今回は、現在の峠事情から。

数年前よりの自転車ブームにより、
『奥多摩』など都内近郊の峠道を自転車で楽しむ人たちが増えました。

我々バイクで峠を楽しみたい人達には、ちょっとした困りごとでもあります。

自転車がいついてもいいように、
左端は空けて走る必要があるから。

峠道でのラインの自由度がますます狭くされています。

安全に走る為には走行車線のどこを走ればいいのか??

車線の左端と右半分が走れないです。
左端は上記通り主に自転車対策(駐車車両や通行人対策でもありますが)

右半分は?
まずは、こちらをご覧ください。

対向車線同士の接触事故による死亡事故が多くなっています。
ちょっと調べればわかりますが、
センターラインを超えての衝突死亡事故が多いです。
大型バスを追い越し中に対向車と衝突するとか・・・

オートバイは、バンクしてコーナーリングしますので、
バンクした後に自分の体や車体がどこにあるかを想定して走らないといけません。

多くの接触事故は、センターラインをはみ出た体や車体が対向車と接触しています。

フルバンクして、ヘルメットがセンターラインを越えていたらどうでしょうか?
センターラインを超えないように、右半分が使えないと自分は教えてもらいました。

狭くなってしまった走行ラインですが、
そんな条件でも上手くて、速く走れた方がカッコいいです。

ラインが狭い分、やはり早いコーナーリングが有効なのかな?

安全に楽しく走る為には、ルールの熟知も必要だなとつくづく思います。

前、峠の話をバイク屋さんでしてた時に
峠を速く走れる人ってどんな人なんでしょうか?
という話題になった。

実際に速いなと感じた話を簡単に一つだけ書くと、

・左コーナーを侵入した途端に”フッ”といなくなる。
(後続から見てると消えたように見える)

決して危ない速度で運転をしているわけではないのですが、
どうしてそう見えるのか自分なりに推測してみます。

①その状況にあった最大バンク角からバイクが起きるところから

徐々にアクセルを開け始められている。
②バンクしている時間が短い。

結果、バイクが素早く向き変えが終わり、
アクセルが早く開け始められるから”フッ”と消えたようにみえるのかな?
と。

自分がサーキットでタイムが伸び悩んでいた原因の一つがこれができてないと
考えています。
バンクしている時間が長くて、アクセル開けるのが遅いような気がするんですよ。

来年峠を走る際にはこの辺を意識して走ってみようと思います。

速く曲がり終わることは、安全にも寄与するような気がします。

グローブってプロテクターがすごく気になるんですよ。

大体、こぶしに付いてますよね??

これが手に合ってなかったりすると一回着用しただけでもう使いたくなくなります。




僕の愛用しているクシタニGPR5ですがこれは最高ですw
動きやすく疲れにくい、しかも守られる感が抜群です。

ヒョウドウやファイブやいろんなメーカーがグローブをリリースしてますが、
一番自分の手に合うのがクシタニなので、
重要な時に使うグローブはここのです。

ちなみに、通勤用ウィンターグローブは、アレンネス
(なかなか破れないし、手になじんでしまっていて手放せない・・)
春秋は、セクレテール(良かったけど、もう破れたので来年クシタニ買います・・)
夏用は、クシタニ(最高ですw)

一応、ホンダ販社に努めているのでボルドール中心に着てますが、
なるべくクシタニが着たい、それが本音です。

先輩から、ボルドールのライディングジャケットをもらった!

クロでかっこいい奴だ^^

自分が愛用していた、ゴールドウィンのハーフコートもチャックが
壊れて買い換えようとしていた矢先だったのでちょうどよかったっす!

クロ色でもリフレクターが付いていて、ちゃんと光ってくれる!




右胸のエンブレムもリフレクト仕様です!
現在のラインナップにないデザインでかっこいい!と思ってます。

最近のものではないですが、
胸部プロテクター等充実していて、
なにより暖かい!
ただ、各プロテクターが硬質で少々動きにくいので
慣れが必要ですね~
しばらくして、どうしても嫌になったらクシタニのプロテクターいれます。。

ちょっとプロテクターを考察
メーカーの考え方ですが、
衝撃を吸収する素材が素晴らしいメーカー(クシタニやヒョウドウかな)
硬質プロテクターを使用して、各部を守る。

僕は動きやすさを求めて、衝撃を吸収する素材の方が好きです。
硬い甲羅に守られている方が安心という人もいると思いますが、
逆にプロテクターの角や淵で転倒時に怪我をする場合もあるそうなんです。

体や考え方に合ったものを選ぶ方が楽しくなるし、
安全にもなると思います。


先輩のおかげで冬の通勤がまた快適になりそうです!

正月に初日の出こいつを着ていきたくなってきたなw

昨日仕事で最近お付き合いを始めた銀行さんのバイクを整備していて、
ウィンカーが安定動作がされていなかったので交換しようとケースを開けてみると・・




青白い塩吹いていた^^;

古いバッテリーだというなっている事があります。

因みに、このバッテリーが ”ユアサ製”
現在の社名が ”GSユアサ” 
ユアサと日本電池が経営統合する前の品ですので、
相当古くなっていることがわかります。

プラス端子に付いていた青白い塩っぽいやつですが、
バッテリーの中の希硫酸がバッテリーから吹き出て固体化したものです。

こうなってしまっては、交換した方が後々の為にいいです。
吹いて、磨いて落としても中からどんどん希硫酸が出てきますし、
バッテリーの性能も不安定または低下しきって使い物になりません。

車種は、カブです。
キックスタートなのでバッテリーが弱くなってもつかえなくはないですが、
信号待ち等、エンジン回転が低い(発電量が少ない)時には

灯火類の作動が不安定になります。
このへんはちゃんとしていた方がいいので常にいい状態を保ちたいですね。

最近知り合った方からの話からシートに関して考察する機会があったんですよ。

現状僕のホーネットのシートは


ディンプル加工されたシートに交換してあります。
今は大分古くなってつるっとしてきたけど、
新品のころは、ジーパンや革パンに相性が良く程よいグリップと
肉厚な皮による乗り心地の向上がありました。

後輩の彼女がゲル座布団を使っていたので、パチリ


見た目はいまいちですが、取り付けは簡単そうです。

触ってみた感じは、さらっとしてて肌さわりがよく、ゲルの弾力が気持ちいいです。

座ってみた感じは、ゲルが腰回りを包むというか
おしりで前後に押し出されてある程度着座位置を凹ませて、
位置を安定させてくれる効果がありました。
(避けたゲルが壁になって腰を抑えるというかそんな感じ)

手軽に楽しめる、シートチューンかな?
見た目が良くなれば、街乗りバイクにほしいです! 
現状は、シートに埋め込ませるタイプかなー買うとしたら。

昨日は、サーバーにアクセスできずアップできませんでした・・

隔日で保育園の事務長(CB400SF乗りのおじいちゃん)と話すのですが、
昨日はブレーキの話になった。

事務長「前ブレーキってガツンと効いて怖いので、後ブレーキしか使ってないんですよ」

ワタクシ「そうですか・・前ブレーキも慣れればそんなことないですよ~、
逆にリアは停止時に車体が動かないようにする位しか普段使わなくなりますよ~」

事務長「そうなんですか??」 ここで電話が園にかかってきて会話終了。

今度お酒でも飲みながら、分析話でもしたいもんですけど、


原因を僕なりに妄想してみます。

車体の設定・ メーカー工場出荷状態 

①フロントブレーキを人差し指と中指のみで操作している
=慣れないとレバーの中腹を握るので少しの動きですぐ効く
逆に、薬指・小指が主だとレバーの先端付近を握るので、
ストロークが長くコントロールしやすい。
但し、レバーブラケットをハンドル内側に移動し、
人差し指・中指がレバーの先端付近を握れるようにすればいいかも。
かっこわるいから僕はしませんけど・・

②リアブレーキがソフトで扱いやすすぎる。

事務長は”フロントブレーキはガツンと効く”と言ってました。

難しいことなんですが、少しずつフロントブレーキを使ってもらって、
固定概念というか恐怖心を取り除いて、
両方使い分けられるようになるといいと思います。

フロントは主で、リアは補助 基本はこれで
あとはケースバイケース。

妻のCBRはG-Tribeさんでメンテナンスしてますが、
最近メンテナンスに出した時の話。

倒立フォークの車両すべてに言えますが、
走っているとブレーキダストがインナーチューブに付いて、
放っておくと家みたいに錆びて修復が難しくなってしまいます。

対処の方法は、走行毎に拭いてメンテナンスする事。
リアサスのロッドもできればしたいです。
*CBRとかスイングアームに隠れてしまう車種はできませんが・・
できると、ロッドに埃が噛みこんで傷になるのを防げる・・

ゴムを侵さないワックスみたいなものがあれば、
それを使って拭いていくのもいいかもしれないですね。
滑りも良くなって動きが良くなるし。

*普通の研磨剤が入っていないワックスで試してみました*

ポイント毎に気配りをして、部品を長持ち、快適持続を目指していきたいです。

昨日エンジンオイル交換をして、とてもバイクがいい調子!上機嫌なワタクシです!

真冬でもバイクに乗るワタクシにとって、
つらい季節ほど調子よく走りたいもの。
普通の方は冬眠させる季節もちゃんと
メンテナンスして元気にバイクで通勤してます!


さて、本題。
ホーネット900に使っているケミカル・油脂類ですが、

・エンジンオイルは、 G-Tribe x RedLine 
・サスペンションのオイル・チェーンオイル 広島高潤
*チェーンオイルはお勧めされてませんが、自分で使って気に入って使い続けてます。
このチェーンオイルの欠点としては、古くなると固まり洗浄しにくくなる事ですかね。
・チェーンクリーナーはラベン
・脱脂洗浄剤は、用途によってワコーズの中乾と
ホームセンターで売っている適当なものを使い分けてます。
・ブレーキオイル ホンダ純正
・整備につかう、グリス(マルチパーパス・モリブデンやシリコン・ブレーキグリス)はホンダ純正
・たまに入れるガソリン添加剤は、ワコーズのフューエル1とプレミアムパワーを使ってます。
体感できる添加剤だと思います。
・ちょっとした給油やワイヤーの潤滑には、ワコーズの潤滑スプレー
・ボディコーティングは、山城CR1です。

この中で皆さんが特に気を使うのがエンジンオイルだと思います。
レッドラインは価格がプレミアムですが、
回転フィールもさることながら持ちがいいから純正オイルより交換回数が少なくて済みます。
もてぎ7時間耐久では、真夏に7時間開店フィーリングが変わったかわかりませんでした。

山城CR1は、過度にボディがつるつるにならないので、
峠などをスポーツするライダーにはお勧めしたいコーティング剤です。

いいことばかり書きましたが、
ケミカル・油脂類はその人の好みに合う合わないがあるので、
書いたのが他に人にもウケるかはわかりませんが、
用途別によく考えて選ぶのがいいし、楽しいと思います。

因みに、僕の知り合いでシールチェーンを脱脂洗浄剤で洗っている人がいましたが、
ゴム保護を考えていない洗浄剤・クリーナーを使うと、
シールが痛んでしまうので仕様用途には十分注意です。
チェーン以外でも、ゴム製のオイルシールやパッキンが使われているところは、
避けるとかチェーンクリーナーを使って油を落とす等の配慮が必要です。

前回、フレーム編と題して施工してある部分を紹介しました。

今回は、エンジンが現在どのようになっているか書きたいと思います。

まず、エンジンの変更点ですが、
圧縮比が変更されています。
方法は、シリンダーヘッドを0.1mm面研して 
変更後の数字は 10.5から11.5です。

効果として、中速回転域でのトルクがアップしています。
ホーネット900のレッドゾーンは9千回転ですので、
3-6千回転辺りが力強く扱いやすくなっています。


画像のグラフは、圧縮比アップする前のパワーチェック結果です。
圧縮比がアップしたことで、
ちょうど山なりになっている部分がさらに高い山になったイメージでいいと思います。

中速域のパワーアップがどのような効果をもたらすか?
まず、ビックバイクを高回転まで使う人がどれだけいて、
居たとして常に使うか? 常に使うのはどこの回転域なのか?

低速から中速なので、このチューニングは
ホーネット900には費用対比がとてもいいと思います。

*但し、バイクによるのであくまでも僕のバイクには良かったという事で。

その他、振動が少なくなり、燃費も少し良くなっています。
力が増したことで、回転を高くしている時間が少ない(加速してる時間が短縮)
のと、力の出方がスムーズになったから振動が少なくなったのでしょうか?

エンジンの寿命はどうかというと、3万キロで施工しました。
7.5万km走行した今も、ガスケット抜け等のトラブルは起きず元気に動いている事から、
影響は少なかったと判断できます。

ここが、ホーネット900の開発者ができなかった部分かどうかはわかりませんが、
バイクをよく観察した上で、職人が判断・施工すると良くなるんですね。
ちなみに、これ以上圧縮比をあげると、ホーネット900じゃなくなるらしいです。


TOTAL: 246件 [ 1/25 ]
<< 前へ 12345678910 次へ >>

<<  2017年8月  >>


12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
  • SEV
  • bikeplus