PROFILE

お名前:ロッシ高橋
性別:男性
生年月日:1969年01月25日
出身地:三重県
自己紹介:
所属チーム

チームBETAエンジョイズ

デモチーム トライアルエクスチェンジ風の会W1レーシング の4番 


搭乗マシン

・BETA RR2T300-one


ほか

・YAMAHA YZ250FX-one
・GASGAS TXT280RF
・SUZUKI ADDRESS V50W
・HONDA APE (笑)

経歴

・G-net ハードエンデューロ 全日本選手権 2014年~2016年チャンピオン
・第2回,第3回全日本ヒルクライム選手権 エキスパート全日本チャンピオン
・2014 ハードエクストリームGEKKOONE チャンピオン  
・ブルーモリス社(スキーボード) 元スキークロス専門ライダー
・カイダック倶楽部 現書記長
・モーターホーム旅男


まずは、ミスタースズキ 水谷勝氏を代表とするボランティア団体「風の会」の活動に賛同し、私もそのチームに属することによって、精力的にバイクの普及・認知に貢献するボランティア活動をしております。   風の会の詳細はコチラ → http://kazenokai.org/index.html

自己紹介   バイクとスキーの2足のわらじを履いて、ダブルライダー ロッシと称すること約20年以上。  だって、名前がヒロシなんだもん。    ちなみにバレンチノ・ロッシの真似ではありません。    はるかに僕のほうが年上だし、使いはじめたのも僕のほうが早いのだ。   

トライアルバイクはデモのほうが忙しくなり、国内はもとより時には海外(マレーシア、韓国)でもその腕前を披露しました。       なお、国内では東京と大阪でしか開催されないモーターサイクルの一大イベント  大阪モーターサイクルショーではトライアルプロモーション様の協力で、「2007年から2013年まで連続してトライアルショーを担当させていただきました。   

2016年の夏 エンデューロバイクは永らく親しんだヤマハを離れ、ベータモータージャパン様の完全サポートを受け、史上最強難所系2ストロークバイク BETA RR2T300-one
 を駆り、中年の星として全国各地でお騒がせしています。
      
その他に、2006年に世界初のスクーターによるシンクロナイズド・ウイリーチーム「風の会W1レーシングチーム」を、水谷勝氏の協力で立ち上げ、各地のイベントでトライアルとセットにしたデモを展開中。      神業的な技術を駆使し、4人の天才ヘッポコライダー達が、コミカルに息のあったウイリーを奏でる姿を、是非ともご覧になってほしのあき。        

そしてスキーのほうは、国産メーカー「ブルーモリス社」のスキーボード専属ライダー(99~08)でした。      それまで、スキーは殆どやったことが無いド素人が人気のクロス競技で頭角を現し、競技挑戦3年目の2003年に全日本ランキング2位にまで上り詰めるも、同じチームメートに無敵なライダー(ライダー・JOE)が居たことで、ことごとく優勝を阻まれる。        しかし彼のみならず、他にも国内トップクラスの変態チームメートが居たお陰で、極めて短時間でスキーのノウハウを吸収できたことに、大いに感謝している。

カイダック倶楽部(KDC)とは     アクリル変性高衝撃塩ビ板、通称カイダック板を用いた工作倶楽部のことである。           中部地方で密かに流行していたDIYなのだが、素材がゲットしにくいにもかかわらず、私の知らない間に部員が全国的に増殖中なのである。

モーターホーム「バーストナー・エレガンスⅠ690」でぶらりと気ままに旅をするのが最近のライフスタイル。      大会のついでにちょいと温泉へ、とか 美味しいもの食べにちょいと遠方へ、とか 好きなときに好きな場所へ行けるこの車が何よりダイスキ!        最近は宿泊先でゆっったりと車中ホームシアターを楽しんでいます。      但し、デカいので、いろいろ気をつかうことも多いけど、この大きさに慣れたので次は8メートル級を飼いたいが、嫁さんの反対にあい意気消沈。   今はニースマンビショフに夢中・・・   

そんな波乱万丈な人生を歩んでいますが、今一番ホットなことは、ヒルクライム。
誰も登れない急坂を、一筆書きの如く鮮やかに制覇し、そして喝采を浴びることに、ひたすら情熱を注いでいます。         難しいセクションとコンディションになればなるほど圧倒的な技術力で撃破し、ギャラリーを盛り上げること。     そんなしょうもない、くだらないコトが今一番の 自分の生き甲斐でもあり、喜びなんです。
その努力の甲斐あって、2014年 ついに全日本ヒルクライム選手権の最上級クラスでチャンピオンを獲得!

人生は一度きり。     いつ死ぬかなんて分かんないから、体が動けるうちに一生懸命遊んで、仕事して、金使って  破産しない程度に贅沢すること。      40代になって、そのことを痛感しながら日々生きています。   

最後に Gネットシリーズで全日本チャンピオンを獲ったいまは、私が率先してエクストリームエンデューロ界を全国的に盛り上げることが使命だと思っています。         そして、ほか頑張っている若手に技術を伝え、そして後輩達にもこの世界で頂点を目指して日本のハードエンデューロシーンを盛り上げて欲しい。      
そのための土壌作りと方策を日々考え、取り組んでいます。

HISTORY

CATEGORY

COMMENT

TRACK BACK

究極のバイク

 先日は日野ハードエンデューロに参戦した帰り道、湯沢→上越→富山経由でベータモータージャパン様にお邪魔してきました

要件は・・・


ベータクロストレーナーを飼いにいったのです w
当然300です    
ベータモータージャパン様、いつもありがとうございます!!!!!!

このバイクは世界的に売れまくっているバイクなので、なかなか日本でも手に入らないのはご存知の通り
値段も80万円台と手ごろなのはもちろんだけど、一番の魅力はその作りなのです

この手のフリーライド系バイクは他にもイロイロありますが、一緒にしないでくださいね
使っているブレーキなりエンジンなり、RR2Tと同じモノを奢ってあるところとか、そのまんま一線級のハードエンデューロにガンガンに出れるバイクはコレだけだと個人的に思ってます
それでいて、重量が100キロ台だかんね

ハードエンデューロは軽さ、エンジンのパワー、セル この3種は絶対に外せないものなのです
      


一応そのまんまの仕様だとパワーは押さえてある傾向ですが、排気系をRR2Tのモノにそのまんま変更するだけで、本来封印されていたパワーが全解放されますよ



これを、あるプロジェクトのためにジックリ仕上げていく予定です

ま、どうなるかまだ分からないのですが、これから沢山社外パーツをてんこ盛りにしていきまっせ

ちょうど最近練習内容がどんどんトライアルチックになってきたんで、コイツはそれに向けた強い相棒になることは間違いない

面白くなってきたぞ。






このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2017/04/16 22:12:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: BETA moto   コメント( 2 ) 

第3回全日本ヒルクライム選手権

 逝ってきました九州 ブレイズマウンテン

大会に関わったすべての皆様方、大変お疲れ様でした!!!!




今回は単独旅行ではなく、弟子のツグポ・イズヤンと3人で、行きはフェリーでのんびりと船旅を満喫    身体は楽だし、なかなかいいもんですな

さて、この大会   全国からヒルクライムジャンキーが集まることで悪名が高い大会です www
何たって全日本ですからね      その大会で頂点に立つことこそ、栄誉あるヒルクライムキングの称号が与えられるのです         私にとっては涎が垂れるくらいに欲しい称号なのです

ルールは簡単に説明すると、15あるセクションを2回トライして、そのうち一回でも登ったら成功
たったそれだけ

しかし、今回用意されたセクション群は前回より100倍くらいパワーアップしてましてね
ま、そのうち動画があがるでしょう     すさまじい斜度に加えて、どこもかしこも2日前に振った雨の影響でツルツルなんです       

でも、雨の日にしか走りにいかない私にとって、このコンディションはごくごく普通     下見の時点では15セクションのうち2個はダメかなと思ってましたが、フタを開けたら・・・




一応勝つには勝ちましたが、いくつかのセクションには負けた        イメージ通りいかなかったセクションが5つくらい有って、大会終了後の反省会なる練習会を楽しみに走っていましたが、タイムオーバーでやる時間なし       思いっきり宿題を残してきたことが一番悔やまれます




ま、とりあえず  目標の2連覇は達成しました   ベータRR2T300は最強であることが証明できたからヨシとすっか

もちろんIRCタイヤだってそう     宣言通り前はゲコタ  後ろはVE   空気圧は


前0.7   後ろ0,2   今回はチューブ仕様だったんで、プロテクタさんのエアモニターシステムで常時パンクを監視していました

何度も言いますよ    IRCのゲコタは岩や石や根っこには最強ですが、濡れた土や粘土には弱いのです
一方でVEはオールラウンダー  濡れた土や粘土には最強で、しかも岩、石、根っこにもまずまずなのです    だから、こちらを選択し、ちゃんと結果を出しました         

最近は・・というか昨年くらいから結構VEラブなんですよね~



ということで、応援に駆けつけてくれた知人、友人   そして、声援を送ってくれたすべての観客の方々
どうもありがとうございました!!








     
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2017/03/06 22:52:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: BETA moto   コメント( 2 ) 

小改良

先日のアクサバに参加された皆様、大変お疲れ様でした     すんげえ大会でした!

試走担当の私も2日間ゴッツ楽しましていただきました ^ ^
またこういう役割なら喜んでお引き受けしたいな


何時ものコダック製PIXPRO SP360ヘルカメ動画もユーチューブにアップしてあります
アクションサバイバル下市で検索検索~!





Gネットの明日を担う新旧の若手3人が表彰台に立ちました
僕が去った後は宜しく頼むとしよう








 





さてさて、我がベータRR2T300に、ちょっとした小改良をしました


前々から気になってましたが、エキパイの隙間からアンダーガードの中にわんさか泥が入るんで、ここにジミーテックの極薄カーボンでガード





フェンダー裏にもちょこっと泥除けガードを追加           特にクロストレーナー乗りの方、コレが無いとリアタイヤが巻き上げた水がエアクリーナーにダイレクトに進入するので、乗ってる最中に水没します        
RR2Tに関しても、間接的にエアクリーナーに水が絶対に入らないとは言い切れません         

これは試作ですが、近日中にジミーテックからカーボンで製品化されるはず    しばしマテ       





最後にちょっとだけ      クラッチマスターガードはこのエンデューロエンジニアリング製のモノが絶対にオヌヌメです

このアルミの細長いガイドがミソで、コレが無いとチェーンが外れた時にクラッチマスターを破壊してしまうんです     マスターだけならいいけど、ケースも割れる可能性あり 
これが有ることによって、外れたチェーンは運が良ければスプロケ裏にガッチリ蜷局を巻くはず・・・・ま、それも困りますけどね。
 




このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2017/02/22 22:47:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: BETA moto   コメント( 11 ) 

サブフレーム交換

先月の九州MGS大会直前の練習中に、ちょっとしたミスでサブフレームを大破したのですが、
広島のモトワークスさんで応急的に補修していただきましてね      麻生さん、その節は大変お世話になりました!!
その補修が余りにも良くできすぎていて、もうこのまま使っていても良くね?    とは思いましたが、やっぱサポートライダーとしてはこのままではイカン ということで、替えることにしました



上の白いのが、ガンガンに補修してもらったサブフレームです

 

黒いのが新しいサブフレームです

せっかくなので、昭和貿易さんのグラファイトチェーンルブでグラファイト塗装してみた
塗装とは名ばかり     染まっているかの如く、絶対に落ちないのですなコレが








あ・・・・  怪しい 笑    ダースベーダーの骨格っぽい      けど、悪くないカモ





あと、こんなもんを即席で作ってみた

ホースに木とかの直撃をくらってもホースラインを壊さないためのモノです

硬質スポンジをこのようにカット




カポっと被せて





幅広ベルクロバンドを作成




このように巻いて終了





クラッチのホースラインも同じように、スポンジ緩衝材で防御




経験上、たった一回だけ木に激突してやっちゃってるんで、保険です

無いよりかマシって程度かもしんないけど、僕にはこれで充分かな。















このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2017/02/07 22:42:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: BETA moto   コメント( 2 ) 

チューンナップパーツ

あかん、大会まで時間が無さすぎるぞ       やりたい事がありすぎて、乗る時間が削られる
でも、乗るたびにいろいろ発見があって、ベータRR2T300はホンマ面白いバイクです
しかも、どこでも上るときたもんだ      行けない坂は無いんじゃないかと思えるくらいに登りよる
いまから第3回全日本ヒルクライム選手権が楽しみで楽しみで、仕方ありません
塾長、期待してまっせ ^ ^



さて、今日はベータモータージャパン様が送ってくれた、こんなクリスマススペシャルパーツを付けてみました     もうクリスマスは終わったけどね
 
    



RR2Tには装備されていない純正ファンと、ラジエターホースです

TKOでは、USベータチームも使っていました      



この写真がソレ ↑  






で、私のはコレ↓


これはラジエターの途中にある特殊なサーモスタット部分を排除するタイプです     なので、構造がシンプルになります       今日は午後からこの状態でイゴイゴテストをしてきましたが、やっぱファン無しでも全然噴かない 笑     このバイク、どうなってんだか・・・ 

でも、せっかく送られてきたんで、ファンは明日にでもつけてみようかな。   




    

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/12/29 23:29:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: BETA moto   コメント( 1 ) 

週末はベータ祭り初参加

 まさか、こんな日が来るとは思いませんでした

トライアル歴何十年ですが、最初はヤマハ 次にガスガス ホンダ またガスガスといった感じで、ベータとはなかなか縁が無かったんですよね       それが、エンデューロに転向したおかげで、今こうしてベータに乗ることができています       これも運命だったのかもね





2017年モデルの新車も、これでやっと2回ほど乗ることができて、何とか週末に間に合った感じです

先回乗っていたのは2015年モノ    一番大きく変わったのは分離給油ですが、コレはねホント 楽ちん極まりなし!!      ガソリンを混合する作業が無いってマジ幸せ       オイルの供給は電子制御されているんで、全く心配も無いしね

あと思ったのは、サスの特性が変わったのかな?       僕が先回乗っていた2015年はスコスコに最後まで動きがいいサスで、トライアルっぽい練習には最高でしたが、今回のモデルは中盤から最後がよく踏ん張ってくれます        これはスピードレースに於いてとても使いやすい特性なんですよね       こりゃいいや

このバイクに後付けで最低限必要なものは、アルミのアンダーガードとラジエターガードと、フロントスプロケの前にあるクラッチマスターシリンダーを守るガードくらいなもんかな

相変わらずファンも付いていないドノーマル仕様ですが、このままでも充分に、大丈夫イケルイケルです
とりあえず週末はまた、現地に来られる方は見てやってくださいな。

          



ベータ祭り    
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/12/15 22:57:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: BETA moto   コメント( 0 ) 

ベータはいいぞ^^

 いよいよ今週末は愛知県瀬戸市のスラムパークでIRCタイヤ90周年感謝イベントがありますね
IRC契約ライダーのひとりとして私も参加しますので、週末絡んでいただける方々、宜しくお願いいたします!

さて、今私が乗っているベータRRTT300-ONEの話を少しほど
たまたま今日、来年は何に乗るの?  ってご質問があったのでお答えしたところですが、来年はですねぇ


2017年モデルのベータRR2T300


に、継続して乗ります!     

移籍した当初はクロストレーナーで行く気マンマンだったのですが、乗り比べるにつれ、スピード練習に目覚めた今は足回りの良いRRのほうが気に入ってしまったのです      
クロストレーナーと比べると重さは若干ありますが、FXで慣れっこになってるんで全く気になりませんね       なので、今はただただ豪快に走りまくってますよ        ただね、やっぱ遊びで難しいことをするならクロストレーナーだろうな      できたら2台所有したいところです


そうそう RRに乗り換えた当初、一番驚いたのがココ


なんとなんと、ファン無しでも全然噴かないんです       夏場もずっとコレでイゴってたし、FXの時と同じ練習してきたにも関わらず、噴く気配なし       当然大会でも一切噴かず
理由は、300の超低速トルクでモッサーと進むから、むやみに開けまくる必要が無いんだな


あとは



wise moto 純正にピッタリのリアディスクガードとか



これ絶対に必要   クラッチポンプを守るエンデューロエンジニアリング製のガード    
チェーンの上にあるアルミのガイドがミソで、これが無いとチェーンが噛みこんで高い確率でポンプを留めているクランクケースごと破損しますね



ドライブスプロケットは、前12 後ろ52


後ろスプロケはデカくなるとチェーンスライダーが擦るんで、スライダー本体の後ろ側の取り付け部分の穴を楕円に削って少し位置を下げるとバッチリです



チューブタイヤを履くときは必ずエアモニで、前後タイヤの空気圧をモニタリングします
これぞという安心装備満載




やっぱね、トライアルバイクの老舗がハードエンデューロを見据えて作ったバイクは、他メーカーさんのバイクと一味も二味も違いますよ           

週末も良かったら僕のバイクを解放しますので、乗ってみてくださいね




ということで    ベータはいいぞ。         





         
















このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/10/27 23:32:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: BETA moto   コメント( 0 ) 

ベータ移籍後 2連勝!

 先日のGネット琴引大会    直前に変なことで話題になっちゃいましたが、無事開催されて良かったです       でも、いろいろありがとうございました!!           主催者の方々のご苦労は計り知れませんが、ここは全てが快適な環境だしコースも最高というのは皆んな知ってるので、来年も開催を切にお願いします!

さて、7月の北海道からインターバルがありましたが、やってきたことはいろいろあって、この暑い期間はスピード練習を徹底してやってました        というか、もう暑すぎてイゴイゴ練習なんてやってられっかってのが正直なところ       なので、先日久々に苦しむ練習をしたら本当に逝きそうになりましたけどね       でも、その甲斐あって一週目は悠々とトップで周回できました
そのスピード練習のなかで、自分好みに安定して走らせるためのリバルビングをテクニクスさんで行った効果は、やはり絶大でした             また機会ありましたら試乗してみてくださいな

そんな絶好調のさなか、2週目のとある場所で水を差される出来事がありましてね         詳しくは書きませんが、そこでトップ転落からの、順位をかなり落とし、テンションだだ下がり            ここは前日下見した場所だけど、何故か逆走に変化してたのもあって、2週目は即興でラインが読めず列に並んでしまったのが、完全なる私の失敗        これを今回の最大の教訓としておく        もう2度と同じ轍は踏まん        

そこから一番最初に抜けたのが塾長だったところを見てたんで、まずは追いかけまくるしかないのですが、正直ソコ以外は難しいところが無く、僕はそこに10分くらいは沈殿していたので、いつになったら追いつくことやらという感じ      そこからはジワジワ順位を上げ、追いついたのは2時間経ったくらいの、5週目の沢下りだったかな     最後の6週目は残り時間が50分ほどあったんで余裕といえば余裕でしたが、ちょっとそこまで無理したので一時手足が攣って休憩を余儀なくされるシーンもあったり        実はすぐ真後ろに落ち武者河津さんが迫っていたとは、ゴールまで知る由も無かった              ま、結果良ければ全て良しということにしよう

因みに今回私が履いたタイヤは、もちろんIRC  フロントはIX07S リアはVEでした      これとスペアに前後ゲコタを履かせておけば、その組み合わせでどこでも、如何なるコンディションにも対応ができると思います
 
  
そんなことで、今年も残るはあと一戦 来月の四国です       何時ものようにスマートに、紳士的に、スタイリッシュに勝ちにこだわりたいと思っています。



あ、写真間違えた!!     落ち武者さんだった  笑






 
  

             
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/10/13 12:08:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: BETA moto   コメント( 3 ) 

ベータに乗り換えて

 ベータに乗り換えて早や3か月が経ちました     そろそろこの表紙もベータに変更しなきゃね
 
来週は大会なので今日は3時間ミッチリ乗ってきたんですが、今まで経験したことが無いくらいにクラッシュしまくり      バイクもろともガケオチ、手の骨折、眼球破裂    いづれも一歩間違っていたらフルコースでしたが、そうならなかったのは運が良かっただけだと思います          前日嫌な予感がしていたんで、強運の嫁さんに守ってくれとお願いしたのが効いたようです           ありがたいと思いつつ、結局はまだまだ乗りこなしていないな~と感じた一日でした

しかし、やはり今まで乗り慣れた4ストと2ストは決定的に違うところがあって、絶対にどうあがいても4スト有利な場所もあったりするんですよね        エンジン特性もそうですが、車重とかサスとか絶妙なのかもしれない        軽ければ全て良しというわけでもない地形ってのがあるんですよ                    

そして、その差を少しでも埋めるべく、まず手始めにやったのはサスペンションです

続く       






このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/10/01 22:18:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: BETA moto   コメント( 4 ) 
<<  2017年4月  >>






1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
COUNTER
今日 : 0
昨日 : 0
合計 : 0
ARCHIVE
2017 年 04 月 ( 5 )
2017 年 03 月 ( 5 )
2017 年 02 月 ( 6 )
2017 年 01 月 ( 5 )
2016 年 12 月 ( 5 )
2016 年 11 月 ( 4 )
2016 年 10 月 ( 5 )
2016 年 08 月 ( 1 )
2016 年 06 月 ( 4 )
2016 年 05 月 ( 11 )
2016 年 04 月 ( 12 )
2016 年 03 月 ( 11 )
2016 年 02 月 ( 12 )
2016 年 01 月 ( 10 )
2015 年 12 月 ( 9 )
2015 年 11 月 ( 6 )
2015 年 10 月 ( 11 )
2015 年 09 月 ( 10 )
2015 年 08 月 ( 10 )
2015 年 07 月 ( 10 )
2015 年 06 月 ( 8 )
2015 年 05 月 ( 10 )
2015 年 04 月 ( 8 )
2015 年 03 月 ( 9 )
2015 年 02 月 ( 8 )
2015 年 01 月 ( 7 )
2014 年 12 月 ( 9 )
2014 年 11 月 ( 8 )
2014 年 10 月 ( 12 )
2014 年 09 月 ( 12 )
2014 年 08 月 ( 8 )
2014 年 07 月 ( 7 )
2014 年 06 月 ( 10 )
2014 年 05 月 ( 11 )
2014 年 04 月 ( 14 )
2014 年 03 月 ( 12 )
2014 年 02 月 ( 8 )
2014 年 01 月 ( 13 )
2013 年 12 月 ( 13 )
2013 年 11 月 ( 11 )
2013 年 10 月 ( 10 )
2013 年 09 月 ( 8 )
2013 年 08 月 ( 11 )
2013 年 07 月 ( 12 )
2013 年 06 月 ( 13 )
2013 年 05 月 ( 11 )
2013 年 04 月 ( 12 )
2013 年 03 月 ( 8 )
2013 年 02 月 ( 7 )
2013 年 01 月 ( 9 )
2012 年 12 月 ( 8 )
2012 年 11 月 ( 6 )
2012 年 10 月 ( 6 )
2012 年 09 月 ( 7 )
2012 年 08 月 ( 6 )
2012 年 07 月 ( 8 )
2012 年 06 月 ( 9 )
2012 年 05 月 ( 9 )
2012 年 04 月 ( 8 )
2012 年 03 月 ( 11 )
2012 年 02 月 ( 8 )
2012 年 01 月 ( 13 )
2011 年 12 月 ( 11 )
2011 年 11 月 ( 11 )
2011 年 10 月 ( 12 )
2011 年 09 月 ( 8 )
2011 年 08 月 ( 7 )
2011 年 07 月 ( 11 )
2011 年 06 月 ( 8 )
2011 年 05 月 ( 15 )
2011 年 04 月 ( 10 )
2011 年 03 月 ( 7 )
2011 年 02 月 ( 9 )
2011 年 01 月 ( 11 )
2010 年 12 月 ( 10 )
2010 年 11 月 ( 9 )
2010 年 10 月 ( 14 )
2010 年 09 月 ( 7 )
2010 年 08 月 ( 13 )
2010 年 07 月 ( 8 )
2010 年 06 月 ( 13 )
2010 年 05 月 ( 13 )
2010 年 04 月 ( 12 )
2010 年 03 月 ( 19 )
2010 年 02 月 ( 15 )
2010 年 01 月 ( 15 )
2009 年 12 月 ( 22 )
2009 年 11 月 ( 16 )
2009 年 10 月 ( 14 )
2009 年 09 月 ( 14 )
2009 年 08 月 ( 14 )
2009 年 07 月 ( 11 )
2009 年 06 月 ( 9 )
2009 年 05 月 ( 12 )
2009 年 04 月 ( 12 )
2009 年 03 月 ( 14 )
2009 年 02 月 ( 15 )
2009 年 01 月 ( 16 )
2008 年 12 月 ( 13 )
2008 年 11 月 ( 16 )
2008 年 10 月 ( 17 )
2008 年 09 月 ( 12 )
2008 年 08 月 ( 13 )
2008 年 07 月 ( 19 )
2008 年 06 月 ( 20 )
2008 年 05 月 ( 20 )
2008 年 04 月 ( 14 )
2008 年 03 月 ( 19 )
2008 年 02 月 ( 11 )
2008 年 01 月 ( 14 )
2007 年 11 月 ( 4 )
LINKS
QR-CODE