると...。

カメラレンズに当たり、画像に横線が出るように

iPhoneにレーザーが当たってまぶしく光り、次の瞬間には画面に緑色の横線が入っていた。 この動画は、クラブに行った音楽プロデューサーのZANIOさんが2016年11月28日にツイッターに投稿したものだ。

すぐに大きな反響を呼んで、12月2日夕時点で1万6000件以上もリツイートされている。

ZANIOさんによると、iPhoneのカメラのレンズ部分にレーザーポインター 緑が当たったといい、それ以降は、写真を撮るたびにレーザーに焼かれた痕が線として入ってしまうそうだ。

ZANIOさんがクラブのオーナーに確認したところ、レーザーはプログラムで上部だけ照射する設定になっており、このときはiPhoneを高く掲げて動画を撮っていたため、レーザーが当たった模様だという。

ちなみに、ZANIOさんは、iPhoneをすぐに修理に出し、翌29日には7800円で修理が完了したとツイートしている。

iPhoneに限らず、スマホなどのカメラのレンズ部分にレーザーポインター 自作が当たって壊れることはありうるのか。 スマホやデジカメメーカーのソニーの広報担当者は、J-CASTニュースの取材に対し、「症状として原理的にありえます」と説明する。

「光が1点に集まってセンサーなどが焼ける恐れ」

レーザーポインター 失明や太陽などの強い光がレンズに向けて照射されると、光が1点に集まってセンサーなどが焼けたりすることがあります。カメラは光を電気に変えていますので、強い電流が流れてセンサーが破壊されたりすることもあるでしょう。画面や写真に横線が入る症状が出るのは、電気が横方向に流れる仕組みになっているからです」

図などを指し示すのに使われる市販のレーザーポインターなどでもカメラが壊れる恐れがあるかについては、ソニーの担当者はこう言う。

「それは、一概には言えず、光の強さや当て方、カメラにもよります。太陽にカメラを向けると、場合によっては壊れる可能性もありますので、注意が必要です。カメラに、強い光を当てるのはよくないということです」

レーザーポインター 最強光について、ソニー製のカメラやビデオによっては、センサーに損傷を与えることがあるので照射されることがないように、と取扱説明書に注意書きを付けているものもある。

また、ソニーの担当者は、今回のようなレーザーが目に当たった場合について、「カメラが壊れるくらいですので、あまり目にはよくないと思います」と言う。プレゼンなどで使われる市販のポインターでも、長い時間にわたって目に光を当てることもよくないそうだ。

http://fukuoka.mypl.net/community/000000010626/

http://katsu.ula.cc/test/read.cgi/ftjueryuk/1481118450/l10

続きを読む
カテゴリ:未設定
投稿者:fdukt  投稿日時:2016/12/10 22:25:28
コメント(0) | トラックバック(0)