PROFILE

お名前:ロッシ高橋
性別:男性
生年月日:1969年01月25日
出身地:三重県
自己紹介:
所属チーム

チームBETAエンジョイズ

デモチーム トライアルエクスチェンジ風の会W1レーシング の4番 


搭乗マシン

・BETA RR2T300-one


ほか

・YAMAHA YZ250FX-one
・GASGAS TXT280RF
・SUZUKI ADDRESS V50W
・HONDA APE (笑)

経歴

・G-net ハードエンデューロ 全日本選手権 2014年~2016年チャンピオン
・第2回,第3回全日本ヒルクライム選手権 エキスパート全日本チャンピオン
・2014 ハードエクストリームGEKKOONE チャンピオン  
・ブルーモリス社(スキーボード) 元スキークロス専門ライダー
・カイダック倶楽部 現書記長
・モーターホーム旅男


まずは、ミスタースズキ 水谷勝氏を代表とするボランティア団体「風の会」の活動に賛同し、私もそのチームに属することによって、精力的にバイクの普及・認知に貢献するボランティア活動をしております。   風の会の詳細はコチラ → http://kazenokai.org/index.html

自己紹介   バイクとスキーの2足のわらじを履いて、ダブルライダー ロッシと称すること約20年以上。  だって、名前がヒロシなんだもん。    ちなみにバレンチノ・ロッシの真似ではありません。    はるかに僕のほうが年上だし、使いはじめたのも僕のほうが早いのだ。   

トライアルバイクはデモのほうが忙しくなり、国内はもとより時には海外(マレーシア、韓国)でもその腕前を披露しました。       なお、国内では東京と大阪でしか開催されないモーターサイクルの一大イベント  大阪モーターサイクルショーではトライアルプロモーション様の協力で、「2007年から2013年まで連続してトライアルショーを担当させていただきました。   

2016年の夏 エンデューロバイクは永らく親しんだヤマハを離れ、ベータモータージャパン様の完全サポートを受け、史上最強難所系2ストロークバイク BETA RR2T300-one
 を駆り、中年の星として全国各地でお騒がせしています。
      
その他に、2006年に世界初のスクーターによるシンクロナイズド・ウイリーチーム「風の会W1レーシングチーム」を、水谷勝氏の協力で立ち上げ、各地のイベントでトライアルとセットにしたデモを展開中。      神業的な技術を駆使し、4人の天才ヘッポコライダー達が、コミカルに息のあったウイリーを奏でる姿を、是非ともご覧になってほしのあき。        

そしてスキーのほうは、国産メーカー「ブルーモリス社」のスキーボード専属ライダー(99~08)でした。      それまで、スキーは殆どやったことが無いド素人が人気のクロス競技で頭角を現し、競技挑戦3年目の2003年に全日本ランキング2位にまで上り詰めるも、同じチームメートに無敵なライダー(ライダー・JOE)が居たことで、ことごとく優勝を阻まれる。        しかし彼のみならず、他にも国内トップクラスの変態チームメートが居たお陰で、極めて短時間でスキーのノウハウを吸収できたことに、大いに感謝している。

カイダック倶楽部(KDC)とは     アクリル変性高衝撃塩ビ板、通称カイダック板を用いた工作倶楽部のことである。           中部地方で密かに流行していたDIYなのだが、素材がゲットしにくいにもかかわらず、私の知らない間に部員が全国的に増殖中なのである。

モーターホーム「バーストナー・エレガンスⅠ690」でぶらりと気ままに旅をするのが最近のライフスタイル。      大会のついでにちょいと温泉へ、とか 美味しいもの食べにちょいと遠方へ、とか 好きなときに好きな場所へ行けるこの車が何よりダイスキ!        最近は宿泊先でゆっったりと車中ホームシアターを楽しんでいます。      但し、デカいので、いろいろ気をつかうことも多いけど、この大きさに慣れたので次は8メートル級を飼いたいが、嫁さんの反対にあい意気消沈。   今はニースマンビショフに夢中・・・   

そんな波乱万丈な人生を歩んでいますが、今一番ホットなことは、ヒルクライム。
誰も登れない急坂を、一筆書きの如く鮮やかに制覇し、そして喝采を浴びることに、ひたすら情熱を注いでいます。         難しいセクションとコンディションになればなるほど圧倒的な技術力で撃破し、ギャラリーを盛り上げること。     そんなしょうもない、くだらないコトが今一番の 自分の生き甲斐でもあり、喜びなんです。
その努力の甲斐あって、2014年 ついに全日本ヒルクライム選手権の最上級クラスでチャンピオンを獲得!

人生は一度きり。     いつ死ぬかなんて分かんないから、体が動けるうちに一生懸命遊んで、仕事して、金使って  破産しない程度に贅沢すること。      40代になって、そのことを痛感しながら日々生きています。   

最後に Gネットシリーズで全日本チャンピオンを獲ったいまは、私が率先してエクストリームエンデューロ界を全国的に盛り上げることが使命だと思っています。         そして、ほか頑張っている若手に技術を伝え、そして後輩達にもこの世界で頂点を目指して日本のハードエンデューロシーンを盛り上げて欲しい。      
そのための土壌作りと方策を日々考え、取り組んでいます。

HISTORY

CATEGORY

COMMENT

TRACK BACK

TOTAL: 1,191件 [ 10/120 ]
<< 前へ 567891011121314 次へ >>

ピストン交換

 YZFX君のリニューアルに伴ってサスペンションは技術的サポートをしていただいているテクニクスさんのところに既に旅立っており、自分で出来るエンジンの腰上整備を実施


ちょうど一年乗ったからこんなもんか

腰上整備は確かに2ストよか面倒だけど、一年に一回これやっとけば、あとはオイル替えるだけで充分やし、なにより2ストみたいに性能の劣化を殆ど感ないのが4ストのいいところ





バルブも外してみるかな



まずまずのカーボン付着です

これをドリルの先端に挟んでジョリジョリ削るのだ 

   


そうそう、外したピストンですが


こんな感じです   左がFX  右が今回投入の16F用     ちょっと薄くなりましたね      カ〇ヤさんの頭〇部のように・・・・  汗

重量も測ってみた



20グラムもの軽量化を達成!!    やりぃ 

これがどれほどのレスポンス向上になるのか、楽しみです



   

  

穴という穴を綺麗にしたった    スッキリ 

あとはリニューアルされたテクニクスチューニングサスペンションを待つのみ       
何度も言うよ     テクニクスチューニングはバイクがまるで高級車のようなゴージャスな乗り心地に変身し、尚且つどこでも地面に吸い付いて走る魔法のサスに変身するのです      僕の登坂力のアドバンテージは、この魔法の足に支えられているのです         ま、機会が有ったらぜひ乗ってみてネ

それはそうと、来週のスクールに間に合うかな~ ^ ^ 。





 









このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/02/18 23:02:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ヤマハYZ250F&FX   コメント( 3 ) 

5年ぶりの白馬と座間さんとの再会

 会社の同僚と白馬2デイズに逝ってきました        自身のスキー統計を見ると、2011年1月以来の白馬でした        その後2012年に岐阜へ一回を最後に、完全に雪山から撤退      あんなに雪山に逝きまくってたのに、エンデューロ転向をきっかけに、完全に遠ざかっちゃいました          
しかし、久しぶりに会社の同僚に誘わたので、気分転換に逝った次第 


天気は曇っててよかったんですが、雪質が終始カリカリで微妙な感じでしたね




 

白馬に棲むスキーボードの神様 座間さんとも6年ぶりくらいに再会!           
今はニセモノスキー協会のナンバー3として、モノスキーに夢中みたい       ブルーモリスからもうすぐその新製品が出るみたいですよ
因みに、白馬の国道沿いの神城にあるザマーン工房では、座間さんの芸術作品が多数展示されています


しかし、夜勤明けでフラフラになっての初日は結構キツかった     なにせ久しぶりに履くブーツに足が馴染まず強烈にしびれまくるし、ちょっと不安だったスキー板もプラスチック部分が微妙に割れるし       なかでも一番参ったのはコレ


ゴーグルの裏側のスポンジがカステラみたいになってて、砕けた粉が目に入りまくり      頭にきて途中でスポンジを取っぱらったら、今度は直に当たる頬が痛いのなんの       完全に参りました

おまけに、咲花のパークで座間さんが「あのバンクをカーブせずに飛び出すと、ジャンプできておもろいで」っていうから、下見無しの一発目から気分よくやったら、なんてことはない 
ジャンプした先はガケまっしぐらだったという素晴らしいオチが待ってました ^ ^;;;       相当ゴロゴロしながら転落しましたが、まったく怪我しなかったのは本当に奇跡かと      ヘルメットを被っていたからというのもあるけど、今日は3回くらいヘルメットに救われたかな         備えあれば患いなし とは良く言ったものです        




座間さんの工房では鉄とガラス細工のアートがいつでも見れますし、体験で作ることもできます   

座間さん作品満載の、村の鍛冶屋     ぜひ寄ってみてはいかがですか?

      


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/02/16 22:54:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: SKIBOARD   コメント( 2 ) 

FXリニューアル

 明日の練習を最後に、FX君をフルオーバーホールします
サスペンションはテクニクスさんに出して、エンジンは腰上だけ自分でやります
そこで、ちょっと楽しみな改良を施してみます


まずは2016年YZ250F用の新型軽量ピストン投入        かなり軽い老けになるとか ^ ^

それに伴って、圧縮も少しいじってみます     テスト結果は早くて再来週かな      どうなるかな~。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/02/12 23:07:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ヤマハYZ250F&FX   コメント( 3 ) 

なにかと整備デー

まずはFXにザムジャパンさんの扱うCLブレーキパッドを装着         このメタルパッドは雨でも晴れでもメッチャメチャ効きますねん          結構トライアルチックにズバっと効くので、いつでもジャックナイフできまっせ       

 




次はちょこっとハイエースの静音化       前から気になってた部分なんだけど   
写真では分かりにくいかな


フロントのドアの内貼りをめくってます  黄色いのはスピーカーです    鉄板の内側と樹脂の内側にもたっぷり細かいスポンジを詰め込みました      これだけで、かなりの静音効果です           コレが有ると無いとでは、外に漏れる音が全然違いますよ     ドアを閉める音さえも変わりました

それと、前から気になってた部分の改良をば


ハイエース200系の皆さん、コレご存知ですか?        後ろのドアノブのこの部分        ほんのちょっとだけアレするとアレできちゃうんです       なので、詳しくは書きません
    防御方法として、内側にちょっとした加工を施しました
この加工は聞きたい方にだけ教えることにします


最後はバイク用エアモニの充電     USBから電源をいただきます     結構保つんだけど、たまにはやっとかないとね

そんな、整備に費やした一日でした。








このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/02/10 23:05:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: その他   コメント( 0 ) 

アンケートの結果が出たようです

 今まで有りそうでなかったモノ         世の中にはトライアルライダー向けのテクニックDVDは沢山あるけれど、エンデューロのテクニックヴィデオって有るのかな?           特にハードエンデューロに限っては、もはやトライアルのテクニック無しでは辛い時代に一気に突入してしまった感が無きにしも非ずですね                でもね、同じテクニックを使っても、トラ車でやるのとオフ車でやるのはまるで違いますからね            

そこで、ザ・ハードエンデューロライダー向けのテクニックDVDの制作が動き出したわけです        アンケートにご協力してくださった沢山の方々、どうもありがとうございました!

撮る場所はもう決まってるんだけど、細かい詰めの作業があって、発売はどうだろ     夏くらいまでには出したい感じですがね          ヴィデオに登場する生徒さんもオーディションしないといかんし・・・・  やっぱ出川さんみたいなリアクションの素晴らしい方がいいなぁ  





あ、でもこういう絵は無しの方向で  (汗) 
       
いやそれにしても  ヤマハフェンダーのい耐久性は素晴らしいね     これでも割れないんだもんン。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/02/09 23:30:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ハードエンデューロネタ   コメント( 2 ) 

京都遠征

 今日は、京都にあるトライアルパークに行ってきました     ここは珍しく、エンデューロタイヤでも走れる唯一のトライアルパークなんじゃないかな         なので、ちょっと小難しい練習がしたくなったらココに行くことにしています      


安田さん、お写真拝借しましたよ~     
気温は低いしなかなかグリップもヌタっていたんで、難しかったなも
そんでもって、滋賀のごっちゃんファミリーにもシバかれたなも     いろいろありがとうね



この写真の左側    結構ガケになってるとはつゆ知らず、バイクがボテっと自然に転倒したはずみでヘルメットがコロコロ転落していきました(泣)          金子師匠のヘルメットも私のミスで転がしたことがあったけど、あれと同じくらいの転がり様でした        なお、アライヘルメットは転倒した際に応力を分散させるためのラウンド形状になってます    なんで、転がった際は特に飛距離が出るんで、とってもオヌヌメです ^ ^

あと、僕のYZFX君     今日初めて木の葉のように舞いました      佐賀大和は裏返ったけど、木の葉舞はハスクの時に一回やったっきり     なので4年ぶりくらいだろうか       思わず「あーYZ ごめん!!」 って叫んじゃった      あの一回だけは勢いで超適当に逝ったんだよね       ダメだなー      なんか当たった木に「ロッシ散る」とか落書きしてたみたいだし・・・   

今日練習したヒルは結局、ぜんぶタイヤ一本分のベストラインを通さないと逝けないモノばかりだったな         宿題は残してこなかったから良かったけど、なんや良く転倒した一日やった   けど、怪我しなかったから良しとしておこう。 



このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/02/07 23:19:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ハードエンデューロネタ   コメント( 3 ) 

エアモニマニア 

 エアモニマニア          プロテクタさんが商品化しているタイヤ空気圧・温度監視モニタリングシステム        僕はそれを付けている人を、「エアモニラー」と呼ぶことにしました           私が第1号です   2号は兵庫    3号は浜松辺りに生息していると推測してます       反応してくれるかな? (笑)

YZ250FXに先行して付けているのは、すでにご存知の通り


昨年これを北海道に持って行って初めて取り付けたときに、早速パンクしたというエピソードがありまして       やたらピーピー鳴ったな~と思ったらちゃんと知らせてくれてました
それ以来、絶大な信頼を寄せてます

でも、バイクレースの際は、アラームが鳴ったときはすでに手遅れかもしんね        でも、例えばツーリングのとき、スローパンクとかなら早期発見ですぐにバイク屋に飛び込めるから、そういう使い方が一番いいかも





ハイエースに付いているときの模様      

車に付けている理由は前にも説明した通り、特に高速走行中のバーストに警戒しています



エレガンス号にも、もちろん装着        どちらかというと、ハイエースよりエレガンス号のほうがちょっと心配         大型キャンピングカーのタイヤバーストは結構聞くので、もう頻繁に空気圧と温度をチェックしますよ            ま、設定した値を上回っても下回っても知らせてくれますけどね  

あと、たまにしか乗らないから、乗るたびに空気圧が常時監視できて楽チンってのもありますね


ということで、あなたもエアモニラーの一員になりましょう ^ ^ 。






このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/02/04 23:33:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: PRO-TECTA エアモニ   コメント( 2 ) 

ヒンソンクラッチ テスト結果

今だから言えますが、 実は最初に付けた際におかしなことがありまして         ギアを入れてもまるでニュートラルみたいな感じだったのです       慌ててまた組みなおしても結果は同じ
ひょっとしてこんなもんか?    って、まずは最近頼りになる総帥に電話  そして、輸入元の方にも相談        うーん、ちょっと冷静になってもう一回後日良く見てみようってんで、バラした結果・・・

   

写真のバスケットの裏側に純正のギアを移植しなければいけなかったのですね     
ちゃんと説明書に書いてあったっちゅうねん   英語だったけど ^ ^ ;;;         皆さま、どうもすみませんでした         そりゃいつでもニュートラルやっちゅうねん


そして、テストしてきました       絶賛開拓中のいなべで しかもいきなり開拓したばかりのモンキーヒルとやらで   
いやー、笑っちゃいましたね        石鹸の上でも走ってるのかと思ったら、実はクラッチが滑りまくっていました      車庫でちょっと調整した際にはわからんかったね          その後調整に約一時間           僕の油圧クラッチはコンマ数ミリ単位で切れが変わるんです     でも、一回位置が出たらバッチリなのです


さて、一言で言えばですね     やはり究極のクラッチでしたよ         シルクのようなタッチと使いやすい半クラッチ領域、そして完璧な繋がり        さすがです   

ちょっと話は逸れますが、世の中には知らなければ幸せなことが多いと思います        YZFXはそれこそ純正でも充分な戦闘力があります 
しかし、例えばいま僕の付けているテクニクスチューンのサスペンション      ニューテックのエンジンオイルや添加剤     IRCのテストタイヤ     そして今回のヒンソンクラッチ
これらの製品のズバ抜けた性能を知ってしまえば、もう後戻りはできない領域に踏み込んでしまうのです           今まで苦労して行けなかった場所が、本当に何をしなくてもマシン任せで逝ってまう                勝つためには必要なモノばかりなのです               会場で僕を見つけたら、いつでも気兼ねなくこのバイクに乗ってみてくださいね                        間違いなく変なモノが見えるはずですから(笑)
 
クラッチも市販品が決して悪いわけではありません     でも、その精度と耐久性においてまるで比較にはならないのです        それと、説明書に書いてないかもしれないのですが、クラッチコルクの素材のこと     オーガニック素材で、エンジン内部に悪さしないモノだそうな     
それともう一つ、クラッチのバネ        高熱にさらされても変化しない特殊なモノだそうな       僕の競技ではそこまで酷使しないだろうけど、それらは全てAMAで磨かれた技術の積み重ねなんだって                  

納得だわ。     
   


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/02/01 23:04:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: motozen ヒンソン   コメント( 3 ) 

ミッション コンプリート

 今日も引き続きハイエースのことでバタバタしていました
まずは保険屋さんで新しいプランの検討    同じ条件なのに、ナンバー変わっただけでおよそ5万も安くなっちゃいました    なんじゃそりゃ

次は最寄りのインターチェンジへ    昨日やり損ねた車種区分証明書を貰うためです
こんなモノでした


ちゃんと室内もチェックも受けて、無事に工作車のお墨付きをいただきました

それから黄色い帽子へ行ってETC変更手続きね        事務手続きに2700円も支払って、ようやミッションすべて完了         

一連の手続きやってて思ったけど、こんなんだったら最初から100万くらい高くなってもキャンピングカー買ったほうがはるかに楽ですな           しかし、100系みたいにキャンパーベースのディーゼルを未だに出さないのはなんでかな?         


常滑ニャン   もう、遠方に行っても事故りませんように。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/01/29 22:36:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ハイエース200系   コメント( 4 ) 

2年越しの計画実行

 今日はまるっと半日、陸運局にいました    しかも、夕方5時近くまでかかっちゃって、まさかの最後の1人になってしまったという         それほどに時間がかかってしまいました         まあ、想定内ではありましたが


いったい何をしていたかというと


1ナンバーから8ナンバーの工作車に登録を変更しに行ったのです       
新車で購入してから、ちょうど2年       何が不満かというと、高速道路は中型扱いなのが我慢ならなかったのです       しかも次から1年車検        もうたまらん

ということで、写真の状態が搬入前の姿        ネットで調べたら0.5㎡の作業机と万力があれば良しってはずだったけど、違うんだな         持っていったらいろいろ突っ込まれまくりでした

まず作業机自体、高さが50センチ超えたら3方向を覆わないといけないとか(それ以下なら要らないだって・・ 知らんがな)         あと床面積が広すぎるので0.7㎡程度の棚を増設してもらわないといけないとか          とにかく寸法を測ることに相当な時間を費やされ、業務終了4時の1時間前にそれらをまとめて指摘されて、いや焦りましたね             慌ててコーナンに行ってプラボード買ってチャチャっと工作して       棚はベッドに使っていたものを移植して     
はひ~、何とかパスできました



こんな感じオッケーでした     マジでおしっこチビリそうでした       今日ダメだったら、また明日だもんな      それは無理


  

激戦を物語る赤字ボールペンの嵐           まあでも、これでキャンピングカーも工作車も自分で全部改装して登録までできたので、自信にはなった      店やるか?  なんてね    

最後にETC変更して終了のはずが     これまたお店で1時間程度待たされた挙句 「車種区分証明書」なるものが必要だそうな         最寄りのインターに取りにいかないといけないみたい      

ということで、本日は時間切れ     結構疲れました

あと大事なことは任意保険       切り替えがうまくできない会社があるから気をつけてください     1から8への乗り換えではなく、用途車種変更という技で従来の割引率が引き継げるはずですが、今までお世話になった会社では駄目でした               いろいろあるんだなも               

因みにかかった費用は
自賠責36120  重量税24600  ナンバー代1440  検査料1700  検査登録料400  用紙代35
総額64295万円天でした        

参考までに 

 




むふふ ^ ^ 。
     

     



     
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/01/28 21:33:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ハイエース200系   コメント( 2 ) 
TOTAL: 1,191件 [ 10/120 ]
<< 前へ 567891011121314 次へ >>

<<  2017年6月  >>




123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
COUNTER
今日 : 0
昨日 : 0
合計 : 0
ARCHIVE
2017 年 06 月 ( 5 )
2017 年 05 月 ( 6 )
2017 年 04 月 ( 6 )
2017 年 03 月 ( 5 )
2017 年 02 月 ( 6 )
2017 年 01 月 ( 5 )
2016 年 12 月 ( 5 )
2016 年 11 月 ( 4 )
2016 年 10 月 ( 5 )
2016 年 08 月 ( 1 )
2016 年 06 月 ( 4 )
2016 年 05 月 ( 11 )
2016 年 04 月 ( 12 )
2016 年 03 月 ( 11 )
2016 年 02 月 ( 12 )
2016 年 01 月 ( 10 )
2015 年 12 月 ( 9 )
2015 年 11 月 ( 6 )
2015 年 10 月 ( 11 )
2015 年 09 月 ( 10 )
2015 年 08 月 ( 10 )
2015 年 07 月 ( 10 )
2015 年 06 月 ( 8 )
2015 年 05 月 ( 10 )
2015 年 04 月 ( 8 )
2015 年 03 月 ( 9 )
2015 年 02 月 ( 8 )
2015 年 01 月 ( 7 )
2014 年 12 月 ( 9 )
2014 年 11 月 ( 8 )
2014 年 10 月 ( 12 )
2014 年 09 月 ( 12 )
2014 年 08 月 ( 8 )
2014 年 07 月 ( 7 )
2014 年 06 月 ( 10 )
2014 年 05 月 ( 11 )
2014 年 04 月 ( 14 )
2014 年 03 月 ( 12 )
2014 年 02 月 ( 8 )
2014 年 01 月 ( 13 )
2013 年 12 月 ( 13 )
2013 年 11 月 ( 11 )
2013 年 10 月 ( 10 )
2013 年 09 月 ( 8 )
2013 年 08 月 ( 11 )
2013 年 07 月 ( 12 )
2013 年 06 月 ( 13 )
2013 年 05 月 ( 11 )
2013 年 04 月 ( 12 )
2013 年 03 月 ( 8 )
2013 年 02 月 ( 7 )
2013 年 01 月 ( 9 )
2012 年 12 月 ( 8 )
2012 年 11 月 ( 6 )
2012 年 10 月 ( 6 )
2012 年 09 月 ( 7 )
2012 年 08 月 ( 6 )
2012 年 07 月 ( 8 )
2012 年 06 月 ( 9 )
2012 年 05 月 ( 9 )
2012 年 04 月 ( 8 )
2012 年 03 月 ( 11 )
2012 年 02 月 ( 8 )
2012 年 01 月 ( 13 )
2011 年 12 月 ( 11 )
2011 年 11 月 ( 11 )
2011 年 10 月 ( 12 )
2011 年 09 月 ( 8 )
2011 年 08 月 ( 7 )
2011 年 07 月 ( 11 )
2011 年 06 月 ( 8 )
2011 年 05 月 ( 15 )
2011 年 04 月 ( 10 )
2011 年 03 月 ( 7 )
2011 年 02 月 ( 9 )
2011 年 01 月 ( 11 )
2010 年 12 月 ( 10 )
2010 年 11 月 ( 9 )
2010 年 10 月 ( 14 )
2010 年 09 月 ( 7 )
2010 年 08 月 ( 13 )
2010 年 07 月 ( 8 )
2010 年 06 月 ( 13 )
2010 年 05 月 ( 13 )
2010 年 04 月 ( 12 )
2010 年 03 月 ( 19 )
2010 年 02 月 ( 15 )
2010 年 01 月 ( 15 )
2009 年 12 月 ( 22 )
2009 年 11 月 ( 16 )
2009 年 10 月 ( 14 )
2009 年 09 月 ( 14 )
2009 年 08 月 ( 14 )
2009 年 07 月 ( 11 )
2009 年 06 月 ( 9 )
2009 年 05 月 ( 12 )
2009 年 04 月 ( 12 )
2009 年 03 月 ( 14 )
2009 年 02 月 ( 15 )
2009 年 01 月 ( 16 )
2008 年 12 月 ( 13 )
2008 年 11 月 ( 16 )
2008 年 10 月 ( 17 )
2008 年 09 月 ( 12 )
2008 年 08 月 ( 13 )
2008 年 07 月 ( 19 )
2008 年 06 月 ( 20 )
2008 年 05 月 ( 20 )
2008 年 04 月 ( 14 )
2008 年 03 月 ( 19 )
2008 年 02 月 ( 11 )
2008 年 01 月 ( 14 )
2007 年 11 月 ( 4 )
LINKS
QR-CODE