PROFILE

お名前:ロッシ高橋
性別:男性
生年月日:1969年01月25日
出身地:三重県
自己紹介:
所属チーム

チームBETAエンジョイズ

デモチーム トライアルエクスチェンジ風の会W1レーシング の4番 


搭乗マシン

・BETA RR2T300-one


ほか

・YAMAHA YZ250FX-one
・GASGAS TXT280RF
・SUZUKI ADDRESS V50W
・HONDA APE (笑)

経歴

・G-net ハードエンデューロ 全日本選手権 2014年~2016年チャンピオン
・第2回,第3回全日本ヒルクライム選手権 エキスパート全日本チャンピオン
・2014 ハードエクストリームGEKKOONE チャンピオン  
・ブルーモリス社(スキーボード) 元スキークロス専門ライダー
・カイダック倶楽部 現書記長
・モーターホーム旅男


まずは、ミスタースズキ 水谷勝氏を代表とするボランティア団体「風の会」の活動に賛同し、私もそのチームに属することによって、精力的にバイクの普及・認知に貢献するボランティア活動をしております。   風の会の詳細はコチラ → http://kazenokai.org/index.html

自己紹介   バイクとスキーの2足のわらじを履いて、ダブルライダー ロッシと称すること約20年以上。  だって、名前がヒロシなんだもん。    ちなみにバレンチノ・ロッシの真似ではありません。    はるかに僕のほうが年上だし、使いはじめたのも僕のほうが早いのだ。   

トライアルバイクはデモのほうが忙しくなり、国内はもとより時には海外(マレーシア、韓国)でもその腕前を披露しました。       なお、国内では東京と大阪でしか開催されないモーターサイクルの一大イベント  大阪モーターサイクルショーではトライアルプロモーション様の協力で、「2007年から2013年まで連続してトライアルショーを担当させていただきました。   

2016年の夏 エンデューロバイクは永らく親しんだヤマハを離れ、ベータモータージャパン様の完全サポートを受け、史上最強難所系2ストロークバイク BETA RR2T300-one
 を駆り、中年の星として全国各地でお騒がせしています。
      
その他に、2006年に世界初のスクーターによるシンクロナイズド・ウイリーチーム「風の会W1レーシングチーム」を、水谷勝氏の協力で立ち上げ、各地のイベントでトライアルとセットにしたデモを展開中。      神業的な技術を駆使し、4人の天才ヘッポコライダー達が、コミカルに息のあったウイリーを奏でる姿を、是非ともご覧になってほしのあき。        

そしてスキーのほうは、国産メーカー「ブルーモリス社」のスキーボード専属ライダー(99~08)でした。      それまで、スキーは殆どやったことが無いド素人が人気のクロス競技で頭角を現し、競技挑戦3年目の2003年に全日本ランキング2位にまで上り詰めるも、同じチームメートに無敵なライダー(ライダー・JOE)が居たことで、ことごとく優勝を阻まれる。        しかし彼のみならず、他にも国内トップクラスの変態チームメートが居たお陰で、極めて短時間でスキーのノウハウを吸収できたことに、大いに感謝している。

カイダック倶楽部(KDC)とは     アクリル変性高衝撃塩ビ板、通称カイダック板を用いた工作倶楽部のことである。           中部地方で密かに流行していたDIYなのだが、素材がゲットしにくいにもかかわらず、私の知らない間に部員が全国的に増殖中なのである。

モーターホーム「バーストナー・エレガンスⅠ690」でぶらりと気ままに旅をするのが最近のライフスタイル。      大会のついでにちょいと温泉へ、とか 美味しいもの食べにちょいと遠方へ、とか 好きなときに好きな場所へ行けるこの車が何よりダイスキ!        最近は宿泊先でゆっったりと車中ホームシアターを楽しんでいます。      但し、デカいので、いろいろ気をつかうことも多いけど、この大きさに慣れたので次は8メートル級を飼いたいが、嫁さんの反対にあい意気消沈。   今はニースマンビショフに夢中・・・   

そんな波乱万丈な人生を歩んでいますが、今一番ホットなことは、ヒルクライム。
誰も登れない急坂を、一筆書きの如く鮮やかに制覇し、そして喝采を浴びることに、ひたすら情熱を注いでいます。         難しいセクションとコンディションになればなるほど圧倒的な技術力で撃破し、ギャラリーを盛り上げること。     そんなしょうもない、くだらないコトが今一番の 自分の生き甲斐でもあり、喜びなんです。
その努力の甲斐あって、2014年 ついに全日本ヒルクライム選手権の最上級クラスでチャンピオンを獲得!

人生は一度きり。     いつ死ぬかなんて分かんないから、体が動けるうちに一生懸命遊んで、仕事して、金使って  破産しない程度に贅沢すること。      40代になって、そのことを痛感しながら日々生きています。   

最後に Gネットシリーズで全日本チャンピオンを獲ったいまは、私が率先してエクストリームエンデューロ界を全国的に盛り上げることが使命だと思っています。         そして、ほか頑張っている若手に技術を伝え、そして後輩達にもこの世界で頂点を目指して日本のハードエンデューロシーンを盛り上げて欲しい。      
そのための土壌作りと方策を日々考え、取り組んでいます。

HISTORY

CATEGORY

COMMENT

TRACK BACK

ヒンソンクラッチ テスト結果

今だから言えますが、 実は最初に付けた際におかしなことがありまして         ギアを入れてもまるでニュートラルみたいな感じだったのです       慌ててまた組みなおしても結果は同じ
ひょっとしてこんなもんか?    って、まずは最近頼りになる総帥に電話  そして、輸入元の方にも相談        うーん、ちょっと冷静になってもう一回後日良く見てみようってんで、バラした結果・・・

   

写真のバスケットの裏側に純正のギアを移植しなければいけなかったのですね     
ちゃんと説明書に書いてあったっちゅうねん   英語だったけど ^ ^ ;;;         皆さま、どうもすみませんでした         そりゃいつでもニュートラルやっちゅうねん


そして、テストしてきました       絶賛開拓中のいなべで しかもいきなり開拓したばかりのモンキーヒルとやらで   
いやー、笑っちゃいましたね        石鹸の上でも走ってるのかと思ったら、実はクラッチが滑りまくっていました      車庫でちょっと調整した際にはわからんかったね          その後調整に約一時間           僕の油圧クラッチはコンマ数ミリ単位で切れが変わるんです     でも、一回位置が出たらバッチリなのです


さて、一言で言えばですね     やはり究極のクラッチでしたよ         シルクのようなタッチと使いやすい半クラッチ領域、そして完璧な繋がり        さすがです   

ちょっと話は逸れますが、世の中には知らなければ幸せなことが多いと思います        YZFXはそれこそ純正でも充分な戦闘力があります 
しかし、例えばいま僕の付けているテクニクスチューンのサスペンション      ニューテックのエンジンオイルや添加剤     IRCのテストタイヤ     そして今回のヒンソンクラッチ
これらの製品のズバ抜けた性能を知ってしまえば、もう後戻りはできない領域に踏み込んでしまうのです           今まで苦労して行けなかった場所が、本当に何をしなくてもマシン任せで逝ってまう                勝つためには必要なモノばかりなのです               会場で僕を見つけたら、いつでも気兼ねなくこのバイクに乗ってみてくださいね                        間違いなく変なモノが見えるはずですから(笑)
 
クラッチも市販品が決して悪いわけではありません     でも、その精度と耐久性においてまるで比較にはならないのです        それと、説明書に書いてないかもしれないのですが、クラッチコルクの素材のこと     オーガニック素材で、エンジン内部に悪さしないモノだそうな     
それともう一つ、クラッチのバネ        高熱にさらされても変化しない特殊なモノだそうな       僕の競技ではそこまで酷使しないだろうけど、それらは全てAMAで磨かれた技術の積み重ねなんだって                  

納得だわ。     
   


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/02/01 23:04:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: motozen ヒンソン   コメント( 3 ) 

ヒンソンクラッチキット

誕生日のプレゼントがモト禅さんから届きました     

今シーズンからお世話になります!!    ミッキーさん、ありがとうございます ^ ^



 
モトクロスをやってる方なら知らない人は居ないでしょう
ヒンソンのクラッチキットです・・・・        誰が貧相や?    貧村もちゃうで 

しかし、たかがクラッチと侮るなかれ




AMAご用達でっせ  奥さん!  


何が凄いかってのはですね   その作り方です


この2つ    共に大きなアルミブロックから削り出しているんですよ        ってことは、殆どがゴミで捨てられてるということ(笑)      それほど精度に拘っているんですね          市販品と比べ物にならんわけですわ





これがクラッチ板とセットになったコンプリートキット


カバーも勿論削り出し    素晴らしすぎる



しかしなぜここにきてヒンソンに変えようと思ったのか       


今私のFXには、F用のクラッチに丸ごと変えてあります    理由は、半クラッチが短く、スパっと繋がるからです        そのぶん耐久性は劣るようですが、僕が使う分には全然大丈夫です

しかし、クラッチバスケットの耐久性がイマイチなんで、すぐに段差がつきますよね            特にニュートラルが出にくくなるのが気に入らなくって        その点ヒンソンは耐久性がずば抜けていると聞いています               もちろん精度もそうですね

ということで、週末はテストしてきます    結果はわかっちゃいるけど、一応また報告します

モト禅さん YZFX用キット  http://www.motozen-japan.jp/SHOP/HC441.html  

この作りだから、このお値段も納得かも。   







このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/01/26 22:17:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: motozen ヒンソン   コメント( 1 ) 
<<  2017年5月  >>

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
COUNTER
今日 : 0
昨日 : 0
合計 : 0
ARCHIVE
2017 年 05 月 ( 6 )
2017 年 04 月 ( 6 )
2017 年 03 月 ( 5 )
2017 年 02 月 ( 6 )
2017 年 01 月 ( 5 )
2016 年 12 月 ( 5 )
2016 年 11 月 ( 4 )
2016 年 10 月 ( 5 )
2016 年 08 月 ( 1 )
2016 年 06 月 ( 4 )
2016 年 05 月 ( 11 )
2016 年 04 月 ( 12 )
2016 年 03 月 ( 11 )
2016 年 02 月 ( 12 )
2016 年 01 月 ( 10 )
2015 年 12 月 ( 9 )
2015 年 11 月 ( 6 )
2015 年 10 月 ( 11 )
2015 年 09 月 ( 10 )
2015 年 08 月 ( 10 )
2015 年 07 月 ( 10 )
2015 年 06 月 ( 8 )
2015 年 05 月 ( 10 )
2015 年 04 月 ( 8 )
2015 年 03 月 ( 9 )
2015 年 02 月 ( 8 )
2015 年 01 月 ( 7 )
2014 年 12 月 ( 9 )
2014 年 11 月 ( 8 )
2014 年 10 月 ( 12 )
2014 年 09 月 ( 12 )
2014 年 08 月 ( 8 )
2014 年 07 月 ( 7 )
2014 年 06 月 ( 10 )
2014 年 05 月 ( 11 )
2014 年 04 月 ( 14 )
2014 年 03 月 ( 12 )
2014 年 02 月 ( 8 )
2014 年 01 月 ( 13 )
2013 年 12 月 ( 13 )
2013 年 11 月 ( 11 )
2013 年 10 月 ( 10 )
2013 年 09 月 ( 8 )
2013 年 08 月 ( 11 )
2013 年 07 月 ( 12 )
2013 年 06 月 ( 13 )
2013 年 05 月 ( 11 )
2013 年 04 月 ( 12 )
2013 年 03 月 ( 8 )
2013 年 02 月 ( 7 )
2013 年 01 月 ( 9 )
2012 年 12 月 ( 8 )
2012 年 11 月 ( 6 )
2012 年 10 月 ( 6 )
2012 年 09 月 ( 7 )
2012 年 08 月 ( 6 )
2012 年 07 月 ( 8 )
2012 年 06 月 ( 9 )
2012 年 05 月 ( 9 )
2012 年 04 月 ( 8 )
2012 年 03 月 ( 11 )
2012 年 02 月 ( 8 )
2012 年 01 月 ( 13 )
2011 年 12 月 ( 11 )
2011 年 11 月 ( 11 )
2011 年 10 月 ( 12 )
2011 年 09 月 ( 8 )
2011 年 08 月 ( 7 )
2011 年 07 月 ( 11 )
2011 年 06 月 ( 8 )
2011 年 05 月 ( 15 )
2011 年 04 月 ( 10 )
2011 年 03 月 ( 7 )
2011 年 02 月 ( 9 )
2011 年 01 月 ( 11 )
2010 年 12 月 ( 10 )
2010 年 11 月 ( 9 )
2010 年 10 月 ( 14 )
2010 年 09 月 ( 7 )
2010 年 08 月 ( 13 )
2010 年 07 月 ( 8 )
2010 年 06 月 ( 13 )
2010 年 05 月 ( 13 )
2010 年 04 月 ( 12 )
2010 年 03 月 ( 19 )
2010 年 02 月 ( 15 )
2010 年 01 月 ( 15 )
2009 年 12 月 ( 22 )
2009 年 11 月 ( 16 )
2009 年 10 月 ( 14 )
2009 年 09 月 ( 14 )
2009 年 08 月 ( 14 )
2009 年 07 月 ( 11 )
2009 年 06 月 ( 9 )
2009 年 05 月 ( 12 )
2009 年 04 月 ( 12 )
2009 年 03 月 ( 14 )
2009 年 02 月 ( 15 )
2009 年 01 月 ( 16 )
2008 年 12 月 ( 13 )
2008 年 11 月 ( 16 )
2008 年 10 月 ( 17 )
2008 年 09 月 ( 12 )
2008 年 08 月 ( 13 )
2008 年 07 月 ( 19 )
2008 年 06 月 ( 20 )
2008 年 05 月 ( 20 )
2008 年 04 月 ( 14 )
2008 年 03 月 ( 19 )
2008 年 02 月 ( 11 )
2008 年 01 月 ( 14 )
2007 年 11 月 ( 4 )
LINKS
QR-CODE