PROFILE

お名前:ロッシ高橋
性別:男性
生年月日:1969年01月25日
出身地:三重県
自己紹介:
所属チーム

チームBETAエンジョイズ

デモチーム トライアルエクスチェンジ風の会W1レーシング の4番 


搭乗マシン

・BETA RR2T300-one


ほか

・YAMAHA YZ250FX-one
・GASGAS TXT280RF
・SUZUKI ADDRESS V50W
・HONDA APE (笑)

経歴

・G-net ハードエンデューロ 全日本選手権 2014年~2016年チャンピオン
・第2回全日本ヒルクライム選手権 エキスパート全日本チャンピオン
・2014 ハードエクストリームGEKKOONE チャンピオン  
・ブルーモリス社(スキーボード) 元スキークロス専門ライダー
・カイダック倶楽部 現書記長
・モーターホーム旅男


まずは、ミスタースズキ 水谷勝氏を代表とするボランティア団体「風の会」の活動に賛同し、私もそのチームに属することによって、精力的にバイクの普及・認知に貢献するボランティア活動をしております。   風の会の詳細はコチラ → http://kazenokai.org/index.html

自己紹介   バイクとスキーの2足のわらじを履いて、ダブルライダー ロッシと称すること約20年以上。  だって、名前がヒロシなんだもん。    ちなみにバレンチノ・ロッシの真似ではありません。    はるかに僕のほうが年上だし、使いはじめたのも僕のほうが早いのだ。   

トライアルバイクはデモのほうが忙しくなり、国内はもとより時には海外(マレーシア、韓国)でもその腕前を披露しました。       なお、国内では東京と大阪でしか開催されないモーターサイクルの一大イベント  大阪モーターサイクルショーではトライアルプロモーション様の協力で、「2007年から2013年まで連続してトライアルショーを担当させていただきました。   

2016年の夏 エンデューロバイクは永らく親しんだヤマハを離れ、ベータモータージャパン様の完全サポートを受け、史上最強難所系2ストロークバイク BETA RR2T300-one
 を駆り、中年の星として全国各地でお騒がせしています。
      
その他に、2006年に世界初のスクーターによるシンクロナイズド・ウイリーチーム「風の会W1レーシングチーム」を、水谷勝氏の協力で立ち上げ、各地のイベントでトライアルとセットにしたデモを展開中。      神業的な技術を駆使し、4人の天才ヘッポコライダー達が、コミカルに息のあったウイリーを奏でる姿を、是非ともご覧になってほしのあき。        

そしてスキーのほうは、国産メーカー「ブルーモリス社」のスキーボード専属ライダー(99~08)でした。      それまで、スキーは殆どやったことが無いド素人が人気のクロス競技で頭角を現し、競技挑戦3年目の2003年に全日本ランキング2位にまで上り詰めるも、同じチームメートに無敵なライダー(ライダー・JOE)が居たことで、ことごとく優勝を阻まれる。        しかし彼のみならず、他にも国内トップクラスの変態チームメートが居たお陰で、極めて短時間でスキーのノウハウを吸収できたことに、大いに感謝している。

カイダック倶楽部(KDC)とは     アクリル変性高衝撃塩ビ板、通称カイダック板を用いた工作倶楽部のことである。           中部地方で密かに流行していたDIYなのだが、素材がゲットしにくいにもかかわらず、私の知らない間に部員が全国的に増殖中なのである。

モーターホーム「バーストナー・エレガンスⅠ690」でぶらりと気ままに旅をするのが最近のライフスタイル。      大会のついでにちょいと温泉へ、とか 美味しいもの食べにちょいと遠方へ、とか 好きなときに好きな場所へ行けるこの車が何よりダイスキ!        最近は宿泊先でゆっったりと車中ホームシアターを楽しんでいます。      但し、デカいので、いろいろ気をつかうことも多いけど、この大きさに慣れたので次は8メートル級を飼いたいが、嫁さんの反対にあい意気消沈。   今はニースマンビショフに夢中・・・   

そんな波乱万丈な人生を歩んでいますが、今一番ホットなことは、ヒルクライム。
誰も登れない急坂を、一筆書きの如く鮮やかに制覇し、そして喝采を浴びることに、ひたすら情熱を注いでいます。         難しいセクションとコンディションになればなるほど圧倒的な技術力で撃破し、ギャラリーを盛り上げること。     そんなしょうもない、くだらないコトが今一番の 自分の生き甲斐でもあり、喜びなんです。
その努力の甲斐あって、2014年 ついに全日本ヒルクライム選手権の最上級クラスでチャンピオンを獲得!

人生は一度きり。     いつ死ぬかなんて分かんないから、体が動けるうちに一生懸命遊んで、仕事して、金使って  破産しない程度に贅沢すること。      40代になって、そのことを痛感しながら日々生きています。   

最後に Gネットシリーズで全日本チャンピオンを獲ったいまは、私が率先してエクストリームエンデューロ界を全国的に盛り上げることが使命だと思っています。         そして、ほか頑張っている若手に技術を伝え、そして後輩達にもこの世界で頂点を目指して日本のハードエンデューロシーンを盛り上げて欲しい。      
そのための土壌作りと方策を日々考え、取り組んでいます。

HISTORY

CATEGORY

COMMENT

TRACK BACK

FAVORITE

今週末は第3回全日本ヒルクライム選手権開催

 さて、いよいよ今週末は九州のブレイズマウンテンで第3回全日本ヒルクライム選手権です
目の前のヒルを登ったら勝ちという単純明快な競技ですが、海外で良く見る単純な一直線ヒルクライムとは少し趣向が違います         セクションもエキスパートだと15個もありますからね
そのうち2個はかなり超絶なヤツがあるらしいから、ベータRR300のスーパートルクフル3速でサクサクっとやっつけてこようと思います
          
用意されるセクションも日本的というか、結構ターンが入っていたり根っこがあったり、ちょっとした沼からの発進が有ったりで、とにかく難しいのです

その辺はユーチューブにもある過去第1回、第2回大会を検索して、見て見てくださいな ^ ^           

また全国から選りすぐりのヒルクライマーが全員集合するので、必見の価値がありますよ!!

しかしながら狭い会場なので、見にくる観客の方々も今月中に主催者にお願いしなければいけないようです      ご注意くださいね

詳細はコチラです   http://jukuchou.at.webry.info/201612/article_1.html





さて、たぶん天気も良さそうなので、タイヤチョイスが少し悩ましいところですが、いつも通りIRCのゲコタか、万能タイヤのVEか     当日のセクションを見てチョイスを考えよう




ということで、全日本ヒルクライムのタイトル防衛のために、週末は死力を尽くしてきます!!!!!
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2017/02/27 10:41:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:IRC GEKKOTA  コメント(0) 

リムテープ導入

世の中には便利なものがあって、これもその一つかも





ミリオン モーターサイクル用リムバンドテープなるものです   結構な長さがあって、自分で切って使います


どう使うかというと



この銀色の部分がそうです

普通はゴムバンドですよね   これは柔軟性の高いゴムに強力な粘着テープが貼ってあり、この商品を使うことによって、以下のような利点が考えられます

・粘着していることにより、ニップルの緩みが圧倒的に少なくなる
・ゴムバンドのようになズレの心配がないし、劣化しない
・万が一スポークが折れて、ニップルの底部が飛び出してチューブが傷つくのを防ぐ
・多少はニップルからの水の進入を防ぐのかな・・・?
 
などが考えられますね

せっかくなんで、新品のTGRホイルに使ってみることにしました

さて、早く新車に乗りたいところですが、テクニクスさんからベータ専用チューンアップサスペンションが到着するまでのガマンです。








 




 
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2016/12/05 23:15:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:IRC GEKKOTA  コメント(2) 

iRC90周年イベント オフロードスクール&フリーライド

 イベントに参加されたすべての皆々様方、楽しんでいただけたでしょうか?
私も会場から家が近いので、早い段階から裏方作業にお手伝いできて幸せでした    
そもそもこういう時しか、普段いつも会場で応援してくれるIRCさんにお返しできないですから、丁度よかったです
お昼に行ったデモコースはいかがでしたか?   あれはタックさんのアイデアも入って、かなり楽しめるトーナメントだったのではないでしょうか?     

肝心のタックさんは初っ端からクラッシュしちゃいましたが・・   泣

あと、スクールですが、上級はいつも恒例のアタック合戦になっちゃいましたね
果たしてあれで良かったのかなあ
上級者の方々は技術的に高度なものを持ってる人たちばかりなので、お互いの走りやラインを見て学んでもらう
今回は特にそんなことを考えながら、私も走っていました




写真はジャンキー稲垣さんから      
写真はココから頂いてます
https://goo.gl/photos/VyPJHX9DvN1P9oDp8









IRC 90周年 誠におめでとうございます!

僕は本当に心から、IRCさんの契約ライダーで良かった    
そう思うに充分な週末を過ごさせていただきました

どうもありがとうございました!!


















このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2016/10/31 23:07:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:IRC GEKKOTA  コメント(2) 

ムース はじめました

 まだまだ世の中知らないことが多くて、知らないままに過ぎていくことが多いこと          もちろんエンデューロの話            前回のパンクについて、やはり早めの対策が必要かと思い、すぐにいろんな方々に相談しました           練習ではまずパンクさせることが無かったけど、そんな過剰な自信は禁物でした          同じ轍は絶対に踏まん

そこで、一番最初に相談した小菅師匠からいただいた必殺「コスムース」
早速装着してみた   


      

 そもそも、初めてムースなるものを拝見して、ちょっと驚き         こんなんでいいのか?ってのが素直な印象          で、早速テストしてきた

ズバリ    いいんじゃなーい ^ ^        ほんの少しだけ障害物への当たり方とハイスピードの回転の仕方に違和感がありますが、やはり何やってもパンクしないというこの安心感には代えがたい               なによりゲコタはタイヤ自体が超軽いしビードも柔らかいんで、使いやすいことこの上なし             しまった、もっと早く知っておくべきだった



新品は、いつも僕の愚痴を聞いてくれる大将のお店    北海道はモトバレーゼさんからお取り寄せ      ムースの箱から鮭が出てくるかな? なんて思いましたが、ドッキリは無しでした

今日はリアだったんで、次はフロントも試してみよう。






このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2016/05/28 22:58:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:IRC GEKKOTA  コメント(2) 

IRCフロントゲコタ ついに登場!

 いったいどれほどのIRC信者さんが待ちわびていたことでしょう                 本当に、遠征に行くと必ず「フロントゲコタの市販化はまだ?」って聞かれまくってました       
     そりゃそうでしょう       昨年の発表から遅れること半年        ついにその日がやってきました

本日、正式発表!    http://www.irc-tire.com/ja/mc/products/enduro/ix09w_gekkota/ 





発表と同時にウチにもやってきました ^ ^    わーい!!
今回は最初からGEKKOTA刻印が入ってます
斑尾に間に合って良かった~      








思い返せば、僕はこのゲコタプロジェクト開発と時を同じくしてエンデューロを始めました
ちょうど2010年頃だったかな       

因みにこのプロジェクトに奔走してくださっている一番の立役者は、この御方です



一番左の背の高いイケメンさん    IRCの飯塚さんです       エンデューロやってる人なら、各会場で必ず一度は見かけた事があるはず             この人なくしてゲコタの登場は無かったと言っていいです            こんなに限られたシチュエーションで使われるタイヤの生産のために、あれだけの大きな会社を説得するという苦労は並大抵ではないと推測します
本当に、ありがとうございます!!       
そしてなんと、本日が誕生日というオマケ付き
おめでとうございま~す!!!!!!!!    


さて話は戻って、まだエンデューロデビューしたばかりで成績なんて何も出してないのに、たまたまトライアルで永年お世話になってたから抜擢されたようなこの私          なので、エンデューロタイヤって実は今でもコレかVE33しか知らないんですよ ^ ^    そんなんでいいのか?     

正直テストライダーって言っても専ら僕は難所系に特化してるんで、まったくと言っていいほど高速域のテストはやってません      オマケに、いろんな違いのテストタイヤを評価するのですが、僕の場合それなりに使いこなしてしまうので、結構どれを履いても逝けちゃうという・・・                  なので、何が悪いとかって評価がいつも難しくって        IRCサイトのインプレッションも大まかでしょ?          そもそも、フロントタイヤのグリップの重要性については何年か前に或る女性ライダーから「リアのグリップが良すぎてフロントが逃げちゃう フロントもグリップのいいタイヤ出さないの?」って言われたことあったのを思い出しました        3年くらい前だったかな 
             

その一方で、もう一人のテストライダーである和泉拓さん         もう僕と比べ物になんないほどいつも評価が的確で、素晴らしい!        特にハイスピード系の評価は全面的にお任せしてます             なので、数種類のタイヤテストをしてどれに絞るのかは、いつも意見が分かれるんです  
そりゃそうですよね         そこから製品になる一個に的を絞るのは、例えばアミダとかジャンケンとか ^ ^  ←  嘘ですよ んなわけない       でもね、難しいのには違いない         今だから言える裏話 リアゲコタの一発目の仕様は最終的に僕が決めたんですよね      ところが、結構サイドが弱いという弱点が発覚し、すぐ改良になっちゃったという・・・      なので、安心してください     今回のフロントの仕様はタックさんの推薦するバージョンです        

製品化するまでリアタイヤは実質3年?   フロントも2年以上はかかってたと思います         僕がテストしてるのを皆さんつぶさに知ってるから、テスト中に聞かれても言えないんで、困りまくりでした             でも、こうやって世の中に出てくるこの製品は、それだけの時間と労力と、それこそ幾つものテストタイヤの評価によって誕生したものです             そして、その結果として付いてきたものが、僕の今の戦績にすべてつながっています         世の中は結果が全てなんですよ              

今回市販化されたフロントゲコタはリアゲコタ同様に、難所系の超絶グリップを残したままハイスピードにも充分対応ができるスペックに落ち着いています           

詳しいインプレッションについてはもう、ここで書く必要の無いくらいにIRCサイトのタックさんの評価に全部書いてありますので、興味ある方はぜひご覧あれ。


 



このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2016/04/22 23:22:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:IRC GEKKOTA  コメント(0) 

IRC 2015カタログ

 先日の土日は大阪遠征でした         基本土日が決まって休日な訳では無いので、そういうタイミングの時は他府県に遠征することにしています         当たり前の話、いろんな場所を走ることに意義があるのです           その場所のコース案内をしてもらったり、地元ライダーさんたちと切磋琢磨して、技量を肌で感じてくる    

そんな有意義な週末を過ごすつもりだったのですが、仕事明けで高速をかっ飛ばして昼には現地到着も、なんとなんと・・・・・・      ものごっつ吹雪いていた     しかも無人君

さっさと温泉に直行し、昼寝してました        夜は寂しいおじさんの緊急集会(アヒル様、関西イマッポ様、総帥、マサル君)があり、王将で餃子パーティー       その後はプラザ坂下の宴会にもお邪魔し、バイクに乗らずとも有意義な一日と相成りました   

その翌日   やはり雪中強化練習となり死にそうな寒さでしたが、所々でほどよく汁は出ましたよ^ ^     関西イマッポさんは午前中で死亡してましたけどね          福井からはるばるお疲れ様でした!           しかし、雪中練習は辛いけど、コース攻略法の勉強としてはなかなか面白いですね

 

さて、本題のカタログのお話      IRCさんから出来立てほやほやの2015年カタログが送られてきました        いつも本当にありがとうございます

IRCさんは日本品質なのです      中身はロード、モトクロス、エンデューロ、街中のスクーター、アメリカン、ソーラーカーのタイヤ  そりゃもう、何でもゴザレです   

さて、その1ページ目をめくると、ぬわんと!

進撃のタックさんと私が載ってます     私、偉そうなことぬかしてゴメンくさい

でも、まだ続くのです

いよいよゲコタがカタログに登場!       しかも、ゲコタは私 ^ ^ ^ ^ ^ ^ ^        隣は進撃のタックさん       タックさんはカッチョイイので、トラタイヤページではもっと大きく載ってます   

そういえば3月にまたゲコタ販売のニュースが入っていますよ

http://irctire-mcnews.com/category/1280977-1.html

ゲコタはその都度受注生産的な販売というスタンスですが、究極にレースに特化したものであり、本来はタイヤ自体のゴムの鮮度は一番重要なものなので、いつも店頭に置くよりもこういう販売方法がレース専用タイヤとしては最適だと思います        これは僕の勝手な予想ですがネ    たぶんそうかと      シランケド

 

 

 

しかし、この写真    よ~く見ると

 

もっすごい 鬼のような顔して乗ってますねんな       無意識のうちに

これからは顔の表情を変えず乗る練習しよ。

 

 

 

               

 

                         

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2015/02/04 00:12:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:IRC GEKKOTA  コメント(2) 

bikeplus

<<  2017年2月  >>



1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728

COUNTER
今日 : 0
昨日 : 0
合計 : 0

READER

ARCHIVE
2017年02月 (6)
2017年01月 (5)
2016年12月 (5)
2016年11月 (4)
2016年10月 (5)
2016年08月 (1)
2016年06月 (4)
2016年05月 (11)
2016年04月 (12)
2016年03月 (11)
2016年02月 (12)
2016年01月 (10)
2015年12月 (9)
2015年11月 (6)
2015年10月 (11)
2015年09月 (10)
2015年08月 (10)
2015年07月 (10)
2015年06月 (8)
2015年05月 (10)
2015年04月 (8)
2015年03月 (9)
2015年02月 (8)
2015年01月 (7)
2014年12月 (9)
2014年11月 (8)
2014年10月 (12)
2014年09月 (12)
2014年08月 (8)
2014年07月 (7)
2014年06月 (10)
2014年05月 (11)
2014年04月 (14)
2014年03月 (12)
2014年02月 (8)
2014年01月 (13)
2013年12月 (13)
2013年11月 (11)
2013年10月 (10)
2013年09月 (8)
2013年08月 (11)
2013年07月 (12)
2013年06月 (13)
2013年05月 (11)
2013年04月 (12)
2013年03月 (8)
2013年02月 (7)
2013年01月 (9)
2012年12月 (8)
2012年11月 (6)
2012年10月 (6)
2012年09月 (7)
2012年08月 (6)
2012年07月 (8)
2012年06月 (9)
2012年05月 (9)
2012年04月 (8)
2012年03月 (11)
2012年02月 (8)
2012年01月 (13)
2011年12月 (11)
2011年11月 (11)
2011年10月 (12)
2011年09月 (8)
2011年08月 (7)
2011年07月 (11)
2011年06月 (8)
2011年05月 (15)
2011年04月 (10)
2011年03月 (7)
2011年02月 (9)
2011年01月 (11)
2010年12月 (10)
2010年11月 (9)
2010年10月 (14)
2010年09月 (7)
2010年08月 (13)
2010年07月 (8)
2010年06月 (13)
2010年05月 (13)
2010年04月 (12)
2010年03月 (19)
2010年02月 (15)
2010年01月 (15)
2009年12月 (22)
2009年11月 (16)
2009年10月 (14)
2009年09月 (14)
2009年08月 (14)
2009年07月 (11)
2009年06月 (9)
2009年05月 (12)
2009年04月 (12)
2009年03月 (14)
2009年02月 (15)
2009年01月 (16)
2008年12月 (13)
2008年11月 (16)
2008年10月 (17)
2008年09月 (12)
2008年08月 (13)
2008年07月 (19)
2008年06月 (20)
2008年05月 (20)
2008年04月 (14)
2008年03月 (19)
2008年02月 (11)
2008年01月 (14)
2007年11月 (4)

LINKS

MOVIE

QR-CODE