PROFILE

お名前:ロッシ高橋
性別:男性
生年月日:1969年01月25日
出身地:三重県
自己紹介:
所属チーム

チームBETAエンジョイズ

デモチーム トライアルエクスチェンジ風の会W1レーシング の4番 


搭乗マシン

・BETA RR2T300-one


ほか

・YAMAHA YZ250FX-one
・GASGAS TXT280RF
・SUZUKI ADDRESS V50W
・HONDA APE (笑)

経歴

・G-net ハードエンデューロ 全日本選手権 2014年~2016年チャンピオン
・第2回,第3回全日本ヒルクライム選手権 エキスパート全日本チャンピオン
・2014 ハードエクストリームGEKKOONE チャンピオン  
・ブルーモリス社(スキーボード) 元スキークロス専門ライダー
・カイダック倶楽部 現書記長
・モーターホーム旅男


まずは、ミスタースズキ 水谷勝氏を代表とするボランティア団体「風の会」の活動に賛同し、私もそのチームに属することによって、精力的にバイクの普及・認知に貢献するボランティア活動をしております。   風の会の詳細はコチラ → http://kazenokai.org/index.html

自己紹介   バイクとスキーの2足のわらじを履いて、ダブルライダー ロッシと称すること約20年以上。  だって、名前がヒロシなんだもん。    ちなみにバレンチノ・ロッシの真似ではありません。    はるかに僕のほうが年上だし、使いはじめたのも僕のほうが早いのだ。   

トライアルバイクはデモのほうが忙しくなり、国内はもとより時には海外(マレーシア、韓国)でもその腕前を披露しました。       なお、国内では東京と大阪でしか開催されないモーターサイクルの一大イベント  大阪モーターサイクルショーではトライアルプロモーション様の協力で、「2007年から2013年まで連続してトライアルショーを担当させていただきました。   

2016年の夏 エンデューロバイクは永らく親しんだヤマハを離れ、ベータモータージャパン様の完全サポートを受け、史上最強難所系2ストロークバイク BETA RR2T300-one
 を駆り、中年の星として全国各地でお騒がせしています。
      
その他に、2006年に世界初のスクーターによるシンクロナイズド・ウイリーチーム「風の会W1レーシングチーム」を、水谷勝氏の協力で立ち上げ、各地のイベントでトライアルとセットにしたデモを展開中。      神業的な技術を駆使し、4人の天才ヘッポコライダー達が、コミカルに息のあったウイリーを奏でる姿を、是非ともご覧になってほしのあき。        

そしてスキーのほうは、国産メーカー「ブルーモリス社」のスキーボード専属ライダー(99~08)でした。      それまで、スキーは殆どやったことが無いド素人が人気のクロス競技で頭角を現し、競技挑戦3年目の2003年に全日本ランキング2位にまで上り詰めるも、同じチームメートに無敵なライダー(ライダー・JOE)が居たことで、ことごとく優勝を阻まれる。        しかし彼のみならず、他にも国内トップクラスの変態チームメートが居たお陰で、極めて短時間でスキーのノウハウを吸収できたことに、大いに感謝している。

カイダック倶楽部(KDC)とは     アクリル変性高衝撃塩ビ板、通称カイダック板を用いた工作倶楽部のことである。           中部地方で密かに流行していたDIYなのだが、素材がゲットしにくいにもかかわらず、私の知らない間に部員が全国的に増殖中なのである。

モーターホーム「バーストナー・エレガンスⅠ690」でぶらりと気ままに旅をするのが最近のライフスタイル。      大会のついでにちょいと温泉へ、とか 美味しいもの食べにちょいと遠方へ、とか 好きなときに好きな場所へ行けるこの車が何よりダイスキ!        最近は宿泊先でゆっったりと車中ホームシアターを楽しんでいます。      但し、デカいので、いろいろ気をつかうことも多いけど、この大きさに慣れたので次は8メートル級を飼いたいが、嫁さんの反対にあい意気消沈。   今はニースマンビショフに夢中・・・   

そんな波乱万丈な人生を歩んでいますが、今一番ホットなことは、ヒルクライム。
誰も登れない急坂を、一筆書きの如く鮮やかに制覇し、そして喝采を浴びることに、ひたすら情熱を注いでいます。         難しいセクションとコンディションになればなるほど圧倒的な技術力で撃破し、ギャラリーを盛り上げること。     そんなしょうもない、くだらないコトが今一番の 自分の生き甲斐でもあり、喜びなんです。
その努力の甲斐あって、2014年 ついに全日本ヒルクライム選手権の最上級クラスでチャンピオンを獲得!

人生は一度きり。     いつ死ぬかなんて分かんないから、体が動けるうちに一生懸命遊んで、仕事して、金使って  破産しない程度に贅沢すること。      40代になって、そのことを痛感しながら日々生きています。   

最後に Gネットシリーズで全日本チャンピオンを獲ったいまは、私が率先してエクストリームエンデューロ界を全国的に盛り上げることが使命だと思っています。         そして、ほか頑張っている若手に技術を伝え、そして後輩達にもこの世界で頂点を目指して日本のハードエンデューロシーンを盛り上げて欲しい。      
そのための土壌作りと方策を日々考え、取り組んでいます。

HISTORY

CATEGORY

COMMENT

TRACK BACK

FAVORITE

ホームグラウンド

 もはや私のホームグラウンドと勝手に思いはじめました、スターライトフォレストなみあい      どんどん開拓が進み、お山系ライダーの万人が満足できるコースに日々変貌しつつあります     最近はJNCCスピード系の方も結構いらっしゃっいますけどね            それもそのはず、そこに逝けば全ての要素 スピード、ロック、イゴイゴ、ヒルクライム、粘土、沢、ウッズ、丸太、タイヤジャンプなどなど     おそらくここは日本最強の山系フィールドで間違いないと思う      まさに、スタッフの努力の賜物かと ^ ^

そんなコースに今日は大会専用攻撃機 YZFXを持ち込んで、いろんな場所でのギアの適合を試してみた      要は最近大絶賛中の練習機 YZFギアスプロケ12,53との違いをチェックするためです

結果は、やはりFXも同じにすべきと感じました     1速はよしにしても、2速がほんの少し早いし、ヒルクライムの3も使い辛いかな       G-net戦の究極のセクションと対峙するには、全てのギアがノーマルよりさらに遅くて良いとの結論です

しかし、今日は良く転びました        チーム谷側になって人間だけコロコロ滑落したことなんて、僕がエンデューロを始めてから記憶に無いなぁ     それ以外にも結構ポテコケしたし、何べんやっても登れん坂もあったし、イマイチやった           基本、実力以上の危ないことはしない人なんで・・・  これでもネ(笑)          マシンも少しダメージ喰らったし

ま、人間が怪我無しで帰れたからヨカヨカ        最後に 純ちゃん、焼肉ごっつおさん!       

  

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2015/08/29 23:20:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:SLFなみあい  コメント(0) 

スターライトフォレストなみあい

 徐々に認知されつつある新規お山系エンデューロコース スターライトフォレストなみあいに先日行ってきました             ノームページはココ http://slf-namiai.com/

場所が最寄の高速道路 中央道園原 もしくは飯田山本から殆ど信号の無い下道でスイスイと30分程度でアクセスできる便利の良さもあって、関西や関東からもボチボチいらっしゃってましたね          確かに、これだけ広いフィールドで自由なお山遊びができる公式コースは他に無いのでは?         コース使用料も一日2000円前後(トラタイヤは値引きがあるようです)で、練習後にマシンも洗車できるサービスまで入ってます     ほか、キャンプ場なのでシャワーも完備(200円だったかな)      自然がいっぱいの環境で、まさに至れり尽くせりです

僕もいままでいろんな山を散策してきましたが、こんなに静かで星が綺麗で夏涼しくて、おまけに蟲(特に顔の周りを飛び交うヤツ)がそんなに居ないんですよね     蚊もおるんかな?   今まで何回か行ってるけど、まだ見てないなあ         そんな素敵な場所です

管理しているのはチームIIDAを率いる北澤君を中心としたメンバーとアドブの若手たち      心底山好きなライダーが集まって作ってるから、面白くない訳がない         そして、なんといってもそのコース管理状態が素晴らしい!         どんな深い轍もきちんと重機で修復したりして、山系コースでありながらもきちんと管理しています         駐車場周辺のゴミやバイクが運んでくる土にも配慮して、次に来るときにはみんなが気持ちよく使えるよう、常に綺麗な状態を維持しています          そりゃ当たり前なことかもしれれないけど、こういうことが大事なんですよね        管理人の北澤君も本当は乗りまくりたいんだろうけど、いろいろあって今は管理人業務に没頭してるので、僕もできることは応援していきたいと思っています

 

で、先日はイゴイゴ練習強化のためコソっと行ってきましたが、ここで課題発見      そんでもってスピード練習でも課題発見の良い一日となりました        マシン作りの方向性をほんの少し見直さないといけないな

 

 

 

最後に、番外編のコチラもチェックヨロシク!   http://sakhalin.slf-namiai.com/sakhalin/

 

 

 

 

 

 

       

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2015/07/14 12:55:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:SLFなみあい  コメント(2) 

bikeplus

<<  2017年3月  >>



1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

COUNTER
今日 : 0
昨日 : 0
合計 : 0

READER

ARCHIVE
2017年03月 (5)
2017年02月 (6)
2017年01月 (5)
2016年12月 (5)
2016年11月 (4)
2016年10月 (5)
2016年08月 (1)
2016年06月 (4)
2016年05月 (11)
2016年04月 (12)
2016年03月 (11)
2016年02月 (12)
2016年01月 (10)
2015年12月 (9)
2015年11月 (6)
2015年10月 (11)
2015年09月 (10)
2015年08月 (10)
2015年07月 (10)
2015年06月 (8)
2015年05月 (10)
2015年04月 (8)
2015年03月 (9)
2015年02月 (8)
2015年01月 (7)
2014年12月 (9)
2014年11月 (8)
2014年10月 (12)
2014年09月 (12)
2014年08月 (8)
2014年07月 (7)
2014年06月 (10)
2014年05月 (11)
2014年04月 (14)
2014年03月 (12)
2014年02月 (8)
2014年01月 (13)
2013年12月 (13)
2013年11月 (11)
2013年10月 (10)
2013年09月 (8)
2013年08月 (11)
2013年07月 (12)
2013年06月 (13)
2013年05月 (11)
2013年04月 (12)
2013年03月 (8)
2013年02月 (7)
2013年01月 (9)
2012年12月 (8)
2012年11月 (6)
2012年10月 (6)
2012年09月 (7)
2012年08月 (6)
2012年07月 (8)
2012年06月 (9)
2012年05月 (9)
2012年04月 (8)
2012年03月 (11)
2012年02月 (8)
2012年01月 (13)
2011年12月 (11)
2011年11月 (11)
2011年10月 (12)
2011年09月 (8)
2011年08月 (7)
2011年07月 (11)
2011年06月 (8)
2011年05月 (15)
2011年04月 (10)
2011年03月 (7)
2011年02月 (9)
2011年01月 (11)
2010年12月 (10)
2010年11月 (9)
2010年10月 (14)
2010年09月 (7)
2010年08月 (13)
2010年07月 (8)
2010年06月 (13)
2010年05月 (13)
2010年04月 (12)
2010年03月 (19)
2010年02月 (15)
2010年01月 (15)
2009年12月 (22)
2009年11月 (16)
2009年10月 (14)
2009年09月 (14)
2009年08月 (14)
2009年07月 (11)
2009年06月 (9)
2009年05月 (12)
2009年04月 (12)
2009年03月 (14)
2009年02月 (15)
2009年01月 (16)
2008年12月 (13)
2008年11月 (16)
2008年10月 (17)
2008年09月 (12)
2008年08月 (13)
2008年07月 (19)
2008年06月 (20)
2008年05月 (20)
2008年04月 (14)
2008年03月 (19)
2008年02月 (11)
2008年01月 (14)
2007年11月 (4)

LINKS

MOVIE

QR-CODE