PROFILE

お名前:ロッシ高橋
性別:男性
生年月日:1969年01月25日
出身地:三重県
自己紹介:
所属チーム

チームBETAエンジョイズ

デモチーム トライアルエクスチェンジ風の会W1レーシング の4番 


搭乗マシン

・BETA RR2T300-one


ほか

・YAMAHA YZ250FX-one
・GASGAS TXT280RF
・SUZUKI ADDRESS V50W
・HONDA APE (笑)

経歴

・G-net ハードエンデューロ 全日本選手権 2014年~2016年チャンピオン
・第2回,第3回全日本ヒルクライム選手権 エキスパート全日本チャンピオン
・2014 ハードエクストリームGEKKOONE チャンピオン  
・ブルーモリス社(スキーボード) 元スキークロス専門ライダー
・カイダック倶楽部 現書記長
・モーターホーム旅男


まずは、ミスタースズキ 水谷勝氏を代表とするボランティア団体「風の会」の活動に賛同し、私もそのチームに属することによって、精力的にバイクの普及・認知に貢献するボランティア活動をしております。   風の会の詳細はコチラ → http://kazenokai.org/index.html

自己紹介   バイクとスキーの2足のわらじを履いて、ダブルライダー ロッシと称すること約20年以上。  だって、名前がヒロシなんだもん。    ちなみにバレンチノ・ロッシの真似ではありません。    はるかに僕のほうが年上だし、使いはじめたのも僕のほうが早いのだ。   

トライアルバイクはデモのほうが忙しくなり、国内はもとより時には海外(マレーシア、韓国)でもその腕前を披露しました。       なお、国内では東京と大阪でしか開催されないモーターサイクルの一大イベント  大阪モーターサイクルショーではトライアルプロモーション様の協力で、「2007年から2013年まで連続してトライアルショーを担当させていただきました。   

2016年の夏 エンデューロバイクは永らく親しんだヤマハを離れ、ベータモータージャパン様の完全サポートを受け、史上最強難所系2ストロークバイク BETA RR2T300-one
 を駆り、中年の星として全国各地でお騒がせしています。
      
その他に、2006年に世界初のスクーターによるシンクロナイズド・ウイリーチーム「風の会W1レーシングチーム」を、水谷勝氏の協力で立ち上げ、各地のイベントでトライアルとセットにしたデモを展開中。      神業的な技術を駆使し、4人の天才ヘッポコライダー達が、コミカルに息のあったウイリーを奏でる姿を、是非ともご覧になってほしのあき。        

そしてスキーのほうは、国産メーカー「ブルーモリス社」のスキーボード専属ライダー(99~08)でした。      それまで、スキーは殆どやったことが無いド素人が人気のクロス競技で頭角を現し、競技挑戦3年目の2003年に全日本ランキング2位にまで上り詰めるも、同じチームメートに無敵なライダー(ライダー・JOE)が居たことで、ことごとく優勝を阻まれる。        しかし彼のみならず、他にも国内トップクラスの変態チームメートが居たお陰で、極めて短時間でスキーのノウハウを吸収できたことに、大いに感謝している。

カイダック倶楽部(KDC)とは     アクリル変性高衝撃塩ビ板、通称カイダック板を用いた工作倶楽部のことである。           中部地方で密かに流行していたDIYなのだが、素材がゲットしにくいにもかかわらず、私の知らない間に部員が全国的に増殖中なのである。

モーターホーム「バーストナー・エレガンスⅠ690」でぶらりと気ままに旅をするのが最近のライフスタイル。      大会のついでにちょいと温泉へ、とか 美味しいもの食べにちょいと遠方へ、とか 好きなときに好きな場所へ行けるこの車が何よりダイスキ!        最近は宿泊先でゆっったりと車中ホームシアターを楽しんでいます。      但し、デカいので、いろいろ気をつかうことも多いけど、この大きさに慣れたので次は8メートル級を飼いたいが、嫁さんの反対にあい意気消沈。   今はニースマンビショフに夢中・・・   

そんな波乱万丈な人生を歩んでいますが、今一番ホットなことは、ヒルクライム。
誰も登れない急坂を、一筆書きの如く鮮やかに制覇し、そして喝采を浴びることに、ひたすら情熱を注いでいます。         難しいセクションとコンディションになればなるほど圧倒的な技術力で撃破し、ギャラリーを盛り上げること。     そんなしょうもない、くだらないコトが今一番の 自分の生き甲斐でもあり、喜びなんです。
その努力の甲斐あって、2014年 ついに全日本ヒルクライム選手権の最上級クラスでチャンピオンを獲得!

人生は一度きり。     いつ死ぬかなんて分かんないから、体が動けるうちに一生懸命遊んで、仕事して、金使って  破産しない程度に贅沢すること。      40代になって、そのことを痛感しながら日々生きています。   

最後に Gネットシリーズで全日本チャンピオンを獲ったいまは、私が率先してエクストリームエンデューロ界を全国的に盛り上げることが使命だと思っています。         そして、ほか頑張っている若手に技術を伝え、そして後輩達にもこの世界で頂点を目指して日本のハードエンデューロシーンを盛り上げて欲しい。      
そのための土壌作りと方策を日々考え、取り組んでいます。

HISTORY

CATEGORY

COMMENT

TRACK BACK

TOTAL: 16件 [ 1/2 ]
<< 前へ 12 次へ >>

久々のカイダック通信

カイダック通信は何年ぶりの更新?   
全国100万人のカイダック倶楽部の皆様、大変お待たせしました ^ ^          ちょっと今回は集中していろいろ作ってみましたので、ご紹介します


まずは、ほぼスタンダード状態のバイクがコレ
 






次は、今回練習用に作ったスペシャルバージョンの外装







 

 
 

いかがでしょうか       かなりイメージが悪そうになりましたね

ついでに、僕も塾〇の真似して「疾風怒涛」って書いてみようかしら          だって、みんな黙って避けてくれそうだもん(笑)




横のシュラウドはシンプルに、こんな感じ

 

厚みは2ミリでペラペラに軽い、これで充分かと




次はリアフォークガードとリアディスクガード
 


因みにこのディスクガードの取り付けは特許出願中・・・ なんてことは無いけど、ステーとしてジュラルミン板とキャリパー本体を特殊加工して実にシンプルに付いてます         興味ある方は実車を見てちょ 







でもこのフォークの部分は、ある意味3次元成形の技術を必要とします             ヒントは、暖めた状態をキープした時に引っ張りまくって、ササっと型取りをする          じゃないとシワが寄るんデス          分かる人には分かる話             シワシワじゃないモノ作りの上級者になる関門ですね               

   
あと、チェーンガイド        この競技やってると、樹脂の外側が擦れまくりませんか?
こいつはチェーンの受け側が減ったら交換できるタイプなので、外の側があんまし減らないようジュラルミンの板を追加して減り防止加工をしてみました              さすがにここはカイダックでは保たないと判断したので、7075のジュラです  



 

最後のこれは、案外簡単に作れるフォークガード          胴の長いブレーキクリーナースプレー缶があるでしょ        それを型として取っています
ちょうど径がバッチシなんですよ        あとはちょっとした小細工をすれば完成

ということで、いかがでしたかな?         作成方法は過去文献を参照          
難所系バイク作りの参考になれば幸いです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2014/05/07 22:35:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: カイダック通信   コメント( 3 ) 

カイダックファンの皆様へ

 またちょっとしたモノを作成しました   

 

何だか分かりますか?    これは、バイクのある部分を保護するものです

カイダック成形作業1時間半、カッティングデータ作成1時間   でも、実際はもっとやってたかな   

まずステッカーを貼ってみる

  

これでお分かりでしょうか

 

ということなんです     これで傷付きやすいメインフレームをバッチシ守ります   

というか、最近は全く激しいのやんないから必要ないかもね       でも、考えてみれば今乗ってるハスクバーナだって、あれだけ激しくやっててもバイクが裏返ったことが無いのが奇跡かもしれん

 

遠目には全く違和感無し       これでまた気持ちよくのれるぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2013/09/12 23:11:37 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: カイダック通信   コメント( 0 ) 

カイダック ゼッケンプレートの製作

久々のカイダック通信です

 先日、ハイジさんと山君から直々に発注を受けまして、ロッシレプリカ ゼッケンプレートがどうしても欲しい!!    なんて嬉しいことをおっしゃるので、早速改良版のコピーを製作しました

ちょっとデコってみました     どうかな?

このゼッケンプレートの特徴は、インナーチューブを抱き込んでカラーガムテープで固定というスグレモノ         なので、まずインナーチューブ金属面の保護と、クラッシュした時に飛ぶ・割れるなんてことはまず無い等の特徴があります         イイネ、でしょ(笑)    

しかし、この手の3次元カイダック成形コピーはなかなか難しいものがあって       知る人ぞ知る難しさなんです       でも、割と綺麗にできたぞい    

とりあえず明日 山君に持ってくね

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2013/08/30 22:44:16 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: カイダック通信   コメント( 3 ) 

倶楽部のバイブル

久々のカイダック通信ですね
 
実は、このたびカラーで全世界共通のバイブルが出来ましたので、そのご紹介です     ジャジャーン!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
凄いでしょ    倶楽部員なら涎モノ必死です
しかも、本物のカイダックの見本まで付いているというスグレモノ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ってな感じで、一応こんなカタログがあるっよ  って話でした
案外知られていないのでは??
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2011/04/16 22:53:54 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: カイダック通信   コメント( 2 ) 

初乗りは

今年の初乗りは、先日4日     エンデューロの師匠に誘われて、とあるお山へ行ったっきりです        乗りたくても乗れない事情が盛りだくさんありましてね
       年末にちょっと体を故障していたということも原因のひとつだったんですが、もう乗りたくてウズウズしてますよ
少しビッコひきながらもなんとかマシに乗れたんで、またガンガン逝こ~
 
写真はウイリ練習中の師匠とお連れ様      激しくも、楽しい半日でした ^ ^    
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、ようやくハスクも明日乗れそうです
連日いろいろやってましたけど、一応乗れる目処がついたというか    いい加減慣らしをしないといけませんのでね
いろいろ気に入らないものは沢山作ったんですが、参考までに
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
右はノーマルの樹脂ガード    左は5ミリ自作カイダックガード
    これで左右のケースがガッチリ守れます      カイダック、最高でっせ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2011/01/08 00:02:29 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: カイダック通信   コメント( 2 ) 

2ピース構造

試作品です    カイダックフェンダー2ピース構造
 
 
 
 
 
 
これなら、1ピースで作るよりも、大幅に手間と時間が省けるぞっと
あとは、デザインと接合部分をもう少し煮詰めればいいかな。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2010/03/06 14:36:27 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: カイダック通信   コメント( 5 ) 

メイキング オブ カイダック 4

いよいよ最終工程です
ここでベルトサンダーが登場します     これのおかげで、非常に楽に、そして綺麗に最終の整形ができます
 
 
 
 
 
あとは細かいところはヤスリとペーパーで仕上げて、はい出来上がり
 
 
 
 
 
 
こうして、ケースの左右のカバーを一気に2セット作ってみました
作成にかかった時間は全部で2時間       一個30分というところです
 
 
 
 
 
 
DIY好きな皆様、いかがでしたでしょうか?   この大きさのものなら、初心者でも充分作れるかと思います
   ということで、参考になったら幸いでございます。 
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2010/02/17 23:04:58 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: カイダック通信   コメント( 6 ) 

メイキング オブ カイダック 3

さて、続きです    もう少しで完成ですよ
    
こうして、前回線引きした余分なところをカットしました
 
 
 
 
次は微修正です    ここでホットガンの登場です
こうして少しずつ修正して、完全なカタチに整えます
ちなみに、熱は必ず裏側からあてるべし        でないと、軍手で修正するときに、軍手の繊維模様がうつりやすいからです  
 
 
 
 
 
整形はこれで完了です
 
 
 
 
 
ここまできたら、ほぼ完成ですが、次回は最終工程を紹介しますね ^ ^。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2010/02/16 21:23:33 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: カイダック通信   コメント( 2 ) 

メイキング オブ カイダック 2

今日は、来月開催される大会会場の草刈正雄さんになっていました(汗)
こういうお手伝いをしていると、大会開催って大変な労力がいるんだな~とつくづく実感します        レオの皆さん、たいへんお疲れ様でした!
 
 
さて、前回の続きです
 
ヘロヘロになったカイダックを、暖かいうちにササっと型になる部品に合わせます
結構熱いので、軍手は必須です
 
 
 
 
 
 
こんな感じで、だいたいカタチになるようにもっていきます
 
 
 
 
 
 
次に、余分なところを線引きしてカットします      この作業もまだテキトーでいいです
 
 
 
 
 
 
ああっ  また写真が貼れないので、今日もこれにて失敬・・・。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2010/02/14 22:46:45 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: カイダック通信   コメント( 2 ) 

メイキング オブ カイダック

最近なにかと問い合わせの多いカイダック工作       せっかくなので、このDIYに興味のある方     数回に分けてレクチャーしたいと思いますので、宜しくお願い致します
 
まずは、一例    写真のクラッチカバーを作ってみましょう!(ちょっと使用中の、小汚いカバーの写真でスミマセン)
用意するものは、カイダックの部材・ハサミ・カセットコンロ・ホットガン・軍手・サンドペーパー・やすり・グラインダー等
 
 
 
 
カバーとなる部分より大きめにカットした部材をまずは暖めます      カロリーがあるので、最初の大雑把な整形にはカセットコンロがグーです    
 
 
 
 
 
このように、全体を満遍なくヘロヘロな状態にしてください
 
 
 
 
 
 
ああ~、写真が三枚しかアプできないので、ひとまず今日はここまで(汗)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2010/02/13 14:53:17 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: カイダック通信   コメント( 2 ) 
TOTAL: 16件 [ 1/2 ]
<< 前へ 12 次へ >>

<<  2017年6月  >>




123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
COUNTER
今日 : 0
昨日 : 0
合計 : 0
ARCHIVE
2017 年 06 月 ( 4 )
2017 年 05 月 ( 6 )
2017 年 04 月 ( 6 )
2017 年 03 月 ( 5 )
2017 年 02 月 ( 6 )
2017 年 01 月 ( 5 )
2016 年 12 月 ( 5 )
2016 年 11 月 ( 4 )
2016 年 10 月 ( 5 )
2016 年 08 月 ( 1 )
2016 年 06 月 ( 4 )
2016 年 05 月 ( 11 )
2016 年 04 月 ( 12 )
2016 年 03 月 ( 11 )
2016 年 02 月 ( 12 )
2016 年 01 月 ( 10 )
2015 年 12 月 ( 9 )
2015 年 11 月 ( 6 )
2015 年 10 月 ( 11 )
2015 年 09 月 ( 10 )
2015 年 08 月 ( 10 )
2015 年 07 月 ( 10 )
2015 年 06 月 ( 8 )
2015 年 05 月 ( 10 )
2015 年 04 月 ( 8 )
2015 年 03 月 ( 9 )
2015 年 02 月 ( 8 )
2015 年 01 月 ( 7 )
2014 年 12 月 ( 9 )
2014 年 11 月 ( 8 )
2014 年 10 月 ( 12 )
2014 年 09 月 ( 12 )
2014 年 08 月 ( 8 )
2014 年 07 月 ( 7 )
2014 年 06 月 ( 10 )
2014 年 05 月 ( 11 )
2014 年 04 月 ( 14 )
2014 年 03 月 ( 12 )
2014 年 02 月 ( 8 )
2014 年 01 月 ( 13 )
2013 年 12 月 ( 13 )
2013 年 11 月 ( 11 )
2013 年 10 月 ( 10 )
2013 年 09 月 ( 8 )
2013 年 08 月 ( 11 )
2013 年 07 月 ( 12 )
2013 年 06 月 ( 13 )
2013 年 05 月 ( 11 )
2013 年 04 月 ( 12 )
2013 年 03 月 ( 8 )
2013 年 02 月 ( 7 )
2013 年 01 月 ( 9 )
2012 年 12 月 ( 8 )
2012 年 11 月 ( 6 )
2012 年 10 月 ( 6 )
2012 年 09 月 ( 7 )
2012 年 08 月 ( 6 )
2012 年 07 月 ( 8 )
2012 年 06 月 ( 9 )
2012 年 05 月 ( 9 )
2012 年 04 月 ( 8 )
2012 年 03 月 ( 11 )
2012 年 02 月 ( 8 )
2012 年 01 月 ( 13 )
2011 年 12 月 ( 11 )
2011 年 11 月 ( 11 )
2011 年 10 月 ( 12 )
2011 年 09 月 ( 8 )
2011 年 08 月 ( 7 )
2011 年 07 月 ( 11 )
2011 年 06 月 ( 8 )
2011 年 05 月 ( 15 )
2011 年 04 月 ( 10 )
2011 年 03 月 ( 7 )
2011 年 02 月 ( 9 )
2011 年 01 月 ( 11 )
2010 年 12 月 ( 10 )
2010 年 11 月 ( 9 )
2010 年 10 月 ( 14 )
2010 年 09 月 ( 7 )
2010 年 08 月 ( 13 )
2010 年 07 月 ( 8 )
2010 年 06 月 ( 13 )
2010 年 05 月 ( 13 )
2010 年 04 月 ( 12 )
2010 年 03 月 ( 19 )
2010 年 02 月 ( 15 )
2010 年 01 月 ( 15 )
2009 年 12 月 ( 22 )
2009 年 11 月 ( 16 )
2009 年 10 月 ( 14 )
2009 年 09 月 ( 14 )
2009 年 08 月 ( 14 )
2009 年 07 月 ( 11 )
2009 年 06 月 ( 9 )
2009 年 05 月 ( 12 )
2009 年 04 月 ( 12 )
2009 年 03 月 ( 14 )
2009 年 02 月 ( 15 )
2009 年 01 月 ( 16 )
2008 年 12 月 ( 13 )
2008 年 11 月 ( 16 )
2008 年 10 月 ( 17 )
2008 年 09 月 ( 12 )
2008 年 08 月 ( 13 )
2008 年 07 月 ( 19 )
2008 年 06 月 ( 20 )
2008 年 05 月 ( 20 )
2008 年 04 月 ( 14 )
2008 年 03 月 ( 19 )
2008 年 02 月 ( 11 )
2008 年 01 月 ( 14 )
2007 年 11 月 ( 4 )
LINKS
QR-CODE