プロフィール

お名前:岩谷 圭太
性別:男性
出身地:奈良県
自己紹介:
峠からサーキットに挑戦!

高3の夏初めて8耐を見て感動。
原チャリ小僧、ツアラー、走り屋、ミニバイク、そしてロードレースの世界へ
99年からSP400で4耐に挑戦しつづけて9年目にしてST600の4耐優勝!
2008年に8耐に挑戦、66位予で選突破し、無事37位完走を果たしました。
2009年は韋駄天ワークスさんから8耐に出場、予選50位決勝49位でした。
皆さんの応援のおかげです。ありがとうございます。
2010年はアジア選手権オートポリス大会にスポット参戦しました。ビリでした・・・。
また8耐はMoto DoCさんより出場、自己ベストタイムで予選40番もトラブルにより未完走。
2011年、自らのチームから再び8耐に出場しました。
鍵付き前後サスノーマル、エンジンもノーマルのOH無しでチャレンジ。
予選37位、決勝27位と自己最高位で完走できました。

2012年
予選36位、決勝38位完走
応援ありがとうございました。

2013年、新たに全日本2&4にも挑戦。
8耐は予選40位決勝26位

2014年は全日本2&4、鈴鹿サンデーロードレース選手権フルエントリー。
8耐は予選52位決勝29位完走。
鈴鹿インターJSB1000ランキング3位

2015年全日本2&4参戦、鈴鹿サンデーロードレースランキング2位、8耐に出場いたしました。

2016年も全日本、鈴鹿サンデーロドレース、8耐に向けて挑戦したいと思います

レースは好きなので可能なかぎり出たいとは思っています。

最近はバイクに乗る機会がほとんどないので子供の話で茶を濁しています。
レースは10年やったので昔話でさらに茶を濁したいと思います。

またバイクパーツの販売を始めましたのでよろしければ見てください。
http://seebell.com/bike/
doghouse@seebell.com

足跡

カテゴリ一覧

最近のコメント

最近のトラックバック

お気に入りブログ

<<  2017年7月  >>






1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

カウンタ
今日 : 0
昨日 : 0
合計 : 0

読者一覧

アーカイブ
2017年07月 (27)
2017年06月 (31)
2017年05月 (37)
2017年04月 (22)
2017年03月 (22)
2017年02月 (22)
2017年01月 (22)
2016年12月 (18)
2016年11月 (27)
2016年10月 (26)
2016年09月 (32)
2016年08月 (41)
2016年07月 (43)
2016年06月 (34)
2016年05月 (42)
2016年04月 (40)
2016年03月 (41)
2016年02月 (42)
2016年01月 (38)
2015年12月 (40)
2015年11月 (41)
2015年10月 (38)
2015年09月 (28)
2015年08月 (42)
2015年07月 (58)
2015年06月 (27)
2015年05月 (32)
2015年04月 (42)
2015年03月 (38)
2015年02月 (34)
2015年01月 (41)
2014年12月 (31)
2014年11月 (37)
2014年10月 (27)
2014年09月 (32)
2014年08月 (31)
2014年07月 (51)
2014年06月 (35)
2014年05月 (38)
2014年04月 (34)
2014年03月 (39)
2014年02月 (19)
2014年01月 (21)
2013年12月 (22)
2013年11月 (20)
2013年10月 (19)
2013年09月 (27)
2013年08月 (33)
2013年07月 (43)
2013年06月 (28)
2013年05月 (27)
2013年04月 (33)
2013年03月 (22)
2013年02月 (17)
2013年01月 (18)
2012年12月 (23)
2012年11月 (24)
2012年10月 (35)
2012年09月 (30)
2012年08月 (32)
2012年07月 (72)
2012年06月 (51)
2012年05月 (44)
2012年04月 (44)
2012年03月 (42)
2012年02月 (22)
2012年01月 (16)
2011年12月 (27)
2011年11月 (26)
2011年10月 (28)
2011年09月 (20)
2011年08月 (36)
2011年07月 (82)
2011年06月 (46)
2011年05月 (39)
2011年04月 (18)
2011年03月 (23)
2011年02月 (16)
2011年01月 (11)
2010年12月 (14)
2010年11月 (14)
2010年10月 (20)
2010年09月 (17)
2010年08月 (26)
2010年07月 (50)
2010年06月 (30)
2010年05月 (33)
2010年04月 (27)
2010年03月 (23)
2010年02月 (21)
2010年01月 (24)
2009年12月 (30)
2009年11月 (39)
2009年10月 (41)
2009年09月 (40)
2009年08月 (30)
2009年07月 (60)
2009年06月 (23)
2009年05月 (25)
2009年04月 (17)
2009年03月 (20)
2009年02月 (16)
2009年01月 (20)
2008年12月 (12)
2008年11月 (8)
2008年10月 (3)
2008年09月 (6)
2008年08月 (11)
2008年07月 (38)
2008年06月 (25)
2008年05月 (25)
2008年04月 (23)
2008年03月 (6)

リンク集

QRコード



TOTAL: 531件 [ 1/54 ]
<< 前へ 12345678910 次へ >>

犬小屋8耐壮行会



 

8耐壮行会いたします。以下幹事様より

 

犬小屋応援隊営業ぶちょです。

ようやくお食事会場が決まりました^^ 今年は犬小屋8耐出場10回連続記念大会です。

みんなでワイワイと楽しく応援しましょう。 予算はお一人様2500円くらいの予定です。

 人数等で若干前後しますが、お許しください。 皆様のご参加お待ちしております。

 新規応援隊も募集中です。 ぜひお友達にお声掛けいただき、ご一緒に楽しんでください。

あ、応援とまでにいかなくとも、バイクレースって?8耐って?って方でも大丈夫。 これを機会に、バイクを身近に感じてもらえればと思います。 (そんなことを書いてる私が一番素人ですから・・・)

プライベーターチームで、こんなに応援している人が多くて、こんなに応援している人同志が近いチームはない!と自画自賛です。 そうゆう私も、数年前までただの観客でした。

なので、そこのあなた、これを機会に、バイクに、バイクレースに触れてみませんか?

ただただみんなが楽しいんでほしいと願っている営業ぶちょがお待ちしております。

 午前中は、チーム員である香川選手の応援に、鈴鹿サーキットまでのツーリングなんてのを検討中です。

 夜は、元気があればまたまた針テラスまでのツーリングでしょうか? 

 

 龍鳳園 三郷店

奈良県生駒郡三郷町三室2-1-16

開始時刻 夜7時半

 

ツーリングについては後日発表いたします。

以上

 

参加されるかたご連絡ください! 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2017/06/28 20:17:00 投稿者:【岩谷 圭太】
カテゴリ:8耐への挑戦!  コメント(0) 

8耐トライアウトレポート







 

 

鈴鹿サンデーロードレース第3戦 8耐トライアウトもあるサンデー、もちろんWエントリー

去年は予選開始早々転倒から始まりバタバタし、最後のインターJSBも転倒で終わるという最悪なレースでしたので慎重にいきたいと思ってました・・・。

しかし金曜日の特別スポーツ走行1本目でサスセットを変更して中古タイヤで2分15秒台に入り調子よいなと思ってたら突然排気音が変に。

エンジン壊れたかと思いましたが、マフラーが割れてわした。

すぐに修理に走り、午後の走行に間に合い1本目は確認で。2本目に少しペースを上げようとしたらまだタイヤに熱が入ってなかったのかMCシケイン進入でフロントからあっさり転倒。

戻って修理して確認のために走行で終了。 カウルやらツナギを修理に出していったん帰宅。

ちょっと雲行き怪しいスタートとなってしまいました。

土曜日の午前中は車検と特別スポーツ走行 Wエントリーなので2本走れるので転倒箇所をきっちり確認できました。

まずはトライアアウト予選。 先頭から出て行くもちょっと転倒が気になってイマイチ攻めきれず15秒0で予選16位。

8耐出場権利は15台なので微妙なところですが、モリワキなどが2台で出てますのでこのままでいけば・・・。

一息ついてインターJSB予選です。フロントタイヤは中古のままリアだけ新品にしてアタック。

14秒6で8位。久しぶりに14秒入りました(笑) 2列目に並べればよかったので狙い通りです。

決勝 運命の8耐トライアウト。 いつものレースなら似たタイムが数人ですが、トライアウトはほとんどが同タイムなので油断がまったくできません。

」こんな僅差なレースってあんまりないかもです。 まあ1位2位のモリワキは別格ですけど。

トライアウトは12周。落ち着いて確実に。必ず通過させると誓って臨みます。 スタート!悪くないスタートでしたがS字で山崎選手に飛び込まれ、ひるんだ隙に次々と抜かれてしまいました。 張り合っても危ないだけなので落ち着いたところで抜いていくことに。

1周目を18位。2周目のMCシケインで桜井ホンダが転倒して17位。 5周目に1台パスして16位。6周目15位とボーダーライン越えてきました! 転倒などもあって14位に!

明和の安藤選手を抜いて山科カワサキの山崎選手を追いかけようとしたところでエッチングファクトリー慶楽選手が上がってきました。

しかしお互いの得意としてるところが違いやりあってる間に山崎選手に離されてしまう。 安藤選手もピッタリついてきて運命のファイナルラップ。

ヘアピンで安藤選手が飛び込んでくる。 抜かれるも並んで立ち上がりMCシケインは右なのでそのまま進入して順位を守る。 しかしMCシケインの立ち上がりは失速してしまってるのでスプーンカーブ進入でもう一度アタックしてくる。もう必死(当たり前) クロスラインで抜き返してスプーン2個目を立ち上がる。

慶楽選手とは差がついてしまった。 抜くのは無理だからあとはこの順位を何がなんでもキープする。 130Rまで抜かれなかった、あとシケイン。ここはガッチリインをしめる! 最終コーナー立ち上がって加速する、逃げ切れ~!!って逃げ切った~!!!

いやあ15位ギリギリで滑り込みました!去年は落としてるだけに嬉しさひとしおです。 ピットに帰ってみんなで喜びました! びっくりたのが安藤選手がわざわざピットに挨拶きてくれたこと。 面識はないのですが、ギリギリのバトルしつつもお互いのラインを残して無理せず大人なバトルしたことに共感してくれたんじゃないかなと。

場内放送も通常のレースと違って15位争いが重要なのをわかってるので終始映っててみんなハラハラドキドキしたそうです。

とにかくこれで晴れて8耐への参戦権をゲットできました!

応援ありがとうございました。そして引き続き応援よろしくお願いします!

トラアイアウト動画です↓
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2017/06/15 10:49:00 投稿者:【岩谷 圭太】
カテゴリ:8耐への挑戦!  コメント(0) 

2016 8耐動画



 

8耐報告会で流した動画です。よかったら見てください。 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2016/09/05 13:28:00 投稿者:【岩谷 圭太】
カテゴリ:8耐への挑戦!  コメント(0) 

2016 8耐レポートラスト



なんとか耐え抜いて最後のライダー交代。 ピット前にバイクを止めてリアスタンドをかけてもらう・・・ん?なかなか上げれないというか、斜めに傾く。ちゃんとスタンドかけれてないのかな。

早くかけて~。しかしなんだか変。そして「折れた~」と叫び声がする!え?何が!?

「支えろ~!!」とも声がする。 とりあえず降りてみるとスタンドフックが折れてしまっていたとりあず手で車体を持ち上げてリアタイヤ交換。

給油も手で支えながら!?いいのか??

尾崎選手には急に水温が高くなった、幸い噴出してはいないのでこのままペースを抑えて走りきってくれ、チェッカー後も大人しく帰ってきてねと伝える。

ところがさらに不運は続く。シートラバーが何故か剥がれてしまった!そんなアホな!? くっつける?いやそんな時間はない。残りは30分ほどだしペースは落とすしとにかくいってくれ~!

でもどうしてもアカンかったら帰ってきてといって送り出した。 もうこの後一体どうなってしまうというのか!? 7時間こえて38位!!

対策としてTカーのシートラバー部分を外して帰ってきたら交換できるよう準備する。

いつもなら最後は、お疲れ様~と和んだ雰囲気で最後の走行見守るのだが、もういつ帰ってくるのか、エンジンブローしてしまうのか。ズリ落ちて転倒か。

とにかく気が気でならない。 残り10分。サインエリアに移動して固唾を呑んで祈るように見守る。 後3周、後2周、8時間経過!トップのヤマハファクトリーにチェッカーが振られる!

ほぼ1周差があったので帰ってくるのが長い・・・。チェッカー後ならエンジン壊れてよいからチェッカー受けて~。

そして尾崎選手が帰ってきた!やった~、チェッカー受けれた~!! 長かった~。 ピットに入ってみんなと抱き合い、涙を流して喜ぶ。

もう絶対完走できないと思った。でもあきらめずにみんなで一丸となって走りきった。

犬小屋応援隊の方たちも不甲斐無い結果続きの僕らを見捨てずに最後まで応援していただきました。 シーズンも含めて過去最高に困難な8耐でした。 それだけに感動はひとしおです。

みんなで勝ち取った完走。本当に良かった~。 でもね、まだネタが尽きない犬小屋、まだあるんです。 ピット裏で尾崎選手を待つのですが、なかなか帰ってこない。

何でやろうと思ってたらまさかの報告が。。。

悲報!尾崎選手、パークフェルメでエンジン停止直後にラジエーター液が盛大に噴出、120度の熱湯が股を直撃して医務室に運ばれる!?

 

みんなそれ聞いて涙が引っ込んじゃいました。アドバンスの吉井さんの奥さんは大爆笑してましたが。いや僕らも笑いました。

尾崎君、持ってるなあと(笑) やっと帰ってきて胴上げからの万歳三唱!

とりあえずお股のほうは何とか大丈夫なようです。 花火も見れて感無量。 チームクルーとはもちろん犬小屋応援隊のみんなと喜びを分かち合い、完走賞へ。

去年はコレに出れなかったからなあ。 お疲れちゃ~ん オマケにさらに良いことが、38位だと思ってましたが正式結果で最後に37位に上がってました。 どうやら他チームがトラブルで順位落としたようです。それでも僅差だったので尾崎選手がシートラバーがなくお尻が痛いながらも頑張って走りきってくれたおかげです。ありがとう。

こうして2016年8耐の終了しました。 本当に色々ありすぎた8耐でしたが、完走できて良かった。

これに尽きます。 この度の8耐参戦に際し多くのアドバンスMC様をはじめスポンサー、サポート関係者様、応援してくれたファンの皆様、そしてチームスタッフ、家族の協力で成功することができました。 感謝の言葉が言い尽くせませんが、ひとまず本当にありがとうございました。

#29 DOGHOUSE &ADVANCE MC with ガレージ新美 194周 37位 完走




このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2016/08/31 21:59:00 投稿者:【岩谷 圭太】
カテゴリ:8耐への挑戦!  コメント(2) 

2016 8耐レポート11





自分の最後の走行がやってきました。
いつもどおりのピット作業。今年は本当にミスなく早いです。
ここでもピットアウトウィリー決めてコースイン。
少し陽も傾いてきて気温も下がって水温に優しいんじゃないかと思っていたのですが。


サインボードには前との差が出ました。耐久レースはモチベーションを保つのが難しいので全走車とのギャップを出してもらえると目標になってよいので助かります。


今までは自分のバイクとの戦いでしたが、サインエリアから元気になってもらおうと出してくれたみたいです。
その気持ちに応えようと少し飛ばします。

さらにまたまたバナーさんが出現。ペース上がらないなあと近づくと凄い排気音。

どうやらマフラーが割れたようです。
8耐はどこも大なり小なり問題抱えて走ってるとこが多いです。

本当に8時間走りきるのって難しいなと思いながらふと水温計見ると115度!!なに~!?


またまた懲りずにやらかしてしまいました。
とにかくクールダウンです。回転を落とし、早目のシフトアップで対処。


それでもあまり水温下がらず、というか100度になったり110度になったり。恐らく水温センサーに水がついたりつかなかったりしてる加減だと思います。

一気にペースを落としひたすら耐えます。
もう涙目になりながらの走行。とにかく今耐えて次はラストなのでそこでまた対処するかいってしまうか。

それと今回はなかなか順位が上がりませんでした、というのは放送でも言ってましたが1時間ぐらい転倒がなかったそうです。
みんな耐えてるんですね。

でもあとで30台ほどと約半分が転倒してたので過酷だったのが伺えます。
写真は時間帯違いますがトップ集団に挟まれることもしばしば。逃げようがなくて蛇ににらまれたカエル状態です。けっこう他車と接触転倒もあったみたいです。


なんとか耐え抜いて最後のライダー交代。とりあえず自分のパートは無事に走りきりました。


西日がキツクなってきました。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2016/08/30 09:53:00 投稿者:【岩谷 圭太】
カテゴリ:8耐への挑戦!  コメント(0) 

2016 8耐レポート10






さてレースのほうですが我慢のレースとはいえ、ちょうど良いターゲットがいると思わず頑張ってしまいます。
同じピットのバナーさんが一つ上の順位を走っていて見えたので追っかけて抜かしました!
(でも3周ぐらい差があったんで順位は変わらず)やったー!と喜ぶのも束の間、水温計みたら110度(++)。うわあ~っと慌ててクールダウン走法。100度まで落ち着きます。
ヤバイヤバイ。

調子に乗ったらいけません。
一体何が原因なのやら・・・、残念ながら油温計は潰れ、空燃費計も潰れて情報が少なさ過ぎます。

更に体のほうも不調というか右足の裏が痛くなりました。
耐久はいつも足の裏が痛くなり、長時間ステップバーをグリグリしてるからかと思いましたが、どうやらスッテプバーの下にマフラーが通っていてその熱による低温火傷してたみたいでした。


対策としては遮熱版を付けることみたいですが、これまた次回の課題です。
とにかく痛いなあ。毎年のことだけど仕方ないなあと。
規定周回数走ってピットインです。
交代の時は足を引きずっていました。テーピングしてもらいましたが、アイシングやブーツの中敷を増やすとかすればマシだったかなと。


5時間目42位です。
尾崎選手も20秒から22秒で安定して周回。
マッサージ受けながら、食事もとれました。昔はウィダーインゼリーとかだけでしたが、なるべく固形物もとるようにしています。
おにぎり、梅干、塩気のあるウィンナー。飲み物はOS-1,プロテインとかも飲みました。

エネルギーはもちろん、クエン酸とかで疲労回復にも良いみたいです。


キャメルバッグはミネラルウォーターにしています。飲みやすく、こぼしてもベトつかないので。
スタッフには5周ごとに残り周回数、順位、尾崎選手のラップタイムを伝えもらいます。


相変わらず走ってる時は長いのですが、休憩してるときは、あっという間です。





このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2016/08/29 21:30:00 投稿者:【岩谷 圭太】
カテゴリ:8耐への挑戦!  コメント(0) 

2016 8耐レポート9






さて尾崎選手も2回目の第4スティントを無事に終えて帰ってきました。


ピットワーク、ライダー交代もつつがなく終え、水温もOK。
心に余裕が出てきてピットアウトウィリー!見れた人はラッキーで(笑)

4時間目は44位まで上がってきました。
タイムは17~18秒で安定して周回。

もっとペース上げれるのですが我慢、我慢。


ここで今回のタイヤマネージメントの話です。予選決勝合わせて20本。
予選ではフロント1本、リア2本使いました。
決勝のコンパウンドもフロントにハード、リアにソフト。
フロントタイヤ交換は2回に1回。

タイヤの性能も良く交換でのミスを少なくするために。
リアは流石に毎回交換しました。
1スティントは最初だけ23周でその後は26周。

SCが入ればこの限りではありませんが、今回はSCが全く入らず平和でした。
今回は逆バンクの転倒が目立った気がしました。

出口のとこで少し路面が荒れていて僕も一度、フロントが流れて焦りました。
集中力切らすとマシン操作が雑になってしまうので気を取り直して走りました。


それともうひとつ気づいたことというか確信は持てないのですが、フロントディスクはブレンボのTドライブが1セットだけでもう一本のホイールにはノーマルディスクがついているのですが、どうもノーマルディスクのほうが握り代が安定しているように感じました。

効きも悪くないし。
前にチーム員から借りてたサンスターのワークスエキスパンド6mmも良かったですねえ。
走ってる時は、今回はアジャスター調整いらないなあとか思ってましたが、あとで考えたらそういうことかも。今後検証してみたいと思います。






このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2016/08/29 10:24:00 投稿者:【岩谷 圭太】
カテゴリ:8耐への挑戦!  コメント(0) 

2016 8耐レポート8







 

  ここでちょっとピットの裏側を。 今年はチームオフィスもなく、ピットーム付ピットは有力チームが占めていたので、ピットの中にテントを張り、周りをブルーシートで覆ってスポットクーラーで冷やしてみました。(有力チームはチームオフィスも優先的に取れてるのだからピットルームは回してほしいですね) これがなかなか冷えてくれて快適に。

そこにカイロプラティック始めたチーム員が治療用ベッドを置いてくれてマッサージしてくれます。

今年は自転車トレーニングを取り入れてだいぶマシでしたが、やはり自転車とは違う筋肉使うところは痛いです。あと最近は腰も・・・。

アイシング、マッサージ、テーピングでケアしてもらいます。ちなみにコウちゃんというのですが、コウちゃんは給油係でもあり、給油作業を済ますとマッサージと休む間もなく頑張ってくれました。

ピット裏ではこちらもテント立てて女性陣が炊事洗濯してくれました。 かなり暑かったと思います。

オマケにレースの状況もわからないし。テレビを1台置いてたのですが、 子供がテントに入るかなと思い、またマッサージ受けてる時にレース状況わかるのでピットテントの中に入れてたのですが、外用にもう1台置いたほうが良かったですね。

パナソニックのお風呂テレビが無線で映像飛ばせて良さそうです。

4日間炊事洗濯の思い出しかなかったと思うので申し訳なかったです。

去年はこれもチームオフィスでしたが仕方ありません。 でも意外と楽しくて楽でした。

チームオフィスの移動がけっこう面倒だったので。 あとは快適さをいかに上げるかですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2016/08/26 10:11:00 投稿者:【岩谷 圭太】
カテゴリ:8耐への挑戦!  コメント(0) 

2016 8耐レポート7







 

 

その後順調に周回を重ねてるようで一安心。 しかし次はラジエーター交換の用意はしていました。

56位まで落ちてしまいましたが、そこからどこまで上がれるか、というか完走できるんだろうか。

いきなりのトラブルに頭を抱えながらのスタートです。 さて尾崎選手が予定の周回数をこなして帰ってきてくれました。

いつもライダー交代の際は当たり障りの無い会話で終わるのですが、この時は気になってしかたありません。 「水温どう?」「100度で安定しています!」良かった!

ピットワーク中も噴出してる様子はないので大丈夫そう。 ピットアウトして水温計みると確かに100度以上には上がらない。もちろんセーブして走ればの話。 なんとかこのままイケそうです。

2時間目は52位に上がりました。 とにかくバトルしない、スリップ使わないと暗示かけながら走行です。 ツ、ツマラン。抜けそうなライダー、抜かれるライダー。う~ん悔しいなあ。

暑い。キャメルバッグの水吸おう。ん?全然吸えない。出て行く前はテストしたのに。 1番暑い時間帯でこれはキツイ。

人間もオーバーヒートしそうです。 そういえば伊藤真一選手が8耐のテレビ解説でキャメルバッグの水が飲めずにブラックアウトしてMCシケインで転倒したことがあると言ってました。

飛ばしてないのでまだマシですが、それでもこれはなかなかキツイ。

ひょっとしてホースが折れてるのかともぞもぞして再度試してみるもののダメ。

3スティント目は色々と耐えて26周を走りました。 尾崎選手に交代です。水温なんとかイケるわあ。 3時間目49位。

じわじわ上がってきます。 マシンは大丈夫と伝えて水分補給。疲れました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2016/08/25 18:46:00 投稿者:【岩谷 圭太】
カテゴリ:8耐への挑戦!  コメント(0) 

2016 8耐レポート6







 

  いつもの10カウントでスタート!8時間の長い戦いが切って落とされます! バイクに駆け寄りスタート。それなりのスタートでしたが回りも悪くなく2.3台ぐらいしか抜けなかったかな。

とにかく慎重にコーナーをクリアしていき1周を終え隊列が整うのを待ちます。

しかしすぐに異変が!?水温計が100度を越えてるじゃないですか!?なんで?ちゃんとエア抜きできてなかった?

スリップストリームを使えばどんどん水温上がります。103度、105度。 どうしよう、いったん帰るか。しかし回転数を抑えてスリップ外せば100度ぐらいにおさまります。

とりあえずこの状態で走ってダメだったら水温は上昇し続けるはずなので注意しながらいけるところまでいくことに。

ピットイン回数も最小限に抑えたいので。

いきなり我慢のレースになってしまいました。イキたいけどイケない。それでも16秒ぐらいでは回れたのと意外とまわりがへばってきて落ちてきたので頑張らない程度の走りで抜いていきました。

とにかくバトルしちゃダメ、スリップもダメ。そーっとそーっと走ってました。

途中、青旗が振られて周回遅れタイムが発生しました。 てっきり中須賀選手が圧倒的にくると思ったらチーム加賀山の清成選手が先頭で中須賀選手が2番手。

おおこれは意外だと感心してしまいました。

ペースが上がらないけど第1スティントらしく転倒もあるなか38位まで上がったでしょうか 最初は23周でピットインの予定でしたのでピットイン。バックストレートで早めのシフトアップで冷やしつつピットロードへ。

ところが水温はグングン上がってきます。こりゃイカンとエンジンを切ってピットロード下ることに。

ところがそれが裏目に出て圧力の行き場がなくなった冷却水が一気に噴出しました。 水温計は120度越え(++) とりあえずタイヤ交換済ませてからピットの中に入れます。

ラジエーターキャップを外し、冷却水を補充、蒸気となって噴出しますが仕方ありません。何度か繰り返すとおさまってきました。

ヘッドガスケット抜けも疑いましたがオイル窓には乳化した感じもありません。そもそも1時間も走れないでしょう。 ラジエーターが目詰まり?なんだろう。とにかく今すぐできること。

そうだラジエーターキャップを交換してみよう。 冷却水を入れラジエーターキャップをTカーから交換。

尾崎選手には13000回転でシフトアップしてスリップは使わないようにと。 115度をこえたらピットインしてと言って送り出しました。

その後順調に周回を重ねてるようで一安心。 しかし次はラジエーター交換の用意はしていました。 56位まで落ちてしまいましたが、そこからどこまで上がれるかというか完走できるんだろうか。

いきなりのトラブルに頭を抱えながらのスタートです。 完走できるんかな・・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2016/08/23 09:20:00 投稿者:【岩谷 圭太】
カテゴリ:8耐への挑戦!  コメント(0) 

TOTAL: 531件 [ 1/54 ]
<< 前へ 12345678910 次へ >>