PROFILE

お名前:ロッシ高橋
性別:男性
生年月日:1969年01月25日
出身地:三重県
自己紹介:
所属チーム

チームBETAエンジョイズ

デモチーム トライアルエクスチェンジ風の会W1レーシング の4番 


搭乗マシン

・BETA RR2T300-one


ほか

・YAMAHA YZ250FX-one
・GASGAS TXT280RF
・SUZUKI ADDRESS V50W
・HONDA APE (笑)

経歴

・G-net ハードエンデューロ 全日本選手権 2014年~2016年チャンピオン
・第2回全日本ヒルクライム選手権 エキスパート全日本チャンピオン
・2014 ハードエクストリームGEKKOONE チャンピオン  
・ブルーモリス社(スキーボード) 元スキークロス専門ライダー
・カイダック倶楽部 現書記長
・モーターホーム旅男


まずは、ミスタースズキ 水谷勝氏を代表とするボランティア団体「風の会」の活動に賛同し、私もそのチームに属することによって、精力的にバイクの普及・認知に貢献するボランティア活動をしております。   風の会の詳細はコチラ → http://kazenokai.org/index.html

自己紹介   バイクとスキーの2足のわらじを履いて、ダブルライダー ロッシと称すること約20年以上。  だって、名前がヒロシなんだもん。    ちなみにバレンチノ・ロッシの真似ではありません。    はるかに僕のほうが年上だし、使いはじめたのも僕のほうが早いのだ。   

トライアルバイクはデモのほうが忙しくなり、国内はもとより時には海外(マレーシア、韓国)でもその腕前を披露しました。       なお、国内では東京と大阪でしか開催されないモーターサイクルの一大イベント  大阪モーターサイクルショーではトライアルプロモーション様の協力で、「2007年から2013年まで連続してトライアルショーを担当させていただきました。   

2016年の夏 エンデューロバイクは永らく親しんだヤマハを離れ、ベータモータージャパン様の完全サポートを受け、史上最強難所系2ストロークバイク BETA RR2T300-one
 を駆り、中年の星として全国各地でお騒がせしています。
      
その他に、2006年に世界初のスクーターによるシンクロナイズド・ウイリーチーム「風の会W1レーシングチーム」を、水谷勝氏の協力で立ち上げ、各地のイベントでトライアルとセットにしたデモを展開中。      神業的な技術を駆使し、4人の天才ヘッポコライダー達が、コミカルに息のあったウイリーを奏でる姿を、是非ともご覧になってほしのあき。        

そしてスキーのほうは、国産メーカー「ブルーモリス社」のスキーボード専属ライダー(99~08)でした。      それまで、スキーは殆どやったことが無いド素人が人気のクロス競技で頭角を現し、競技挑戦3年目の2003年に全日本ランキング2位にまで上り詰めるも、同じチームメートに無敵なライダー(ライダー・JOE)が居たことで、ことごとく優勝を阻まれる。        しかし彼のみならず、他にも国内トップクラスの変態チームメートが居たお陰で、極めて短時間でスキーのノウハウを吸収できたことに、大いに感謝している。

カイダック倶楽部(KDC)とは     アクリル変性高衝撃塩ビ板、通称カイダック板を用いた工作倶楽部のことである。           中部地方で密かに流行していたDIYなのだが、素材がゲットしにくいにもかかわらず、私の知らない間に部員が全国的に増殖中なのである。

モーターホーム「バーストナー・エレガンスⅠ690」でぶらりと気ままに旅をするのが最近のライフスタイル。      大会のついでにちょいと温泉へ、とか 美味しいもの食べにちょいと遠方へ、とか 好きなときに好きな場所へ行けるこの車が何よりダイスキ!        最近は宿泊先でゆっったりと車中ホームシアターを楽しんでいます。      但し、デカいので、いろいろ気をつかうことも多いけど、この大きさに慣れたので次は8メートル級を飼いたいが、嫁さんの反対にあい意気消沈。   今はニースマンビショフに夢中・・・   

そんな波乱万丈な人生を歩んでいますが、今一番ホットなことは、ヒルクライム。
誰も登れない急坂を、一筆書きの如く鮮やかに制覇し、そして喝采を浴びることに、ひたすら情熱を注いでいます。         難しいセクションとコンディションになればなるほど圧倒的な技術力で撃破し、ギャラリーを盛り上げること。     そんなしょうもない、くだらないコトが今一番の 自分の生き甲斐でもあり、喜びなんです。
その努力の甲斐あって、2014年 ついに全日本ヒルクライム選手権の最上級クラスでチャンピオンを獲得!

人生は一度きり。     いつ死ぬかなんて分かんないから、体が動けるうちに一生懸命遊んで、仕事して、金使って  破産しない程度に贅沢すること。      40代になって、そのことを痛感しながら日々生きています。   

最後に Gネットシリーズで全日本チャンピオンを獲ったいまは、私が率先してエクストリームエンデューロ界を全国的に盛り上げることが使命だと思っています。         そして、ほか頑張っている若手に技術を伝え、そして後輩達にもこの世界で頂点を目指して日本のハードエンデューロシーンを盛り上げて欲しい。      
そのための土壌作りと方策を日々考え、取り組んでいます。

HISTORY

CATEGORY

COMMENT

TRACK BACK

FAVORITE

風の会出演後、浪合へ

 

 

今年も出演してきました   鈴鹿8時間ロードレース耐久選手権前日の恒例行事「風の会」     水谷勝さんが代表で毎年行っている風の会とは一体何ぞや?   と思われる方はコチラをご覧ください

http://kazenokai.org/index.html

 

ご存知、代表の水谷さん      いつもお世話になってます! 

とにかく素晴らしいイベントです      参加させていただくだけで光栄なのですが、今年も沢山の方々に喜んでもらえたのかなぁ

我々がいつも前座でやらせて貰ってるW1デモですが、今回はアンデュが子育て中なので、代役に弟子のアヤトをデビューさせました        ミノッチが全部フォローしたから良かったけど、アヤトだけだったら2分と保たないデモだった(笑)  

来年はちゃんとターンが出来るように良く練習しときなさい     蜥蜴さんも期待してるよってに(笑)      

 

その後は一路後ろ髪ひかれる思いで、いまエンデューロコースを鋭意開拓中の長野県は浪合村へ      目下有志のみんなで一生懸命作っているのです        ホームページも既に勃ちあがっております

http://iida.miraiserver.com/

 

顔本のほうでも勃ち上がっており、コース動画も続々アップされてますので、良かったら検索してみてね

ここは何しろ綺麗で清潔なキャンプ場が併設されているので、乗ってよし泊まってよしな場所として超お勧め        

駐車場で既に標高1000メートルを超えており(なにせ白樺がある)、先日の8耐の夜は全国的に熱帯夜で皆さんが苦しんでいるなか、そんなモンどこ吹く風よ        半そでが寒いくらいの別世界でした      そんでもって星空が息を呑むほどゴイス          そして山の中にしては虫(アブやブヨ ほんでもって蚊は居ない)も全然気にならないくらいに居なくて、なんだか不思議なところです              家族連れで来ても前日から快適なキャンプが楽しめる、全国的に他では無いであろう画期的なエンデューロコースになる予感がします

コースも着々と製作中なのですが、すでに初・中級者向けのミニコースはできており、追いかけっこ練習とか結構面白い感じ        もちろん上級者だって楽しめる場所はワンサカ有りすぎて困るくらいのフィールドです 

あ、因みにこの場所は雨でも晴れでもIRCのゲコタ系のソフトコンパウンドタイヤが推奨です ^ ^     基本細かい石交じりの土質なので、グリップは良好           固いモトクロ系タイヤは必要以上に掘るから、個人的な意見としてココでは必要なしだと思った     

せっかく開拓に逝ったのですが、余りにも楽しくて写真を撮ってくるのを忘れました    スマソ

次回逝った時はちゃんと忘れずに撮ってきます     

なんせ避暑にはもってこいな場所なので興味を持たれたそこのあなた     ホームページのお問い合わせに連絡してみて、一度開拓のお手伝いに逝かれてみてはいかが?   

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2014/07/29 12:05:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:その他  コメント(4) 

ガラスコーティング施工

 原点回帰シリーズは一時休止     いろいろやること多すぎて心の余裕無し

YZの整備はもちろんだけど、週末は鈴鹿8時間耐久レースの風物詩 風の会デモに出演するため、最近乗ってなかったガスガス君の調整・整備などなど     因みに週末は土曜日に鈴鹿へ行き、風の会デモ終了後は一旦帰宅し、長野県は浪合へ開拓&練習に逝く野田(ロビンソンさんの真似 笑)         楽しみな週末だなも              

さしあたり本日はハイエース君のガラスコーティング剤をすでに購入済みだったんで、重い腰をあげてやることにしました    午前中はちょっと曇ってたので、ちょっとは涼しいかなとは思ったけど全然だった    

       

洗車後の施工前    結構綺麗です     まだ1月に買ったばっかですしね

 

最中   オーニングでも出さないと、もう暑くて暑くてたまらん

 

洗車から始まって下地処理、2度塗り、仕上げまで約4時間で完成     疲れた

 

 

苦労した甲斐あって、艶艶ですがな

しかし、あのコーティング剤 2度塗りしたにもかかわらず、ビンの半分も使わなかったなあ。

 

 

 

 

 

 

   

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2014/07/24 22:58:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:ハイエース200系  コメント(1) 

続 原点回帰なお話 

何故突然に自分の昔を振り返るようなことを書き始めたのか?            これは僕から弟子、もしくは僕を倒そうと意気込む若手? に向けたメッセージです                僕なりの泥臭い不器用な生き方が、コレからを生き抜いていく若手たちの、何かしらのヒントになれば幸いだと思っています               

 

その時代、瀬戸の練習場はいつも賑わっており、当時の日本のトライアル界を代表するヤマハワークスライダー伊藤敦志さんや中川義博さんが練習にいらっしゃる、それはそれは有名な場所でした       今は全く面影は有りませんけどね
そんな場所に僕も足しげく通い、まずは怪しげな叔父様方と出会い、本当に可愛がってもらえました(SPGGさん、山公さん、塚公さん、浅野さん、近藤さんほか水曜界先駆者の方々)       今でもそうですけどね ^ ^     
忘れもしない全日本のデビュー戦   ポイントを獲ったらご褒美やるわ♪ という叔父様方    当時のIBクラスは超激戦で、しかも大会ではIAクラスと全く同じセクションを走らないといけない過酷な時代でした
しかもゼッケンナンバーは257番        普通はデビューしたての小僧は何もできないまま下位に沈むものですが、なんとデビュー戦でいきなり15位ゲット!
見事に1ポイントゲットしてナンデカか祝ってもらった事を覚えてます


          
今思うと、普段の練習でもプロライダーの伊藤さんや中川さんに臆することなく一緒に練習させていただいていた経験が密かに自信となっていたのかもしれない    
特に中川さんにはしつこく付きまとい←ココ重要   勝手に師匠と崇め←ココも重要  当時からあむない一発モノが大好きだった中川師匠に混じって一緒にやってたので←ココ一番重要  巷では「クレイジー高橋」と呼ばれました

でも今は「変態ロッシ」です     

     

大会のウォーミングアップも一緒になって、皆が乗り終わっても最後まで乗ってました       普段の練習だってそう      その姿勢は今もあんまし変わってないかな
ただ違うのは、いつのまにか今は僕が長老クラスになって教える立場になってますけどね 

 

あと思い出すのは、世界選手権に行く直前の成田匠君と長野のイベントで一緒になった時の話       とにかくその頃の匠君は持ってる技術もそうですが、夢で全身がキラキラしたオーラを纏ってた       そんな姿を見て、オレも学校休学して勝手に世界戦のお手伝いに行くんじゃ!    とオヤジに直訴したけどダメやったわ       
横で聞いてた兄貴がオヤジに怒ってたけど、もしもあのとき逝けてたらまた違う人生歩んでいたかもしんねえ           もし行ってたら、当時は結構な数の日本人が世界戦にチャレンジしてたから、きっとオレも  って思ったことでしょう           

そんな今はエルズベルグに逝け逝けと言われますが、10年くらい遅かったぞなもし     エルズに逝くくらいなら、エ〇いトコロのほうが・・・   まいいや                      

  
  
それにしても当時(80年代後半から90年代)はモータースポーツに一番活気が有った時代だったと思います       
そして山に通う僕が一番若かったくらいで、バイクも車も今では全く考えられないくらいボロボロだったけど、大人のスポーツをやってるんだなと実感していました
当時は学生だったしお金は全然無かった筈だけど、大会があれば兄貴に連れてってもらい、一緒にやってた石川忠太郎、アンピョン、寺ピなんかも一緒になって遠征できたので、そんなに苦になってなかった     でもお金は毎月キッチリ使い込んでいたな
その姿勢も当時と何ら変わらない      死んだら終わりやもんね 

    
でも彼等とは遠征に行っては必ず何かを壊して帰ってくるという困りモノで、一番出費が痛かったのは宿の壁にキックして穴を開けたこと          オレがキックしたのは風呂の・・・ ま、それもいいか              

トライアルもかれこれ10年以上にわたって全日本選手権を転戦していました         
結構永い経歴なので戦績はソコソコなものを残しましたが、それもまあいいとして、いつしか選手権ライダーからデモライダーへ転向     その転機になったのはトライアルプロモーションさんのデモをやり始めたことです
とにかくマイナーなトライアルというスポーツを認知して欲しい         広く一般の方にも知ってもらいたい         
そんな思いでやり始めたデモ活動ですが、それがまたいつしか、気が付けば大好きだったトライアルから一時的に季節限定で遠ざかり、そしてどこからどうなってしまったのか        全く新しいカテゴリーのスポーツに飛び込んでチャレンジをすることに

また続く   カモ。

     
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2014/07/17 23:16:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:トライアル  コメント(0) 

原点回帰なお話

 当時私がまだ17歳くらいのときだったと思います          親からの援助は無かったのですが、兄貴のお陰でトライアルバイクに乗ることが出来る幸せな環境でした          なので、兄貴にはホント感謝しています            2人で1台のバイクに乗って練習に行くのは当然として、なんとそれで大会にも出てました          そんな人、昔もいなかったけど今も居ないでしょ           そう思うと今の若い子たちは親にバイクを買い与えられ、早いうちから乗ることが出来て幸せだと思う             でもね、それを買うための苦労も親の思いも分からないから、才能があるのにパっと辞めてしまう子もいっぱい見てきた               そういうのは自分が必死になって働くようになって、自分で欲しいモノを買えるようになるまではきっと分かんないでしょうね    

なので、せめて自分のバイクや用品類の手入れは自分でやるように教育したい(自分に子供ができたらの話ネ)              心当たりのあるそこの若い子 自分のバイクや用品類にちゃんと愛着を持ってるか?         買い与えられたものは最低限自分で整備、清掃しないと上手にはなれないよ        何にもしない親任せではイカンとよ                 

 

話が逸れました    我が実家は結構な田舎なので、バイクで田んぼの畦道を走って練習場に逝ける環境でした          そんなある日、細い道を対抗してくるおかしなバイクが・・         それはRTL250Sでした      正面から見たら正坐して乗ってるみたいに見えたのを鮮明に記憶してます            僕は見て見ぬフリをして一瞬通りすぎましたが(笑)、当然その御方に止められました

「おい待て!  トライアルやっとるんか?  誰やおまえ?」     それがトライアルにのめりこむキッカケとなった師匠、竹内氏との出会いでした         そんなレアなバイク同士が田んぼの真ん中で普通出会うか?    と思うとホント笑っちゃいます        それからは毎週お供させていただき、師匠のテクを盗む毎日でした         まずは見て真似すること         それが今の僕を支えている原点です         でも師匠は当時すでにIB   僕はノービス(今で言うNB)       力の差は歴然ですわな      絶対できないことなんて幾らでも有ったけど、とりあえず同じトコロ走りましたよ           なんせチャレンジすることが重要            テクニックで通用しないならマシンをいじって対抗しようと工夫しだしたのもその頃だったと思う     あとマシンに乗っていないときのウェートトレーニングもやりだした頃かな

そして基礎を徹底的に叩き込まれた後、大学に入って愛知に独り移住          アルバイトしたお金でTY250Sとボロボロのスズキアクティを購入し、瀬戸のとある練習場に出没するようになりました

そこでまたいろんな方々と、今後の私の運命を左右する沢山の出会いがありました

続く  カモ。

 

              

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2014/07/15 23:06:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:その他  コメント(4) 

IRC同士の勝負

 今日はいろいろテストデーと位置づけ練習              程よくシットリ水を含んだ土質だったので、IRCの万能タイヤVE33と、難所系最強GEKKOTAの違いをじっくりと比べることができました

午前中はまずVEで、ヤチからの登り、ガレ、ヒルクライムなど、いろんなラインで攻めるも何かしっくりきません         こういうコンディションなら比較的埋まりそうな泥からの登りとかグイグイ逝きそうだけど、案外そうでもない             土の下に石が隠れてるのも多分に影響しているようです           極めつけは、ゴロゴロツルツル石のグリップのさせ方がとても難しくて、しかも下りなんか結構ハネまくって表面を滑りながら走っていく感じ       なんか怖くて一気に逝けない       

 

そして午後からはGEKKOTAで同じ場所を一通り攻める        あー、そっか       

やっぱオイラはエンデューロをはじめた時からコイツを履かせてもらってたんで、使い方を体で知り尽くしてるんだな           どこ走ってもシックリくるし、ヒルクライムもいつものようにグイグイ加速していきます         ガレは言うまでも無く登り下りとも抜群の安定感だし、ビッシリ濡れ濡れ根っこヒルクライムも全然カンケー無かったなあ          ホンマにすげえタイヤだとあらためて再確認できました

僕は路面と対話しながら走るタイプなので、よっぽど粘土質ニュルニュルで路面を掻き毟って走るしかない場所以外は迷わずゲコタかな。

                     

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2014/07/12 22:42:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:ヤマハYZ250F&FX  コメント(3) 

祭りのあと

先日の土日は、記念すべき第一回中部地区の難所系オフローダー集合イベント その名も「祭」がありました

 

お集まりいただいた方々、そして企画された各チームの方々、そしてゲストライダーの方々 大変お疲れ様でした!!

2日間カンカン照りになることなく、ほど良くシットリドロドロになる、まさにベストコンディションだったのではないでしょうか?           今後は中部でも続けていきたいイベントです

さてここでゲストのお話を少々    九州から昨年度Gネットチャンピオン藤田塾長 中部はお山のファンタジスタ金子師匠 関西からイゴイゴキングのマサル君 カーボン職人大西ジミーちゃん 滋賀の山からは汚山純粋培養ゴッちゃん そして私    Gネットの全日本チャンピオンシップを争うトップ10圏内黒ゼッケン衆がなんと6人も集結しました     大会以外でこのメンツが公に集まることはあまりありません          なので、練習=バトルになることは分かってましたので、タイヤもマシンも当然、本番さながらの仕様です            今回も意地と意地のぶつかり合いで私も2日間楽しめましたわ         特に日曜の昼に下った山は、登りが得意の僕でさえも絶対還れないんじゃないかと思い、生還するのに必死でした          そういうことに長けたマサル君は若いし今後恐ろしい存在になりそうなので、今のうちに芽を摘んでおこうかな(笑)

しかし、昨年度Gネットチャンピオンの塾長はさすがにイベント慣れしてるので、いろいろ仕切ってくれてホント助かりました              次回も強制参加でお願いします!

 

 

 

さて、イベント自体は楽しかったんですが、今回は我が弟子達も参加だったので、自分的に思うことが多々ありましてね    

いつのまにか僕もいい歳だし、ちゃんと後輩にいろんなことを伝える立場になってきちゃったのかもね          次回から少し、私が今までやってきたこと        トライアル、スキークロスの攻略法なるもの          思い返して書き記してみたいと思います。          

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2014/07/08 23:40:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:その他  コメント(0) 

オーガニックで自分磨き

 僕はこんなにドロドロになるスポーツをしていながら、バイクも車も極力綺麗に維持していることを心がけています          それはやはり、まだまだ極く一部の好き物に限られた世界(笑)をカッコよく見せたい一心で・・・・・        なんて言うとアレなんですが、単に潔癖なだけだったりもする             我が弟子達にも綺麗好きになれといつも教えるのですがねぇ

でも、人間だって同じように手入れしてますよ          特に加齢に伴って華麗になりゃいいんだけど、いろいろ気をつかわないといけない年頃なんで    

ということで、このタイミングで非常に良い物を使う機会に恵まれたので、いつものバイクネタを外れてご紹介させていただきます

 

春日井市八光町2丁目22-2に今年オープンしたばかりのオーガニック専門店「NaLWELL」さん             

 

場所は、勝川駅から西に向かって走ると、この写真 国道19号線勝川医院が在る交差点があります   その交差点からさらに西に向かって20メートルほど走ると一つ目の十字路左手あるビルのテナント一階にお店があります

ちなみにそのお店のオーナーさん 永井さんとおっしゃいますが、私の人生の大先輩が代表をしています          僕はそれを応援する意味もありますが、ちょっとそれだけの事情ではなく、本当に商品が本当に良いので是非紹介させていただきます

 

特にコレ

サボテン入りの石鹸  SABONA        日本一のサボテン生産地、春日井市で生産されたウチワサボテンのエキスが入った手作り石鹸です        

因みにサボテンの石鹸が購入できる日本で唯一のお店       調べたら、ヤフーショッピングやアマゾンでも購入できます     サボテン石鹸で検索すると出てきますよ

http://store.shopping.yahoo.co.jp/nalwell/   

お値段はこの通りなのですが、返金保証もあるそうです                

今までいろんな洗顔料を使ってきましたが、コレを使うと他はもう要りません        サボテンエキスの恩恵なのかな        使用後はツルツルシットリになるので、洗顔後に何か保湿液を塗る必要が無くなりました            

ここに〇苫さんのエキスが入ると、もっと艶やか且つ元気になる気はしましたが、止めた方がいいと思います ^ ^       あと、か〇やさんは頭皮から使えるので絶対お勧めです     ^ ^

      

取り扱い商品はほかにアロマ系のもの

岩塩など     あ、そうそう     この岩塩ってやつですが、昨日お風呂に1センチ角の岩塩を入れたんです      それがまた、大変なことになりました

もう体が火照っちゃってね  こないだの別所温泉と同じ感じになりました      岩塩にはこんな効果があるようです

 

オーナーの永井さん     しまった、正面から撮れば良かった(汗)

 

 

 

最後に朗報!!

お店で商品として売っている、この小さいバージョンのSABONAをいくつか頂いてきました

まずは今週末のイベント「祭」に持って行きます

 

 

但し  女性に限定 させていただきます      男には勿体無いからヤラン(笑)

 

しかもエンデューロ系の汚小女さんにはちょっと特別なコレでどうでしょ?

 

オフロード汚女子には粋なデザインだなも      中身は同じなので、後心配なく

では、週末をお楽しみに^^^^^^^  。

 

 

 

 

 

 

        

 

         

 

           

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2014/07/03 15:04:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:NaLWELL  コメント(2) 

bikeplus

<<  2014年7月  >>


12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

COUNTER
今日 : 0
昨日 : 0
合計 : 0

READER

ARCHIVE
2017年02月 (5)
2017年01月 (5)
2016年12月 (5)
2016年11月 (4)
2016年10月 (5)
2016年08月 (1)
2016年06月 (4)
2016年05月 (11)
2016年04月 (12)
2016年03月 (11)
2016年02月 (12)
2016年01月 (10)
2015年12月 (9)
2015年11月 (6)
2015年10月 (11)
2015年09月 (10)
2015年08月 (10)
2015年07月 (10)
2015年06月 (8)
2015年05月 (10)
2015年04月 (8)
2015年03月 (9)
2015年02月 (8)
2015年01月 (7)
2014年12月 (9)
2014年11月 (8)
2014年10月 (12)
2014年09月 (12)
2014年08月 (8)
2014年07月 (7)
2014年06月 (10)
2014年05月 (11)
2014年04月 (14)
2014年03月 (12)
2014年02月 (8)
2014年01月 (13)
2013年12月 (13)
2013年11月 (11)
2013年10月 (10)
2013年09月 (8)
2013年08月 (11)
2013年07月 (12)
2013年06月 (13)
2013年05月 (11)
2013年04月 (12)
2013年03月 (8)
2013年02月 (7)
2013年01月 (9)
2012年12月 (8)
2012年11月 (6)
2012年10月 (6)
2012年09月 (7)
2012年08月 (6)
2012年07月 (8)
2012年06月 (9)
2012年05月 (9)
2012年04月 (8)
2012年03月 (11)
2012年02月 (8)
2012年01月 (13)
2011年12月 (11)
2011年11月 (11)
2011年10月 (12)
2011年09月 (8)
2011年08月 (7)
2011年07月 (11)
2011年06月 (8)
2011年05月 (15)
2011年04月 (10)
2011年03月 (7)
2011年02月 (9)
2011年01月 (11)
2010年12月 (10)
2010年11月 (9)
2010年10月 (14)
2010年09月 (7)
2010年08月 (13)
2010年07月 (8)
2010年06月 (13)
2010年05月 (13)
2010年04月 (12)
2010年03月 (19)
2010年02月 (15)
2010年01月 (15)
2009年12月 (22)
2009年11月 (16)
2009年10月 (14)
2009年09月 (14)
2009年08月 (14)
2009年07月 (11)
2009年06月 (9)
2009年05月 (12)
2009年04月 (12)
2009年03月 (14)
2009年02月 (15)
2009年01月 (16)
2008年12月 (13)
2008年11月 (16)
2008年10月 (17)
2008年09月 (12)
2008年08月 (13)
2008年07月 (19)
2008年06月 (20)
2008年05月 (20)
2008年04月 (14)
2008年03月 (19)
2008年02月 (11)
2008年01月 (14)
2007年11月 (4)

LINKS

MOVIE

QR-CODE