PROFILE

お名前:ロッシ高橋
性別:男性
生年月日:1969年01月25日
出身地:三重県
自己紹介:
所属チーム

チームBETAエンジョイズ

デモチーム トライアルエクスチェンジ風の会W1レーシング の4番 


搭乗マシン

・BETA RR2T300-one


ほか

・YAMAHA YZ250FX-one
・GASGAS TXT280RF
・SUZUKI ADDRESS V50W
・HONDA APE (笑)

経歴

・G-net ハードエンデューロ 全日本選手権 2014年~2016年チャンピオン
・第2回全日本ヒルクライム選手権 エキスパート全日本チャンピオン
・2014 ハードエクストリームGEKKOONE チャンピオン  
・ブルーモリス社(スキーボード) 元スキークロス専門ライダー
・カイダック倶楽部 現書記長
・モーターホーム旅男


まずは、ミスタースズキ 水谷勝氏を代表とするボランティア団体「風の会」の活動に賛同し、私もそのチームに属することによって、精力的にバイクの普及・認知に貢献するボランティア活動をしております。   風の会の詳細はコチラ → http://kazenokai.org/index.html

自己紹介   バイクとスキーの2足のわらじを履いて、ダブルライダー ロッシと称すること約20年以上。  だって、名前がヒロシなんだもん。    ちなみにバレンチノ・ロッシの真似ではありません。    はるかに僕のほうが年上だし、使いはじめたのも僕のほうが早いのだ。   

トライアルバイクはデモのほうが忙しくなり、国内はもとより時には海外(マレーシア、韓国)でもその腕前を披露しました。       なお、国内では東京と大阪でしか開催されないモーターサイクルの一大イベント  大阪モーターサイクルショーではトライアルプロモーション様の協力で、「2007年から2013年まで連続してトライアルショーを担当させていただきました。   

2016年の夏 エンデューロバイクは永らく親しんだヤマハを離れ、ベータモータージャパン様の完全サポートを受け、史上最強難所系2ストロークバイク BETA RR2T300-one
 を駆り、中年の星として全国各地でお騒がせしています。
      
その他に、2006年に世界初のスクーターによるシンクロナイズド・ウイリーチーム「風の会W1レーシングチーム」を、水谷勝氏の協力で立ち上げ、各地のイベントでトライアルとセットにしたデモを展開中。      神業的な技術を駆使し、4人の天才ヘッポコライダー達が、コミカルに息のあったウイリーを奏でる姿を、是非ともご覧になってほしのあき。        

そしてスキーのほうは、国産メーカー「ブルーモリス社」のスキーボード専属ライダー(99~08)でした。      それまで、スキーは殆どやったことが無いド素人が人気のクロス競技で頭角を現し、競技挑戦3年目の2003年に全日本ランキング2位にまで上り詰めるも、同じチームメートに無敵なライダー(ライダー・JOE)が居たことで、ことごとく優勝を阻まれる。        しかし彼のみならず、他にも国内トップクラスの変態チームメートが居たお陰で、極めて短時間でスキーのノウハウを吸収できたことに、大いに感謝している。

カイダック倶楽部(KDC)とは     アクリル変性高衝撃塩ビ板、通称カイダック板を用いた工作倶楽部のことである。           中部地方で密かに流行していたDIYなのだが、素材がゲットしにくいにもかかわらず、私の知らない間に部員が全国的に増殖中なのである。

モーターホーム「バーストナー・エレガンスⅠ690」でぶらりと気ままに旅をするのが最近のライフスタイル。      大会のついでにちょいと温泉へ、とか 美味しいもの食べにちょいと遠方へ、とか 好きなときに好きな場所へ行けるこの車が何よりダイスキ!        最近は宿泊先でゆっったりと車中ホームシアターを楽しんでいます。      但し、デカいので、いろいろ気をつかうことも多いけど、この大きさに慣れたので次は8メートル級を飼いたいが、嫁さんの反対にあい意気消沈。   今はニースマンビショフに夢中・・・   

そんな波乱万丈な人生を歩んでいますが、今一番ホットなことは、ヒルクライム。
誰も登れない急坂を、一筆書きの如く鮮やかに制覇し、そして喝采を浴びることに、ひたすら情熱を注いでいます。         難しいセクションとコンディションになればなるほど圧倒的な技術力で撃破し、ギャラリーを盛り上げること。     そんなしょうもない、くだらないコトが今一番の 自分の生き甲斐でもあり、喜びなんです。
その努力の甲斐あって、2014年 ついに全日本ヒルクライム選手権の最上級クラスでチャンピオンを獲得!

人生は一度きり。     いつ死ぬかなんて分かんないから、体が動けるうちに一生懸命遊んで、仕事して、金使って  破産しない程度に贅沢すること。      40代になって、そのことを痛感しながら日々生きています。   

最後に Gネットシリーズで全日本チャンピオンを獲ったいまは、私が率先してエクストリームエンデューロ界を全国的に盛り上げることが使命だと思っています。         そして、ほか頑張っている若手に技術を伝え、そして後輩達にもこの世界で頂点を目指して日本のハードエンデューロシーンを盛り上げて欲しい。      
そのための土壌作りと方策を日々考え、取り組んでいます。

HISTORY

CATEGORY

COMMENT

TRACK BACK

FAVORITE

志高く

 この連休は大阪から黒ゼッケンのライバル ジミーちゃんとマサル君、世界最高の難易度を誇るレース エルズベルグロデオに来年出場する予定の、ダートスポーツ走る編集員JNCCトップライダー IAカズト君と、尊敬する我が金子師匠様、弟子のチェリーアヤトと練習しました 

それぞれが高い目標を持って練習するので、難易度もどんどん上がります          その辺はトライアルでやってたときの練習と同様ですが、とんでもない難易度のモノをやるので、もはや大会でどんなレベルのセクションが出てきても驚くことは無くなりました     これホント       

それはそうと、先日の池の平の動画がドンドンあがってきていますね    公式動画はコチラです

  https://www.youtube.com/user/cgcenduro

ま、お暇な方は一度観てやってください             それこそ日本中から集まった選りすぐりの変態エンデュランサー達が繰り広げる、それはそれは熱い戦いが観れますよ(笑)              一応解説しますが、ライダーは4時間半の戦いの中で気力も体力も極限のヘロヘロの状態でやってます            そこにたどり着くのさえ困難なセクションも存在し、それ単体だけ見ると簡単そうに見えますが、映像ではわからない土や石や根っこの滑り具合があるのです        

だから何?    って言われても困りますが、そゆこと(汗)               

 

イケメンカズト君とアヤト      この日に20才になった我が弟子アヤト       おめでと!    

この2人、カズト君は来年エルズに参戦  アヤトも数年後を目標に参戦予定・・・ って、ホンマか??        でも、遠路はるばる関東からやってくるカズト君の熱意には共感するものがある          僕も今までいろんなカテゴリのスポーツをしてきたけど、地元という殻には決して篭らなかった    今でもそうです         ただ、海外までレースをしに逝くにはちいと歳を取り過ぎた        なので、来年6月の参戦までに教えれることは全て伝授し、僕の期待も背負ってオーストリアの大地を走ってもらうよ          覚悟してね ^ ^ ^ ^

      

しかしアヤトよ、写真に映るときくらいはヘルメットを取るように。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2014/11/24 23:13:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:その他  コメント(0) 

思わぬ悪戯が

 先日の大会では左ラジエターがちょっと変形しました       水漏れが無かったのでそのままに、翌日の月曜日も乗ったときのこと         それは家に帰ってから気がついたのですが、ドライブチェーンがオイルでベトベトになってました          どうもフロントスプロケ附近が怪しい          早速バラすと、1mmくらいの細い木の根がスプロケ奥のオイルシールに一周絡み付いてました     

犯人はこいつか~       ってことで、オイルシールをすぐダートフリークさんに注文      

200円ちょっとのモノなのでスペアを持っておいたほうが良さげな部品です     しかし、さすが国産    注文後2日で入荷し、何とか今週末の練習に間に合いましたとさ                 因みに週末はカズト君と大阪勢がこちらに来襲するみたいなもんで、またお祭りやし(笑)                       

それはそうと、MCジャパンさんに注文した開田高原産の手作り野沢菜        いつも購入させていただいているのですが、会社の先輩や奥様に大好評です!       確かに旨いっ!!

末石お姉さま、また宜しくお願い致します。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2014/11/21 23:21:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:ヤマハYZ250F&FX  コメント(0) 

池の平ゲロゲロさわやかエンデューロ 参戦記 2

 さて、日曜の本戦をテキトーに振り返ります

昨日下見をした時点の予想は、巧く走って一週50分から60分の読みなので、4週が目標と公言していました      ま、予想通りでしたね       
普段の練習の経験から、この事前予測はいつもほぼ正確に当たります         リザルトを見ると1週目46分、2週目1分04、3週目1分09、4種目52分です 
5週目は丁度くまもんヒルに差し掛かったところでタイムアップでした

         
その1週目、昨年のランキング10位までの僕達黒ゼッケン衆は最終スタートなので、集団から抜ける作戦としては当然のことながらセクションは失敗無く一発で正確に抜けて逝くこと    
まず最初の名物3段ヒルは誰も逝かない一番左のキツイ飛びつきなら渋滞も無いだろうと考え、予想通りでした      
次のダートフリークヒル、あれはセクションコーディネーター的に飛んで欲しいという意図が見えていたので逝こうと思ったのですが、発射寸前に前に居た方が沼で軽くスタック     
完全に飛ぶタイミングを逸し、仕方なく普通に通過           その頃真後ろにIAカズト君が居たので意図的に先に逝かせるも、フェアルロックンロールビーチ辺りに来たところでいつの間にか前に出ちゃった(汗) 
出ちゃったからにはしょうがないので、先を急ぐ        この頃にはごっちゃんの姿もチラっと見かけたけど、いつの間にか消えたね        まだまだやの ^ ^           トライアルエクスチェンジキャンバーでカアヤさんに遭遇      しばし癒される   
そんな感じで前半のセクションを全て一発で抜け、くまもんヒルに来たところでいつの間にか先頭に勃っちゃった     先に逝った筈のアヤトはどこに居たんや?
そのくまもんヒルですが、今年は直登は非常に難しいと最初から予想     何せ浮き出た根っこと、一番下の助走区間に堆積したドロが酷い     なので、逝けるトコまで逝って、サッと左の尾根に抜ける     
さすれば道は開かれる    そんな作戦でした      なのでさしたる問題は無し       次はちょっと不安だった国立競技場(笑)     一応一発で抜けれた    ラッキー
この後の???区間の激下りは下見時点ではバイクを降りて押そうと思ってたけど、バイクに跨ってると何か景色が変って、跨ったまま逝けそうだと思っちゃうのが不思議         なので、乗ったまま普通に下った
その後はチェックポイントまで問題なし 

    
2週目、予想とおりダートフリークヒルでお祭り状態でした     右コースも逝けるとは全く知らなかったんで、1週目と同じ左で逝ったけど、まんまと罠に嵌まった     
そこで総帥とそのお仲間サン達に助けられ、僕は5年間奴隷として働かなくてはいけない約束を強制的に交わされる       恐ろしい       結局その時間がそのまま2週目のロスに繋がった       
その後淡々と走るも、ジリジリとトップ雁にロックオンされ、ここからいよいよデッドヒートとなる      
お互いが少しの失敗で繰り返し順位が入れ替わり、それが5回くらいあったかな?

3週目の計時ポイントに先に入ったのはトップ雁さんでした     僕は国立競技場で致命的なミスをした            やり直しです           罠に嵌まった方は多数居たでしょうけど、あれは切ないですよね
しかも登りかけの木に左ラジエタを激突させ、水漏れは無いながらもやや重症      最近立て続けに左激突は、これで3回目     祟りぢゃ
思えば前回の福島の時もそうだった       そういうときに限って、いつも可愛い2人組みの娘っこがコッチをガン見してるんです                
2度あることは3度あるので、次は見ないことにしよ・・・   って、できるかな ^ ^;;
でも、最後の最後に悪運が降りかかったのはトップ雁さん         それからちょっと離されてて、4週目に先にチェックされたら終わりだな~なんて考えながら走っていたら、なんとラッキー商会ヒルでドロ沼に埋もれてた             さすが、魔法の洗剤スリックをサポートしていただいているラッキーさんだと思ったね
コレも思えば昨年、最後のチェックポイント直前に同じようにドロ沼に埋もれていたんですよ    あの方は         2年連続のドラマチックな展開となりました


最後の4週目   残り時間は40分切ってたんで、時間内の周回は難しい        これで99パーセントは勝てたと確信したので、楽しんで走ることにした       そして、最後はくまもんヒルで締め       

しかし、本当に薄氷の勝利だったと思う      昨年やっちまった一旦停止なんか、オフィシャルがもういいよって言うまで百回くらい左右見ちゃったもんね       なんで周回プラスしてくれんのって密かに思ったりして       アヤトはマイナス1周?      変なところ見習わなくてヨシ     

結果1位は私 2位はエルズベルグ経験者の落ち武者トップ雁さん 3位は来月ルーフオブアフリカ参戦の森君 4位は現JNCCトップライダーで来年エルズベルグ参戦のIAカズト君 5位は関西の(夜も)トップライダーまさる君 6位はJECトップライダーでありIRCタイヤのテストライダーでもあり、壁を壊せる進撃のADタックさん 7位は昨年のGネットチャンピオン塾長 8位はいつかはエルズベルグの我が弟子チェリーあやと  ここまでが表彰者でした
ホント、こんな国際色の濃いメンツの中で勝つのは奇跡です    

そこは、やはり私の所属するエンジョイズチームの万全サポートと、仲の良いIIDAチームや見知らぬお客さん、そして総帥♪ の援助              気前良くパスさせていただいた全てのライダーさん
忘れてならないのは、わざわざ遠方から観に来てくれたファンの方々や主催者の方 恩師や知人、友人、その他大勢             いろんな方々の想いを乗せて走った気がします         
こうやって観に来てくれる方を増やしたいという思いは人一倍なので、今後もいろいろアイデアを駆使していこうと思います

そして、いつも走り応えのある最高のセクションを用意してくれるアドベンチャーの皆様方には本当に感謝です!!         来年も今年と同じくらいの難易度で皆んなを楽しませてくださいね

 

手作りの優勝盾と陶器      スタンダードカスタムペイントの浅野さんのセンスある盾です     この陶器はどなたが作ってらっしゃるのか知らないのですが、いつも可愛くて面白いので飾り甲斐があります       大会中の写真はボチボチと、ソーシさんから頂戴しますね

因みに、あんだけ乗った大会翌日の月曜日      九州勢と、更にハードに乗ってました     特にバイクが宙を舞ってた塾長と雁さんは、やっぱ神かと(笑)。    
                   

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2014/11/18 23:20:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:ヤマハYZ250F&FX  コメント(10) 

池の平ゲロゲロさわやかエンデューロ 参戦記 1

 題名だけ見ると、内情を知らない方は何じゃそりゃ?    って思うことでしょうね

毎年この時期に池の平ワンダーランドで開かれる、Gネットシリーズ戦で最も走破することが難しいエンデューロ大会      それが通称「ゲロさわ」と呼ばれるこの大会なのです

今年は土日開催となり、土曜に2クラス 初心者向けの「おたまじゃくし」、中級者向けの「さわやか」     日曜はエキスパート向けの「ゲロゲロ」    総勢200台余りのエントリーがあったかと思います      何せここ中部は走破系のレースが好きお方が多いので、いつも盛り上がりますねえ        今年も全国から大勢の、ある意味「好きもの」が大集合(笑)         そして、その好きもの達のために、主催されるアドベンチャースタッフの精鋭たちはほぼ一年をかけてセクションを考え、開拓し、本番に備えているのです            本当に頭が下がります

昨年よりパワーアップしたセクションによって、事前情報ではかなり難しいということが囁かれていましたし、それに今期は4時間半というアナウンスがありました        なので、自分のできることとしてマシンと人間力を高め、更に所属するチームエンジョイズの極秘作戦も駆使し、万全の必勝体勢を築きました            これは本当に有り難かったです         エンデューロもチーム戦という言葉を常々言ってきましたが、それが実践できた大会だったと思います

ウェアをサポートしていただいているアズーロモトの小谷さんからウェアが来ました            いつもありがとうございます!!       思いっきり宣伝したいところなのですが、このエキサイティングウェア      もうこのブランド名では作ってないんですよね      デザイン的に大好きなんだけど、残念です          金子師匠もコレだし

さて話を戻して、土曜日の下見に      師匠、タックさん、兄貴と3人でテクテク山に向かう      途中おたまじゃくしやさわやかクラスの方々の熱い走りに声援を送り、大会の雰囲気を楽しみました    頑張ってる人ってホント素敵 ^ ^           明日は逆に僕達が見られるほうなんだけど、見る方々は同じような気分を味わってもらえるのかなぁ?

肝心の下見は当然、全てのセクションをくまなく網羅します         その中で一番簡単なラインってのがありますが、そこはまず後半は潰れると考えます       その次のライン、そのまた次    最低3つ程度は必ず確保するようにしています         特に一番難しいと思われるラインは絶対空くので、ソコを一発で決める         それが容易に前走者をパスする秘訣です        あとは・・・・     って言うかまだいっぱいあるけど秘密にしておこう

明日は僕の中でも大一番の決戦     ライバルはわんさか居ます         簡単に紹介すると、黒ゼッケンでは昨年のチャンプ塾長、金子師匠、大阪のジミちゃん、大阪のマサル君、滋賀のごっちゃン、日本人2人目のエルズベルグ参戦者落ち武者、ルーフオブアフリカに参戦する森君    ほかには来年エルズベルグ参戦予定のIAカズト君、東北の雄=進撃の巨人ADタックさん、弟子のアヤト、総帥♪   まだ九州、中国、関西、関東、東北にも沢山  地元ではしれぞれ「神」と呼ばれる方々がいらっしゃってます           明日はそんな皆さんが自分の持てるポテンシャルをいかに発揮できるのか?          とうことで、次回に続く。                    

                                              

 

 

 

                       

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2014/11/18 00:04:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:ヤマハYZ250F&FX  コメント(0) 

準備万端

 日曜日は雨の練習でした       ちょうど池の平に似た地形を求めて大阪へ遠征       本番に向けての良い練習になりました            大宮さん、熊さん、マサル君、ジミちゃん 寒い中お付き合いありがとうございました!

そして今日は最終確認            マシンじゃなくて自分の体のほうをネ          相当キツイ練習だったので体が悲鳴をあげていますが、4時間30分に耐えうる体作りをしてきた成果はありました              まあ最後まで何とかなりそうですな             これで中4日はフルに体を休めて、日曜の本番行為に挑みます               

 

毎回思うのですが、レースに出ているライダーの、少なくとも僕の知っている腹黒ゼッケン衆は皆んな勝ちたいと願ってレースに挑んでいます                その中で勝敗を分けるものとは何ぞや?             いつもそんなことを考えています                本当に、いろんなことが紙一重だと思う             僕が取り組んでいることは、大会に出るごとにエラーが大量に蓄積されるので、次回までにはソレをきちんと潰していくこと                          今のところまずまず成果は挙がっているかな               

 

   

おや~、ダートフリークさんに新型ゲコタがあったなも          寺尾店チョもお勧め!!      池の平ではホント、必須ですよ。          

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2014/11/12 00:03:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:その他  コメント(0) 

チーム エンジョイズ

 先日は中部の老舗オフロードクラブ エンジョイズの会合でした          私をこの世界に誘ってくれたお師匠様の所属するクラブであり、自然ななりゆきで私も入会させていただいたのです        このクラブにはスピード系ではJNCCのAAに所属する古箭亨選手、そしてGネット難所系スペシャリストの金子師匠、ほか沢山の腕自慢の方がいらっしゃいます         そしてここでスペシャルな女の子 あさり丼や、ついでにアヤトも勝手に入会ダヨ        これで随分と平均年齢の若返ったチーム編成になりました              

そのクラブの代表を務める横山さん         温厚で面倒見の良い親分肌な方 ^ ^

さて、どれが代表でしょうか?             先日村長と間違った師匠もなかなか貫禄あるし皆さんそれぞれにネ(笑)        正解は一番手前の左端が代表でございます

さてこの会合    こないだのモンスクの祝勝会も兼ねてやってくださったのです        金子師匠共々、私も頑張った甲斐がありました                大変ありがとうございました!!

そして来週末の池の平に向けての作戦会議も実施        いつも言うことですが、エンデューロ競技は走るのはライダー独りですが、時としてチームの総力戦となる大会も存在するのです                     それがまさに来週の大会                 手の内は明かせませんが、バックアップは万全です                 安心して走りに専念することができそうです          あとは観客の皆さんの声援次第で、お調子者は頑張れることでしょう            皆さん宜しくお願い致します^^^^^^^^^^

あとは良きスパイスとなる雨やな(喜)         土曜の夜降るのが一番ヨロシ

ホンマ 楽しみジャ。         

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2014/11/08 12:06:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:その他  コメント(4) 

フォグ装着

 先日買ったハイエースの純正フォグランプ         鹿アタックの修理のついでに付けて貰えばよかったものを、今更ながら自分で装着してみた         

コレを付けるのにはバンパーを外さないといかんのです       では         

プラスチックのロック部品、外すの結構大変         専用工具が無いとロックピンが掴めないし     しかも取り付けはそればっかり(泣)        バンパーもペラッペラやし、ちょっとしたクラッシュで全部飛ぶように考えて出来てる           このあたりはまだ100系のほうが頑丈にできてたぞなもし

 

しかし、ここで妙なモンを見つけてしまった

 

フレームの上に油とともに、おびただしく残された鉄の切り粉         コンプレッサーで一発飛ばして拭けば済むことなのに

 

もういっちょ、まがったまま修正されていないバンパー内側の鉄フレーム              外から見えないところでこんな手抜きをするとは呆れました              見も知らぬボッコな板金修理屋に頼んだ私がバカでした

 

気をとりなおして作業を進めます

バラしたついでなので、虫除けメッシュ追加          これで多い蟲も安心です

 

 

でけた!   結構時間がかかる作業でした

もう、何も当たって来ないでね。    

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2014/11/05 23:30:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:ハイエース200系  コメント(0) 

仕事の日以外は 日々練習、整備、改良、肉体鍛錬に全力投球する日々                今年はGネットシリーズチャンピオンを獲りに逝くという強い目的意識を持って、自分に厳しくしています      

そんな充実していたなかでの昨日、単独でもがくつもりで練習に行きましたが、急遽さわやかツーリングへと変更           来るとは思ってなかったお師匠様が女の子を連れてきてたんでね ^ ^

ところがどっこい       先頭を引っ張って走っていたら、バイクがこんなことに

 

アベシ!!     写真では分かり辛いんですが、結構逝ってます          こんなに酷く曲げたんは初めての体験(笑)      運が悪かった・・・       

因みにこの日はイケイケツーリング中に、これまたフロントタイヤが根っこで滑って全力で木に激突した       運が無かった・・・         ま、冷却水が漏れなかったのと怪我しなかったので悪いばかりでは無かったかも

 

帰ってから早速補修にかかる

プレスを持ってるので、適当にササっとね      どんだけアルミで素材が柔らかいとは言っても2時間はかかったかな        ついでに補強のステーも追加して入れておいたので、これで多い日も〇〇ね            

 

そして今日         昨日もがけなかったので、あえて自ら茨の道へ           そのなかで1個、どうしても自分の思い描いたラインで登れない坂があって、変なところで引っかかって2回も助けていただいた             あそこで転がったらバイクのダメージが大きいし、もはや独りでは何ともならない場所だったので本当に助かりました 山のお師匠様方^^^^^^^^      

最後に     カップルのジムニーも夕方変なところですっ転んで困ってたので、自転車のお兄様方に手伝ってもらって今度は僕が助ける役に          アソコで一晩明かすことにならなくて良かったね~。       

                   

                 

              

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2014/11/03 23:04:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:ヤマハYZ250F&FX  コメント(0) 

bikeplus

<<  2014年11月  >>






1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

COUNTER
今日 : 0
昨日 : 0
合計 : 0

READER

ARCHIVE
2017年02月 (5)
2017年01月 (5)
2016年12月 (5)
2016年11月 (4)
2016年10月 (5)
2016年08月 (1)
2016年06月 (4)
2016年05月 (11)
2016年04月 (12)
2016年03月 (11)
2016年02月 (12)
2016年01月 (10)
2015年12月 (9)
2015年11月 (6)
2015年10月 (11)
2015年09月 (10)
2015年08月 (10)
2015年07月 (10)
2015年06月 (8)
2015年05月 (10)
2015年04月 (8)
2015年03月 (9)
2015年02月 (8)
2015年01月 (7)
2014年12月 (9)
2014年11月 (8)
2014年10月 (12)
2014年09月 (12)
2014年08月 (8)
2014年07月 (7)
2014年06月 (10)
2014年05月 (11)
2014年04月 (14)
2014年03月 (12)
2014年02月 (8)
2014年01月 (13)
2013年12月 (13)
2013年11月 (11)
2013年10月 (10)
2013年09月 (8)
2013年08月 (11)
2013年07月 (12)
2013年06月 (13)
2013年05月 (11)
2013年04月 (12)
2013年03月 (8)
2013年02月 (7)
2013年01月 (9)
2012年12月 (8)
2012年11月 (6)
2012年10月 (6)
2012年09月 (7)
2012年08月 (6)
2012年07月 (8)
2012年06月 (9)
2012年05月 (9)
2012年04月 (8)
2012年03月 (11)
2012年02月 (8)
2012年01月 (13)
2011年12月 (11)
2011年11月 (11)
2011年10月 (12)
2011年09月 (8)
2011年08月 (7)
2011年07月 (11)
2011年06月 (8)
2011年05月 (15)
2011年04月 (10)
2011年03月 (7)
2011年02月 (9)
2011年01月 (11)
2010年12月 (10)
2010年11月 (9)
2010年10月 (14)
2010年09月 (7)
2010年08月 (13)
2010年07月 (8)
2010年06月 (13)
2010年05月 (13)
2010年04月 (12)
2010年03月 (19)
2010年02月 (15)
2010年01月 (15)
2009年12月 (22)
2009年11月 (16)
2009年10月 (14)
2009年09月 (14)
2009年08月 (14)
2009年07月 (11)
2009年06月 (9)
2009年05月 (12)
2009年04月 (12)
2009年03月 (14)
2009年02月 (15)
2009年01月 (16)
2008年12月 (13)
2008年11月 (16)
2008年10月 (17)
2008年09月 (12)
2008年08月 (13)
2008年07月 (19)
2008年06月 (20)
2008年05月 (20)
2008年04月 (14)
2008年03月 (19)
2008年02月 (11)
2008年01月 (14)
2007年11月 (4)

LINKS

MOVIE

QR-CODE