PROFILE

お名前:ロッシ高橋
性別:男性
生年月日:1969年01月25日
出身地:三重県
自己紹介:
所属チーム

チームBETAエンジョイズ

デモチーム トライアルエクスチェンジ風の会W1レーシング の4番 


搭乗マシン

・BETA RR2T300-one


ほか

・YAMAHA YZ250FX-one
・GASGAS TXT280RF
・SUZUKI ADDRESS V50W
・HONDA APE (笑)

経歴

・G-net ハードエンデューロ 全日本選手権 2014年~2016年チャンピオン
・第2回,第3回全日本ヒルクライム選手権 エキスパート全日本チャンピオン
・2014 ハードエクストリームGEKKOONE チャンピオン  
・ブルーモリス社(スキーボード) 元スキークロス専門ライダー
・カイダック倶楽部 現書記長
・モーターホーム旅男


まずは、ミスタースズキ 水谷勝氏を代表とするボランティア団体「風の会」の活動に賛同し、私もそのチームに属することによって、精力的にバイクの普及・認知に貢献するボランティア活動をしております。   風の会の詳細はコチラ → http://kazenokai.org/index.html

自己紹介   バイクとスキーの2足のわらじを履いて、ダブルライダー ロッシと称すること約20年以上。  だって、名前がヒロシなんだもん。    ちなみにバレンチノ・ロッシの真似ではありません。    はるかに僕のほうが年上だし、使いはじめたのも僕のほうが早いのだ。   

トライアルバイクはデモのほうが忙しくなり、国内はもとより時には海外(マレーシア、韓国)でもその腕前を披露しました。       なお、国内では東京と大阪でしか開催されないモーターサイクルの一大イベント  大阪モーターサイクルショーではトライアルプロモーション様の協力で、「2007年から2013年まで連続してトライアルショーを担当させていただきました。   

2016年の夏 エンデューロバイクは永らく親しんだヤマハを離れ、ベータモータージャパン様の完全サポートを受け、史上最強難所系2ストロークバイク BETA RR2T300-one
 を駆り、中年の星として全国各地でお騒がせしています。
      
その他に、2006年に世界初のスクーターによるシンクロナイズド・ウイリーチーム「風の会W1レーシングチーム」を、水谷勝氏の協力で立ち上げ、各地のイベントでトライアルとセットにしたデモを展開中。      神業的な技術を駆使し、4人の天才ヘッポコライダー達が、コミカルに息のあったウイリーを奏でる姿を、是非ともご覧になってほしのあき。        

そしてスキーのほうは、国産メーカー「ブルーモリス社」のスキーボード専属ライダー(99~08)でした。      それまで、スキーは殆どやったことが無いド素人が人気のクロス競技で頭角を現し、競技挑戦3年目の2003年に全日本ランキング2位にまで上り詰めるも、同じチームメートに無敵なライダー(ライダー・JOE)が居たことで、ことごとく優勝を阻まれる。        しかし彼のみならず、他にも国内トップクラスの変態チームメートが居たお陰で、極めて短時間でスキーのノウハウを吸収できたことに、大いに感謝している。

カイダック倶楽部(KDC)とは     アクリル変性高衝撃塩ビ板、通称カイダック板を用いた工作倶楽部のことである。           中部地方で密かに流行していたDIYなのだが、素材がゲットしにくいにもかかわらず、私の知らない間に部員が全国的に増殖中なのである。

モーターホーム「バーストナー・エレガンスⅠ690」でぶらりと気ままに旅をするのが最近のライフスタイル。      大会のついでにちょいと温泉へ、とか 美味しいもの食べにちょいと遠方へ、とか 好きなときに好きな場所へ行けるこの車が何よりダイスキ!        最近は宿泊先でゆっったりと車中ホームシアターを楽しんでいます。      但し、デカいので、いろいろ気をつかうことも多いけど、この大きさに慣れたので次は8メートル級を飼いたいが、嫁さんの反対にあい意気消沈。   今はニースマンビショフに夢中・・・   

そんな波乱万丈な人生を歩んでいますが、今一番ホットなことは、ヒルクライム。
誰も登れない急坂を、一筆書きの如く鮮やかに制覇し、そして喝采を浴びることに、ひたすら情熱を注いでいます。         難しいセクションとコンディションになればなるほど圧倒的な技術力で撃破し、ギャラリーを盛り上げること。     そんなしょうもない、くだらないコトが今一番の 自分の生き甲斐でもあり、喜びなんです。
その努力の甲斐あって、2014年 ついに全日本ヒルクライム選手権の最上級クラスでチャンピオンを獲得!

人生は一度きり。     いつ死ぬかなんて分かんないから、体が動けるうちに一生懸命遊んで、仕事して、金使って  破産しない程度に贅沢すること。      40代になって、そのことを痛感しながら日々生きています。   

最後に Gネットシリーズで全日本チャンピオンを獲ったいまは、私が率先してエクストリームエンデューロ界を全国的に盛り上げることが使命だと思っています。         そして、ほか頑張っている若手に技術を伝え、そして後輩達にもこの世界で頂点を目指して日本のハードエンデューロシーンを盛り上げて欲しい。      
そのための土壌作りと方策を日々考え、取り組んでいます。

HISTORY

CATEGORY

COMMENT

TRACK BACK

YZFXクラッチの油圧化

 クラッチの油圧化は何がよろしいのか?  という話はもう割愛します(笑)       いまどきワイヤ式なんて時代遅れも甚だしい          このバイクの総合的な出来が良過ぎるなかで、唯一のダメな部分です        

 

今度のFXはとっても便利なセルモーターが付いたことで、Fの付いていた位置にそのままポンプ本体が付くことが難しくなりました

なので、その相談をするため今日は急遽エクセルさんに行きました

因みにこれがポンプの本体ね    トライアル用としてピストン径が大きいので、より小さな力でも充分に動くのです

 

 

これは今のバイク、YZ250Fに付いているカタチ        ついでに少し銀色のアルミパイプ部分を短めに改良してもらってきたので、もっとコンパクトに付くはず         明日やろう

 

で、肝心のFXはというと

エクセルの伊藤敦志さんと、あーでもないこーでもないと相談した後、この位置に決定        決め手は、へたな改造をしなくてもポン付けできる位置と角度とエキパイからの熱対策かな

 

上から見た図    案外出っ張ってないでしょ

きちんとクラッシュ時にもトラブルのおきにくい、しかもメンテしやすい位置に鎮座できました      エキパイからの熱もたぶんこのままでも大丈夫かとは思いますが、念のため一枚グラスファイバーを巻いておけば多い日も安心かと

 

あえてここも大型マスターシリンダーのモノを装備       タッチが軽すぎて、もうお話しになりまへん

エクセルさんではF用とFX用としてポン付けできる完全キット(クラッチレバー、マスターシリンダー、ホース、ポンプ本体など)を、税込み37260円で用意しております          全部込みなので、ハチャメッチャ安いと思います

特に雑誌とかでも紹介していないので、口コミか、このサイトだけの特別セールです

それと、他のバイクにも汎用性が高いキットなので、実車をエクセルさんに持ち込める方は何とでもなりそうですよ      特にクラッチのクソ重い2ストYZなんかお勧めです      握る力が半分以下で済みますですハイ

 

追加で注意点を2つばかり

これはオイルのエア抜き    本体をバイクに付ける前に、こうしてエアが上に抜けやすいようにしながらクラッチレバーを動かして、完全にエア抜きしてください

 

それと、もう一点

純正のワイヤ式クラッチレバーにあるセンサーから伸びる配線の元    この白いカプラーです

接続部分を抜いて、2本の線をブリッジして通電させてください      コレをしないと、たえずニュートラルを出さないとセルが回りません = ギアが噛んでいるとセルが回らないということです 

 

 

 

 

     

連日ヒッキーになって作ってるもんだから、完成までもう一息やな

あ、そういえばチョコオパイの話忘れてた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2015/03/02 23:12:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ヤマハYZ250F&FX   コメント( 0 ) 

逸品 チタンピン

 続きです           

個人的に、本当に良くして頂いているAPSさん     本業は車の板金業の傍ら僕の無理難題なモノつくりに励んでいただき、昨年からいろいろ応援していただいてます            一番になるためのマシン作りの原動力になっていると言っても過言ではありません        私にとっては、昨年から進めているエンデューロバイク軽量化計画には絶対に欠かせない存在のお方なのです

 

前置きが長くなりました    昨日のコレね

 

 

 

まずはこの写真

 

 

ブレーキシューの留めピンとフタです     写真は純正のど鉄     もう結構錆びてます     こんなんじゃシューの動きも悪くなりますわな

その対策として、チタンでピンを、アルミでフタを作ってもらったわけです    非常に細かい仕上げになっており、見た目もスンバラシ      軽さも半分になりました

 

純正18グラム

 

チタンピンとアルミのフタ  9グラム

 

ナイスですね~     

「そんな軽微な軽さなんか、泥がちょっとでも付いたら同じやで」  とおっしゃる方が大半でしょうね

こういうものを付ける効果は、軽さの追求だけではないのです        例えると身の回りに付けるアクセサリーみたいなもので、職人さんが一生懸命作った逸品モノを纏っているだけで、それだけでヤル気スイッチが100倍も入るというものなのです        なので、僕はその期待に答えるためにも、乗るほうで今年も全力投球しますよ       という感謝の気持ちでおっぱいです

 

 

 

そして、今日も宅急便がキタ

 

 

ぬわんと、チョコオパイ1箱 (笑)     待ちに待ったチョコオパイ!! ← しつこい  

でも、この中身はね      次回へ続く。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2015/02/25 21:39:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ヤマハYZ250F&FX   コメント( 0 ) 

ロッシライテク はじまりました

 今日発売されました    4月号のダートスポーツ誌です

 

     

 

その紙面の、98ページを良かったらご覧になってみてつかあさい

 

 

 

 

ネットなどの予告にもありましたが、私のテクニック講座が今月から連載されるのです  が・・・

ロッシライテク 「ハードエンデューロ忍法帖」  (笑)             

打ち合わせには全く無かったこのフレーズに、思わず噴きました      しかも、講師紹介の最後に、エンデューロの忍者って!?       さすがのジャン〇ーさんも変〇忍者とまでは書けなかったようですね    残念death      

 

「裸にエプロン」のネーミングのついたスケルトン泥ガードの記事も、「総帥の大好きな」 って文言が最初に入る筈だったのですが、どうやら造形社さんの自主規制でひっかかったようです              シランケド                  ま、そんな どうでも良い裏話でした     本当はもっといろいろあったけど、機会があるなら今作ってる最新型戦闘機YZ250FXを紹介したいと思っています

 

あ、でも掲載された写真の微修正を、ここだけ限定で公開しときます

豊田市のトライアルショップ、エクセルさん取り扱いのクラッチポンプね     今はこうやってエキパイの下にちゃんと隠れています          依然書きましたけどね

 

次はリアホイル内の泥除け部分   一見ノーガード的な写真ですが

 

透明なソフトビニールなので、付いてるかどうか分からないでしょ?      これが「総帥の大好きな裸にふんどし」 なのです      こっちは後ろなんでね

ホームセンターで売ってるビニールクロスがその素材です        擦れて汚くなったらマメに替えれば良いだけの、非常に安上がりな素材です

 

 

あとは、今日とっておきの部品の紹介

 

 

 

僕のパーソナルスポンサー、APSさん手作りの逸品   

もったいないので、続きはまた明日にしておきます。

      

 

 

 

          

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2015/02/24 23:34:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ヤマハYZ250F&FX   コメント( 2 ) 

土日

 いつもの土日休みなら必ずどこかに遠征するところでしたが、ちょっと今週は風邪による体調不良のため土曜日はおとなしく家でFXを弄っていました           ホント、全然作業が進まない     足りないガード類のパーツもいっぱいあるので、一体いつになったら乗れるのやら・・・    何とか来月下旬までには仕上げたい

さて、そんな日曜の今日は雨だと分かっていながら南に下るか西に進むか迷っていたところ、大阪から刺客がやってくるってんで、結局地元で迎え撃つことに ^ ^      大阪の刺客M君はバリバリ黒ゼッケン      そして愛知のS君は今期黒を目指す若武者       当然やることも、それなりのものになりますわな          怖いわ~

しかしS君、朝一番でハンドル曲げても終日それで乗る根性はすばらしい!       M君もさすがに単独で修行に来るだけのことはあって、向上心満々       2人ともイイネ        教えれることはまだまだあるので、全部持ってってね

しかし、今日は雨が降ってるのにぬくたかったなぁ           今ぐらいの季節がハードエンデューロライダーにとっては、本当は一番いいんだけどね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2015/02/22 22:57:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: その他   コメント( 0 ) 

サス到着

 1月下旬にチューンに出していたYZ250FX用のサスが、先日やっと帰ってきました

今回も、もちろんテクニクスさんです

 

発泡スチロールの海にヒョッコリ顔を出しておりました    なんてかわいいサブちゃん婆なんでしょう

 

こんなふうに綺麗に、そして実に丁寧に梱包されて送られてきます

 

 

やっと装着できたがな   

今回の味付けは、初期作動性向上の方向性だとか      もちろん鈴木健二さん仕様をそっくりそのまま戴きました     その乗り味は、例えて言うと雲の上に乗ってるような、まるでゴージャスな乗り心地のサスなのです       ありとあらゆる路面に張り付いて走るので、人間は何にもしなくてもバイクが跳ねずに勝手に進みます         特にヒルクライムなんかは実力の130パーセントくらいを引き出してくれる、そんな感じのサスになります          今回のFXは新車時から相当柔らかいと聞いておりますが、そこはやはり万人向けなんですよね         体重の軽い私には初期作動の良いサスしか乗れない、そんな体になってしまったのです(泣)

 

さて、ここからは気を取り直して、スペシャルパーツをガンガン奢りますよ      

第一弾はコレ

 

 

ジミーテック製カボーンエキパイガード!     すんばらしい!!!

耐熱性のテストをして、問題ないならひょっとして量産するカモ     というお話みたいです    いいでしょ ^ ^

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2015/02/19 23:02:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ヤマハYZ250F&FX   コメント( 0 ) 

追尾

 昨日は若手スクールでした              中部でも数少ない将来有望な才能ある2人なので、大切に、ビシバシ鍛えていこうと思う            夜はみんなで新年会兼ノビタ送別会で、焼肉食べ放題   たいへんお疲れ様でした ^ ^           

その一方で、自分の鍛え方についてもいろいろ思うところがあって、今日も実はフラッっと練習に行きました        するとどうでしょう          かねてからご一緒させてもらいたかった先生が、こんな平日にいらっしゃいました(笑)              名前はあえて伏せておきます            

普段の練習とは違うものを取り入れたかったので、絶好の機会でした      とりあえず30分一本勝負とばかりに付いていったのですが・・・・・       

 

 

 

 

ド ドド ド ドド ドド ド ドド ド ドド ドド ♪  ←分かる人には分かる音楽

はっ  はやい!!       3倍とまではいかないにしろ、要所要所で離されます      さすがっす

ここでハッキリ分かったことは、ギリギリまで攻める走りをするためには、とりあえずしっかりしたハンドガードが無いと手を障害物にヒットして潰すということでした           オイラはそういうの避けるのが得意中の得意なんだけど、さすがに今日は何度かヒットして痛い目にあいました      これ、ぜひ対策したいところなんですが、オープンエンド大嫌いなんだよな~       すぐに砂を噛むでしょ     どうするべかな

とにかく先生、今日は良い刺激になりました     また揉んでくださいな。

          

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2015/02/16 23:18:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: その他   コメント( 2 ) 

ニューテックオイル

 連日ゴソゴソ・ヒソヒソと、やれ打ち合わせやご要望をしまくっております            関連のある皆様方、なにとぞご協力のほど宜しくお願い致します!

さて、本日のお題       国産オイルメーカーのニューテックさんです       チームトライアルエクスチェンジは2011年から全選手がサポートを受けております

ニューテックさんのホームページ  http://nutec.jp/    

 

トライアルでは今期SHERCOの全面支援を受けるIAS加賀国光選手  BETAに乗るIA尾藤正則選手     彼らはNC51 0w30を使用します

 

一方、エンデューロでは私と、チェリーアヤト・ヘルメットヘッドJR選手・・・  ん 外人か?    スクーターウィリーでは箕田ミノッチ選手     僕らはNC50   10w50を使用

 

それぞれカテゴリーは違えど、バイクのパフォーマンスを最大限に引き出してくれるスーパーオイルであることに間違いはありません         それは僕たちが残した結果が全てを物語っているので何も言うことは無いですが、他を見渡してもロードレースカテゴリーや車の分野に於いてもそれぞれ業界のトップチームが採用していることから、その信頼度が分かるというものです

このオイルを各コンペマシンは一ヶ月に一回のペースで交換しています      

 

ほか、商品としてラインアップされているケミカル類で、お勧めのなのがコレ

   

NC-900  カーボンリムーバー    これは燃焼室にこびり付くカーボンをツルっと剥がしてくれる超スグレモノです        カーボンが海苔かと思うような剥がれ方をするので、それはそれは重宝しています                            

 

あとお勧めはこのハイパーMPグリース

真っ白く綺麗なシリコン系グリスです        いろんなところに使えますが、私は特にホイールベアリング周りのシールにコッテリ塗ります     ゴムも侵さないので、あらゆるところに使用可なのです

 

 因みに、オイルはこのような1リットルのモノもあります    時代は紙製なんですね

 

 

そんなニューテックオイルと共に、今年も登りまくるよ ^ ^ 。

             

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2015/02/12 23:58:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ニューテックオイル   コメント( 0 ) 

ダートスポーツ連載と奇跡

まずは嬉しい事から書いておきます               ちょうど今月のダートスポーツ誌に特集で載せていただいていることは先日書いたとおりですが、来月からもテクニック講座なるものを連載させていただくことになりました           コレ、前からやってみたかったんですよね               メインは、トライアルのテクニックをエンデューロで応用する方法   バイクの操り方、ラインの見方、体の使い方などなど                どの程度の期間連載されるかは分かりませんが、どうぞご期待ください

 こんな感じでニュースになってました → http://www.zokeisha.co.jp/dirtsports/archives/14293 

 

 

 

 

 

 

話は変わり急に変なことを書きますが、僕は目に見えない運命や自分の持っているモノを強く信じています          あまり詳しくは書きませんが、今まで死なずに大きな怪我が無く生きてきたこと   経験してきたこと   運命的な出会いがあったことなど全てがそうです              今は嫁さんが強烈に強いモノを持ってるので、その影響を多分に享受させてもらっています                     

そして、つい先日の出来事    そのときの一瞬は何かにとりつかれたように走っていました       そして、それが目に入った瞬間どうすることもできずに突っ込んで転倒          昔、それで口に裂傷を負って救急車で運ばれたことがあるんです         当たり所が悪ければ、そのとき即死だったであろうことが、また同じことを繰り返しました        でも、今回はバイクに少しだけ傷を負っただけで私は無傷でした          きっと、その日旅立った義理のお兄さんが助けてくれたんだと思った           「お前はまだこっちに来るな!」 と        亡くなった日にバイクに乗ってるバチ当たり者なのにね            

ほんとに、いつ死ぬか分からんこのご時勢、楽しんで生きていかないと後悔しますね         なので、今しばらく僕は僕にできる事、やらなければいけない事に没頭して、日々生きていこうと強く思った           

お兄さん  ちょっと早い旅立ちでしたが、お疲れ様でした。             

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2015/02/10 22:58:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: その他   コメント( 0 ) 

IRC 2015カタログ

 先日の土日は大阪遠征でした         基本土日が決まって休日な訳では無いので、そういうタイミングの時は他府県に遠征することにしています         当たり前の話、いろんな場所を走ることに意義があるのです           その場所のコース案内をしてもらったり、地元ライダーさんたちと切磋琢磨して、技量を肌で感じてくる    

そんな有意義な週末を過ごすつもりだったのですが、仕事明けで高速をかっ飛ばして昼には現地到着も、なんとなんと・・・・・・      ものごっつ吹雪いていた     しかも無人君

さっさと温泉に直行し、昼寝してました        夜は寂しいおじさんの緊急集会(アヒル様、関西イマッポ様、総帥、マサル君)があり、王将で餃子パーティー       その後はプラザ坂下の宴会にもお邪魔し、バイクに乗らずとも有意義な一日と相成りました   

その翌日   やはり雪中強化練習となり死にそうな寒さでしたが、所々でほどよく汁は出ましたよ^ ^     関西イマッポさんは午前中で死亡してましたけどね          福井からはるばるお疲れ様でした!           しかし、雪中練習は辛いけど、コース攻略法の勉強としてはなかなか面白いですね

 

さて、本題のカタログのお話      IRCさんから出来立てほやほやの2015年カタログが送られてきました        いつも本当にありがとうございます

IRCさんは日本品質なのです      中身はロード、モトクロス、エンデューロ、街中のスクーター、アメリカン、ソーラーカーのタイヤ  そりゃもう、何でもゴザレです   

さて、その1ページ目をめくると、ぬわんと!

進撃のタックさんと私が載ってます     私、偉そうなことぬかしてゴメンくさい

でも、まだ続くのです

いよいよゲコタがカタログに登場!       しかも、ゲコタは私 ^ ^ ^ ^ ^ ^ ^        隣は進撃のタックさん       タックさんはカッチョイイので、トラタイヤページではもっと大きく載ってます   

そういえば3月にまたゲコタ販売のニュースが入っていますよ

http://irctire-mcnews.com/category/1280977-1.html

ゲコタはその都度受注生産的な販売というスタンスですが、究極にレースに特化したものであり、本来はタイヤ自体のゴムの鮮度は一番重要なものなので、いつも店頭に置くよりもこういう販売方法がレース専用タイヤとしては最適だと思います        これは僕の勝手な予想ですがネ    たぶんそうかと      シランケド

 

 

 

しかし、この写真    よ~く見ると

 

もっすごい 鬼のような顔して乗ってますねんな       無意識のうちに

これからは顔の表情を変えず乗る練習しよ。

 

 

 

               

 

                         

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2015/02/04 00:12:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: IRC GEKKOTA   コメント( 2 ) 
<<  2015年2月  >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
COUNTER
今日 : 0
昨日 : 0
合計 : 0
ARCHIVE
2017 年 05 月 ( 5 )
2017 年 04 月 ( 6 )
2017 年 03 月 ( 5 )
2017 年 02 月 ( 6 )
2017 年 01 月 ( 5 )
2016 年 12 月 ( 5 )
2016 年 11 月 ( 4 )
2016 年 10 月 ( 5 )
2016 年 08 月 ( 1 )
2016 年 06 月 ( 4 )
2016 年 05 月 ( 11 )
2016 年 04 月 ( 12 )
2016 年 03 月 ( 11 )
2016 年 02 月 ( 12 )
2016 年 01 月 ( 10 )
2015 年 12 月 ( 9 )
2015 年 11 月 ( 6 )
2015 年 10 月 ( 11 )
2015 年 09 月 ( 10 )
2015 年 08 月 ( 10 )
2015 年 07 月 ( 10 )
2015 年 06 月 ( 8 )
2015 年 05 月 ( 10 )
2015 年 04 月 ( 8 )
2015 年 03 月 ( 9 )
2015 年 02 月 ( 8 )
2015 年 01 月 ( 7 )
2014 年 12 月 ( 9 )
2014 年 11 月 ( 8 )
2014 年 10 月 ( 12 )
2014 年 09 月 ( 12 )
2014 年 08 月 ( 8 )
2014 年 07 月 ( 7 )
2014 年 06 月 ( 10 )
2014 年 05 月 ( 11 )
2014 年 04 月 ( 14 )
2014 年 03 月 ( 12 )
2014 年 02 月 ( 8 )
2014 年 01 月 ( 13 )
2013 年 12 月 ( 13 )
2013 年 11 月 ( 11 )
2013 年 10 月 ( 10 )
2013 年 09 月 ( 8 )
2013 年 08 月 ( 11 )
2013 年 07 月 ( 12 )
2013 年 06 月 ( 13 )
2013 年 05 月 ( 11 )
2013 年 04 月 ( 12 )
2013 年 03 月 ( 8 )
2013 年 02 月 ( 7 )
2013 年 01 月 ( 9 )
2012 年 12 月 ( 8 )
2012 年 11 月 ( 6 )
2012 年 10 月 ( 6 )
2012 年 09 月 ( 7 )
2012 年 08 月 ( 6 )
2012 年 07 月 ( 8 )
2012 年 06 月 ( 9 )
2012 年 05 月 ( 9 )
2012 年 04 月 ( 8 )
2012 年 03 月 ( 11 )
2012 年 02 月 ( 8 )
2012 年 01 月 ( 13 )
2011 年 12 月 ( 11 )
2011 年 11 月 ( 11 )
2011 年 10 月 ( 12 )
2011 年 09 月 ( 8 )
2011 年 08 月 ( 7 )
2011 年 07 月 ( 11 )
2011 年 06 月 ( 8 )
2011 年 05 月 ( 15 )
2011 年 04 月 ( 10 )
2011 年 03 月 ( 7 )
2011 年 02 月 ( 9 )
2011 年 01 月 ( 11 )
2010 年 12 月 ( 10 )
2010 年 11 月 ( 9 )
2010 年 10 月 ( 14 )
2010 年 09 月 ( 7 )
2010 年 08 月 ( 13 )
2010 年 07 月 ( 8 )
2010 年 06 月 ( 13 )
2010 年 05 月 ( 13 )
2010 年 04 月 ( 12 )
2010 年 03 月 ( 19 )
2010 年 02 月 ( 15 )
2010 年 01 月 ( 15 )
2009 年 12 月 ( 22 )
2009 年 11 月 ( 16 )
2009 年 10 月 ( 14 )
2009 年 09 月 ( 14 )
2009 年 08 月 ( 14 )
2009 年 07 月 ( 11 )
2009 年 06 月 ( 9 )
2009 年 05 月 ( 12 )
2009 年 04 月 ( 12 )
2009 年 03 月 ( 14 )
2009 年 02 月 ( 15 )
2009 年 01 月 ( 16 )
2008 年 12 月 ( 13 )
2008 年 11 月 ( 16 )
2008 年 10 月 ( 17 )
2008 年 09 月 ( 12 )
2008 年 08 月 ( 13 )
2008 年 07 月 ( 19 )
2008 年 06 月 ( 20 )
2008 年 05 月 ( 20 )
2008 年 04 月 ( 14 )
2008 年 03 月 ( 19 )
2008 年 02 月 ( 11 )
2008 年 01 月 ( 14 )
2007 年 11 月 ( 4 )
LINKS
QR-CODE