お名前:ahousijy

<<  2017年5月  >>

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

TODAY : 0
YESTERDAY : 0
TOTAL : 0

読者一覧

訪問者一覧

個人事業主の売り上げの悩み
昨年、個人事業主として開業届を出し、現在自分で作ったハンドメイド雑貨をネットで販売しています。以前はハンドメイドで有名なミンネに掲載していましたが、いいねとお気に入りにされても全く売り上げにはつながりませんでした。

古くから長くミンネを使用されている方の作品が売れている気がしました。ミンネを止め、メルカリで販売をするようになりました。

メルカリでは登録した翌日から8個載せたうち4個もすぐに売れました。まだハンドメイド雑貨の販売だけでば売り上げが少なく、今はアルバイトをしながら生計をたてています。早くバイトを止めでハンドメイドの作品の売り上げのみで生活をしていきたいです。ハンドメイド作品は自分自身が進めて行かないと何も商品が仕上がりません。

売れるハンドメイド作品を作り続けること、一度購入してくださったお客様がリピーターになってくれるような仕組みを作るのがとても難しいと感じています。フリーマーケットでも販売をしますが、低価格でしか売れないのも困っています。
続きを読む
カテゴリ:未設定
投稿者:ahousijy  投稿日時:2017/04/09 14:21:10
コメント(0) | トラックバック(0)

カードローン即日融資をするには
ひと昔では、即日にお金を借りる所は知人であったり会社の同僚だったりで借りる側にとっては頼みづらいことでしたが、それでもお金が急に必要になることは誰にでも起こりうることなのです。

即日に融資を受けるにはどうしたらよいのかと悩んでいたのですが、今では誰にも知られずにお金を借りることができるようになりとても便利になりました。

知人や友達に借りるとどうしてもトラブルが起きてしまいますが、アイフルなどのカードローンを上手く利用すれば問題も起きずに誰にも迷惑をかけることもないのです。

ではどうやれば即日に融資が可能になるかと言いますと、まずインターネットや自動契約機または店頭に行って申し込む方法がありますが、一番簡単にできるのがインターネットからの申し込みです。

インターネットから申し込みをすれば、審査までは最短で30分で終わり審査が通れば即日にお金を融資をしてもらえます。

審査の基準は会社によって異なりますが、重要視されるのが個人信用情報でこの情報によって審査が通らないこともあります。

この情報には、以前他社からの借り入れをした際に返済状況などが分かった時は審査が難しくなりますが、何もない場合は即日融資が可能となります。

消費者金融のメリットは、最短でお金を即日融資をしてくれますが限度額があります。

昔は限度額もあるようでなかったのですが、借り入れをし過ぎて返済が出来なくなったことから近年では総量規制というのがあり年収の3分の1までしか借り入れができませんが、最短で借り入れをしたい場合はそれでも助かります。

銀行でもカードローンを取り扱っているので、利用しない時に申し込みをしておけば必要な時いつでも利用ができます。

消費者金融で即日融資を受けるには、インターネットから融資を受けようとしている金融会社のサイトにアクセスをして申込書欄に入力をします。

早い所なら30分で審査が終わりその通知もメールでしてくれますが、希望金額によっては時間がかかることもあるので初めからあまり高額な金額を希望することは辞めた方がいいです。

審査をしている間に必要書類を揃えておくと審査が通った時、スムーズに進み即日融資をしてもらえます。

この時に必要書類とは、身分証明書のことで運転免許証やパスポートなどで万が一年収の3分の1を超える金額の場合や限度額の50万円を超える場合は、収入証明書も必要となることがあるので事前に確認をして用意をしておくと良いです。

最近では、消費者金融と銀行が提携している所もありその場合はその銀行の口座があれば即日に振り込んで貰えますが口座がなくても最近では、コンビニからでも引き出すことが出来るようになっています。

限度額は、自分では設定はできないので無理な金額を申し込まず自分が返済できる金額にしておくことが賢明です。
続きを読む
カテゴリ:未設定
投稿者:ahousijy  投稿日時:2017/04/09 14:23:36
コメント(0) | トラックバック(0)

個人事業においての悩み
サラリーマンや公務員などの仕事をしていると個人事業や自営業に憧れるとの話を聞くことがあります。

確かにサラリーマンなどとは異なり、お金もちになるようなイメージや確定申告などで控除を受けられるという利点でどうしても良い所だけ聞いて羨ましく思うという事を言われます。確かに成功者もいます。

しかし、実際事業をしている人と話をするとそんなに成功している人はいません。生活できる程度という人も多いです。個人事業の欠点はたくさんあります。まずは儲かる時もあれば儲からない時期もかならずあります。サラリーマンは会社の経営が悪くなっても必ず給料の支払いはあるはずです。しかし、個人事業においては無い時は全く無く、銀行などに融資していただかなければ倒産という事もありえます。

仕入れ過ぎて売れ残ったり、逆に仕入れが少なすぎて思ったよりも入金が少なかったりすることもありますので、お金については貯蓄だけでは済まない事もありえます。このように浮き沈みのある仕事という事は理解しなければいけません。

雇用者がいても給料を払えない時の恐怖はなんとも言えません。ボーナスどころか会社が傾いてという事もあります。お客様がいつまでも契約していただけるわけでもありません。サラリーマンなら指導される事で済みますが、個人事業では次のお客様を見つけるだけでも大変です。

まさかと思うくらいに一瞬でお客様がいなくなることがあります。地道にお客様を確保し続けなければいけません。見た目と実際はかなり異なるのが個人事業です。軽い気持ちでやると痛い目にあいますので、実際に事業を起こす時はしっかりと計画を立てて事業を起こしましょう。
続きを読む
カテゴリ:未設定
投稿者:ahousijy  投稿日時:2017/04/09 14:26:16
コメント(0) | トラックバック(0)

会社を辞めたのは良いけれど
着物・宝石・バックなどを全国展開で販売する大手、東証一部にも上場の会社を24年務めて40代半ばで退職しました。5カ店を統括する営業部長をしていましたが、転勤を命じられてその際直属の上司といろいろと軋轢が出来てしまい思い切って辞めました。

それまで一生懸命に働いてきたので何の準備もしてませんでした。取敢えずハローワークへ行って、基本手当(失業手当)を貰うことにしましたが、待期期間、給付制限があり実際手当を貰うまで半年近くかかり、半年ほど貰い続けたらいつの間にか退職して1年の歳月が流れていました。その間すっかり浦島太郎のように社会から隔絶して、毎日のようにパチンコしていました。

さてすっかり堕落して仕事をしなければと漸く重い腰を上げましたが、どこも雇ってくれません。元部長もかたなしです。昔のよしみでメーカーから商品を借りて自分で販売しようかと思いつき、メーカーの知り合いを訪ねてみました。そしたら○○さんと取引したら、会社に睨まれてしまいます。皆断られました。自分で新たなメーカーを開拓したら、2-3協力してくれるところが見つかり商品を委託していただいて販売を始めました。

気心の知れたお客様が温かく迎えてくれて、そこそこ売り上げが上がりました。しかし元の会社の私に代わって部長になったものが電話をよこして、お客様を回るなというのです。私が部長だった時に店長として目を掛けたのに・・・私が回るお客様は会社の顧客でも、元々私の知り合い、友人や親せきその紹介などで私の個人的なお客様といえるものなのです。仮に別の誰かが商売に行っても上手くいかないようなところばかりです。そのくらい見逃してくれれば良いのに・・・漸く仕事を初めて軌道に乗るかどうかで文句がついて、続けるかどうかこれ以上もめて訴訟沙汰になっても困るしと悩んでいます。
続きを読む
カテゴリ:未設定
投稿者:ahousijy  投稿日時:2017/04/09 14:17:18
コメント(0) | トラックバック(0)