PROFILE

お名前:ロッシ高橋
性別:男性
生年月日:1969年01月25日
出身地:三重県
自己紹介:
所属チーム

チームBETAエンジョイズ

デモチーム トライアルエクスチェンジ風の会W1レーシング の4番 


搭乗マシン

・BETA RR2T300-one


ほか

・YAMAHA YZ250FX-one
・GASGAS TXT280RF
・SUZUKI ADDRESS V50W
・HONDA APE (笑)

経歴

・G-net ハードエンデューロ 全日本選手権 2014年~2016年チャンピオン
・第2回,第3回全日本ヒルクライム選手権 エキスパート全日本チャンピオン
・2014 ハードエクストリームGEKKOONE チャンピオン  
・ブルーモリス社(スキーボード) 元スキークロス専門ライダー
・カイダック倶楽部 現書記長
・モーターホーム旅男


まずは、ミスタースズキ 水谷勝氏を代表とするボランティア団体「風の会」の活動に賛同し、私もそのチームに属することによって、精力的にバイクの普及・認知に貢献するボランティア活動をしております。   風の会の詳細はコチラ → http://kazenokai.org/index.html

自己紹介   バイクとスキーの2足のわらじを履いて、ダブルライダー ロッシと称すること約20年以上。  だって、名前がヒロシなんだもん。    ちなみにバレンチノ・ロッシの真似ではありません。    はるかに僕のほうが年上だし、使いはじめたのも僕のほうが早いのだ。   

トライアルバイクはデモのほうが忙しくなり、国内はもとより時には海外(マレーシア、韓国)でもその腕前を披露しました。       なお、国内では東京と大阪でしか開催されないモーターサイクルの一大イベント  大阪モーターサイクルショーではトライアルプロモーション様の協力で、「2007年から2013年まで連続してトライアルショーを担当させていただきました。   

2016年の夏 エンデューロバイクは永らく親しんだヤマハを離れ、ベータモータージャパン様の完全サポートを受け、史上最強難所系2ストロークバイク BETA RR2T300-one
 を駆り、中年の星として全国各地でお騒がせしています。
      
その他に、2006年に世界初のスクーターによるシンクロナイズド・ウイリーチーム「風の会W1レーシングチーム」を、水谷勝氏の協力で立ち上げ、各地のイベントでトライアルとセットにしたデモを展開中。      神業的な技術を駆使し、4人の天才ヘッポコライダー達が、コミカルに息のあったウイリーを奏でる姿を、是非ともご覧になってほしのあき。        

そしてスキーのほうは、国産メーカー「ブルーモリス社」のスキーボード専属ライダー(99~08)でした。      それまで、スキーは殆どやったことが無いド素人が人気のクロス競技で頭角を現し、競技挑戦3年目の2003年に全日本ランキング2位にまで上り詰めるも、同じチームメートに無敵なライダー(ライダー・JOE)が居たことで、ことごとく優勝を阻まれる。        しかし彼のみならず、他にも国内トップクラスの変態チームメートが居たお陰で、極めて短時間でスキーのノウハウを吸収できたことに、大いに感謝している。

カイダック倶楽部(KDC)とは     アクリル変性高衝撃塩ビ板、通称カイダック板を用いた工作倶楽部のことである。           中部地方で密かに流行していたDIYなのだが、素材がゲットしにくいにもかかわらず、私の知らない間に部員が全国的に増殖中なのである。

モーターホーム「バーストナー・エレガンスⅠ690」でぶらりと気ままに旅をするのが最近のライフスタイル。      大会のついでにちょいと温泉へ、とか 美味しいもの食べにちょいと遠方へ、とか 好きなときに好きな場所へ行けるこの車が何よりダイスキ!        最近は宿泊先でゆっったりと車中ホームシアターを楽しんでいます。      但し、デカいので、いろいろ気をつかうことも多いけど、この大きさに慣れたので次は8メートル級を飼いたいが、嫁さんの反対にあい意気消沈。   今はニースマンビショフに夢中・・・   

そんな波乱万丈な人生を歩んでいますが、今一番ホットなことは、ヒルクライム。
誰も登れない急坂を、一筆書きの如く鮮やかに制覇し、そして喝采を浴びることに、ひたすら情熱を注いでいます。         難しいセクションとコンディションになればなるほど圧倒的な技術力で撃破し、ギャラリーを盛り上げること。     そんなしょうもない、くだらないコトが今一番の 自分の生き甲斐でもあり、喜びなんです。
その努力の甲斐あって、2014年 ついに全日本ヒルクライム選手権の最上級クラスでチャンピオンを獲得!

人生は一度きり。     いつ死ぬかなんて分かんないから、体が動けるうちに一生懸命遊んで、仕事して、金使って  破産しない程度に贅沢すること。      40代になって、そのことを痛感しながら日々生きています。   

最後に Gネットシリーズで全日本チャンピオンを獲ったいまは、私が率先してエクストリームエンデューロ界を全国的に盛り上げることが使命だと思っています。         そして、ほか頑張っている若手に技術を伝え、そして後輩達にもこの世界で頂点を目指して日本のハードエンデューロシーンを盛り上げて欲しい。      
そのための土壌作りと方策を日々考え、取り組んでいます。

HISTORY

CATEGORY

COMMENT

TRACK BACK

ダートスポーツ誌とガエルネ

 全国の書店で販売しているダートスポーツ誌をご存知でしょうか?    オフロード全般の、特にエンデューロにいつも誌面をたくさん扱っていただいてるので、僕も毎月購入しています        その3月号 カラーページですが、98.99ページを見たってください      恥ずかしながら、この私が特集されてます

詳しい中身は敢えて載せないことにしときます ^ ^       

今月号はダートフリークさんの商品カタログも付録で入ってます      ぜひ買ってね!

 

さて、今日はジャペックスさんの扱うガエルネブーツのお話としましょう       そして、今日届いたもの         おや? 2箱入ってるぞなもし

 

これはまさか!?     

 

新製品のG-ROUNDではないですか!!     これ、めちゃ欲しかったんですよ

防水透湿素材採用の、軽いオフロードライディングにも使えるお手軽シューズ    なんたってこのソール

ビブラムソール    いいねー

この円盤を廻すと、ナイロンの紐とアソコがキュキュっと絞まる面白いシステムなんですよ   

 

遠目に見るとモンスターエナジーチックです         ありがとうございます!!!!         早速明日履いていこう

 

それと、やはり今年もコレ

サイファーJ      コレが何たって一番軽いし、最低限のプロテクションと動きやすさを確保してるので、もうコレ以外の選択肢は無し          今までの経験で、例えばジャンプの着地でアキレス腱が切れそうに伸びることがあるから、あまり皮革は柔らかすぎないほうが良いのです      あと、特につま先が柔らかすぎると障害物にヒットして指を骨折したりとか、いろいろ痛い思いをします   

特にこの先っちょは重要     蹄鉄?と柔軟なナイロン素材がつま先を守り、太い縫製がソールの剥がれをしっかり防止します       

ソールはこのフラットソールでオッケーです         へたにステップに食いつかないほうがライディングする上でベターだし、僕はやらないけど足だしコーナリングで滑りやすいので良いのかと・・・・

但し、下見の時はこのソールでは困るのでトライアルブーツとかに履き替えます

今日はそんなお話でした。   

   

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2015/01/29 23:16:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ヤマハYZ250F&FX   コメント( 0 ) 

クラッチの油圧化

 本題の前に、先日テクニクスさんにリフレッシュに出していたリアサスペンションがピカピカになって還ってきました!!            ありがとうございました ^ ^

 

 

余りに綺麗な状態だったし梱包も丁寧だったので、思わず新品かと思った(笑)       週一回のペースで約一年間乗り倒したリアサスオイルは相当汚れていたそうな        うーむ できたらオイラの汚れきった身も心もリフレッシュしてもらいたいなぁ

 

さ て   油圧クラッチ化の話ネ

より精密なクラッチ操作をするなら油圧化は必須です       事実、コンペのトライアルバイクは全部油圧ですもんね        ハンドル切るごとに僅かなズレが生じたり、操作に引きずり感の感じるワイヤ式は時代遅れも甚だしい     なので

 

私はブレーキテック製の若干大きなマスターを採用    車両に付けるとこんな感じ

エキパイの下に潜るので、破損の心配なし    このアルミパイプ部分がミソなのです    後でお話します   

レバーのマスターシリンダーもトライアルでは定番の物を使用

もうね、申し訳ないくらいタッチが軽いです      なので、クラッチ操作で指がつったことが無いです      因みにこのマスターがもう一回り大きいのをチョイスすると、小指で操作できるくらい激軽タッチになります          余りにも軽くなりすぎるので、私はわざわざタッチの重いほうの小さなマスターにしています

因みにコレを取り扱っているのは愛知県豊田市にあるトライアルショップ excel(エクセル)さんです     代表はご存知、元トライアル全日本チャンピオンの伊藤敦志さん 0565ー58ー3039

エンジン本体側に付くマスターの取り付けは、伊藤さんところで写真のアルミパイプ部分を曲げる特殊加工ができるので、いろんなバイクへの汎用性がきくと思います              値段も思ったほど高くないし、壊れた時の部品供給も近くのトライアルショップさんなどで問題無くゲットできるはずなので、こりゃいいっすよー

続く。

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2015/01/23 23:26:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ヤマハYZ250F&FX   コメント( 0 ) 

いろいろ紹介

 先日は関東に出張   いろいろ各方面にご挨拶    今年もお世話になります!     全て下道往復1000キロエンデューロ   ここ最近は下道遠征が多いので12時間程度の移動は全く苦にならなくなりましたが、さすがに慣れないことの連続と長時間運転+深夜の帰宅で、心もアソコもグッタリしました  

さて、いま今期の戦闘機YZ250FXを作っている最中ですが、私が取り入れているモノのご紹介をシリーズでやってみたいと思います       難所系最強仕様へのアドバイスとして参考になれば幸いです

 

 

まずは埼玉県にあるサスペンションチューニングショップ テクニクスさんの商品から 

この緑色のSKFフォークオイルシールです    スタンダードの黒いモノと比べて20パーセントの摩擦低減と、それに相反する高い耐久力を誇ります          スタンダードも日本製の決して悪いものじゃないんだけど、素材が全くちがうんでしょうねぇ    

 

 

その明らかな動きの違いが体感できる実物サスペンションがダートフリークさんの店舗にありますよ

フォークシールのキットです

室内が寒いにも関わらずゴム質  特にリップ部分が非常に柔らかいですね    触り心地もサラサラっとしてます       これが低ミューの秘密か?       でも、一年間さんざん酷く汚いところを走りましたが漏れは一切無し    耐久性も全くもって問題なし

トライアルバイクもエンデューロバイクもそうですが、レーサーレプリカと呼ばれる高額なモノには必ず付いていますよね     それほど違いが有るのからこそ装着しているのです       最近動きが渋くてと思われるそこの貴方、一番手っ取り早いサスチューンはコレですよ          

因みに私はテクニクスさんに前後サスペンションをチューンして頂くついでにシールもこれに交換しています       なお、チューンの内容は鈴木健二さんの開発した仕様です        以前も書きましたが、ヒルクライムの登坂力が格段にアップしました        タイヤが地面を吸い付いて離れないことが体感できる、そんな魔法のサスペンションに変身するのです ^ ^              もちろんFXも最初から同じ仕様に変更してもらっています        より走破性向上のための必須アップデートです              

SKFフォークシールの詳細ネ http://technix.jp/special_parts_skf.html

 

次はXTRIGの製品

純正のトップブリッジのみこれに交換しています   トップトリプルクランプとPHDSシステム

こんな梱包状態です  組み上げると

さすが、オール削り出し部品    付けているだけで価値を見出せるモノなのですが、決してそれだけではないのです

まず大きな特徴はこのPHDSシステム       少し黄色い樹脂部分で大小様々なショックがハンドルに伝わるのを大幅に和らげています         YZは特にアルミフレームで鉄より剛性が高いので、この効果は抜群なのです        私にとって長丁場のエンデューロレースにはもはや必要不可欠なシステムです      

オプションで、もう少し柔らかいのもありますので、今度試してみます     

 

で、実はもう一ついいことがあるのです

ぱっと見はハンドルの高さとか純正のトップブリッジとは変らないように見えますが、ハンドルの取り付けネジを締めると若干ハンドルの高さが上がって、ほんでもってですね

純正より+約5ミリくらいはフォークが突き出せれるのです      たったそれだけですが、サス内部で調整することなく車高を低くする手段としては最高かと     スペアでさらに1センチ、ハンドルを上げることが出来るスペーサーも附属していますが、さすがにコレは必要なかった       もともと最初からダートフリークさんのトライアルハンドルに換装して高さを上げているのと、もうこれ以上はサスの突き出しを上げることがどうなの?   クランプでフォークを一番掴める部分を掴めなくなるのでは?    ということがその理由です        なお、前後にもポジションがアジャストできるので、実に12種類もの異なる仕様が試せるようです

トリプルクランプとPHDSの詳細 http://www.technix.jp/xtrig_tc03.html

 

いいでしょ(笑)   続く・・。    

    

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2015/01/22 13:10:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ヤマハYZ250F&FX   コメント( 0 ) 

嬉しいこと一杯

今年も延べ1週間煮詰めまくって出来上がりました 我がチームの企画書         今年もトライアルはスーパーA級の加賀国光ことクニクニ、国際A級の尾藤正則、W1デモチーム専属の箕田貴司ことミノッチ   そして今年からいよいよ本格参戦、エンデューロの山本礼人ことチェリーアヤト         そして同じくエンデューロの私  

日本のオフロード界を盛り上げるために、チーム員一同頑張ります!!

 

そして今日はこんな嬉しいことが    まず第一弾

 

 

今年は何だか当たる気がしていたんですよ      何の根拠も無いけど、最近の運気からしてね     ま、額からすると、ほんのちょっとの幸せですがいいんです         強運は後々に取っておきます

 

それよりもっと嬉しい物が・・・

 

 

 

IRCさんの非売品カレンダー     この中身が何と

 

 

まずはTR011 進撃のタックさん     デカっ

 

そして ^ ^

 

 

なんと! ゲコチャンは私でした    ありがたや ありがたや 

福島のサル山登ってるとこです        ココ、実際の景色では壁みたいな斜度ですが、写真には全然角度が出ていないところがミソですね(笑)     知る人ぞ知る場所です

 

さて、また気を取り直してFX弄りしよ

とりあえずテクニクスさんでサスペンションチューニングしてもらわなきゃ

FX君、暫くこのままで我慢しててね。   

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2015/01/16 23:02:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: その他   コメント( 4 ) 

ツーリング

 先日はちょっと遠征してツーリングに逝ってきました      シ〇イさんと男2人のマンツーマンです       でもお会いしたのは2回目なんですよね       しかし、なんだか生き方や考え方が似ているので、この方とは永い付き合いになりそうな予感がします         今後とも宜しくお願い致します ^ ^

そのツーリング先でもほかに3人の方とバッタリ出会い、一気に友達が増えました(笑)        イイネイイネ 

早速見晴らしの良い場所に連れてってもらって、ほんの少しだけご一緒させていただきました     楽しいですねぇ        また近々逝きますので、宜しくお願いします

 

 

これが今回僕がツーリングしたマシン     ロッシ号      やっぱよー走るわ

 

 

 

 

なんてね。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2015/01/13 11:00:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: その他   コメント( 2 ) 

ものつくり

 粛々と行っています        次期戦闘機YZFXのチューンアップ作業        しかしながら、なかなか進んでいきません          現行モデルでの練習と整備に追われ、その合間に少しずつ行っています       このペースだと完成は2月にずれ込むかな           再来週は所用で関東に行かなくてはいけないし、その準備にも追われ、また暫く弄れん     

なので、今日は一気にモノ作りに励みました       しかも同じ物を4ペア

 

久々のカイダック倶楽部活動です       グリスアップついでに、せっかくスイングアームを外したので、ついでに作りました        これできっと多い日も2台で一年分は安心でしょう

 

1個につき20分程度で完成×8個       3次元成形技術が要求されますが、僕にとっては単純作業の繰り返し      飽きました      カイダックはもう暫くえーわ(笑)

 

 

完全完成までの進捗状況はまだ2割くらいかな          応援していただいているAPSさんのご協力のもと、全てのネジをフルチタン化にする計画も同時進行中

とっておきの夢のバイクを目指し奮闘中。         

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2015/01/08 23:12:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ヤマハYZ250F&FX   コメント( 0 ) 

2015 始動

ちょっと遅くなりましたが、皆様あけましておめでとうございます      今年もなるべく貴方のお役に立てる!? 情報発信に誠心誠意努めますので、宜しくお願いします       な~んてね ^ ^     ま、殆ど冗談かエ〇トークばかりなので、適度にスルーしてってください

これはジャンキー稲垣さんに先日来て頂いた際に撮っていただいたモノです      一部の方の年賀状に使わせていただきました       さすがの出来栄えですね          変態の外観を巧くカムフラージュしてもらっています         因みにこれ、自宅駐車場です(笑)         ほか、我が家の玄関の中でもかなり緻密に撮っていかれたので、どういうふうに映っているのか楽しみです          たぶん今月号の〇ート〇ポーツ誌に載るのかな?         しらんけど              

さて、なんだか久々に自宅に帰ってきました              年末年始関係なく仕事なので、その合間に三重の自宅に帰ったり、嫁さんの岐阜の家にお呼ばれしたり、気が付けば5日ぶりくらいか?         その間バイクに一切触ることなく、仕事の日以外は完全に喰っちゃ寝生活でした         まあ、いつものことです            そろそろ喝を入れますか

年末年始は皆さん、やれどっかで忘年会や新年会を兼ねた走行会を顔本でご報告があるたびに、仕事している私は羨ましく拝見していました        ホント、この時期はどっこも逝けん   だけど、帰省ラッシュやら寒波の影響やらで移動が大変なので、結果じっとしてて正解やったかな           今日はようやく初乗りができて、誠に嬉しい限りでした      しかもインド出張帰りの若いライダーに一年ぶりの再会ときたもんです     元気そうでなによりでした        しかし、最後の最後に珍しく顔面からスライディングしたのは新年のご愛嬌でした         誰にも見られてなくて良かった      

 

 

ところで

 

 

今日の小コネタ    

まずはこのおさしんに注目

 

 

 

 

 

 

 

さきほど居間にこんなものが      何やと思います?

 

 

ハリガネムシかミミズかと思ったけど、なんでこんなもんが入り込んだ?????     とかなりビビッタけど、よく見たら実は・・・・・  

 

さっきまで喰ってた佃煮の昆布だった    ホっ

 

おしまい。   

 

                         

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2015/01/05 22:29:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: その他   コメント( 2 ) 
<<  2015年1月  >>




123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
COUNTER
今日 : 0
昨日 : 0
合計 : 0
ARCHIVE
2017 年 05 月 ( 5 )
2017 年 04 月 ( 6 )
2017 年 03 月 ( 5 )
2017 年 02 月 ( 6 )
2017 年 01 月 ( 5 )
2016 年 12 月 ( 5 )
2016 年 11 月 ( 4 )
2016 年 10 月 ( 5 )
2016 年 08 月 ( 1 )
2016 年 06 月 ( 4 )
2016 年 05 月 ( 11 )
2016 年 04 月 ( 12 )
2016 年 03 月 ( 11 )
2016 年 02 月 ( 12 )
2016 年 01 月 ( 10 )
2015 年 12 月 ( 9 )
2015 年 11 月 ( 6 )
2015 年 10 月 ( 11 )
2015 年 09 月 ( 10 )
2015 年 08 月 ( 10 )
2015 年 07 月 ( 10 )
2015 年 06 月 ( 8 )
2015 年 05 月 ( 10 )
2015 年 04 月 ( 8 )
2015 年 03 月 ( 9 )
2015 年 02 月 ( 8 )
2015 年 01 月 ( 7 )
2014 年 12 月 ( 9 )
2014 年 11 月 ( 8 )
2014 年 10 月 ( 12 )
2014 年 09 月 ( 12 )
2014 年 08 月 ( 8 )
2014 年 07 月 ( 7 )
2014 年 06 月 ( 10 )
2014 年 05 月 ( 11 )
2014 年 04 月 ( 14 )
2014 年 03 月 ( 12 )
2014 年 02 月 ( 8 )
2014 年 01 月 ( 13 )
2013 年 12 月 ( 13 )
2013 年 11 月 ( 11 )
2013 年 10 月 ( 10 )
2013 年 09 月 ( 8 )
2013 年 08 月 ( 11 )
2013 年 07 月 ( 12 )
2013 年 06 月 ( 13 )
2013 年 05 月 ( 11 )
2013 年 04 月 ( 12 )
2013 年 03 月 ( 8 )
2013 年 02 月 ( 7 )
2013 年 01 月 ( 9 )
2012 年 12 月 ( 8 )
2012 年 11 月 ( 6 )
2012 年 10 月 ( 6 )
2012 年 09 月 ( 7 )
2012 年 08 月 ( 6 )
2012 年 07 月 ( 8 )
2012 年 06 月 ( 9 )
2012 年 05 月 ( 9 )
2012 年 04 月 ( 8 )
2012 年 03 月 ( 11 )
2012 年 02 月 ( 8 )
2012 年 01 月 ( 13 )
2011 年 12 月 ( 11 )
2011 年 11 月 ( 11 )
2011 年 10 月 ( 12 )
2011 年 09 月 ( 8 )
2011 年 08 月 ( 7 )
2011 年 07 月 ( 11 )
2011 年 06 月 ( 8 )
2011 年 05 月 ( 15 )
2011 年 04 月 ( 10 )
2011 年 03 月 ( 7 )
2011 年 02 月 ( 9 )
2011 年 01 月 ( 11 )
2010 年 12 月 ( 10 )
2010 年 11 月 ( 9 )
2010 年 10 月 ( 14 )
2010 年 09 月 ( 7 )
2010 年 08 月 ( 13 )
2010 年 07 月 ( 8 )
2010 年 06 月 ( 13 )
2010 年 05 月 ( 13 )
2010 年 04 月 ( 12 )
2010 年 03 月 ( 19 )
2010 年 02 月 ( 15 )
2010 年 01 月 ( 15 )
2009 年 12 月 ( 22 )
2009 年 11 月 ( 16 )
2009 年 10 月 ( 14 )
2009 年 09 月 ( 14 )
2009 年 08 月 ( 14 )
2009 年 07 月 ( 11 )
2009 年 06 月 ( 9 )
2009 年 05 月 ( 12 )
2009 年 04 月 ( 12 )
2009 年 03 月 ( 14 )
2009 年 02 月 ( 15 )
2009 年 01 月 ( 16 )
2008 年 12 月 ( 13 )
2008 年 11 月 ( 16 )
2008 年 10 月 ( 17 )
2008 年 09 月 ( 12 )
2008 年 08 月 ( 13 )
2008 年 07 月 ( 19 )
2008 年 06 月 ( 20 )
2008 年 05 月 ( 20 )
2008 年 04 月 ( 14 )
2008 年 03 月 ( 19 )
2008 年 02 月 ( 11 )
2008 年 01 月 ( 14 )
2007 年 11 月 ( 4 )
LINKS
QR-CODE