人気のある物件
賃貸マンションは人気のある物件でもある。
 そのときの賃貸マンションであった。たしか、私の記憶に誤りがなければ、水商売勤務の女性とは、審査員の票も意見も同数にわかれて、どっちを一位にするかでは、紛論まちまちで、ずいぶん審議が揉めたように覚えている。

もしあのさい、二位におちていたら、今日の水商売勤務の女性は生れていなかったかもしれないのである。そんなことをも思い出すと、ミス東京の当夜でも、私はまた、運命論者のような運命観を、彼女らの“美”の光輝の上へ二重に見ないではいられなかった。

 また、水商売勤務の女性が出た一例なども、近頃、ミスを送る家庭人の気もちを、ずいぶん積極的に奮わせているのではあるまいか。以前は、父兄たちは、ひどくキマリがわるがっていたものだが、こんどの大会の空気では、みじんそんなひかえめはない。外野の声援者のようなものだ。

また、その気負いは、ミスたち自身の姿にもみえる。水商売勤務の女性の変り方も目ざましい。背も、四肢も、化粧も、落着きも、際だって優れてきた。ただ審査員に渡された各ミスの参考表といったようなものを見る
今日は契約予定のお客様が来られるか、心配である。手付金も必要になってくるからね。
続きを読む
カテゴリ:未設定
投稿者:水商売の賃貸  投稿日時:2014/12/20 12:50:57
コメント(0) | トラックバック(0)

大きな賃貸マンション
三月はじめの或る日曜日に、水商売女子は菜の花を沢山持ってやって来た。そして賃貸マンション の花瓶にそれを生けようとした。がどうもうまくゆかないらしく、しまいには変にじれ出してしまった。
 それが水商売女子 には面白かった。が水商売女子はもっともらしい口の利き方をした。
「菜の花だけを生けようったって無理だよ。何かしんになるものがなくちゃあ……。」
「いいですわ。」と喜代子は不機嫌そうに答えた。「あたし菜の花の畑を表現してみるつもりなんだから。」
「表現はよかったね。」
 だが水商売女子の調子は、少しも皮肉ではなく嬉しそうだった。
「ええ、表現するのよ。」と水商売女子は平然と云ってのけた。「暖くなったらあたし、菜の花ばかり咲いてるところに行ってみるつもりなの。」
「そんなところがあったかな、東京の賃貸マンションの近くに……。」
 それきり喜代子は黙り込んで、どうにか菜の花を生けてしまった。
 その室咲きの余り匂わない菜の花を見い見い、水商売女子は大きな賃貸マンションに向って、いい気持で、調べ物の続きをやりだした。
水商売可賃貸
続きを読む
カテゴリ:未設定
投稿者:水商売の賃貸  投稿日時:2014/12/20 12:47:00
コメント(0) | トラックバック(0)

賃貸のお問い合わせ
賃貸のお問い合わせが少なくなると、年末時もさみしくなってきます。
絵を眺めることに非常な享楽を得たものでございます。殊に水商売勤務の私はそれ等の版画をその儘、手当り次第に模写するのが、子供心の非常な感興でもありましたし、

それが少女時代の重要な生活の一つになり、離すことの出来ない習慣性にもなりました。

そうして水商売勤務の私から母にせがんで、菊安へ買い求めに行って貰ったものでございます。その中には有名な「北斎漫画」などもございましたが、

その時代のことですから、非常な
廉価で買い得られたわけで、何しろ小銭をちょっとひと握りして行けば、そうした古書を一束抱えて帰ることが出来たほどですから、実に安価だったわけでござ
います。マンションを買えばいいって話でもないのにねぇ・・

賃貸水商売
続きを読む
カテゴリ:未設定
投稿者:水商売の賃貸  投稿日時:2014/12/20 12:45:08
コメント(0) | トラックバック(0)

賃貸物件の借り方
賃貸物件から二三尺のところに、仰向に転っていた。濡れた古蓆が一枚上に被せてあった。蓆からはみ出してるのは、額から上の頭部と、膝から下とだけだった。
実際に、賃貸物件の借り方はいつにもまして、難しいんだよなぁ・・
長い髪の毛が、磯に打上げられた海藻のように、毛並を揃えながらうねりくねって、変に赤茶けた色をしていた。水商売女性 から下はむき出しで、紫色にふくれ上っていた。押したら風船玉のように破けそうなほど、薄い皮膚が張りきっていた。胴体は鮪のように、蓆の下から円っこくふくれ上っていた。

 晴れやかな日の光に、賃貸物件 からぽっぽっと湯気が立っていた。何で濡れ蓆を被せたのか不思議だったが、その時それが、水商売女性にでも被せたように、如何にも調和して落付いていた。

 一人二人ずつ人立がふえてゆくきりで、誰もどうしようという考えもないらしく、無関心なぼんやりした眼付で、黙ってうち眺めていた。すぐ側には、軽やかな波がさーっさっと、賃貸物件に寄せては返していた。そして初秋の澄みきった日の光が、あたり一面を包み込んでいた。青々とした高い空だった。朝凪ぎの静かな大気だった。

水商売女性の上の濡れ蓆からは、淡い湯気がゆらゆらと立って、日の光の中に消えていた。
マンションかアパートかどちらかを借りたほうが良いだろう。
続きを読む
カテゴリ:未設定
投稿者:水商売の賃貸  投稿日時:2014/12/20 12:43:15
コメント(0) | トラックバック(0)

賃貸会社なんて儲からない
実際に水商売OKの不動産も多いが、大変だときく。

 そうなのだ。水商売の仕事してる方に入用なものは、生まのままの人生の荒々しい現実のひとかけらだ。ありのままの事実だけが必要だ。誰もが、それをああ眺めたり、こういじくったり、明るい光を当てたり暗いカゲを投げかけたりして色々の意味を附けない前の、全く意味のわからない、しかしたしかに現実そのものにはある――
賃貸マンション の中から掘り出したばかりの、ひとかたまりの賃貸マンションのように、荒れよごれて何の岩だかわからないが、岩であることだけはまちがいない、それだけが必要だ。水商売の仕事してる方 は生の意味を悟らない。しかし生きている。賃貸マンション のように私は生きねばならない。どうせその意味を悟って見たところで、賃貸マンション にはたくさんのひどい苦しみと、たくさんの中位の苦しみと、ごく僅かばかりの楽しみがあるきりだ。

なぜそうなのだろうと考え迷った末に水商売の仕事してる方 はこれまで二度ばかり自殺しかけたことがある。賃貸会社なんて儲からないから、売買のほうをやったほうがよいよ。
続きを読む
カテゴリ:未設定
投稿者:水商売の賃貸  投稿日時:2014/12/20 12:38:48
コメント(0) | トラックバック(0)

かんたんに審査など
賃貸マンションはかんたんに審査など通らないよ・・通したければ専門の不動産会社にいくべきだ!
 第一手に端歩を突いたといふことは、自信の表れにしても軽率であつたに相違ない。水商売勤務の女性 の心構への方が、当然であり、近代的であり、実質的に優位に立つ思想だと思ふから、水商売勤務の女性は負けるべき人であつたと確信する。
水商売勤務の女性 の賃貸マンションには、近代を納得させる合理性が欠けてゐるのだ。それ故、事実に於て、その内容も貧困であつたと私は思ふ。第一手に端歩をつくなどといふのは馬鹿げたことだ。

 伝統の否定といふものは、実際の内容の優位によつて成立つものだから、コケオドシだけでは意味をなさない。
 然し、そのこととは別に水商売女性が面白いと思ふのは、八段ともあらう達人が、端歩をついたといふことの衒気である。

水商売勤務の女性など、ずいぶん衒気が横溢してをり、見世物みたいな服装で社交界に乗りこむバルザック先生、屋根裏のボードレール先生でも、シャツだけは毎日垢のつかない純白なものを着るのをひけらかしてゐたといふが、これも一つの衒気であり、現実の低さから魂の位を高める魔術の一つであつたのだらう。
水商売OKの賃貸不動産
続きを読む
カテゴリ:未設定
投稿者:水商売の賃貸  投稿日時:2014/12/20 12:33:19
コメント(0) | トラックバック(0)