プロフィール

お名前:岩谷 圭太
性別:男性
出身地:奈良県
自己紹介:
峠からサーキットに挑戦!

高3の夏初めて8耐を見て感動。
原チャリ小僧、ツアラー、走り屋、ミニバイク、そしてロードレースの世界へ
99年からSP400で4耐に挑戦しつづけて9年目にしてST600の4耐優勝!
2008年に8耐に挑戦、66位予で選突破し、無事37位完走を果たしました。
2009年は韋駄天ワークスさんから8耐に出場、予選50位決勝49位でした。
皆さんの応援のおかげです。ありがとうございます。
2010年はアジア選手権オートポリス大会にスポット参戦しました。ビリでした・・・。
また8耐はMoto DoCさんより出場、自己ベストタイムで予選40番もトラブルにより未完走。
2011年、自らのチームから再び8耐に出場しました。
鍵付き前後サスノーマル、エンジンもノーマルのOH無しでチャレンジ。
予選37位、決勝27位と自己最高位で完走できました。

2012年
予選36位、決勝38位完走
応援ありがとうございました。

2013年、新たに全日本2&4にも挑戦。
8耐は予選40位決勝26位

2014年は全日本2&4、鈴鹿サンデーロードレース選手権フルエントリー。
8耐は予選52位決勝29位完走。
鈴鹿インターJSB1000ランキング3位

2015年全日本2&4参戦、鈴鹿サンデーロードレースランキング2位、8耐に出場いたしました。

2016年も全日本、鈴鹿サンデーロドレース、8耐に向けて挑戦したいと思います

レースは好きなので可能なかぎり出たいとは思っています。

最近はバイクに乗る機会がほとんどないので子供の話で茶を濁しています。
レースは10年やったので昔話でさらに茶を濁したいと思います。

またバイクパーツの販売を始めましたのでよろしければ見てください。
http://seebell.com/bike/
doghouse@seebell.com

足跡

カテゴリ一覧

最近のコメント

最近のトラックバック

お気に入りブログ

<<  2017年4月  >>






1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

カウンタ
今日 : 0
昨日 : 0
合計 : 0

読者一覧

アーカイブ
2017年04月 (21)
2017年03月 (22)
2017年02月 (22)
2017年01月 (22)
2016年12月 (18)
2016年11月 (27)
2016年10月 (26)
2016年09月 (32)
2016年08月 (41)
2016年07月 (43)
2016年06月 (34)
2016年05月 (42)
2016年04月 (40)
2016年03月 (41)
2016年02月 (42)
2016年01月 (38)
2015年12月 (40)
2015年11月 (41)
2015年10月 (38)
2015年09月 (28)
2015年08月 (42)
2015年07月 (58)
2015年06月 (27)
2015年05月 (32)
2015年04月 (42)
2015年03月 (38)
2015年02月 (34)
2015年01月 (41)
2014年12月 (31)
2014年11月 (37)
2014年10月 (27)
2014年09月 (32)
2014年08月 (31)
2014年07月 (51)
2014年06月 (35)
2014年05月 (38)
2014年04月 (34)
2014年03月 (39)
2014年02月 (19)
2014年01月 (21)
2013年12月 (22)
2013年11月 (20)
2013年10月 (19)
2013年09月 (27)
2013年08月 (33)
2013年07月 (43)
2013年06月 (28)
2013年05月 (27)
2013年04月 (33)
2013年03月 (22)
2013年02月 (17)
2013年01月 (18)
2012年12月 (23)
2012年11月 (24)
2012年10月 (35)
2012年09月 (30)
2012年08月 (32)
2012年07月 (72)
2012年06月 (51)
2012年05月 (44)
2012年04月 (44)
2012年03月 (42)
2012年02月 (22)
2012年01月 (16)
2011年12月 (27)
2011年11月 (26)
2011年10月 (28)
2011年09月 (20)
2011年08月 (36)
2011年07月 (82)
2011年06月 (46)
2011年05月 (39)
2011年04月 (18)
2011年03月 (23)
2011年02月 (16)
2011年01月 (11)
2010年12月 (14)
2010年11月 (14)
2010年10月 (20)
2010年09月 (17)
2010年08月 (26)
2010年07月 (50)
2010年06月 (30)
2010年05月 (33)
2010年04月 (27)
2010年03月 (23)
2010年02月 (21)
2010年01月 (24)
2009年12月 (30)
2009年11月 (39)
2009年10月 (41)
2009年09月 (40)
2009年08月 (30)
2009年07月 (60)
2009年06月 (23)
2009年05月 (25)
2009年04月 (17)
2009年03月 (20)
2009年02月 (16)
2009年01月 (20)
2008年12月 (12)
2008年11月 (8)
2008年10月 (3)
2008年09月 (6)
2008年08月 (11)
2008年07月 (38)
2008年06月 (25)
2008年05月 (25)
2008年04月 (23)
2008年03月 (6)

リンク集

QRコード



TOTAL: 18件 [ 1/2 ]
<< 前へ 12 次へ >>

2&4決勝動画







 

決勝動画です。スタートはうまくいってジャンプアップ。早すぎて他の選手に当たりそうで失速してしまいました。

その後は焦らず周回。ペースは悪くない。

しかしだんだんパワー感なくなっていき、ついに全開したときにエンジンが止まるように。

仕方なくピットインしました。 

その後何度か修理して直ったものの赤旗で終了。ちょっと不完全燃焼な感じで終わってしまいました。

というわけで最後の曲は残念な気持ちの表れです(笑)

次はもうトラブル箇所は直っているのでバッチリです!

↓動画です。スマホの方はPC版で表示してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2016/05/04 20:43:00 投稿者:【岩谷 圭太】
カテゴリ:全日本への挑戦  コメント(0) 

2&4予選動画

予選動画です。

最初に僕が乗って2分14秒。途中で交代して林選手が2分16秒です。

乗り方の違いが楽しめますよ。

スタートは前に出たかったのでピットレーン状況も分からないテント組ですから5分前にピットレーンへ。

1番ゲット!

でも全日本や8耐の予選は並んでても速い人たちがお構いなしに割り込みしてくるけど今回はちゃんとオフィシャルが整列させてくれてました。

昔併催の地方戦でそれやったら怒られましたけどね。

おかげでコースインから1周目はトップでコントロールラインまで!

でもすぐに中須賀選手に抜かれちゃいました。

IRFの澤村選手に抜かれ、なんとか食らいついていきたかったけどうまく乗れず、数周走ってとりあえず一旦ピットへ。

林選手に交代。第2ライダーも基準タイム出さないと決勝走れません。

しっかり他人のバイクでも自己ベスト出してくるところが流石です。

動画には無いですが、このあともう一度交代。14秒9では安心できなかったのでリアタイヤのみ新品に交換してアタック。ベスト更新の走りしてましたが残念ながらミスしてしまって15秒01

結局最初のタイムで予選を終えました。

↓スマホの方はPC版で見てください。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2016/05/02 21:27:00 投稿者:【岩谷 圭太】
カテゴリ:全日本への挑戦  コメント(0) 

2016 鈴鹿全日本2&4レースレポート







 

 

4月21日(木)特別スポーツ走行 今回の全日本はセミ耐久なのでペアライダーに名古屋のバイク屋さんモトクラッシュの林店長と組んで出場しました。

林店長は昨年の鈴鹿選手権ナショナルJSB1000クラスをGSX-R1000でチャンピオンを取っているライダーさんで今年、国際ライセンスに昇格されました。

同じGSXに乗ってるとはいえ僕のとは当然仕様が違いますので少しで多く乗ってもらって慣れてほしいところ。

天気予報では雨でしたが午前は何とかもちそう、Aグループでしたので大丈夫かなと思いましたが。

とりあえず最初に自分が乗って確認、その後、林選手に交代して走ってもらい、もう一度確認して終了。

僕は17秒、林選手、初乗りながら18秒とまずまず。

2本目の走行前に雨が降ってきてしまい走行キャンセル。

林選手は仕事に戻ってもらい、僕は体調が悪くて寝込んでしまいました。

夕方に用事で起こされて受付時間だったのでフラフラになりながら受付へ。

その後もひたすら寝てました。

22日(金)ART走行 この日は晴れ予報だったのですがまさかの雨。車検を済ませて朝の走行はキャンセルして午後の走行へ。 相変わらず体調悪いです。

23日(土)予選 エントリー台数81台、予選通過52台。とにかく予選通過を第1にタイヤマンージメント。 先頭でコースインして周回します。

14秒9となんとか14秒台でしたが安心できない。 いったんピットに戻り、林選手に交代。林選手も基準タイムをクリアしなくてはいけません。

しっかり自己ベスト付近の16秒を出して戻ってきます。 リアタイヤを新品にして再アタック。タイムアップペースで走っていましたがミスしてしまってタイムアップならず。

Aグループ23位で終わり。 Bグループの予選開始、若干Bグループのほうが速く、ドキドキでしたが何とか47位で予選通過できました。

いつもの鈴鹿サンデー組はかなりのチームが落ちてしまう熾烈な結果となりました。

体調はだいぶマシになってきました。

24日(日)決勝 またしても夜中に雨が降って朝のフリー走行はウェットパッチ残るところからスタート。 もうテント村なのでたまりません。

アルミタンクを昨晩修理してるのでその確認。問題無さそうです・・・。

体調もかなりマシになりましたが完全ではありません。

無難に走って終わり。 決勝に備えます。 今回は8耐トライアウトも兼ねています。

46台がエントリーしていて予選で24位でした。

でも10位以内に入らないといけません。

とにかくしっかり走りきって結果は後からついてくるということで望みました。

作戦は最初に僕がガソリンギリギリの22周、残りを林選手に走ってもらうこと。

ピット作業はリアタイヤ交換と残り周回数分の給油。

スーパーフォーミュラ前のピットでエアホースも使えないので電動インパクトを借りて準備。

スタート前のグリッドに入れるメカの数はグリッドパスの5名だけ。

今年から厳しくなったそうです。 しかしスタート進行が長い・・・。 長いスタート進行も終わってウォームアップラップへ。1周だけです。

8耐は2周ですが、今年から1周になるそうです。 カウントダウンでルマン式スタート。

さっと跨りエンジンスタートと共に発進。右から前のグリッドから飛び出てくると思ったらみんなまだ跨ったまんま・・・。

ごぼう抜きして前へ。遅いバイクに追突しそうになりながら1コーナーへ。

焦らず確実に1周目を終え、2コーナー立ち上がったところで前方で接触クラッシュ。危ない危ない。 周回数は長いのでペースを安定させ相手が落ちてきたところで抜くという作戦に。

体力は自転車で鍛えたのでいけるはずと自分に言い聞かせる。

タイムも15秒、14秒と上がってきた。よし、イケル!

そう思った矢先にアクセルを全開にすると息つき症状が。

経験的に燃料系トラブルと判断。 ピットインする。 よくあるトラブルで燃料ホースが折れ曲ってるかもしれないのでホース交換して出て行くも直っていない。

タンクのエア抜きホースが詰まっている? 確認して走るもやはりダメ。 再度ピットイン。もうリタイヤしようかと思った。でも林選手が1度も乗ってもらってない。

そして別の手伝いが走ってるところを見たいファンもいてる。諦めるなと。 後は燃料ポンプだけ。 ノーマルタンクについているのを外して交換するしかない

しかしこっちのタンクにはガソリンが入っている。 オフィシャルにはテント村パドックまで押していってそこで交換と言われたがピット前を通るのも危ないし時間もかかる。

そこでタンクだけ外してパドックで交換してもよいかと聞きOKが出る。

急いで作業してポンプ交換。エンジンを空ぶかしすると明らかに高回転の音が違う。 ピットアウト。全開にしても大丈夫!よし直った!

後で燃料ポンプばらすとフィルターが真っ黒。タンクの給油口補修に黒ボンド使ったのですが、それがどうやら詰まったみたいです。

残り8周ほどだったので1周回ってピットインして林選手に交代だと思ったら最終コーナーの目の前で転倒、人間はクラッシュパッドにぶつかったあとあきらかに気絶したようで直立不動のまま横回転。これはSCか赤旗出るなと思ったらやっぱり赤旗が。

29周目に出たので23周でレースは成立するのでここで終わり。(幸い転倒した方は大事なかったようで安心しました)

結局、林選手は1度も乗らずにレースを終えてしまった。レース結果が残念なのもあるけどそれが申し訳なくて情けなかったです。

この度の全日本参戦にあたり多くの方に応援していただきありがとうございました。

予選通過はスポット参戦組としては誇れるところではありますが、目標はあくまでも8耐トライアウトでしたので話にもならず、2&4に関しては2年連続結果を残せませんでした。

またスポンサーさんのY's distraction様におきましては去年の8耐も結果を残せず大変申し訳なく思っております。

次の鈴鹿サンデーロードレース、8耐トライアウトファイナルも51台のエントリーと非常に多く厳しい戦いになりそうです。

そこでチームで相談した結果、これ以上スポンサー様には迷惑かけれないと思い、今年の8耐はスポンサーをお断りさせていただくことにしました。

2年間応援ありがとうございました。

初心に戻ってDOG HOUSEとして8耐トライアウトに臨むことにしました。 チーム員全力、背水の陣で次のサンデーに挑みたいと思います。 最後のチャンス、必ず掴みます!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2016/04/29 01:46:00 投稿者:【岩谷 圭太】
カテゴリ:全日本への挑戦  コメント(0) 

今回のレースで輝いた瞬間

 スタートだけ・・・。

ま、その後のトラブル出るまでもまあまあ調子は良かったんですけどねえ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2016/04/26 20:23:00 投稿者:【岩谷 圭太】
カテゴリ:全日本への挑戦  コメント(0) 

Y's distraction gal登場!

明日は予選ですが、もうひとつ楽しみが!
Y's distraction galさんたちがやってきます。
もちろんピットウォークに参加します。
水野菜々子さん
仲村真奈美さん
日向ゆきさん
の3名が来てくれます。
お楽しみに~。
そして日曜日のグリッドでも立ってもらえるよう予選頑張ります(^^;
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2016/04/22 21:34:00 投稿者:【岩谷 圭太】
カテゴリ:全日本への挑戦  コメント(0) 

全日本 鈴鹿2&4チーム体制発表

#76 Y's distraction DOG HOUSE&MC

第1ライダー 岩谷 圭太

第2ライダー 林 規夫


今月行われる全日本選手権 鈴鹿2&4レースに出場いたします。

今年もY's distraction様に、全日本、そして8耐を応援していただけることになりました。

ありがとうございます!

ブログには沢山すごいことが書いています。今年はさらに盛り上がっていきそうですよ!

http://ameblo.jp/ys-distraction/entry-12140765450.html

実は前に決まっていましたがペアライダーの調整などで発表が遅れました。すいません。

また山内選手は肩の調子が悪いらしくリハビリ中。

全日本は名古屋のバイクショップ、モトクラッシュの林選手と組みます。

林選手は昨年の鈴鹿ナショナルJSB1000クラスにGSX-R1000でシリーズチャンピオンをとっているライダーさんです。

またどんなバイクでも器用に乗りこなせる方でもあります。

同じGSX-R1000乗り、そして鈴鹿を走ってるライダーなので大丈夫でしょう。

以下にエントリーリスト、タイムスケジュール載せておきます。

エントリー台数は過去最高?の81台。うち予選通過52台。29台予選落ち、そしてトライアウトエントリーが46台。

てっきりセミ耐久だから組んだりして逆に減ると思ってたのですが、これは大変。

いや厳しい・・・。

でもトライアウトのレギュレーションにエントリーは1台のみなのに同じ名前が多数いてるような
どうなんでしょ

以下

~2) エントリー
FIM 規定に準拠し、エントラントが参加申し込みできるチーム(車両)は1台とする。
同一エントラントが、複数チーム(車両)の参加申し込みを行うことはできない。

以上

とにかくやれる準備は進めております。応援よろしくお願いします!




 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2016/04/13 11:01:00 投稿者:【岩谷 圭太】
カテゴリ:全日本への挑戦  コメント(2) 

2016年全日本ロードレースカレンダー

序盤のオートポリスは6月に移動。 2&4は200キロとは書いてないですね。 ほんまにやるんかな。 テント村には辛いからやめてほしいな 

 

 

http://www.mfj.or.jp/user/top/info/detail.php?aid=3221
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2015/12/11 09:32:00 投稿者:【岩谷 圭太】
カテゴリ:全日本への挑戦  コメント(0) 

全日本への挑戦レポート2







 

 

4月19日(日)午前フリー走行 朝起きたらやっぱり雨でした・・・。

走行するか迷いましたが、決勝も雨だろうと思い、とりあえず感触をつかむためにコースイン。 SCの練習もあったので体慣らすにはちょうど良いペース。

やはりフリー走行でも転倒者がチラホラ。

無理せず走るのですが、リアサスの仕様変更が聞いてるのか先日のサンデーよりも雨が走りやすいんです。これはまだまだイケそうと好感触ですが、やっぱり無理しないように。

無事フリー走行終了して決勝に向けて準備なのですが、なんだか雨が止んできました。

晴れ間も見えてきてこれは決勝中にタイヤ交換もあり得るのでは!?と思ってたらどんどん乾いてきました。

これはドライでいける!両方の準備をしてあとはF3に路面を乾かしてくれることを願います。

お昼のピットウォーク テント組はいちいち荷物を持ってピットの空いてるところへ。 大変ですけどしょーがないですね。

決勝のピットウォークということでチケットは完売。沢山のお客さんで賑わいました。

応援にきていただいた皆さんありがとうございました。

決勝 スタート進行がすぐに始まるので、テントに戻らずそのまま待機。

サイティングラップ開始されて31番グリッドへ。 全日本のグリッドはサンデーと違ってとても長いです。

無事に選手紹介もされてウォームアップラップへ。 クラッチレバーの位置を変えたのでミートのタイミングがずれたけど覚えたので大丈夫。

しっかりタイヤを温めて再度グリッドへ。

シグナル、レッド点灯。ブラックアウトでスタート!

欲張らず確実に加速することに集中。 問題は1コーナーの混戦をいかに上手く制するか! 悪くない位置取りでS字へ。

後で知りましたが、すぐ後方では接触転倒や単独転倒もあったようで一歩出遅れてたら巻き込まれれてるところでした。

デグナー1個目でオーテックの大内田選手に抜かれてしまう。 しかしバックストレートでうまくスリップストリームに入るとそのまま抜き去ることができました。

前を行くのはホンダドリーム和歌山、西中選手。自己ベストは11秒のツワモノ。というかここから上は、全員自分より速い。

どういう戦いになるか想像できない。 バックストレートでスリップに入ると抜けきれるかなと思いましたが、130Rのブレーキングでインに入られてしまう。

しかしラインをクロスさせてシケインへ。 ブレーキング勝負で前に出ることができて3周目へ突入。 1コーナー進入したところで目の前にうっすらと白煙が見える。

瞬間誰かがエンジンブローさせたと判断、2コーナーはクリップにつかずに立ち上がる。 やはり須貝選手のドカッティから白煙が出ていてS字へフェードアウト。

この頃からブレーキの握りが近くなってきたのでリモートアジャスターで調整するのですが、あまり変わらない。

ちゃんと方向を書いておけばよかったのですが、どちらに回してもあまり変わらず。 デグナー1個目で加賀山選手転倒。

デグ2を立ち上がって、あんまり変わらないから大きく回したら、近くなるほうに回してしまって110R抜けたヘアピン進入でブレーキ握るも効かず、反射的に強く握ってしまい、フロントタイヤがロックしてしまって白煙が上がるのが見えました。

ハンドルは左右に大きく振れて収まったときにはヘアピン終わりでそのまま真っ直ぐグラベルへ。 なす術もなくクラッシュパッドへ頭から突き刺さる。

流行の壁ドンしちゃいました。

全ての衝撃を頭と首で受けたので自分で心配しました。イテテ。

バイクもダメかなと思いましたが大丈夫そうだったのでコースへ復帰。そのときヘアピンのお客さんから大拍手が起こりました。

ありがとうございます。

MCシケインはコースを汚したくなったので真っ直ぐいきピットイン。

各部緩みや折れなどないかチェック。カウルについた泥を落とし、ブレーキもしっかり調整して問題なさそうなので再びコースイン。

スプリントレースなので正直リタイヤしようとも思いましたが、やはり応援してくれている方が沢山いてるので通常走行しているライダーの邪魔にならないように心がけて走ることに。

単独では15秒、16秒。周回遅れになるときは、極端に落として確実に先にいってもらうようにしました。

なんとか35位でチェッカー。 正直転倒直後ですので体は痛いし集中力を保つのが難しかったですが、2回周回遅れになったので18周でしたがしっかり走りきらせていただきました。

ヘアピンでは、復帰を応援していただいたお客さんにお礼をしてパドックのテント。 結果は残念でしたが決勝でも13秒出たし、完走もしたのでみんな喜んでくれました。

2&4は3回目の挑戦でしたが今年ほど厳しい戦いはありませんでした。

しかしその分やり甲斐のあるレースでした。

今回の全日本参戦を通じてかなり人間、マシンともにレベルアップしたのは残りの(といっても始まったばかりですが)レースを戦う上でかなり自信につながりました。

この度の全日本参戦についてスポンサーのY's distraction様をはじめサポートメーカー様、メカ、ヘルパーそして応援いただいた皆様ありがとうございました。

 

次回は5月10日の西コースサンデーレースです。 必ず良い結果を残せるよう頑張りますので応援よろしくお願いします!

決勝動画です↓ 3本あります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2015/04/22 10:19:00 投稿者:【岩谷 圭太】
カテゴリ:全日本への挑戦  コメント(4) 

ピットウォーク(*^o^)/\(^-^*)











Y's distraction galさんたちの登場です!


8耐の時は2チームでさらにペアライダーもいてるのでレースクィーンがひとりずつでしたが、今回は、贅沢に4人を独り占めさせていただきました。

両手に花ならぬ花束ですね。

予選は、ほぼ通過しただろうということで笑顔でピットウォーク(笑)

土曜日でしたがお客さんいっぱいでした。
終了後は、決勝の準備へ。

夕方にキッズピットウォークがあるのでもう一度。


子どものお客さんのみだから少ないかなと思ったら多い多い。びっくりしました。

沢山の子ども達をバイクに乗せることができて喜んでもらえたかなと。


しかし翌日は雨の予報があると。もう天気予報は見ないことにしました。

でも夜は疲れてるのになかなか寝つけれませんでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2015/04/22 08:00:00 投稿者:【岩谷 圭太】
カテゴリ:全日本への挑戦  コメント(2) 

全日本への挑戦!レポート1







 

 

SUZUKA 2&4 RACE 2015 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第1戦 4月17日(金)特別スポーツ走行

前日の深夜に鈴鹿入りし、スポット参戦組なので駐車場にテントです。

金曜日は、今年一緒にレース活動を手伝っていただく浜松のバイク屋さん「ネルガル」の進藤さん。 チームの専属メカをしてくれている「バイクショップモリタ」の森田君。

そしてチーム員の香川君の3人が来てくれました。

金曜日は天気悪くなると聞いてましたが空は晴れ。

午前はもつかなと思ったら7時ぐらいにポツポツきたと思ったら突然の大雨。

オーリンズのリアサスを仕様変更したので予選までにはどうしてもドライで走っておきたいのに・・

土日は晴れだし、午後から大丈夫そうなので走行見あわせて受付、車検の準備。 おかげで車検は、1番に受けて一発合格。

午後の走行にも余裕を持って望めます。

また午前に1時間10分で30位までのタイムで午後の走行を2グループに分ける予定でしたが、 通しでできることに。

タイヤは、前回の全日本テストで使用した中古タイヤでコースイン。

しかし雨上がりのせいで異常にタイヤが滑る。

1周戻った最終コーナーでハイサイド、何とか転倒は免れましたが、路面のせいなのか、タイヤ?リアサス?

どれが原因かわからないので今一歩踏み込めず探りながらの走行。

また風も異常に強くて寝かしこみがとても難しく非常に気を抜けない状況でした。

リンクロッドを長いのにしていたのですが、寝かしこんだときにリアサスの入りが柔らかくフィーリングに慣れないのでセッション中にノーマルリンクに戻しました。

その後細かくセットしていって方向性をつかんだところでセッション終了。

しかし転倒者が多く、目の前で転倒するのも見ました。

5.6台は転倒してたでしょうか。 最終ラップにS字1個目を真っ直ぐいって転倒してる車両があり、ヤマハの藤田選手でした。

足を骨折したようで残念ながらドクターストップ、新型でのりにのってたのに残念です。

走行後は車体の各部点検をして翌日の予選に備えます。

 

4月18日(土)予選

天気は晴れ。風もなく絶好の予選日和です。 お手伝いもいつものメンバーが集まってくれて心強いです。

台数が多いので2グループに分かれての予選です。

Aグループなので、Bグループよりは、4輪の路面の汚れ取りをするので少し不利ですが仕方ありません。

11時10分予選スタート。トップライダーたちのタイヤは温まりが遅いので序盤ゆっくりなので申し訳ないですが、先にいっちゃいます。

1周してタイムアタック。でも1コーナー、2コーナーで速いライダーに抜かれてロスしつつもプッシュします。

追い込んでの走りで何度か限界越えそうにになりながら2周目に2分13秒入って自己ベストが出ました!

しかし初めてのタイムのために体に余計な力が入ってしまって腕がパンパンになってしまい、いったん休憩するためにピットイン。

空気圧などをチェックして再びコースイン。

次はレース後半を想定して楽な走り方を探ります。 14秒、15秒で回れることを確認。

タイムが出なかったら予選中にタイヤ交換も考えましたが予選通過は間違いないだろうということでそのまま走行。

無事終了してAグループ14位 2分13秒734 続いてBグループのほうがみんな速く、16秒1が予選ギリギリでしたが、藤田選手が出場していれば予想どおり15秒が予選ボーダーとなっていました。

予選総合31位で突破できました。

スポンサー様をはじめいろんなかたに応援いただいていたので予選通過できてホッとしました。

予選動画1↓(スマートフォンのかたはPC版でご覧ください)SDカード入れ忘れで自己ベストタイムは撮れてませんでした(泣き)

セッション中に気づいて慌てて入れました。

予選動画2

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2015/04/21 18:17:00 投稿者:【岩谷 圭太】
カテゴリ:全日本への挑戦  コメント(0) 

TOTAL: 18件 [ 1/2 ]
<< 前へ 12 次へ >>