PROFILE

お名前:ロッシ高橋
性別:男性
生年月日:1969年01月25日
出身地:三重県
自己紹介:
所属チーム

チームBETAエンジョイズ

デモチーム トライアルエクスチェンジ風の会W1レーシング の4番 


搭乗マシン

・BETA RR2T300-one


ほか

・YAMAHA YZ250FX-one
・GASGAS TXT280RF
・SUZUKI ADDRESS V50W
・HONDA APE (笑)

経歴

・G-net ハードエンデューロ 全日本選手権 2014年~2016年チャンピオン
・第2回,第3回全日本ヒルクライム選手権 エキスパート全日本チャンピオン
・2014 ハードエクストリームGEKKOONE チャンピオン  
・ブルーモリス社(スキーボード) 元スキークロス専門ライダー
・カイダック倶楽部 現書記長
・モーターホーム旅男


まずは、ミスタースズキ 水谷勝氏を代表とするボランティア団体「風の会」の活動に賛同し、私もそのチームに属することによって、精力的にバイクの普及・認知に貢献するボランティア活動をしております。   風の会の詳細はコチラ → http://kazenokai.org/index.html

自己紹介   バイクとスキーの2足のわらじを履いて、ダブルライダー ロッシと称すること約20年以上。  だって、名前がヒロシなんだもん。    ちなみにバレンチノ・ロッシの真似ではありません。    はるかに僕のほうが年上だし、使いはじめたのも僕のほうが早いのだ。   

トライアルバイクはデモのほうが忙しくなり、国内はもとより時には海外(マレーシア、韓国)でもその腕前を披露しました。       なお、国内では東京と大阪でしか開催されないモーターサイクルの一大イベント  大阪モーターサイクルショーではトライアルプロモーション様の協力で、「2007年から2013年まで連続してトライアルショーを担当させていただきました。   

2016年の夏 エンデューロバイクは永らく親しんだヤマハを離れ、ベータモータージャパン様の完全サポートを受け、史上最強難所系2ストロークバイク BETA RR2T300-one
 を駆り、中年の星として全国各地でお騒がせしています。
      
その他に、2006年に世界初のスクーターによるシンクロナイズド・ウイリーチーム「風の会W1レーシングチーム」を、水谷勝氏の協力で立ち上げ、各地のイベントでトライアルとセットにしたデモを展開中。      神業的な技術を駆使し、4人の天才ヘッポコライダー達が、コミカルに息のあったウイリーを奏でる姿を、是非ともご覧になってほしのあき。        

そしてスキーのほうは、国産メーカー「ブルーモリス社」のスキーボード専属ライダー(99~08)でした。      それまで、スキーは殆どやったことが無いド素人が人気のクロス競技で頭角を現し、競技挑戦3年目の2003年に全日本ランキング2位にまで上り詰めるも、同じチームメートに無敵なライダー(ライダー・JOE)が居たことで、ことごとく優勝を阻まれる。        しかし彼のみならず、他にも国内トップクラスの変態チームメートが居たお陰で、極めて短時間でスキーのノウハウを吸収できたことに、大いに感謝している。

カイダック倶楽部(KDC)とは     アクリル変性高衝撃塩ビ板、通称カイダック板を用いた工作倶楽部のことである。           中部地方で密かに流行していたDIYなのだが、素材がゲットしにくいにもかかわらず、私の知らない間に部員が全国的に増殖中なのである。

モーターホーム「バーストナー・エレガンスⅠ690」でぶらりと気ままに旅をするのが最近のライフスタイル。      大会のついでにちょいと温泉へ、とか 美味しいもの食べにちょいと遠方へ、とか 好きなときに好きな場所へ行けるこの車が何よりダイスキ!        最近は宿泊先でゆっったりと車中ホームシアターを楽しんでいます。      但し、デカいので、いろいろ気をつかうことも多いけど、この大きさに慣れたので次は8メートル級を飼いたいが、嫁さんの反対にあい意気消沈。   今はニースマンビショフに夢中・・・   

そんな波乱万丈な人生を歩んでいますが、今一番ホットなことは、ヒルクライム。
誰も登れない急坂を、一筆書きの如く鮮やかに制覇し、そして喝采を浴びることに、ひたすら情熱を注いでいます。         難しいセクションとコンディションになればなるほど圧倒的な技術力で撃破し、ギャラリーを盛り上げること。     そんなしょうもない、くだらないコトが今一番の 自分の生き甲斐でもあり、喜びなんです。
その努力の甲斐あって、2014年 ついに全日本ヒルクライム選手権の最上級クラスでチャンピオンを獲得!

人生は一度きり。     いつ死ぬかなんて分かんないから、体が動けるうちに一生懸命遊んで、仕事して、金使って  破産しない程度に贅沢すること。      40代になって、そのことを痛感しながら日々生きています。   

最後に Gネットシリーズで全日本チャンピオンを獲ったいまは、私が率先してエクストリームエンデューロ界を全国的に盛り上げることが使命だと思っています。         そして、ほか頑張っている若手に技術を伝え、そして後輩達にもこの世界で頂点を目指して日本のハードエンデューロシーンを盛り上げて欲しい。      
そのための土壌作りと方策を日々考え、取り組んでいます。

HISTORY

CATEGORY

COMMENT

TRACK BACK

スリック杯CGCなみあいオールスター

 ハイエースのタイヤを念のためスタッドレスに交換しました        明日も昼間はちょっと降るみたいだし        やることはやってきたので、あとは自信を持って難セクションにアタックするのみ         もはや楽しみとしか言いようがないです ^^        Gネットの最終戦にして、各界からの刺客が満載なこの大会         いま盛り上がりつつある国内ハードエンデューロの歴史に残る名勝負として、語り継がれる大会にしたいです         当日は知人や、もちろん協賛してくれている企業さんもたくさん観戦にいらっしゃるので、気合入れて頑張るしかないですね!

ところで今回の大会冠スポンサーのスリック     エンデューロ界では知らない人は居ないですよね       写真左の一本ですが超濃縮状態なので、およそ水で16倍に薄めて丁度いいくらいのモノになります       バイクの洗車から車の洗車     はたまたウェアの洗剤という裏技もあるんですな           それくらい泥を綺麗サッパリ落としてくれます       右のシャインは光沢復活剤    いつもコレを外装に噴霧してるので、私のバイクはいつもパット見綺麗なのです         そんな素敵なグッズの冠なのです        イイね。         

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2015/11/26 17:55:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: SLiCK NeverWet   コメント( 0 ) 

若手育成とスリックシャイン

 最近は連チャンでGネットを主戦場とする関西圏の若手と練習する機会があり、汚じさんは年齢にして10以上 下手すると息子くらいの年齢のライダーと一緒になって遊んでもらってます              その目は皆真剣で、いつかは俺がトップをとってやるんだという意気込みがあるので、惜しげなくその方策についていろいろ伝えているところです

僕が常々思うのは、たとえば山を登るルートってのはひとつでは無くいくつか存在するはず      そのいくつかってのは、最短で逝ける道もあれば、迂回して逝ける道もあったり          僕の場合、トライアルとスキークロスという永い迂回路を経て、このハードエンデューロの山に登りました          そのルートを見つけ出すのは同じ道を辿る人に聞いてもいいし、独自に開拓してもいいし、そこに辿り着くまでのプロセスが楽しいわけですが、僕がとった方法はまずは師匠の金子さんの真似をし、トライアルとスキークロスという膨大な経験をミックスさせたものが今の僕のカタチを作り出しています                そのためにかなり年齢は往ってしまいましたが、全部が完成している今が人生で一番楽しい時期だと思っています

最短で頂上に逝くのにエンデューロ一本に絞るに越したことはないのですが、ことハードエンデューロの世界に於いてはトライアル的な練習をしだすとマシンも体も幾つあっても足りません           なので、多少費用はかかってしまいますがトライアルバイクでの基礎練習を積んだほうが上達するには絶対に手っ取り早いです         トライアルはありとあらゆる基礎が詰まってますからね           あとは大会へ取り組む姿勢やラインの考え方などなど                   本当に勝ちたいのなら普段の生活から見直して徹底してやらないと          てなことをを喋ってきた週末でした                    

 

話は変わって、魔法の洗剤スリックネタを少々

コレ、僕イチ押しな逸品    その名も「SLICK SHINE」 スリック シャイン 

 

・・・・・因みにスリック シネでは無い(笑)

 

簡単な話、樹脂光沢復活撥水剤なんです    たとえば

カイダックフォークガードも練習用のやつはかなりくたびれてきましたが、コレを吹くと

光沢復活!   でもって、水洗い洗車ならしばらくは撥水効果が持続します        なんでもプラスチック樹脂の中にまで薬液が浸透するらしい          なので、かなりくたびれたプラスチック類の光沢復活にはモッテコイです          もはや練習仕様で外装がくたびれてきたYZFには手放せないアイテムとなっています。

 

 

 

         

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2015/05/12 10:57:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: SLiCK NeverWet   コメント( 0 ) 

世の中は連休だけど

ゴールデンウイークなんて 全然カンケー無く仕事      ま、何処行っても人だらけ渋滞だらけなんで、この時期は遠出しないことに決めてます                 

 

とりあえずこういうときはバイクメンテか車のメンテかな

ってことで、車洗お    

最近使ってる魔法の洗剤スリック     ご存知、ラッキー商会さんが扱ってる海外からの輸入商品です          この洗剤で専らバイクを洗っているのですが、いろいろ種類があるなかでワックス入りのちょっと特殊なもので車を洗うテストをしてみました

高圧かけた後にこいつをちょっとスポンジにとって軽く洗い、水で洗い流しますと

 

 

 

おお!  汚れがスキキリ全部落ちて、しかも水玉弾いてる!!      まあこんだけ弾けば充分かな     わざわざワックスかける必要が無さそうです      これからは車の洗車もコイツだな     

依然は一ヶ月に一回は車にワックスかけてたけど、今はそんなこと一切しません    一回ガラスコーティングかけた後は洗車のみ     それも高圧かけて軽く拭く程度       なので、購入後一年経ったいまでもボディはピカピカを維持してます

車のボディが綺麗になった後は、また違うスリックでバイクを綺麗にしてみます

続く。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2015/05/06 13:51:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: SLiCK NeverWet   コメント( 0 ) 

ヒットとドロ対策

 この競技やってると何かと気が付くことが多くて、練習や大会後は毎回その対策に追われます

そのひとつが、やはり石などのヒットに対する対策だったりする訳で

 

この作品、過去に書いたっけ?     まいいや     純正のローターは弱くてホントお話になりません       純正のブレーキパッドといい、あんなもんゴミやわ      なので、ダートフリークさんから出てる強固なジグラムローターに変更して、なお且つ5ミリ厚カイダックで守っています     ブレーキキャリパーだって7075アルミをわざわざトンカチで鍛造して、斬って、曲げて付いてます       キャリパーガードはピストンが若干出っ張っているせいで、ただの板状では付かないのです

 

次はドロ対策     極力バイクのスキマにドロを乗せたくないための加工      特に前後のタイヤで巻き上げるドロへの対策です

ウェットスーツに使われるネオプレーンという材質が非常にヨロシ    というのは

 

 

 

軽い、伸びる、引き裂き強度に優れる、加工しやすい、水に浸透して重くならない  そして・・・・

 

 

スリックのSHINE     ちなみに総帥の口癖、「氏ね」ではない(笑)     輝くという意味じゃボケ ^ ^    

これはスプレー状に液体を噴霧し樹脂などの材質に深く浸透させ、輝きや艶、防水までしてくれるというスグレモノ      これをネオプレーンに浸みこませると、ただでさえドロや水を弾くのに、その効果を倍増させます         ネッチョリなドロが付いても生地が繊維質だし、そういうのはバイクの振動で落ちるのです    

 

最後にコレも重要

 商品名は「ディスク=コスモクリーナー」    ブレーキディスクのついでに、宇宙まで綺麗にしてしまうというスグレモノ    ← イミフ            

狙いは、キャリパー内に深く進入するドロや細かい草をシャットアウトする画期的な新作です        これで多い日も安心です  by かあやパパ

今日も悩めるオフローダーの、何かしらの参考になりましたでしょうか? 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2014/10/31 13:57:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: SLiCK NeverWet   コメント( 0 ) 

ネバーウェットの効果

 各地のオフロードイベント会場で出展販売されている、皆さんおなじみのラッキー商会さん          そちらで販売している「ネバーウェット」                 今回はコイツのインプレッションです

 

この右の箱がソレです      左のSLICK洗剤ネタについては先日紹介したとおり     最近は車の洗車もコイツを使っています        ちょっとのスプレーで水垢も一発で落ちるので重宝しております

さて、一部オフロードライダーの間で有名なこのネバーウェット         なんと、繊維質の服でもコーティングしてしまうと水だけでなくドロ、はたまたマヨネーズまで弾いてしまうという脅威の撥水性能は先に動画で紹介したとおり 

早速新聞紙にコーティングして試しました         結果は   

マヨネーズ  確かに弾きました^^    

なんせあの新聞紙紙が薄い膜に変化し、擦っても破れないんです     すげえや!

そして、一番我々が関心のあるバイクへの応用         専らフェンダー裏のドロ対策ですよね           試しましたよ

もうアレコレ言いマセン        写真を見てください

 

 

    

塗ったところと塗ってないところの差は歴然です           テストのときは、最後にほんの少し沢を走ったのですが、結果はご覧のとおり         下半分のドロは全部洗い流されました

エンジンブロックにも少しスプレーしたところ同じ効果は出ますが、コチラにはあんまりやらないほうがいいかと

何故なら

            

クランクケースの部分で分かるでしょうか?        ネバーウェットはベースコートとトップコートの2つをスプレーするのですが、ベースの後にトップコートをスプレーすると、表面が白っぽくてブツブツになるんです       この細かいブツブツが液体を弾く秘密のようです         効果はゴイスなのですが、いかんせん見栄えがヨロシクありません

あとは、心配事の持続効果についてです          手でガシガシ擦ったりすると、コーティングは若干落ちます          コーティングの膜は一生ものではありません          なので、常時施工するのではなく、大会前に一発施工するのが一番よろしいかと思います         

なので、エンデューロの大会前には必ずコイツを塗って、ドロの付かない軽いマシンで皆さんに差をつけようと思っておりまする(笑)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2014/01/30 22:05:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: SLiCK NeverWet   コメント( 0 ) 

洗剤と魔法の撥水剤

 

ちょっとしたご縁がありまして、ラッキー商会さんの扱う洗剤 SLiCKと、魔法の撥水剤 NeverWetをテストさせていただく機会を得ました           WASH AND WAXは先日の池の平で薬剤を噴霧(農薬噴霧で使うスプレーです)していただき、その効果は実証済み       五分ほど放置後、高圧洗車でこびり付いた粘土質のドロが、いとも簡単にポロポロと落ちました           周りで見てた方もビックリしていましたね          

写真のコレは1リットルの原液ですが、1対64の水で薄めますので、強烈にお買い得です        あとCLEANERとWASH、そしてNeverWetは後日使ってみてレポートしたいと思います     とくにNeverWetは総帥が動画で紹介していたのを見て以来、喉から手が出るほど欲しかった商品なんで、テストが楽しみです

どんな商品かと言うと      https://www.youtube.com/watch?v=P5YxQMhrx_Y

コレをバイクのフェンダーとか、いろんなところに塗りまくるのだ

結果をお楽しみに ^ ^。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2013/12/20 23:58:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: SLiCK NeverWet   コメント( 0 ) 
<<  2017年4月  >>






1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
COUNTER
今日 : 0
昨日 : 0
合計 : 0
ARCHIVE
2017 年 04 月 ( 5 )
2017 年 03 月 ( 5 )
2017 年 02 月 ( 6 )
2017 年 01 月 ( 5 )
2016 年 12 月 ( 5 )
2016 年 11 月 ( 4 )
2016 年 10 月 ( 5 )
2016 年 08 月 ( 1 )
2016 年 06 月 ( 4 )
2016 年 05 月 ( 11 )
2016 年 04 月 ( 12 )
2016 年 03 月 ( 11 )
2016 年 02 月 ( 12 )
2016 年 01 月 ( 10 )
2015 年 12 月 ( 9 )
2015 年 11 月 ( 6 )
2015 年 10 月 ( 11 )
2015 年 09 月 ( 10 )
2015 年 08 月 ( 10 )
2015 年 07 月 ( 10 )
2015 年 06 月 ( 8 )
2015 年 05 月 ( 10 )
2015 年 04 月 ( 8 )
2015 年 03 月 ( 9 )
2015 年 02 月 ( 8 )
2015 年 01 月 ( 7 )
2014 年 12 月 ( 9 )
2014 年 11 月 ( 8 )
2014 年 10 月 ( 12 )
2014 年 09 月 ( 12 )
2014 年 08 月 ( 8 )
2014 年 07 月 ( 7 )
2014 年 06 月 ( 10 )
2014 年 05 月 ( 11 )
2014 年 04 月 ( 14 )
2014 年 03 月 ( 12 )
2014 年 02 月 ( 8 )
2014 年 01 月 ( 13 )
2013 年 12 月 ( 13 )
2013 年 11 月 ( 11 )
2013 年 10 月 ( 10 )
2013 年 09 月 ( 8 )
2013 年 08 月 ( 11 )
2013 年 07 月 ( 12 )
2013 年 06 月 ( 13 )
2013 年 05 月 ( 11 )
2013 年 04 月 ( 12 )
2013 年 03 月 ( 8 )
2013 年 02 月 ( 7 )
2013 年 01 月 ( 9 )
2012 年 12 月 ( 8 )
2012 年 11 月 ( 6 )
2012 年 10 月 ( 6 )
2012 年 09 月 ( 7 )
2012 年 08 月 ( 6 )
2012 年 07 月 ( 8 )
2012 年 06 月 ( 9 )
2012 年 05 月 ( 9 )
2012 年 04 月 ( 8 )
2012 年 03 月 ( 11 )
2012 年 02 月 ( 8 )
2012 年 01 月 ( 13 )
2011 年 12 月 ( 11 )
2011 年 11 月 ( 11 )
2011 年 10 月 ( 12 )
2011 年 09 月 ( 8 )
2011 年 08 月 ( 7 )
2011 年 07 月 ( 11 )
2011 年 06 月 ( 8 )
2011 年 05 月 ( 15 )
2011 年 04 月 ( 10 )
2011 年 03 月 ( 7 )
2011 年 02 月 ( 9 )
2011 年 01 月 ( 11 )
2010 年 12 月 ( 10 )
2010 年 11 月 ( 9 )
2010 年 10 月 ( 14 )
2010 年 09 月 ( 7 )
2010 年 08 月 ( 13 )
2010 年 07 月 ( 8 )
2010 年 06 月 ( 13 )
2010 年 05 月 ( 13 )
2010 年 04 月 ( 12 )
2010 年 03 月 ( 19 )
2010 年 02 月 ( 15 )
2010 年 01 月 ( 15 )
2009 年 12 月 ( 22 )
2009 年 11 月 ( 16 )
2009 年 10 月 ( 14 )
2009 年 09 月 ( 14 )
2009 年 08 月 ( 14 )
2009 年 07 月 ( 11 )
2009 年 06 月 ( 9 )
2009 年 05 月 ( 12 )
2009 年 04 月 ( 12 )
2009 年 03 月 ( 14 )
2009 年 02 月 ( 15 )
2009 年 01 月 ( 16 )
2008 年 12 月 ( 13 )
2008 年 11 月 ( 16 )
2008 年 10 月 ( 17 )
2008 年 09 月 ( 12 )
2008 年 08 月 ( 13 )
2008 年 07 月 ( 19 )
2008 年 06 月 ( 20 )
2008 年 05 月 ( 20 )
2008 年 04 月 ( 14 )
2008 年 03 月 ( 19 )
2008 年 02 月 ( 11 )
2008 年 01 月 ( 14 )
2007 年 11 月 ( 4 )
LINKS
QR-CODE