プロフィール

お名前:岩谷 圭太
性別:男性
出身地:奈良県
自己紹介:
峠からサーキットに挑戦!

高3の夏初めて8耐を見て感動。
原チャリ小僧、ツアラー、走り屋、ミニバイク、そしてロードレースの世界へ
99年からSP400で4耐に挑戦しつづけて9年目にしてST600の4耐優勝!
2008年に8耐に挑戦、66位予で選突破し、無事37位完走を果たしました。
2009年は韋駄天ワークスさんから8耐に出場、予選50位決勝49位でした。
皆さんの応援のおかげです。ありがとうございます。
2010年はアジア選手権オートポリス大会にスポット参戦しました。ビリでした・・・。
また8耐はMoto DoCさんより出場、自己ベストタイムで予選40番もトラブルにより未完走。
2011年、自らのチームから再び8耐に出場しました。
鍵付き前後サスノーマル、エンジンもノーマルのOH無しでチャレンジ。
予選37位、決勝27位と自己最高位で完走できました。

2012年
予選36位、決勝38位完走
応援ありがとうございました。

2013年、新たに全日本2&4にも挑戦。
8耐は予選40位決勝26位

2014年は全日本2&4、鈴鹿サンデーロードレース選手権フルエントリー。
8耐は予選52位決勝29位完走。
鈴鹿インターJSB1000ランキング3位

2015年全日本2&4参戦、鈴鹿サンデーロードレースランキング2位、8耐に出場いたしました。

2016年も全日本、鈴鹿サンデーロドレース、8耐に向けて挑戦したいと思います

レースは好きなので可能なかぎり出たいとは思っています。

最近はバイクに乗る機会がほとんどないので子供の話で茶を濁しています。
レースは10年やったので昔話でさらに茶を濁したいと思います。

またバイクパーツの販売を始めましたのでよろしければ見てください。
http://seebell.com/bike/
doghouse@seebell.com

足跡

カテゴリ一覧

最近のコメント

最近のトラックバック

お気に入りブログ

<<  2008年8月  >>





12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

カウンタ
今日 : 0
昨日 : 0
合計 : 0

読者一覧

アーカイブ
2017年05月 (35)
2017年04月 (22)
2017年03月 (22)
2017年02月 (22)
2017年01月 (22)
2016年12月 (18)
2016年11月 (27)
2016年10月 (26)
2016年09月 (32)
2016年08月 (41)
2016年07月 (43)
2016年06月 (34)
2016年05月 (42)
2016年04月 (40)
2016年03月 (41)
2016年02月 (42)
2016年01月 (38)
2015年12月 (40)
2015年11月 (41)
2015年10月 (38)
2015年09月 (28)
2015年08月 (42)
2015年07月 (58)
2015年06月 (27)
2015年05月 (32)
2015年04月 (42)
2015年03月 (38)
2015年02月 (34)
2015年01月 (41)
2014年12月 (31)
2014年11月 (37)
2014年10月 (27)
2014年09月 (32)
2014年08月 (31)
2014年07月 (51)
2014年06月 (35)
2014年05月 (38)
2014年04月 (34)
2014年03月 (39)
2014年02月 (19)
2014年01月 (21)
2013年12月 (22)
2013年11月 (20)
2013年10月 (19)
2013年09月 (27)
2013年08月 (33)
2013年07月 (43)
2013年06月 (28)
2013年05月 (27)
2013年04月 (33)
2013年03月 (22)
2013年02月 (17)
2013年01月 (18)
2012年12月 (23)
2012年11月 (24)
2012年10月 (35)
2012年09月 (30)
2012年08月 (32)
2012年07月 (72)
2012年06月 (51)
2012年05月 (44)
2012年04月 (44)
2012年03月 (42)
2012年02月 (22)
2012年01月 (16)
2011年12月 (27)
2011年11月 (26)
2011年10月 (28)
2011年09月 (20)
2011年08月 (36)
2011年07月 (82)
2011年06月 (46)
2011年05月 (39)
2011年04月 (18)
2011年03月 (23)
2011年02月 (16)
2011年01月 (11)
2010年12月 (14)
2010年11月 (14)
2010年10月 (20)
2010年09月 (17)
2010年08月 (26)
2010年07月 (50)
2010年06月 (30)
2010年05月 (33)
2010年04月 (27)
2010年03月 (23)
2010年02月 (21)
2010年01月 (24)
2009年12月 (30)
2009年11月 (39)
2009年10月 (41)
2009年09月 (40)
2009年08月 (30)
2009年07月 (60)
2009年06月 (23)
2009年05月 (25)
2009年04月 (17)
2009年03月 (20)
2009年02月 (16)
2009年01月 (20)
2008年12月 (12)
2008年11月 (8)
2008年10月 (3)
2008年09月 (6)
2008年08月 (11)
2008年07月 (38)
2008年06月 (25)
2008年05月 (25)
2008年04月 (23)
2008年03月 (6)

リンク集

QRコード



TOTAL: 11件 [ 1/2 ]
<< 前へ 12 次へ >>

8耐レポート8

えっとしばらくサボってました。スイマセン
まだ決勝に入っていませんでしたねえ。
 
フリー走行も終わって少し時間があるかと思ったらあっという間でした。
おかげで恒例のピット前の集合写真忘れてた。
グリッド上で撮ることに。
サイティングラップ出るとお客さんがいっぱい入っていてこんなにたくさんギャラリーのいてる前で走れるなんて走り屋冥利につきるなあなんてこと考えながらグリッドへ。
予選通過は66位だけどタイム順で並ぶので55番グリッドスタート。
しかし暑い、4耐は朝だけど8耐はかなり日が高く、気温も上がってる。暑い~。
そして長い選手紹介。こんな下のグリッドは久しぶり。やっと名前が呼ばれると思ったら直前でウオームアップラップ開始で中断、ガクってなってたらお客さん笑ってたw
 
ウオームアップはめっちゃゆっくり走りました。だってこのウイーク常になんかあって巻き込まれそうになってたので1番後ろでゆっくり走ってました。
 
再度グリッドへ。もうみんないません。バイクを支えてる監督のみ。
監督も言ってましたが1番気持ちよかった瞬間だったそうです。
そして僕もついに8耐の舞台に立ったんだと実感できました。
 
カウントダウンが始まり午前11時30分レースがスタート、猛然とダッシュしてバイクにまたがりすばやくエンジンをかけて発進させる!いつもスタートには自信あります。
10台近く抜かしたと思います。1コーナーも無理せず進入、もっと抜かせたのですがレースは8時間。焦らず確実にいくことに。
スタート前に久積さんから気負いすぎてがんばるとあとが大変やでと言われてきたので抑え目で走りました。久積さんは初めての8耐で最初に飛ばしまくって1回目の走行でぶっ倒れてました。
デグナー2個目でスロー走行の車両がでてみんながあわててよけていきます。DDBOYSの児玉選手のようです。
いきなしトラブルは嫌やなあと思いながら無難に1周帰ってこれました。
絶対序盤に何か起こると思ってましたが意外と平和でした。
少しずつ前のバイクを抜かしながら順位をあげていきます。
タイムも17秒から18秒ぐらい。もうちょっとあげれるかもと思ったけど我慢我慢。
10周を過ぎたあたりからリアのスライド量が多くなってきました。
よく考えたらフルコースを本気10周以上するのは、初めてです。
けっこうしんどくなってきました。キャメルバッグのジュースはすでに飲み干してしまいました。
暑い、しかしそれはみんな一緒のようで前のほうにいた集団がだんだん近づいてきました。
どうやらバテテきたみたい。こちらもバテテきてますがまだ余力はあります。
そしてまた1台1台抜いていきます。
しかし最初に抜いたライダーも抜いていきます、ところがその抜いたライダーもバテテきてまた下がってくるといった感じで後半はバテバテバトルでした。
そのうち恐怖の周回遅れになってしまいます。
青旗が振られるけど、振られてもどっちから抜いてくるかわからない。
ダンロップでインを空けてもそのままデグナーはどうしたらいいんだといった感じ。
300kmでの接触転倒が頭をよぎって集中ができない。
あとあと響いてくるんだけどこれが精神的にけっこうきつかった。
でも後で混戦になるので誰かと競うというよりは己との戦いのような気がしました。
ただ最初のスティントは同じレベルのライダーとバトルできるのでレースとして1番楽しいのはこのときでした。
 
しかし、しんどい、暑い、正直流して走ればいいかと思いましたが、そういうわけにはいかないです。タイヤもかなりきてて進入でも滑るのでそれをコントロールするのもしんどい。
立ち上がりはいうまでもありません。
そしてやっとピットインのサインが、助かった~。
喜んでピットインしました。
慎重にピットロードを降りていきます。
ストップボードにゆっくりバイクを止めてライダー交代。
フロントタイヤは2時間ぐらいはいけるだろうということで交換なし。(経費節約、タイム短縮!)
リアタイヤだけ交換してガス給油。普通はコースがあーだこーだと交代するライダーに話しかけるのですが、しんどすぎてトットプールに飛び込みました。久積さんごめん。
いやあしんどい、マジしんどい、酸素吸入もやったけどよく分からんかった。どちらかというとボタンがけっこう硬くて押すのがしんどかった。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2008/08/29 11:16:05 投稿者:【岩谷 圭太】
カテゴリ:  コメント(2) 

読売新聞

8月14日の読売新聞に8耐の特集みたいなのが載ってたそうなのですが、プライベーターの紹介みたいな感じで載ってました。
プールでおぼれかけの久積選手ですw
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2008/08/23 21:59:02 投稿者:【岩谷 圭太】
カテゴリ:  コメント(0) 

走行会での珍事

ダンロップさんの走行会はスタッフさんがお客さんに楽しんでもらおうという気持ちが
とてもよく伝わってきました。参加していただいた皆さんは楽しめたんじゃないでしょうか。
 
僕も楽しんでもらおうといろいろ考えながら先導しました。
 
1本目はゆっくりだったのですが、2本目はGPクラスという速いクラスを設け、飛ばしたい人はこのクラスへ。
抜くときだけ気をつけて飛ばしました。
 
最後にチェッカーを受けたあともいつもならクールダウンなのですが、少しでもたくさん走りたい参加者の気持ちを汲んでペースをあまり落とさずに2コーナーを立ち上がる。
すると大きな白い鳥の大群がS字付近にいっぱいいてました。
まあ避けるだろうと思ってたらまだ何羽かコース上に、は~い、どいてどいて~と思ったが・・・1羽ボケッとしたやつがいて・・・ボコ、フロントタイヤで跳ね飛ばしてしまいました。
帰ってモニター見たらオフィシャルがビニール袋に入れてたので聞きにいったら白サギだったそうです。
う~んゴメンナサイ、合掌。でも白サギをサーキットで見たの初めてやし、まして動物撥ねたのなんか初めてやわ。
写真はイメージです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2008/08/20 22:37:25 投稿者:【岩谷 圭太】
カテゴリ:  コメント(0) 

ダンロップ走行会


今日は鈴鹿サーキットにてダンロップ様の走行会に先導車のアルバイトでお呼ばれしました
天気も今のところ晴れです
北川さんや八代さん中條さんもいてドキドキです
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2008/08/19 12:31:40 投稿者:【岩谷 圭太】
カテゴリ:  コメント(0) 

8耐レポート7

決勝の朝、天気も晴れで雨の嫌いな僕としては、とってもありがたい。
7時からピットウオークがあるので参加。いろんな方が応援にきてくれました。
特にここのブログを見てきてくれた人がいてきてくれるたのはとてもうれしかったです。
しかもなんと、以前もカンパしていただいた松村さんから応援旗を送っていただきました!
 
グランドスタンドとかによく「がんばれ○○」とか書いてるやつです。
憧れてて、うちのスタッフが作るとかいってたのですがズボラ人間なので作ってくるはずもなく・・・。しかもけっこう立派なやつです。高そうなのにありがとうございます。
2枚あって1枚はスタンドへ、
1枚はピットに吊らせていただきました!!!
1番1コーナーよりにあったので見られた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
めっちゃかっこよかったですよ。
 
しかし朝から暑かったです。ピットウオークの後はすぐにウオームアップ走行。
もう巻き込まれるのが怖いのでほとんどのライダーが出て行ったあとに出て行くことに。
ところがブーツの縫い目がほつれててステップガードに刺さってしまう。
仕方なくピットインしてガムテープで補修、うまくいかず、3回ほどやりなおして走行、久積さんに交代。
ところが最後のピットアウトでピットロードのスピード違反してしまい罰金21,600円支払うことに・・・。スピードリミッターのカットが早かったみたいです。トホホ
 
鈴鹿には魔物が住んでいます。
 
タイチさんにお願いしてなんとか決勝までに修理してくれました。ありがとうございます。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2008/08/16 18:05:59 投稿者:【岩谷 圭太】
カテゴリ:  コメント(0) 

8耐レポート6

翌日は午前中は4耐、昼すぎに40分だけフリー走行
 
なのでこの張り詰めてたウイークでみんなの疲れた体を休めてもらうことに。
 
でも僕は、弟の4耐を手伝うために朝から起きました。そして監督にも申し訳ないけど作戦考えてもらうことに。
 
スターティンググリッドに向かい、友達も多数でてるので激励に。特に去年のペアライダー、谷選手はTSRからの出場なので期待。
 
4耐がスタート、第1ライダーの福永君は18番手スタート。普段は05CBRを乗っているが、今回は弟の07CBRで出場。でもイマイチ速くない。トップスピードが230~235km。
R6とかは240kmオーバー。厳しいな。
なかなか順位をあげずらいみたい。
それでも順位を少しづつあげていく。
弟に交代した1時間後、10位まで順位アップ。
しかし弟のペースがあがらない。
早めに福永君に交代させる。
一方谷選手のほうは相方の転倒でトップとは脱落、優勝候補のモリワキも転倒。
2時間後は8位まであがる
そのスティントも長めに走らせる。かなりしんどそうだ。ガンバレ。
3時間後には7位に。
あと一人抜けば6位入賞だがちょっと厳しそう、あとは上位が1台でも脱落してくれればと思ったのだが残念なことにそのままの順位でチェッカー
 
それでも転倒が相次ぐ中7位は立派です。
 
優勝は去年のライバルチーム、m-techでした。去年の雪辱を晴らし、スズキで優勝という偉業をなしとげられました。おめでとうございます。
僕もスズキで表彰台ねらってたんですけどねえ。いやあ天晴れ。
 
その後はピットウオーク、そしてフリー走行。タイヤを結局UKDLはやめて従来どうりのRでいくことの。持ちも、値段も違うので。
確認だけして流しました。
 
そしてトップ10トライアルを見学。ハニービーでは、負傷した野田さんの代わりに、友達の的場選手が抜擢。タイムは別にして見事こけずに走りきりました。みんなで拍手。
 
しかしみんなすごいです。明日はこんな人たちと一緒に走るかと思うとちょっと怖くなった。
 
本日最後のイベント、ナイトピットウオーク。
ピット練習を入念にやります。みんな気分がのってきてました。
 
ご近所さんの同級生も応援にきてくれてうれしかったです。
 
終わったあとは、お風呂に入りにクアガーデンいったらいっぱいでロックの湯にいきました。マッサージ機も利用してプチリフレッシュ。いよいよ明日、決勝です。
デジカメがなぜか不調だったので去年の写真
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2008/08/13 10:42:54 投稿者:【岩谷 圭太】
カテゴリ:  コメント(0) 

トーチュー

浮き輪じゃないよ、タイヤだよ


[ 2008/07/27 ]
ピット裏の狭い通路をスイスイとタイヤを運ぶ人を発見。
まるで浮き輪の様にタイヤを頭からスッポリかぶり、バイクに乗っ
て合計3つ運んでいました。
MainPicture
トーチューのネットの記事に載ってましたw
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2008/08/11 09:22:10 投稿者:【岩谷 圭太】
カテゴリ:  コメント(0) 

8耐レポート5

実は今年は第3ライダーのタイムも予選通過タイムに反映されるのでした。
まさか第3ライダーなんてもしものときようで、速いライダーなんかトップチームだけだろうと思っていたらそうでもなかった。
さらにシード権を持った海外組が18チームなんだけど62位以上に6チームしかいない。
12チームが繰り上がってくるのだ。どひゃー。
 
夜間走行を祈るように走ったが帰ってきて結果が出ました。
総合66位。予選不通過です。
でも決勝走れるのは70チーム、残り8チームは主催者推薦枠です。
この推薦枠とは、おもしろそうなチームや何か関連性のあるチームが選ばれます。
嘆願書に監督がお願いごとを書いて提出。
ごはんができたけどめしがのどを通らない。
そして10時前に事務局に呼ばれ、なんとか66位で通過と相成りました。
ていうか去年もそうだけど63位以降も結局タイム順で通りました。
じゃあ推薦枠なんかいらんやん!しかも推薦枠だとスターティングマネーの10万円がないのです。ガックシ。
とにかく予選落ちよりは100倍いい!
怪しい通り方じゃなくタイム順なので胸はっていいと思います。でも僕のタイムじゃないんだよね。ちょっとそれが情けない。いや、決勝でがんばればいいんです。
 
とにかくその晩はみんなで万歳三唱しておやすみしました。
 
皆さんヒヤヒヤさせましたね。でも盛り上がって面白かった。胃が痛いけど
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2008/08/09 02:27:12 投稿者:【岩谷 圭太】
カテゴリ:  コメント(0) 

8耐レポート4

第2ライダーのBグループの予選がスタート
スタッフの素早い修復で久積選手を無事予選に送り出せることに。すまへん。
久積選手も前のほうからスタート。5番手ぐらいで戻ってくる。
いい位置につけたかな。2周目に17秒フラット、3周目に16秒1が出た!
スゲー、さすが、去年9月にバイクの事故で右足のすねを開放骨折し、ずっとリハビリしてて300kmでやっとまともに乗れるようになった感じ。
しかしその後はタイムが下がってくる。タイヤも人間も電池切れした模様。
 
予選グループ18位  2'16.115
 
去年のデータで言えば16秒5出してれば予選通過なのでみんな気持ちが少し楽になった。甘かったんだけどね。
 
とはいえ第1ライダーであり、アタックライダーの役目だった俺としては、そんなんで予選通過なんか情けない。
2回目では逆転してやると闘志を静に燃やす。
 
2回目の予選は午後4時と気温がさがって路面温度も下がり、午前よりは走りやすい環境に。
今度こそ先頭で思いっきりいこうと気合を入れて並ぶ。
予選が始まりダッシュする。もくろみどうり先頭に。ダンロップタイヤは温まりが早いのが強味で、上位のライダーはBSが多いけど出だしだけは、どうしても滑るので抜かれずにダンロップ、ヘアピン、スプーンまでいけてしまった。
ストレートは結構速いので抜かれるとしたらシケインかな。でもシケインの突っ込み勝負は得意なので上位相手にどこまで通用するか楽しみやななんて思いながらバックスストレートを駆け上がる。
6速にに入れて各車が最高速をマークする地点へ、そのとき1台のバイクがスリップから抜け出して横に並びぬき去っていく。
うわ、ドカやん、ドカのくせにはえーなーなんて思った次の瞬間、ドカのリアタイヤが白煙を上げると同時にすごい勢いで前転!?
何回も回転していく、俺は必死にブレーキング、横で起こってる事態が把握できない。まるですごいCGの映画のような迫力。同じ速度でバイクが横を転がってるので倒しこむこともできない。
130Rはどんどん迫ってくる。まっすぐ行くしかないが、このスピードでグラベルに出てこけないんだろうか、一方ドカのほうはマグロの解体ショーならぬドカの解体ショー。
回転するごとに部品を撒き散らしながら転がる。
ついには、リアホイールが外れて俺の目の前に落下、やめて~
とどめはドカ自身が目の前に降ってきた。さらにそこをHRCのバイクが僕をすりぬけながら突っ込んでいく。間一髪よけてた。でもドカのライダー浜口選手は足をひかれてしまった。
何とかクラッシュパッド手前で止まれたけど、一連の出来事にパニック。
後ろを見たらライダーは動いていた。少しホッした。あとで出合ったけどひかれた足が腫れてるだけとのこと。ターミネーターみたいな人やなあ。さすがアジアチャンピオン。筋肉もすごかったしね。
もちろん赤旗が出て、命からがらピットに帰ってきました。
みんなはモニターで僕の近所だったのを見てたので無事なのをとても喜んでくれました。ていうかむしろ褒められた。よく無事やったと。
監督もペアライダーも、予選大丈夫だから無理せんときって言われ、情けないことに、体もびびってこわばってしまい、思うように走れず予選が終了。
 
グループ21位 2,17,420
 
第2ライダーの久積選手も、もひとつ攻め切れなかったのかタイムは更新せず。
それでもグループ19位 2,16、376と俺より速い。ショック。
 
目標の15秒は出なかったけどグループ22位以内にいてれば大丈夫だろうという計算でいてたので少し余裕をかましていた。しかし・・・
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2008/08/06 19:20:50 投稿者:【岩谷 圭太】
カテゴリ:  コメント(0) 

8耐レポート3

5時半にまたまた目覚める。もっと寝たいけどなぜかスッキリ。
 
まずは第1ライダーからの予選。
Aグループは、結構速い。緊張してくる。
そしてBグループの予選。
少しでもクリヤを取りたいために前に並ぶ。
予選開始、トップライダーに混じってダッシュ。S字はくっついていってダンロップ登りでアクセル開けたらなんかパワー感がない。
実はここ最近、練習走行で全然パワーがなくなるという症状が。他のひとに聞いた話だとキルスイッチをオンにするときアクセルを開けてしまうとおかしくなるとか。
元に戻すにはもうちどオフオンしなくちゃいけない。しかも素早くやっちゃだめでオンにして電気系の確認作業がひと段落してからエンジンかけないと直らない。
注意してたつもりなんだけどなぜかなってしまった。何回かキルスイッチのオフオンをするが焦っているせいかうまいこといかない。
仕方ないので1度ピットに戻りエンジンをかけなおしてスタート。早いひとに引っ張ってもらう作戦は失敗したが、仕方がない。S字でタイヤを暖めなおしてダンロップへ、とここで赤旗が。
200Rから250Rにかけて3台のバイクがバラバラに。
2台はグリーンで燃えていて1台はコースの真ん中に。ライダーもかなり痛そう。
ビビッタけど再度先頭グループでコースイン。うまくリズムにのれない。どうしても一歩ひけてしまう。あかんあかん、気合だ~!なんとか16秒かすった。
よし、さらにタイムアップだ、と思ったらまたまた赤旗が。今度はS字でハルクの安田選手がハイサイドしたようでコースの真ん中でもだえていた。痛そう~。
 
もう一度気を取り直してコースイン、すでにタイヤのおいしいところは終わって、滑り出しが早くなり踏ん張らない。それでも走らせ方でタイムは出るはずだと試行錯誤。
200Rシケインで転倒車が出て、黄旗とオイル旗が。
オイルは出てないが砂利が出口のとこに出てる模様。
外に回りこんで大丈夫だろうとバンクさせたらフロントがダダ、クルン、ボテとこけてしまった。
あちゃ~やってしまった。バイクはコース上に横たわる。すぐにバイクを起こそうとおもったけど後続車が次々と来る。そしたら3度目の赤旗が出てしまった。
先にこけたひとは「ごめんなあ」と言っていただきましたが、いえいえ、完全に僕のミスです。情けない。
チェンジが2速のまま動かないけどそのまま走ってピットへ。
クルーのみんなごめんなさい。余計は仕事増やしてしまいました。
幸いバイクはベビーフェイスさんのスライダーのおかげでほぼ無傷。ステップのプレートとバーが壊れただけ。
体はなんともない。申し訳ない気持ちでいっぱいです。すぐに第2ライダーの予選なのに。
予選Bグループ21位  2'16.976
グループ22位以内ってのはクリヤしたけど予想予選通過タイムにはあと1秒足りない。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2008/08/04 21:38:35 投稿者:【岩谷 圭太】
カテゴリ:  コメント(0) 

TOTAL: 11件 [ 1/2 ]
<< 前へ 12 次へ >>