PROFILE

お名前:ロッシ高橋
性別:男性
生年月日:1969年01月25日
出身地:三重県
自己紹介:
所属チーム

チームBETAエンジョイズ

デモチーム トライアルエクスチェンジ風の会W1レーシング の4番 


搭乗マシン

・BETA RR2T300-one


ほか

・YAMAHA YZ250FX-one
・GASGAS TXT280RF
・SUZUKI ADDRESS V50W
・HONDA APE (笑)

経歴

・G-net ハードエンデューロ 全日本選手権 2014年~2016年チャンピオン
・第2回,第3回全日本ヒルクライム選手権 エキスパート全日本チャンピオン
・2014 ハードエクストリームGEKKOONE チャンピオン  
・ブルーモリス社(スキーボード) 元スキークロス専門ライダー
・カイダック倶楽部 現書記長
・モーターホーム旅男


まずは、ミスタースズキ 水谷勝氏を代表とするボランティア団体「風の会」の活動に賛同し、私もそのチームに属することによって、精力的にバイクの普及・認知に貢献するボランティア活動をしております。   風の会の詳細はコチラ → http://kazenokai.org/index.html

自己紹介   バイクとスキーの2足のわらじを履いて、ダブルライダー ロッシと称すること約20年以上。  だって、名前がヒロシなんだもん。    ちなみにバレンチノ・ロッシの真似ではありません。    はるかに僕のほうが年上だし、使いはじめたのも僕のほうが早いのだ。   

トライアルバイクはデモのほうが忙しくなり、国内はもとより時には海外(マレーシア、韓国)でもその腕前を披露しました。       なお、国内では東京と大阪でしか開催されないモーターサイクルの一大イベント  大阪モーターサイクルショーではトライアルプロモーション様の協力で、「2007年から2013年まで連続してトライアルショーを担当させていただきました。   

2016年の夏 エンデューロバイクは永らく親しんだヤマハを離れ、ベータモータージャパン様の完全サポートを受け、史上最強難所系2ストロークバイク BETA RR2T300-one
 を駆り、中年の星として全国各地でお騒がせしています。
      
その他に、2006年に世界初のスクーターによるシンクロナイズド・ウイリーチーム「風の会W1レーシングチーム」を、水谷勝氏の協力で立ち上げ、各地のイベントでトライアルとセットにしたデモを展開中。      神業的な技術を駆使し、4人の天才ヘッポコライダー達が、コミカルに息のあったウイリーを奏でる姿を、是非ともご覧になってほしのあき。        

そしてスキーのほうは、国産メーカー「ブルーモリス社」のスキーボード専属ライダー(99~08)でした。      それまで、スキーは殆どやったことが無いド素人が人気のクロス競技で頭角を現し、競技挑戦3年目の2003年に全日本ランキング2位にまで上り詰めるも、同じチームメートに無敵なライダー(ライダー・JOE)が居たことで、ことごとく優勝を阻まれる。        しかし彼のみならず、他にも国内トップクラスの変態チームメートが居たお陰で、極めて短時間でスキーのノウハウを吸収できたことに、大いに感謝している。

カイダック倶楽部(KDC)とは     アクリル変性高衝撃塩ビ板、通称カイダック板を用いた工作倶楽部のことである。           中部地方で密かに流行していたDIYなのだが、素材がゲットしにくいにもかかわらず、私の知らない間に部員が全国的に増殖中なのである。

モーターホーム「バーストナー・エレガンスⅠ690」でぶらりと気ままに旅をするのが最近のライフスタイル。      大会のついでにちょいと温泉へ、とか 美味しいもの食べにちょいと遠方へ、とか 好きなときに好きな場所へ行けるこの車が何よりダイスキ!        最近は宿泊先でゆっったりと車中ホームシアターを楽しんでいます。      但し、デカいので、いろいろ気をつかうことも多いけど、この大きさに慣れたので次は8メートル級を飼いたいが、嫁さんの反対にあい意気消沈。   今はニースマンビショフに夢中・・・   

そんな波乱万丈な人生を歩んでいますが、今一番ホットなことは、ヒルクライム。
誰も登れない急坂を、一筆書きの如く鮮やかに制覇し、そして喝采を浴びることに、ひたすら情熱を注いでいます。         難しいセクションとコンディションになればなるほど圧倒的な技術力で撃破し、ギャラリーを盛り上げること。     そんなしょうもない、くだらないコトが今一番の 自分の生き甲斐でもあり、喜びなんです。
その努力の甲斐あって、2014年 ついに全日本ヒルクライム選手権の最上級クラスでチャンピオンを獲得!

人生は一度きり。     いつ死ぬかなんて分かんないから、体が動けるうちに一生懸命遊んで、仕事して、金使って  破産しない程度に贅沢すること。      40代になって、そのことを痛感しながら日々生きています。   

最後に Gネットシリーズで全日本チャンピオンを獲ったいまは、私が率先してエクストリームエンデューロ界を全国的に盛り上げることが使命だと思っています。         そして、ほか頑張っている若手に技術を伝え、そして後輩達にもこの世界で頂点を目指して日本のハードエンデューロシーンを盛り上げて欲しい。      
そのための土壌作りと方策を日々考え、取り組んでいます。

HISTORY

CATEGORY

COMMENT

TRACK BACK

TOTAL: 93件 [ 1/10 ]
<< 前へ 12345678910 次へ >>

練習機のエンジンOH

 本チャンは当然ベータRR2Tなのですが、2ストなので、そればっかりで練習していたら消耗が早まりますわな     本当は毎回それで練習したいところなので、いよいよベータも2機は必要な気がしてきた


超超難所系のスペシャルバージョンとして、やっぱベータのクロストレーナーはアリだよな
これだったらどんなマシンが来ようとも、トライアルセクションみたいな面倒なやつがワンサカ出て来ても、負ける気はしない       それくらいコンパクト且つハイパワーで、良くできてると思う





さて、そんな本番車温存のため、今所有するYZFXはハードエンデューロ技術向上のための練習専用機となってます
ベータより圧倒的に重いからややこしい処に行くと、これがまたいい練習になるんですよね


前回のオーバーホールからまたそろそろ一年経つので、今日は腰上整備と主要部品の交換とすっかな




幸いにも、消耗部品と、万が一のためのモノはほぼ在庫しています
いちいち計算してないけど、結構なお値段になるかと

レースに出るなら、このくらいは持っていると絶対安心というくらいは必ず持ち合わせてます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2017/03/21 11:31:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ヤマハYZ250F&FX   コメント( 2 ) 

趣味のFX

 昨年夏から、練習では2ストと4ストの両方を均等に乗り分けています       エンデューロはそんなに神経質にならなくてもいいくらいに、両方乗りこなすことが出来るようです

当然メーンはベータRR2T300ですが、そればかり乗ってたら消耗する一方なのでね
練習機は、戦線を退いたFX君       一時期ほどの開発は止まっていますが、趣味の一環でちょっとづつまた進化しているのだ


で、ちょっと思い立って、先日ダートバイクプラスさんで、こういうのを買ってきた


ローダウンリンクです   


長さの違いは微妙ですが、結構下がります








ビフォー

アフター





って、分かんねか??  笑

実際はこんな数値です


2.5センチ下がってます



前後で均等に下げてあるので、何ら違和感はなし


これで、ちびっこの僕でもちゃんと両足付くのだ      また戦闘力が上がってしまったなも 笑

2と4を乗り比べると、いろいろ分かってきたことがあるんだけど、あるシチュエーションにおいては4のほうが究極にグリップいいところあるんだよな~       あれを2のほうに活用できないか、サスやエンジンのふけ上がり方などを変えたりして模索中          その一点以外は、ダントツで2ストの勝ちなんだが、なかなか難しいんだなコレが・・・

そんな感じで、趣味のFX講座はまた不定期に更新していこう。















このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2017/02/03 09:55:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ヤマハYZ250F&FX   コメント( 2 ) 

直ったのかな

 

ブログ不具合から復帰したかも
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/06/11 11:02:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ヤマハYZ250F&FX   コメント( 0 ) 

チャンピオンマシン

ハードエンデューロのチャンピオンマシン  はじめました ^ ^     

ってか、完成しました         今週末の斑尾でお披露目します            








 










ヤマハブルーを基調とした、なかなか洗練されたデザインだと思います      新進気鋭女性デザイナーの禮さんは自身もバイク乗りなんで、良く分かってらっしゃる          ところどころに赤が入ってるのもまたピリっとしていますね         さすがです ^ ^         お願いして良かった!!  

ちなみに、このデザインのレプリカを販売するそうですよ      そのままお願いしても良し      お気に入りのスポンサー名に変えても良し

特注デカールの相場をしってるだけに、今なら結構格〇      値段はココでは言えないので、興味ある方は直接問い合わせてみてネ


デザイナー禮さんのツイッタ   https://twitter.com/rei_SMR144
フェイスブック     https://www.facebook.com/reiko.nakashima.52?fref=ts 






このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/05/10 23:49:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ヤマハYZ250F&FX   コメント( 1 ) 

特注デカール

 

今月初旬に発注したデカールが届きました      縁あって、ややデカールの中島さんにお願いしたものです          
奈良のハスクバーナに乗るリク君のバイクも中島さんデザインなんですが、その洗練されたデザインを見て私もぜひ  ということでお願いしました        出来上がってきたものは、さすがでした ^ ^                大満足の仕上がりです        

とりあえずゼッケンだけ披露しますが、全体像はまちょっと待っててくださいな

それと、これはちょっと朗報?           これのレプリカデザインを出すみたいな話も中島さんからお伺いしました         大まかなものは決まってるので、あとはお好きなスポンサー名を入れるだけなので、割とすぐにできちゃうのかな?            どないでっしゃろ?

興味ある方は後日アップする完成品に乞うご期待!
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/04/27 22:06:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ヤマハYZ250F&FX   コメント( 0 ) 

練習遠征整備

週末の土日は久々に大阪遠征するんで、今日は整備デーとしました             マサル君ジミちゃん待っとりや! 
  

ところで、僕のFXには沸騰しない魔法のラジエタークーラント エバンスが入っています          その高性能さはHRCワークスまでもご用達になったほど          いよいよ認められましたね 

鈴木健二さんも言ってたけど、エバンス入れるならラジエターホースだけは替えたほうがいいよと          確かに、アッチンチンになったときに純正だと若干ホースがパンパンに膨れて、ちょっとだけ不安な感じではありました       


      


いいんじゃなーい ^ ^     ダートフリークさんのDRCシリコンホースは、純正よか太くてはるかに強いから安心です      それに、見た目がオシャレですわ



あと、先日グニャっと曲げたラジエター    余りにも弱いので、サイドガードの裏側に補強を追加しました


これでちょっとはマシになったかな      

    



あとはフロントスプロケ交換


いつものZAMスプロケ12T       FもFXも14年以降はこの裏面のエグレのある指定品じゃないと絶対に付かないですからご注意を



その裏面には



昭和貿易さんのグラファイトチェーンルブを散布        そうしておかないと



錆びますよね       
   
しかし、こう見てるとあまりにも肉薄なんで、割れるのも分かるような気がする      

気を付けようがないけど、気を付けよう。






   












このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/04/07 23:11:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ヤマハYZ250F&FX   コメント( 4 ) 

往生こいた

 先日は雨の中、ランナーズハイな状態で走りまくってて、気が付いたら4時間半が経過        もう帰ろうかなというところでエンジンがボボボってなりまして         まさかのガス欠でした

また面倒なことになってまった (泣)


不幸中の幸いは、ハスクで故障した時と同様に、ギリギリ車で回収できるところまで自力で引いて行けたことと、日没前だったこと

でもバイクはそこに放置して、歩いて45分 車で25分 回収まで1時間以上かかりました       
いい加減バイクで走りまくって、また更にクロスカントリー走ができるとはね       結果、良いトレーニングになりました


燃料が一滴も無くなるまで走れることが実証されたけど、ポンプは大丈夫だったかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/04/03 10:02:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ヤマハYZ250F&FX   コメント( 2 ) 

DIDチェーン

僕がYZで使っているのは国産DID製の520MXVです
エンデューロに転向してからも、トライアルやっていた時代からもずっとDIDさんにお世話になっています
レース専用製品の耐久性や見栄えや軽さなど、他の追随を許さないチェーンメーカーだと信じて疑いません



 そのMXV   本当はカシメタイプなんですが、万が一      本当に、万が一切れるなどトラブルがあった際に無事復帰するためのチェーンのコマをいただきました        シールタイプのコマですね       こんなのあるんだ

トライアル時代からチェーンなんて切ったことないけど、転ばぬ先の杖ですね。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/03/31 10:38:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ヤマハYZ250F&FX   コメント( 0 ) 

ちょっとだけシャープに

 最近シュラウドの形状がちょっと・・・ って感じていたので、シャープにしてみました
YZ乗ってる人にしか分からない加工ですがね


この辺はまあイメージ通り



後ろのこの形状は反り割れ防止の意味もありますが、そんなことしなくても全然割れないんですよね
YZの純正フェンダーって      前のハスクでも割ったことなかったけど、YZも驚異的な柔軟性だと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/03/29 23:13:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ヤマハYZ250F&FX   コメント( 4 ) 

ピストン交換

 YZFX君のリニューアルに伴ってサスペンションは技術的サポートをしていただいているテクニクスさんのところに既に旅立っており、自分で出来るエンジンの腰上整備を実施


ちょうど一年乗ったからこんなもんか

腰上整備は確かに2ストよか面倒だけど、一年に一回これやっとけば、あとはオイル替えるだけで充分やし、なにより2ストみたいに性能の劣化を殆ど感ないのが4ストのいいところ





バルブも外してみるかな



まずまずのカーボン付着です

これをドリルの先端に挟んでジョリジョリ削るのだ 

   


そうそう、外したピストンですが


こんな感じです   左がFX  右が今回投入の16F用     ちょっと薄くなりましたね      カ〇ヤさんの頭〇部のように・・・・  汗

重量も測ってみた



20グラムもの軽量化を達成!!    やりぃ 

これがどれほどのレスポンス向上になるのか、楽しみです



   

  

穴という穴を綺麗にしたった    スッキリ 

あとはリニューアルされたテクニクスチューニングサスペンションを待つのみ       
何度も言うよ     テクニクスチューニングはバイクがまるで高級車のようなゴージャスな乗り心地に変身し、尚且つどこでも地面に吸い付いて走る魔法のサスに変身するのです      僕の登坂力のアドバンテージは、この魔法の足に支えられているのです         ま、機会が有ったらぜひ乗ってみてネ

それはそうと、来週のスクールに間に合うかな~ ^ ^ 。





 









このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/02/18 23:02:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ヤマハYZ250F&FX   コメント( 3 ) 
TOTAL: 93件 [ 1/10 ]
<< 前へ 12345678910 次へ >>

<<  2017年5月  >>

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
COUNTER
今日 : 0
昨日 : 0
合計 : 0
ARCHIVE
2017 年 05 月 ( 5 )
2017 年 04 月 ( 6 )
2017 年 03 月 ( 5 )
2017 年 02 月 ( 6 )
2017 年 01 月 ( 5 )
2016 年 12 月 ( 5 )
2016 年 11 月 ( 4 )
2016 年 10 月 ( 5 )
2016 年 08 月 ( 1 )
2016 年 06 月 ( 4 )
2016 年 05 月 ( 11 )
2016 年 04 月 ( 12 )
2016 年 03 月 ( 11 )
2016 年 02 月 ( 12 )
2016 年 01 月 ( 10 )
2015 年 12 月 ( 9 )
2015 年 11 月 ( 6 )
2015 年 10 月 ( 11 )
2015 年 09 月 ( 10 )
2015 年 08 月 ( 10 )
2015 年 07 月 ( 10 )
2015 年 06 月 ( 8 )
2015 年 05 月 ( 10 )
2015 年 04 月 ( 8 )
2015 年 03 月 ( 9 )
2015 年 02 月 ( 8 )
2015 年 01 月 ( 7 )
2014 年 12 月 ( 9 )
2014 年 11 月 ( 8 )
2014 年 10 月 ( 12 )
2014 年 09 月 ( 12 )
2014 年 08 月 ( 8 )
2014 年 07 月 ( 7 )
2014 年 06 月 ( 10 )
2014 年 05 月 ( 11 )
2014 年 04 月 ( 14 )
2014 年 03 月 ( 12 )
2014 年 02 月 ( 8 )
2014 年 01 月 ( 13 )
2013 年 12 月 ( 13 )
2013 年 11 月 ( 11 )
2013 年 10 月 ( 10 )
2013 年 09 月 ( 8 )
2013 年 08 月 ( 11 )
2013 年 07 月 ( 12 )
2013 年 06 月 ( 13 )
2013 年 05 月 ( 11 )
2013 年 04 月 ( 12 )
2013 年 03 月 ( 8 )
2013 年 02 月 ( 7 )
2013 年 01 月 ( 9 )
2012 年 12 月 ( 8 )
2012 年 11 月 ( 6 )
2012 年 10 月 ( 6 )
2012 年 09 月 ( 7 )
2012 年 08 月 ( 6 )
2012 年 07 月 ( 8 )
2012 年 06 月 ( 9 )
2012 年 05 月 ( 9 )
2012 年 04 月 ( 8 )
2012 年 03 月 ( 11 )
2012 年 02 月 ( 8 )
2012 年 01 月 ( 13 )
2011 年 12 月 ( 11 )
2011 年 11 月 ( 11 )
2011 年 10 月 ( 12 )
2011 年 09 月 ( 8 )
2011 年 08 月 ( 7 )
2011 年 07 月 ( 11 )
2011 年 06 月 ( 8 )
2011 年 05 月 ( 15 )
2011 年 04 月 ( 10 )
2011 年 03 月 ( 7 )
2011 年 02 月 ( 9 )
2011 年 01 月 ( 11 )
2010 年 12 月 ( 10 )
2010 年 11 月 ( 9 )
2010 年 10 月 ( 14 )
2010 年 09 月 ( 7 )
2010 年 08 月 ( 13 )
2010 年 07 月 ( 8 )
2010 年 06 月 ( 13 )
2010 年 05 月 ( 13 )
2010 年 04 月 ( 12 )
2010 年 03 月 ( 19 )
2010 年 02 月 ( 15 )
2010 年 01 月 ( 15 )
2009 年 12 月 ( 22 )
2009 年 11 月 ( 16 )
2009 年 10 月 ( 14 )
2009 年 09 月 ( 14 )
2009 年 08 月 ( 14 )
2009 年 07 月 ( 11 )
2009 年 06 月 ( 9 )
2009 年 05 月 ( 12 )
2009 年 04 月 ( 12 )
2009 年 03 月 ( 14 )
2009 年 02 月 ( 15 )
2009 年 01 月 ( 16 )
2008 年 12 月 ( 13 )
2008 年 11 月 ( 16 )
2008 年 10 月 ( 17 )
2008 年 09 月 ( 12 )
2008 年 08 月 ( 13 )
2008 年 07 月 ( 19 )
2008 年 06 月 ( 20 )
2008 年 05 月 ( 20 )
2008 年 04 月 ( 14 )
2008 年 03 月 ( 19 )
2008 年 02 月 ( 11 )
2008 年 01 月 ( 14 )
2007 年 11 月 ( 4 )
LINKS
QR-CODE