PROFILE

お名前:ロッシ高橋
性別:男性
生年月日:1969年01月25日
出身地:三重県
自己紹介:
所属チーム

チームBETAエンジョイズ

デモチーム トライアルエクスチェンジ風の会W1レーシング の4番 


搭乗マシン

・BETA RR2T300-one


ほか

・YAMAHA YZ250FX-one
・GASGAS TXT280RF
・SUZUKI ADDRESS V50W
・HONDA APE (笑)

経歴

・G-net ハードエンデューロ 全日本選手権 2014年~2016年チャンピオン
・第2回全日本ヒルクライム選手権 エキスパート全日本チャンピオン
・2014 ハードエクストリームGEKKOONE チャンピオン  
・ブルーモリス社(スキーボード) 元スキークロス専門ライダー
・カイダック倶楽部 現書記長
・モーターホーム旅男


まずは、ミスタースズキ 水谷勝氏を代表とするボランティア団体「風の会」の活動に賛同し、私もそのチームに属することによって、精力的にバイクの普及・認知に貢献するボランティア活動をしております。   風の会の詳細はコチラ → http://kazenokai.org/index.html

自己紹介   バイクとスキーの2足のわらじを履いて、ダブルライダー ロッシと称すること約20年以上。  だって、名前がヒロシなんだもん。    ちなみにバレンチノ・ロッシの真似ではありません。    はるかに僕のほうが年上だし、使いはじめたのも僕のほうが早いのだ。   

トライアルバイクはデモのほうが忙しくなり、国内はもとより時には海外(マレーシア、韓国)でもその腕前を披露しました。       なお、国内では東京と大阪でしか開催されないモーターサイクルの一大イベント  大阪モーターサイクルショーではトライアルプロモーション様の協力で、「2007年から2013年まで連続してトライアルショーを担当させていただきました。   

2016年の夏 エンデューロバイクは永らく親しんだヤマハを離れ、ベータモータージャパン様の完全サポートを受け、史上最強難所系2ストロークバイク BETA RR2T300-one
 を駆り、中年の星として全国各地でお騒がせしています。
      
その他に、2006年に世界初のスクーターによるシンクロナイズド・ウイリーチーム「風の会W1レーシングチーム」を、水谷勝氏の協力で立ち上げ、各地のイベントでトライアルとセットにしたデモを展開中。      神業的な技術を駆使し、4人の天才ヘッポコライダー達が、コミカルに息のあったウイリーを奏でる姿を、是非ともご覧になってほしのあき。        

そしてスキーのほうは、国産メーカー「ブルーモリス社」のスキーボード専属ライダー(99~08)でした。      それまで、スキーは殆どやったことが無いド素人が人気のクロス競技で頭角を現し、競技挑戦3年目の2003年に全日本ランキング2位にまで上り詰めるも、同じチームメートに無敵なライダー(ライダー・JOE)が居たことで、ことごとく優勝を阻まれる。        しかし彼のみならず、他にも国内トップクラスの変態チームメートが居たお陰で、極めて短時間でスキーのノウハウを吸収できたことに、大いに感謝している。

カイダック倶楽部(KDC)とは     アクリル変性高衝撃塩ビ板、通称カイダック板を用いた工作倶楽部のことである。           中部地方で密かに流行していたDIYなのだが、素材がゲットしにくいにもかかわらず、私の知らない間に部員が全国的に増殖中なのである。

モーターホーム「バーストナー・エレガンスⅠ690」でぶらりと気ままに旅をするのが最近のライフスタイル。      大会のついでにちょいと温泉へ、とか 美味しいもの食べにちょいと遠方へ、とか 好きなときに好きな場所へ行けるこの車が何よりダイスキ!        最近は宿泊先でゆっったりと車中ホームシアターを楽しんでいます。      但し、デカいので、いろいろ気をつかうことも多いけど、この大きさに慣れたので次は8メートル級を飼いたいが、嫁さんの反対にあい意気消沈。   今はニースマンビショフに夢中・・・   

そんな波乱万丈な人生を歩んでいますが、今一番ホットなことは、ヒルクライム。
誰も登れない急坂を、一筆書きの如く鮮やかに制覇し、そして喝采を浴びることに、ひたすら情熱を注いでいます。         難しいセクションとコンディションになればなるほど圧倒的な技術力で撃破し、ギャラリーを盛り上げること。     そんなしょうもない、くだらないコトが今一番の 自分の生き甲斐でもあり、喜びなんです。
その努力の甲斐あって、2014年 ついに全日本ヒルクライム選手権の最上級クラスでチャンピオンを獲得!

人生は一度きり。     いつ死ぬかなんて分かんないから、体が動けるうちに一生懸命遊んで、仕事して、金使って  破産しない程度に贅沢すること。      40代になって、そのことを痛感しながら日々生きています。   

最後に Gネットシリーズで全日本チャンピオンを獲ったいまは、私が率先してエクストリームエンデューロ界を全国的に盛り上げることが使命だと思っています。         そして、ほか頑張っている若手に技術を伝え、そして後輩達にもこの世界で頂点を目指して日本のハードエンデューロシーンを盛り上げて欲しい。      
そのための土壌作りと方策を日々考え、取り組んでいます。

HISTORY

CATEGORY

COMMENT

TRACK BACK

FAVORITE

いざ四国へ

 今週末はGネットシリーズ四国エンデューロスペシャルです          珍しく参加台数が少ないようですが、やはり本物はちゃんと全国から集ってきます             だって、こんなに参加してても、見てても面白いバイク競技ってなかなか無いと思いますけど ^ ^ ;;          スピード、スリリング、サスペンス? 3拍子揃ってますやん        ま、見にきた人にだけ分かる話         今月末の日曜日になみあいで行われるオールスターなんて、もうセクションが究極中の究極!          主催者が気合入れて、それこそまる一年かけてセクション作ってますからね            しかもGネットのトップ選手と招待選手(これがまた凄い面子なんです)による観るエンデューロなんで、コレを見逃す手は無いと思います               しかし余りにもスリリング過ぎて、何人かは崖から転落とか大いにありそうなので、自分がならないように気をつけよう 

  

やっぱ今回も履くタイヤはコレ     ゲコタフロント       四国初上陸なので、ぜひ見に来てくださいな

 

あとは今流行のグラファイトチェーンルブ

 

もうね、やりまくり (笑)

裏側がつや消し黒になってシックな感じ

泥の付きにくい効果だけでなく、デザイン的にも結構お気に入りです。

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2015/11/05 14:11:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:グラファイトチェーンルブ  コメント(4) 

なみあいスクールにて

 今日はちゃねさん主催の、なみあい変〇スクールでした      当初から極く少人数のスクールということでしたが、なみあい管理人さんの粋な計らいで完全貸切だったのです       いや~、純ちゃん素晴らしい!!           参加された皆さん、集中して良い練習ができたと思いますよ        ということで、本日関わった全ての皆様方 どうもありがとうございました ^ ^

しかし、最近スクールに参加される方は中部近辺だけでなく中国だったり四国だったり関東だったりさまざまなんですが、今回はなんと東北からいらっしゃった方がみえてちょっとビックリ      やはりダートスポーツさんでテクニック講座をとりあげていただいた影響が多分にあるのでしょうか         嬉しい限りです          いつもスクールをやってて思うのは、私自身このハードエンデューロの世界に転向してあらためて、僕が教えれることはまだまだ沢山あるな~と思います           それは乗る技術だけでなくマシン作りのこと、ライン取りの考え方、普段の身体の鍛え方、失敗した際のリカバリー      ホントさまざまです            前にも語ったことがありますが、最近の僕の基本は一人でどんな難しい練習をしてても、ちゃんと五体満足にマシンともども生きて帰ること         なので、そこから工夫していることは人一倍多いと思ってます                     それにまだまだ成長途中なので、僕自身いろんな場所に行って、いろんなもの見て吸収してますからね         そういう機会にぜひ、スクールの時だけでなく、興味があったら何でも聞きにきてくださいね

 

 

 

さて、今日はそのスクールにて、ちょっと面白い実験をしてみました

先日紹介した昭和貿易さんの取り扱うグラファイトチェーンルブです  

 

 

     

本来はドライブチェーンに噴霧するべきモノなのですが、驚異的な固い皮膜を作るという特性を生かして僕もいろんな場所にコーティングしているところは先回紹介しましたが、ちょっと2番煎じ的な場所を僕もやってみた

 

 

岡崎のうなぎ工房さんが先にやってましたね     フェンダーの裏にコーティングするのです

 

 

 

 

つや消し黒で、なかなかシックです

爪で引っかいてもまるで全然落ちないコーティング剤なので、きっと泥の付着も少なめになるのではないかと期待しています

今回はドライコンディションだったので効果は確認できませんでしたが、雨降りの際にまた実証実験したいと思います        たぶんイイことは間違いない気がします。

 

 

      

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2015/10/31 23:16:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:グラファイトチェーンルブ  コメント(2) 

決戦は土曜日

 今週末土曜日開催のGネット裏琴引は島根県琴引フォレストパークで行われます               この日のために、地元のコーディネーターさんをはじめとした有志の方々が、実に長い年月をかけて一生懸命作ってくれました       心から感謝感謝です          おそらくとてつもないヒルクライムをはじめとした難セクション郡が多数待ち構えていると思います           日本中から集まった変〇と呼ばれる猛者の祭典なんで、面白くない訳が無い ^ ^      たぶん観戦は無料だと思いますので、近くでお暇な方は是非見に来てくださいね!       僕も自分の持てる技術の全てをぶつけて、悔いなく戦おうと思います 

そんなことを言いながら、実は先週の時点で仕事の都合がつかなくなる事態に遭遇しちゃって(汗)         でもギリギリでなんとか回避できそうです        たぶん・・・       たこ焼き焼かんとイカンもんで、意地でも逝くぞ

とりあえず準備は万端        5月以来の、ちょっとしたオフにやってきたことを試すときがきました     もはや楽しみしかありません

 

そこで、今回のとっておきの新兵器はコレ      一部ではすでに有名なグラファイトチェーンルブ

これは簡単に言っちゃえばチェーン用のコーティング剤なんですが、ただの潤滑剤じゃないんだな    

これは通常の使い方    右半分がスプレーしてあります     まるでスモークしたみたいなんですが、これが実はモノ凄いのですわ     例えば

誤ってプラスチック部分にかかってしまったこの部分      引っかいても取れないんだな     完全にコーティングされてます     なので

磨耗しやすいブレーキホースラインとか

すぐ錆びて動きの悪くなるスタンドの伸縮部分とかにコーティングしたりしてます

こりゃ万能だね        動きが格段に良くなるし、なにせ錆びない        誰や、こんないいモン作ったのは(笑)

そのほかにもビックリアイデア&テストアイテム満載の、ハードエンデューロ専用機として究極の域に達したYZ250FXone    いざ、出陣へ。

      

 

 

 

 

 

 

  

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2015/10/07 23:18:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:グラファイトチェーンルブ  コメント(0) 

bikeplus

<<  2017年2月  >>



1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728

COUNTER
今日 : 0
昨日 : 0
合計 : 0

READER

ARCHIVE
2017年02月 (6)
2017年01月 (5)
2016年12月 (5)
2016年11月 (4)
2016年10月 (5)
2016年08月 (1)
2016年06月 (4)
2016年05月 (11)
2016年04月 (12)
2016年03月 (11)
2016年02月 (12)
2016年01月 (10)
2015年12月 (9)
2015年11月 (6)
2015年10月 (11)
2015年09月 (10)
2015年08月 (10)
2015年07月 (10)
2015年06月 (8)
2015年05月 (10)
2015年04月 (8)
2015年03月 (9)
2015年02月 (8)
2015年01月 (7)
2014年12月 (9)
2014年11月 (8)
2014年10月 (12)
2014年09月 (12)
2014年08月 (8)
2014年07月 (7)
2014年06月 (10)
2014年05月 (11)
2014年04月 (14)
2014年03月 (12)
2014年02月 (8)
2014年01月 (13)
2013年12月 (13)
2013年11月 (11)
2013年10月 (10)
2013年09月 (8)
2013年08月 (11)
2013年07月 (12)
2013年06月 (13)
2013年05月 (11)
2013年04月 (12)
2013年03月 (8)
2013年02月 (7)
2013年01月 (9)
2012年12月 (8)
2012年11月 (6)
2012年10月 (6)
2012年09月 (7)
2012年08月 (6)
2012年07月 (8)
2012年06月 (9)
2012年05月 (9)
2012年04月 (8)
2012年03月 (11)
2012年02月 (8)
2012年01月 (13)
2011年12月 (11)
2011年11月 (11)
2011年10月 (12)
2011年09月 (8)
2011年08月 (7)
2011年07月 (11)
2011年06月 (8)
2011年05月 (15)
2011年04月 (10)
2011年03月 (7)
2011年02月 (9)
2011年01月 (11)
2010年12月 (10)
2010年11月 (9)
2010年10月 (14)
2010年09月 (7)
2010年08月 (13)
2010年07月 (8)
2010年06月 (13)
2010年05月 (13)
2010年04月 (12)
2010年03月 (19)
2010年02月 (15)
2010年01月 (15)
2009年12月 (22)
2009年11月 (16)
2009年10月 (14)
2009年09月 (14)
2009年08月 (14)
2009年07月 (11)
2009年06月 (9)
2009年05月 (12)
2009年04月 (12)
2009年03月 (14)
2009年02月 (15)
2009年01月 (16)
2008年12月 (13)
2008年11月 (16)
2008年10月 (17)
2008年09月 (12)
2008年08月 (13)
2008年07月 (19)
2008年06月 (20)
2008年05月 (20)
2008年04月 (14)
2008年03月 (19)
2008年02月 (11)
2008年01月 (14)
2007年11月 (4)

LINKS

MOVIE

QR-CODE