PROFILE

お名前:ロッシ高橋
性別:男性
生年月日:1969年01月25日
出身地:三重県
自己紹介:
所属チーム

チームBETAエンジョイズ

デモチーム トライアルエクスチェンジ風の会W1レーシング の4番 


搭乗マシン

・BETA RR2T300-one


ほか

・YAMAHA YZ250FX-one
・GASGAS TXT280RF
・SUZUKI ADDRESS V50W
・HONDA APE (笑)

経歴

・G-net ハードエンデューロ 全日本選手権 2014年~2016年チャンピオン
・第2回全日本ヒルクライム選手権 エキスパート全日本チャンピオン
・2014 ハードエクストリームGEKKOONE チャンピオン  
・ブルーモリス社(スキーボード) 元スキークロス専門ライダー
・カイダック倶楽部 現書記長
・モーターホーム旅男


まずは、ミスタースズキ 水谷勝氏を代表とするボランティア団体「風の会」の活動に賛同し、私もそのチームに属することによって、精力的にバイクの普及・認知に貢献するボランティア活動をしております。   風の会の詳細はコチラ → http://kazenokai.org/index.html

自己紹介   バイクとスキーの2足のわらじを履いて、ダブルライダー ロッシと称すること約20年以上。  だって、名前がヒロシなんだもん。    ちなみにバレンチノ・ロッシの真似ではありません。    はるかに僕のほうが年上だし、使いはじめたのも僕のほうが早いのだ。   

トライアルバイクはデモのほうが忙しくなり、国内はもとより時には海外(マレーシア、韓国)でもその腕前を披露しました。       なお、国内では東京と大阪でしか開催されないモーターサイクルの一大イベント  大阪モーターサイクルショーではトライアルプロモーション様の協力で、「2007年から2013年まで連続してトライアルショーを担当させていただきました。   

2016年の夏 エンデューロバイクは永らく親しんだヤマハを離れ、ベータモータージャパン様の完全サポートを受け、史上最強難所系2ストロークバイク BETA RR2T300-one
 を駆り、中年の星として全国各地でお騒がせしています。
      
その他に、2006年に世界初のスクーターによるシンクロナイズド・ウイリーチーム「風の会W1レーシングチーム」を、水谷勝氏の協力で立ち上げ、各地のイベントでトライアルとセットにしたデモを展開中。      神業的な技術を駆使し、4人の天才ヘッポコライダー達が、コミカルに息のあったウイリーを奏でる姿を、是非ともご覧になってほしのあき。        

そしてスキーのほうは、国産メーカー「ブルーモリス社」のスキーボード専属ライダー(99~08)でした。      それまで、スキーは殆どやったことが無いド素人が人気のクロス競技で頭角を現し、競技挑戦3年目の2003年に全日本ランキング2位にまで上り詰めるも、同じチームメートに無敵なライダー(ライダー・JOE)が居たことで、ことごとく優勝を阻まれる。        しかし彼のみならず、他にも国内トップクラスの変態チームメートが居たお陰で、極めて短時間でスキーのノウハウを吸収できたことに、大いに感謝している。

カイダック倶楽部(KDC)とは     アクリル変性高衝撃塩ビ板、通称カイダック板を用いた工作倶楽部のことである。           中部地方で密かに流行していたDIYなのだが、素材がゲットしにくいにもかかわらず、私の知らない間に部員が全国的に増殖中なのである。

モーターホーム「バーストナー・エレガンスⅠ690」でぶらりと気ままに旅をするのが最近のライフスタイル。      大会のついでにちょいと温泉へ、とか 美味しいもの食べにちょいと遠方へ、とか 好きなときに好きな場所へ行けるこの車が何よりダイスキ!        最近は宿泊先でゆっったりと車中ホームシアターを楽しんでいます。      但し、デカいので、いろいろ気をつかうことも多いけど、この大きさに慣れたので次は8メートル級を飼いたいが、嫁さんの反対にあい意気消沈。   今はニースマンビショフに夢中・・・   

そんな波乱万丈な人生を歩んでいますが、今一番ホットなことは、ヒルクライム。
誰も登れない急坂を、一筆書きの如く鮮やかに制覇し、そして喝采を浴びることに、ひたすら情熱を注いでいます。         難しいセクションとコンディションになればなるほど圧倒的な技術力で撃破し、ギャラリーを盛り上げること。     そんなしょうもない、くだらないコトが今一番の 自分の生き甲斐でもあり、喜びなんです。
その努力の甲斐あって、2014年 ついに全日本ヒルクライム選手権の最上級クラスでチャンピオンを獲得!

人生は一度きり。     いつ死ぬかなんて分かんないから、体が動けるうちに一生懸命遊んで、仕事して、金使って  破産しない程度に贅沢すること。      40代になって、そのことを痛感しながら日々生きています。   

最後に Gネットシリーズで全日本チャンピオンを獲ったいまは、私が率先してエクストリームエンデューロ界を全国的に盛り上げることが使命だと思っています。         そして、ほか頑張っている若手に技術を伝え、そして後輩達にもこの世界で頂点を目指して日本のハードエンデューロシーンを盛り上げて欲しい。      
そのための土壌作りと方策を日々考え、取り組んでいます。

HISTORY

CATEGORY

COMMENT

TRACK BACK

FAVORITE

北海道ツアー日記 その2

北海道に行って、帰ってきて早や一週間経ってしまったわけですが、その間仕事に研修にCGC夜のエンデューロお手伝いなどなど、殆ど自宅に居ない一週間を過ごしてました       それに加えて慢性的な寝不足で体調崩しそう       今日からちょっと生活のリズムを戻そ        あ、CGC参加の皆さん、たいへんお疲れ様でした!       参加者全員の熱い走りを拝見してましたが、ホント重いトレール車でも頑張ってる人が多くて、エンデューロって人気あるんだな~と再確認しました         パドックの夜店みたいな雰囲気も見てて面白かった       特に団体戦っていいよね ^ ^       なみあいのコースも認知度が徐々に上がってきたし、行ったみんなが絶賛するオモロイコースと、パドック周りも綺麗でバイクも体もちゃんと洗える抜群のホスピタリティを備えてるので、興味ある方はぜひ行ってみて        

 

さて、北海道ツアーの続きです     9月4日金曜日   朝8時起床 すぐバイキングで朝食     9時ジャストには今回北海道に行くキッカケを作っていただいた沖村さんが到着       今日はいい年したオッサン2人で、初対面にしてデートとお泊り        ぼく、大丈夫かな・・・なんてちょっと不安が (笑)          
その沖村さん   たいへん穏やかな人物ながら、トヨタランクルにトレーラーを引張るワイルドなスタイルであったが、これがそのあとにもっとワイルドなことになるとは、このときに思いもしなかった

今回の旅はバイクがメインなので、いろいろ何処を観光したいかということは全く考えておらず         ただ見知らぬ道を景色見ながらブラブラ走ってるだけで好きな人なので、特にリクエストはしませんでした
でも、とりあえず小樽に行こうかということで一路目指す        小樽到着後、市街地観光に繰り出したとたん、最初は曇っていた天気だったが少しずつ降り出し、やがて雷とともに土砂降りに

おっさんデートの初記念写真     初々しいですな     
ふと立ち寄った観光案内所で無料の傘を貸し出してもらって非常に助かった       傘さしながらの小樽観光もなかなかオツでした     ガラス細工とか有名なんですね       

 

     
ふと立ち寄った六花亭で、昨日浅水さんが激怒したソフトクリーム事件を思い出す     私が代わってここでリベンジ        ココはちゃんと満足の味と量でございましたので、すぐ顔本にアップ     浅水さんの神経を逆撫でしてしまった かな? ^ ^;;;;

その後は道に迷い、迷った先の漁港でお昼ゴハン    
 店に入った途端に中国人の団体さん到着     タイミングが少し悪かった       大量のお客さんに備えて店内でバンバンに魚焼くのはやめてくれ と思ったが後のまつり     程よく全身燻されて昼食終了         それから積丹半島目指すも、ここで沖村さんの車にトラブル発生     トレーラーのヒッチがもげそうになったまった
旅にトラブルはつき物なんだがこれはかなり危険な状態なので、午後は小樽市内の鉄工所や車屋さん巡りとなる

 

  
ちょうど3件目にお邪魔した、大変失礼ながら絶対に営業していないかと思われた鉄工所の社長さんが、たいへん気前良く修理してくれた         「千円でやっちゃるで」 とかおっしゃってて、なんて男前な方なのでしょう

打越鉄工所様         これでなんやかんや2時間くらいかかったかな?     思ったより亀裂も重症で、溶接してなかったら本当にトレーラーを分離発射してたかもしんね         最悪の事態が回避できて良かったなも

 

その鉄工所の向かいに立ってた築何年なの? っておうち   ちゃんと綺麗にしてお住まいでした

      
そんなことで、あっという間に午後終了      今日の宿泊先の定山渓温泉へ向かう      ここでもわんさか中国人観光客到着に鉢合わせ      ココは本当に日本か?と勘違いするほどだった
定山渓のお湯は全く癖のない、温泉臭も殆どしない湯なんだが、源泉の温度が70度オーバーなのでまあまあ熱いのだ       
ほんでもって掛け流しなので、そんなに常時わんさか注いでる訳ではなく、冷ましながらチョロチョロ入れてる感じかな     でも、まあまあでしたね

リボンナポリン   北海道限定のコレ、大好きなんですよ      風呂上りの晩酌

夜は気温15度くらいだったかな     とても涼しくて快適      夜のバイキングもなかなか     あれで朝晩飯付きで8千円しなかったと聞いて驚いた
でも、翌朝のバイキングは朝6時半からスタート早々大混雑で、もの凄い行列         何とか私は食べれたけど、出発が予定より30分ほど遅れた       さて、いよいよ本来の目的地、元気村にゴーです

続く。   
              

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2015/09/15 11:54:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:  コメント(1) 

bikeplus

<<  2015年9月  >>


12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

COUNTER
今日 : 0
昨日 : 0
合計 : 0

READER

ARCHIVE
2017年02月 (5)
2017年01月 (5)
2016年12月 (5)
2016年11月 (4)
2016年10月 (5)
2016年08月 (1)
2016年06月 (4)
2016年05月 (11)
2016年04月 (12)
2016年03月 (11)
2016年02月 (12)
2016年01月 (10)
2015年12月 (9)
2015年11月 (6)
2015年10月 (11)
2015年09月 (10)
2015年08月 (10)
2015年07月 (10)
2015年06月 (8)
2015年05月 (10)
2015年04月 (8)
2015年03月 (9)
2015年02月 (8)
2015年01月 (7)
2014年12月 (9)
2014年11月 (8)
2014年10月 (12)
2014年09月 (12)
2014年08月 (8)
2014年07月 (7)
2014年06月 (10)
2014年05月 (11)
2014年04月 (14)
2014年03月 (12)
2014年02月 (8)
2014年01月 (13)
2013年12月 (13)
2013年11月 (11)
2013年10月 (10)
2013年09月 (8)
2013年08月 (11)
2013年07月 (12)
2013年06月 (13)
2013年05月 (11)
2013年04月 (12)
2013年03月 (8)
2013年02月 (7)
2013年01月 (9)
2012年12月 (8)
2012年11月 (6)
2012年10月 (6)
2012年09月 (7)
2012年08月 (6)
2012年07月 (8)
2012年06月 (9)
2012年05月 (9)
2012年04月 (8)
2012年03月 (11)
2012年02月 (8)
2012年01月 (13)
2011年12月 (11)
2011年11月 (11)
2011年10月 (12)
2011年09月 (8)
2011年08月 (7)
2011年07月 (11)
2011年06月 (8)
2011年05月 (15)
2011年04月 (10)
2011年03月 (7)
2011年02月 (9)
2011年01月 (11)
2010年12月 (10)
2010年11月 (9)
2010年10月 (14)
2010年09月 (7)
2010年08月 (13)
2010年07月 (8)
2010年06月 (13)
2010年05月 (13)
2010年04月 (12)
2010年03月 (19)
2010年02月 (15)
2010年01月 (15)
2009年12月 (22)
2009年11月 (16)
2009年10月 (14)
2009年09月 (14)
2009年08月 (14)
2009年07月 (11)
2009年06月 (9)
2009年05月 (12)
2009年04月 (12)
2009年03月 (14)
2009年02月 (15)
2009年01月 (16)
2008年12月 (13)
2008年11月 (16)
2008年10月 (17)
2008年09月 (12)
2008年08月 (13)
2008年07月 (19)
2008年06月 (20)
2008年05月 (20)
2008年04月 (14)
2008年03月 (19)
2008年02月 (11)
2008年01月 (14)
2007年11月 (4)

LINKS

MOVIE

QR-CODE