お名前:luccye

<<  2017年8月  >>


12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

TODAY : 0
YESTERDAY : 0
TOTAL : 0

読者一覧

訪問者一覧

がん免疫療法の最適化、がんワクチンの開発につながると期待
今回の研究では、びまん型胃がんの組織に浸潤するリンパ球について、次世代シーケンサーを用いて「免疫レパトア解析」と呼ばれる詳細な免疫ゲノム解析を行い、がん組織におけるリンパ球の組成の全体像を明らかにした。そのなかで、多くの症例のがん組織中では、特定のBリンパ球が増えていることを見いだし、それらのBリンパ球が作り出す抗体が糖鎖のひとつである硫酸化グリコサミノグリカンを認識していることをつきとめたという。研磨用ポイント

 

これにより硫酸化グリコサミノグリカンが胃がん組織における主要ながん免疫抗原であることが初めて示された。また、免疫ゲノム解析によって得られたがん特異的に反応するBリンパ球のDNAシーケンス情報をもとにヒト抗体を作成したところ、さまざまながん細胞に結合し、抗腫瘍活性を持つことを見いだしたとしている。歯面清掃用ハンド ピース

 

今回の研究により、酸化グリコサミノグリカンががん免疫の主要な抗原であることが見いだされた。今後、がん免疫療法の最適化やがんワクチンの開発につながる重要な成果と考えられる、と研究グループは述べている。


http://athena.kyo2.jp/e510899.html

カテゴリ:未設定
投稿者:luccye  投稿日時:2017/08/04 18:37:48
コメント(0) | トラックバック(0)

コメント一覧

トラックバック一覧

この記事のトラックバックURL:

名前:

コメント:

下記画像に表示されている文字列を入力してください