お名前:fdukt

<<  2016年12月  >>




123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

TODAY : 0
YESTERDAY : 0
TOTAL : 0

読者一覧

訪問者一覧

レーザーポインターを長時間直視してしまいました

レーザーポインターを長時間直視してしまいました。目の奥が焼ける様に痛いです。


視界に黒い異物のような影が消えません。
忙しくて病院に行く事ができません。

どーすればいいですか?又、どんな病名があげられますか?

レーザーポインター鳩対策で危険なのは目に照射されることです。
市販品の超小型レーザーポインター程度では、服や体に当たったところで問題はありません。

レーザーポインタには出力によってクラス1,1M、2、2M、3R、3B、4に分けられています。

このうち皮膚に当たると火傷をするなどの危険性がある物はクラス4です。また、クラス3以上は目に当たると危険です。クラス1は100秒間見続けても安全なレベル、クラス2は0.25秒の直視ならば安全なレベルです。

日本ではクラス3以上のレーザーは販売が禁止されています。そのため、通常のレーザーポインター ledライト全てクラス2以下であり、0.25秒以下の目への直射は問題がなく、皮膚に当たる分には直接当たっても全く影響はありません。

出力の弱い(皮膚には何の障碍?痕跡も残らない)物でも、網膜には重大な損傷を与えかねませんので、保護眼鏡をしていない人の頭部付近を照準する事は絶対に止めましょう。


レーザーポインター 指示棒が赤色など目に見える光ならば、見た人が目のレンズの焦点を合わせてしまい、網膜の1点に光のエネルギーを集中させてしまいます。太陽光を虫眼鏡で集め、黒い紙を燃やすのと同じ原理です。

http://fetryre.blog.bbiq.jp/fetryre/2016/12/post-d7ab.html

http://blog.eigyo.co.jp/fdukt/day/20161212

続きを読む
カテゴリ:未設定
投稿者:fdukt  投稿日時:2016/12/14 22:56:48
コメント(0) | トラックバック(0)