PROFILE

お名前:ロッシ高橋
性別:男性
生年月日:1969年01月25日
出身地:三重県
自己紹介:
所属チーム

チームBETAエンジョイズ

デモチーム トライアルエクスチェンジ風の会W1レーシング の4番 


搭乗マシン

・BETA RR2T300-one


ほか

・YAMAHA YZ250FX-one
・GASGAS TXT280RF
・SUZUKI ADDRESS V50W
・HONDA APE (笑)

経歴

・G-net ハードエンデューロ 全日本選手権 2014年~2016年チャンピオン
・第2回,第3回全日本ヒルクライム選手権 エキスパート全日本チャンピオン
・2014 ハードエクストリームGEKKOONE チャンピオン  
・ブルーモリス社(スキーボード) 元スキークロス専門ライダー
・カイダック倶楽部 現書記長
・モーターホーム旅男


まずは、ミスタースズキ 水谷勝氏を代表とするボランティア団体「風の会」の活動に賛同し、私もそのチームに属することによって、精力的にバイクの普及・認知に貢献するボランティア活動をしております。   風の会の詳細はコチラ → http://kazenokai.org/index.html

自己紹介   バイクとスキーの2足のわらじを履いて、ダブルライダー ロッシと称すること約20年以上。  だって、名前がヒロシなんだもん。    ちなみにバレンチノ・ロッシの真似ではありません。    はるかに僕のほうが年上だし、使いはじめたのも僕のほうが早いのだ。   

トライアルバイクはデモのほうが忙しくなり、国内はもとより時には海外(マレーシア、韓国)でもその腕前を披露しました。       なお、国内では東京と大阪でしか開催されないモーターサイクルの一大イベント  大阪モーターサイクルショーではトライアルプロモーション様の協力で、「2007年から2013年まで連続してトライアルショーを担当させていただきました。   

2016年の夏 エンデューロバイクは永らく親しんだヤマハを離れ、ベータモータージャパン様の完全サポートを受け、史上最強難所系2ストロークバイク BETA RR2T300-one
 を駆り、中年の星として全国各地でお騒がせしています。
      
その他に、2006年に世界初のスクーターによるシンクロナイズド・ウイリーチーム「風の会W1レーシングチーム」を、水谷勝氏の協力で立ち上げ、各地のイベントでトライアルとセットにしたデモを展開中。      神業的な技術を駆使し、4人の天才ヘッポコライダー達が、コミカルに息のあったウイリーを奏でる姿を、是非ともご覧になってほしのあき。        

そしてスキーのほうは、国産メーカー「ブルーモリス社」のスキーボード専属ライダー(99~08)でした。      それまで、スキーは殆どやったことが無いド素人が人気のクロス競技で頭角を現し、競技挑戦3年目の2003年に全日本ランキング2位にまで上り詰めるも、同じチームメートに無敵なライダー(ライダー・JOE)が居たことで、ことごとく優勝を阻まれる。        しかし彼のみならず、他にも国内トップクラスの変態チームメートが居たお陰で、極めて短時間でスキーのノウハウを吸収できたことに、大いに感謝している。

カイダック倶楽部(KDC)とは     アクリル変性高衝撃塩ビ板、通称カイダック板を用いた工作倶楽部のことである。           中部地方で密かに流行していたDIYなのだが、素材がゲットしにくいにもかかわらず、私の知らない間に部員が全国的に増殖中なのである。

モーターホーム「バーストナー・エレガンスⅠ690」でぶらりと気ままに旅をするのが最近のライフスタイル。      大会のついでにちょいと温泉へ、とか 美味しいもの食べにちょいと遠方へ、とか 好きなときに好きな場所へ行けるこの車が何よりダイスキ!        最近は宿泊先でゆっったりと車中ホームシアターを楽しんでいます。      但し、デカいので、いろいろ気をつかうことも多いけど、この大きさに慣れたので次は8メートル級を飼いたいが、嫁さんの反対にあい意気消沈。   今はニースマンビショフに夢中・・・   

そんな波乱万丈な人生を歩んでいますが、今一番ホットなことは、ヒルクライム。
誰も登れない急坂を、一筆書きの如く鮮やかに制覇し、そして喝采を浴びることに、ひたすら情熱を注いでいます。         難しいセクションとコンディションになればなるほど圧倒的な技術力で撃破し、ギャラリーを盛り上げること。     そんなしょうもない、くだらないコトが今一番の 自分の生き甲斐でもあり、喜びなんです。
その努力の甲斐あって、2014年 ついに全日本ヒルクライム選手権の最上級クラスでチャンピオンを獲得!

人生は一度きり。     いつ死ぬかなんて分かんないから、体が動けるうちに一生懸命遊んで、仕事して、金使って  破産しない程度に贅沢すること。      40代になって、そのことを痛感しながら日々生きています。   

最後に Gネットシリーズで全日本チャンピオンを獲ったいまは、私が率先してエクストリームエンデューロ界を全国的に盛り上げることが使命だと思っています。         そして、ほか頑張っている若手に技術を伝え、そして後輩達にもこの世界で頂点を目指して日本のハードエンデューロシーンを盛り上げて欲しい。      
そのための土壌作りと方策を日々考え、取り組んでいます。

HISTORY

CATEGORY

COMMENT

TRACK BACK

FAVORITE

走り納め

 本日、SNGの皆さんと走り納めをしてきました         日々進化するのが面白くて、全く飽きません            この調子で頑張れば、来年の今頃はどれぐらい成長してるかな        もういい加減いい歳なんですけど、そんな自分に期待しています

 

そんなことで、五体満足で一年間走れたこと     そして、いろんなことに抜群に恵まれた環境であることに、心から感謝しています          来年もエンデューロはハスクバーナTC250  トライアルデモはガスガスTXT-RAGA280で頑張ります!

今年の更新はこれでラスト             このブログを見てくださっているバイク好きな皆様も、来年は沢山いいことがありますように!!!! ^ ^       

 

お~シャンゼリゼ♪    また行きたいな 

      

ではでは、ちょっと早いんですが、よいお年をお過ごしくださいませ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2012/12/29 23:25:03 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:ハスクバーナ  コメント(3) 

来年の目標

 来年の目標ができました      一部の皆さんはご存知でしょう   あのG-NETがいよいよ全国区になって、G-NET JAPANに姿を変えたんです

概要は、トップ雁さんのフェースブックからコピペします

【2013G-NETの開催について】
今年のG-NET戦を終了した後、その反響の大きさが、大きな動きとなりました。
「うちもハード系やれるよ、一緒にやろうか」
福島、チーズナッツパーク代表、小松さんからの申し出でした。
マウントモンキースクランブル、その名はEDライダーなら誰しも耳にしたことがあるはずです。
その伝説のレースを、G-NET戦として再度開催してくれると言うのです。
「日程さえ合えば、ハードな奴を必ずやりますよ。日本のEDを一緒にもっと盛り上げましょう」
東北大震災、原発の多大な影響を受け、この一年はコース運営も簡単ではなかったはずです。
そんな最中、他に様々なシリーズ戦がある中で、このG-NETを選んで頂いたことを、とても感謝しています。
さらに、話題沸騰のレース「琴引」や、伝統ある四国エンデューロ最終戦「スペシャル」も、新たな仲間へ手を挙げてくれました。
全国には、これだけの熱い主催者がいるのです。
これだけの熱いレースが点在しているのです。
その気持ちに答えるべく、来年からG-NET戦を全国区で展開することを決定しました。
 よって、名称を
「G-NET JAPAN」
と改名、新たな歴史の幕開けとなりました。
 来年は、これまで西日本であった活動範囲から、一気に全国のライダーを巻き込んでの、レース同様ハードな展開をしてゆきたいと計画しています。

注目の「来年の開催予定」ですが、下記のとおり計画しています。
【2013 G-NET JAPAN SERIES】
・第1戦 3/3 サバイバルIN広島         
広島県甲田町 テージャスランチ特設会場 
 主催  SP忠雄広島http://www.sptadao.jp/
・第2戦 5月  マウントモンキースクランブル
 福島県猪苗代町チーズナッツパーク
 主催  チーズナッツパーク         http://www.jcc.aizu.or.jp/chest/index.htm
・第3戦 10/13  琴引マウンテンエンデューロ    島根県飯南町琴弾フォレストパーク  
 主催  琴引MED実行委員会      http://kotobikied.exblog.jp/
・第4戦 11/17 CGC池の平ゲロゲロさわやかED 愛知県池の平ワンダーランド  
 主催  CGChttp://www.enduro.co.jp/
・第5戦 12月8日  四国エンデューロスペシャル   徳島県美馬市 モーターランド美馬
 主催  キントウン  http://www2.netwave.or.jp/~korihey/index.html

以上、G-NET JAPAN全5戦をよろしくお願い致します!
なお、詳しい内容につきましては、G-NET JAPAN HPhttp://www.gero-net.org/ を御覧下さい。

 

とまあこんな感じです    

いまメジャーどころのエンデューログルグルレースではモトクロ出身ライダーに到底勝てる気はしないので、僕はこっちの世界で頑張ることにします

日本のエクストリームエンデューロを盛り上げたい一身で、来年は今以上に頑張ろう        大会に全部出れるかどうかはわかんないですけどね

 

 

あ ^ ^     これ、ほぼ同年代の汚っさんライダーたちです(笑)    みんな好きなんだから♪

僕も負けまへんえ~!     

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2012/12/28 23:07:31 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:ハスクバーナ  コメント(3) 

選択

赤ヘッドの2012’ハスクバーナTCと、IRCの新型タイヤ「ゲコタ」のパッケージは自分にとって最強だと信じています。         でも今日はゲコタからVEに浮気してみました       雨上がりコンディションの確認のためです     結果は・・・

これまた最強でした(笑)     VEって、案外根っこもグリップするもんですね      最近履いてなかったんで、新鮮な驚きでした        あと、黒土ドログリップは完全にゲコタを上回ります      こりゃイイネ 

 

でも良く見たら、ドライブの方向を間違えて組んでた(汗)    またひっくり返さんとさえがイカン

 

あと、今日は黄色さんのオレンジ300にちょっと乗ってみた      感想は・・・

 

ちょっとショックだった        だって、軽いんだもん        でも、アレを3時間振り回すのは大変かな とも思った            TCはエンジン回転がシルキーなので、エンデューロシーンでは絶対疲れにくいと思う          

だから、やっぱ僕は4ストハスクに乗って、2スト勢を蹴散らすことにする。^ ^      

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2012/12/23 23:01:49 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:ハスクバーナ  コメント(2) 

年賀状

 今年は割りと早くに年賀状にとりかかることができました     いつもギリギリなタイミングで作ってたんですが、それではイカンと思いましてね        そういう些細なことを積み重ねて、自分の悪い癖を直さないといけないと常々思っています

作ったパターンは5パターン      友人から、お世話になってるいろんなところに贈らせていただきます       そういや新年まで、あと一週間と少しなんですね        早いもんだなあ          

昨年も書いた気がしますが、僕の年賀状には変なこだわりがあって、宛名はいつも自筆で書きます    あんまり上手な字ではないんですけどね      理由は、今年いただいた年賀を見ながら、その方に思いを馳せながら書くんです      らしく無いことするでしょ

するとね、たまに面白い物がでてくるんです

 

          

まーホントにこの人は笑かしてくれますわ         しかし、良くこれで届いたなと ^ ^

来年もコレで来たら、今度はホントに斬っちうからね(笑)。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2012/12/20 23:23:23 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:その他  コメント(3) 

裏ライン講座

さて、更新です    ←斉藤君のマネ(笑)

いつまでも浮かれてはいられませんので、またバイクネタ復活といきましょうかね    今日は思いつき裏ライン講座です     

まずはこの写真   ※撮影はIRC飯塚さん ありがとうございました!!

 

先日のCGC池の平で出たVAAMヒルです     トライアルの大会でもIAレベルの斜度です       さすがCGC!     ここはみなさん、ど真ん中を狙って逝かれていましたが、このタイヤ痕の残る右ラインはたぶん僕だけのラインかと思います

理由は、まずこの動画の10分15秒からのシーンをご覧アレ    この坂真一(私の知り合い)にそっくりな選手の方、さぞや痛かったでしょう      例にしてごめんなさいね      でも、この切抜き動画が海外で大反響ですね

http://www.youtube.com/watch?v=3MDB7Yqj0-M 

 

 

そして、次の動画は、僕の使ったラインが映っています    10分くらいからです    まずはトライアルIAの川村真理子ちゃん       観客ウケを狙う?ピンクいウェアのヒロキ君     そして、総帥は特にカッチョ良く映ってます!?      なかなかスリリングなセクションだったので、お客さんも盛り上がっています       こういうところは、セクション系レース CGCならではの、お客さんとの一体感のある雰囲気ですね       なんかいいな~

http://www.youtube.com/watch?v=7MhR0PkXZvQ

お分かりでしょうか     真っ直ぐに入ると、必ずバイクが真上に跳ね上がります       そして動画では分からないのですが、着地後も少し登っていて、すぐに深い轍があるんです       魅せる走りに徹するのであれば跳ぶラインを選択しますが、これはレース     できるだけ跳ねさせず、すぐ次の加速に持っていくラインはどこかを探すと、ここになるんです

ただ、やはりこのライン   簡単そうに逝ってますが、キャンバー走行で最後はほぼ直角のステアなんで、見た目結構エグイです         でも、レースの下見ではそんなことを考えながら、自分だけのラインを探して走っています       セクション系エンデューロレースでは、適当に走るなんてコトは有り得ないので、そんなところにハマりましたね

どうです    参考になりましたか? ^ ^     

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2012/12/17 10:32:25 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:ハスクバーナ  コメント(0) 

ラピュタへ

 いよいよ仏ツアーも3回目にして佳境へ     早朝バスに乗って、いざラピュタ帝国(もんさんミッシェル)へ

パリから360キロも離れているので、朝8時出発、帰宅は21時という強行スケジュールでした    6日間滞在して唯一晴れた日という      大天使ミカエルが歓迎してくれたかもしれん        なかなかココまで穏やかに晴れる日は珍しかったそうです

 

この修道院を作るにあたって、ある酷いエピソードがあるのをご存知ですか?     コレを最初に作った人はオヴェール司教という方ですが、彼の夢の中に聖ミカエルという大神様が出てきました       曰く「オイラのために、あの岩山の上に修道院を作ってチョ」とな      司教は、しょせん夢だと最初は信じなかった     そして2回目、ミカエル様は夢の中に現れ、また同じことを言ったそうな      それでも司教は信じず

怒ったミカエル様は3回目、夢の中でいよいよブチ切れ   「このたわけ者! 早よ作らんか!!」 ・・・・と言ったかどうかは分かりませんが、夢ではない証拠を見せるため、司教の頭骸骨に指で穴を開けてまったという          まー恐ろしい神様だこと          そして、その頭に穴の空いたお骨が、モンさんの中で実際に発見されているという     怖い怖い         ※多少脚色は入ってますが、概ねホントの話です

         

コレがミカエル様      かなりデカくてカッチョイイ       コレと同じモノが面白いところに有るんです

        

避雷針の先っちょに居ました ^ ^      ヘリで据え付けたらしい   

この避雷針が無いと、雷の直撃で石を支えている木材が吹っ飛んで建物が崩壊したり、木が乾燥してるんで簡単に火事になるんだそうな         ここに2年も住み込んで研究していた日本人のガイドさんがおっしゃっていた        偶然にも同じ名前(高橋さん)だったので親近感が湧いた以上に、この方の博識がとにかく深くて面白いので、終始話に聞き入っていました      本当に、いいガイドさんにめぐり合えました

       

でも、コレがモノホンのミカエルさん?   見た目の年季がゴイス

        

定番のエッフェルタワーです    近くで見ると

 

    

恐ろしく細い鋼をボルト締めした集合体なんですよ   まあ100年前ですからねぇ

 

さて、こんな感じで仏さんに行って来たんですが         本当の目的は別のところにあったわけで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

ホモなんで内緒にしておこうと思ったんですけどね ^ ^ ← 嘘

また嫁はん共々、仲良くしてくださいな。

               

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2012/12/10 11:39:29 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:  コメント(7) 

仏の続き

 海外逃亡シリーズ第2弾です

ルーブル美術館訪問の後は、しばしギャラリーラファイエット百貨店へ     ヨーロッパ最大級の広さとあって、確かに大きい    しかも、棟がいくつも繋がっているんで、そりゃ広いわな      行った時はちょうどクリスマスだったので、スワロフスキーの恐ろしくデカいツリーがありました・・・・・でも写真がデジカメには無いんだな            代わりにシャンゼリゼのイルミネーションをどうぞ  

これも丁度行ったときに始まったばかりで、ラッキーでした

そして、昼間の凱旋門もどうぞ 

オペラ座の横にホテルがあるんだけど、シャンゼリゼの屋台見ながらここまで歩いて50分はかかったかな    遠かった(泣)

あ、そうそう  通りで見たこの車 なかなか良くないですか?

 

まるっきりドカちゃん車で後ろが不恰好ですが、このデュカトはめちゃ走るんですよ    因みにハイエースは一台も見ませんでしたね

 

コンコルド広場の近くのホテルで人だかりがあったので、しばし観察    誰かVIPが居たみたいで、大騒ぎしてました   ジャンレノか、SNGのおじさんがおったかもしれん(笑)

続く。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2012/12/07 23:37:21 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:  コメント(2) 

海外逃亡より帰還

更新がしばらくぶりになっちゃいました       実は、先月の池の平エンデューロ大会終了直後に、ヨーロッパ遠征していたんです・・・・ というとバイク関係のように思われがちですが、ただの旅行    いや、ちょっと訳ありの旅行!?     ま、どっちでもいいんだけど、無事帰って来ましたので、またいろいろ回想します

その前に、CGC池の平の大会動画がバッサバッサとアップされてるので、いろいろ貼り付けておきます

公式アカウント http://www.youtube.com/user/cgcenduro

ダイジェスト   http://www.youtube.com/user/gnetno1   http://www.youtube.com/watch?v=7MhR0PkXZvQ&feature=youtu.be 

応援している観客の盛り上がりや、ライダーの気合いの走りなど、大会の雰囲気が凄く良く伝わります        そんななかに、たびたび登場する、仮装している人たち(笑)       ホント面白いですね~          大会の楽しみ方は人それぞれ     もっとこのカテゴリーを盛り上げるために、僕も広報役として頑張ろうと思います

 

さて、旅行の話ネ

行き先はフランス   日本とは時差が8時間(あっちのほうが8時間遅い)       ヨーロッパは初めての体験           まずは中部国際空港から羽田へ   羽田からフランスはシャルルドゴールまで、12時間という長時間の空の旅       映画見まくりでしたわ                そして、あちらでの滞在先はパリ中心部にあるインターコンチネンタル ルグランという、なかなか立派なホテルです                 

            

全てにおいて立派とはいえない事もチラホラあったけど、外国なのでしょうがないッスね

到着した日は、夕方になってくると丁度日本時間では就寝時間帯になっちゃうので、宿に着いた途端バタンキュでした       

 

翌日は午前中バスで半日、市街の名所を案内してもらいました    見るもの全てが新鮮 

 

         

道中通ったアンダーパス  あえて説明しませんが、悲劇はこの13番目の柱だったそうです

 

 

昼間っからシャンゼリゼ通り封鎖中!    ガイド曰く、大変な珍事だそうな     なんか外国のBIPが来てたそうで、おかげで各所大渋滞でした

 

 

 

セーヌ河の船    異常に長んでね?     これが河の途中で旋回するのが信じられん

 

 

モンマルトルの丘 サクレクール寺院に居た、生きる像(ただの汚っさん)       最初は本物かと         日本なら、即連行でしょね ^ ^

 

そして、午後からはルーブル美術館へ

 

 

もうね、館内広すぎです       1日で全部見るのは不可能だし、迷路みたいなので出口が分からん  

  

収蔵品は有名なところでモナリザがあるんですが、僕的にはコレが一番はまった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       

 

 

続く(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2012/12/01 13:58:16 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:  コメント(5) 

bikeplus

<<  2012年12月  >>






1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

COUNTER
今日 : 0
昨日 : 0
合計 : 0

READER

ARCHIVE
2017年03月 (5)
2017年02月 (6)
2017年01月 (5)
2016年12月 (5)
2016年11月 (4)
2016年10月 (5)
2016年08月 (1)
2016年06月 (4)
2016年05月 (11)
2016年04月 (12)
2016年03月 (11)
2016年02月 (12)
2016年01月 (10)
2015年12月 (9)
2015年11月 (6)
2015年10月 (11)
2015年09月 (10)
2015年08月 (10)
2015年07月 (10)
2015年06月 (8)
2015年05月 (10)
2015年04月 (8)
2015年03月 (9)
2015年02月 (8)
2015年01月 (7)
2014年12月 (9)
2014年11月 (8)
2014年10月 (12)
2014年09月 (12)
2014年08月 (8)
2014年07月 (7)
2014年06月 (10)
2014年05月 (11)
2014年04月 (14)
2014年03月 (12)
2014年02月 (8)
2014年01月 (13)
2013年12月 (13)
2013年11月 (11)
2013年10月 (10)
2013年09月 (8)
2013年08月 (11)
2013年07月 (12)
2013年06月 (13)
2013年05月 (11)
2013年04月 (12)
2013年03月 (8)
2013年02月 (7)
2013年01月 (9)
2012年12月 (8)
2012年11月 (6)
2012年10月 (6)
2012年09月 (7)
2012年08月 (6)
2012年07月 (8)
2012年06月 (9)
2012年05月 (9)
2012年04月 (8)
2012年03月 (11)
2012年02月 (8)
2012年01月 (13)
2011年12月 (11)
2011年11月 (11)
2011年10月 (12)
2011年09月 (8)
2011年08月 (7)
2011年07月 (11)
2011年06月 (8)
2011年05月 (15)
2011年04月 (10)
2011年03月 (7)
2011年02月 (9)
2011年01月 (11)
2010年12月 (10)
2010年11月 (9)
2010年10月 (14)
2010年09月 (7)
2010年08月 (13)
2010年07月 (8)
2010年06月 (13)
2010年05月 (13)
2010年04月 (12)
2010年03月 (19)
2010年02月 (15)
2010年01月 (15)
2009年12月 (22)
2009年11月 (16)
2009年10月 (14)
2009年09月 (14)
2009年08月 (14)
2009年07月 (11)
2009年06月 (9)
2009年05月 (12)
2009年04月 (12)
2009年03月 (14)
2009年02月 (15)
2009年01月 (16)
2008年12月 (13)
2008年11月 (16)
2008年10月 (17)
2008年09月 (12)
2008年08月 (13)
2008年07月 (19)
2008年06月 (20)
2008年05月 (20)
2008年04月 (14)
2008年03月 (19)
2008年02月 (11)
2008年01月 (14)
2007年11月 (4)

LINKS

MOVIE

QR-CODE