PROFILE

お名前:ロッシ高橋
性別:男性
生年月日:1969年01月25日
出身地:三重県
自己紹介:
所属チーム

チームBETAエンジョイズ

デモチーム トライアルエクスチェンジ風の会W1レーシング の4番 


搭乗マシン

・BETA RR2T300-one


ほか

・YAMAHA YZ250FX-one
・GASGAS TXT280RF
・SUZUKI ADDRESS V50W
・HONDA APE (笑)

経歴

・G-net ハードエンデューロ 全日本選手権 2014年~2016年チャンピオン
・第2回,第3回全日本ヒルクライム選手権 エキスパート全日本チャンピオン
・2014 ハードエクストリームGEKKOONE チャンピオン  
・ブルーモリス社(スキーボード) 元スキークロス専門ライダー
・カイダック倶楽部 現書記長
・モーターホーム旅男


まずは、ミスタースズキ 水谷勝氏を代表とするボランティア団体「風の会」の活動に賛同し、私もそのチームに属することによって、精力的にバイクの普及・認知に貢献するボランティア活動をしております。   風の会の詳細はコチラ → http://kazenokai.org/index.html

自己紹介   バイクとスキーの2足のわらじを履いて、ダブルライダー ロッシと称すること約20年以上。  だって、名前がヒロシなんだもん。    ちなみにバレンチノ・ロッシの真似ではありません。    はるかに僕のほうが年上だし、使いはじめたのも僕のほうが早いのだ。   

トライアルバイクはデモのほうが忙しくなり、国内はもとより時には海外(マレーシア、韓国)でもその腕前を披露しました。       なお、国内では東京と大阪でしか開催されないモーターサイクルの一大イベント  大阪モーターサイクルショーではトライアルプロモーション様の協力で、「2007年から2013年まで連続してトライアルショーを担当させていただきました。   

2016年の夏 エンデューロバイクは永らく親しんだヤマハを離れ、ベータモータージャパン様の完全サポートを受け、史上最強難所系2ストロークバイク BETA RR2T300-one
 を駆り、中年の星として全国各地でお騒がせしています。
      
その他に、2006年に世界初のスクーターによるシンクロナイズド・ウイリーチーム「風の会W1レーシングチーム」を、水谷勝氏の協力で立ち上げ、各地のイベントでトライアルとセットにしたデモを展開中。      神業的な技術を駆使し、4人の天才ヘッポコライダー達が、コミカルに息のあったウイリーを奏でる姿を、是非ともご覧になってほしのあき。        

そしてスキーのほうは、国産メーカー「ブルーモリス社」のスキーボード専属ライダー(99~08)でした。      それまで、スキーは殆どやったことが無いド素人が人気のクロス競技で頭角を現し、競技挑戦3年目の2003年に全日本ランキング2位にまで上り詰めるも、同じチームメートに無敵なライダー(ライダー・JOE)が居たことで、ことごとく優勝を阻まれる。        しかし彼のみならず、他にも国内トップクラスの変態チームメートが居たお陰で、極めて短時間でスキーのノウハウを吸収できたことに、大いに感謝している。

カイダック倶楽部(KDC)とは     アクリル変性高衝撃塩ビ板、通称カイダック板を用いた工作倶楽部のことである。           中部地方で密かに流行していたDIYなのだが、素材がゲットしにくいにもかかわらず、私の知らない間に部員が全国的に増殖中なのである。

モーターホーム「バーストナー・エレガンスⅠ690」でぶらりと気ままに旅をするのが最近のライフスタイル。      大会のついでにちょいと温泉へ、とか 美味しいもの食べにちょいと遠方へ、とか 好きなときに好きな場所へ行けるこの車が何よりダイスキ!        最近は宿泊先でゆっったりと車中ホームシアターを楽しんでいます。      但し、デカいので、いろいろ気をつかうことも多いけど、この大きさに慣れたので次は8メートル級を飼いたいが、嫁さんの反対にあい意気消沈。   今はニースマンビショフに夢中・・・   

そんな波乱万丈な人生を歩んでいますが、今一番ホットなことは、ヒルクライム。
誰も登れない急坂を、一筆書きの如く鮮やかに制覇し、そして喝采を浴びることに、ひたすら情熱を注いでいます。         難しいセクションとコンディションになればなるほど圧倒的な技術力で撃破し、ギャラリーを盛り上げること。     そんなしょうもない、くだらないコトが今一番の 自分の生き甲斐でもあり、喜びなんです。
その努力の甲斐あって、2014年 ついに全日本ヒルクライム選手権の最上級クラスでチャンピオンを獲得!

人生は一度きり。     いつ死ぬかなんて分かんないから、体が動けるうちに一生懸命遊んで、仕事して、金使って  破産しない程度に贅沢すること。      40代になって、そのことを痛感しながら日々生きています。   

最後に Gネットシリーズで全日本チャンピオンを獲ったいまは、私が率先してエクストリームエンデューロ界を全国的に盛り上げることが使命だと思っています。         そして、ほか頑張っている若手に技術を伝え、そして後輩達にもこの世界で頂点を目指して日本のハードエンデューロシーンを盛り上げて欲しい。      
そのための土壌作りと方策を日々考え、取り組んでいます。

HISTORY

CATEGORY

COMMENT

TRACK BACK

あぁ

キャンピングカーの水道設備が最近不良につき、取り外して調べました

そしたらなんと

あれ?  こんなとこ膨らんでたっけ?

はい、中でモーター一基が焼けてましたとさ     もう一基は無事でしたが、いかんせん水量に元気がなくてね      水が無いときに長時間空転させたか?          

どっちゃにせよ、ご臨終です     お値段調べたら、結構ゴイス  どないしよ・・

 

 

あぁ まさるくん    これも酷いわぁ・・・

あの高さから落下させて、良くぞバイクご臨終にならんかったね ^ ^

 

あぁ     恒例のdfセール     気が付いたらこれも終了しとった・・・。       

 

    

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2015/05/28 23:23:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: 大会遠征用モーターホーム   コメント( 2 ) 

いろんな応援を背に

 フェイスブック上でのことですが、自分の中でにわかに北海道ネタで盛りあがってます      

本州ではすでに火がついたハードエンデューロの灯火を是非、私が現役でいる間に北海道にも届けたい      そんな思いで紋々と過ごす一日でした       それを熱烈に後押ししてくれる浅水さんや沖村さんの想いに、いつかは応えたいと思ってます ^ ^

 

さて、今週末はCGC斑尾に遠征するのですが、土曜はヒルクライム教室   日曜は救護係という名の観客向けデモライドを存分に楽しむつもりなんですが・・・・・  日曜は雨っぽい さすがCGC(笑)       雨は全然嫌いじゃないけど、公式戦じゃないときは勘弁してくれ          それに嫁さんの誕生日やし

 

 

エレガンス号に飾ってあるスポンサーロゴを更新しました       今年になって個人的についてくれた企業様もあるので、当たり前のこと           

 

そして先日ちょっとした不注意でオイル漏れをおこしたYZ250Fのフォークシール交換と、ついでにオイル交換をするために、個人的に応援していただいているサスペンションチューニングプロショップ  テクニクス様から特殊工具を仕入れました

 

 

サスの分解特殊工具とカートリッジ内専用オイルと、おなじみ世界最強フォークオイルシール SKF       シールを交換するだけでフォークの動きが格段に良くなる脅威の代物です 

これでKYBサスペンションのカートリッジの中のオイルも交換できるぞなもし       土田さん、何時もありがとうございます!!

 

 

ブーツは高い位置でひっくり返して保存するのがヨロシ     位置が高いと良く乾くんですよ

そんなことで、週末はブーツを新調しよっかな          愛用はガエルネ サイファーJ  ホワイトバージョン投入        何遍でも書くけどサイファーJはエンデューロ用としては一番軽くて、最低限動きやすくて、プロテクションも程よく効いてます      他にも選択肢はありますが、履き比べると重かったり硬かったり柔らかすぎたり、まーいろいろあるんですね       すべてにバランスがいいのがコレなんです         これで愛用5年目ですが、足にまつわるトラブルは一切無し

ホワイトは綺麗だで、大会専用で使お。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2015/05/25 23:42:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ヤマハYZ250F&FX   コメント( 0 ) 

特注品と参考動画

 いつも個人的にお世話になっているAPSさん     僕のYZ250FXのネジ類総アルミ・チタン化に全面的に協力していただいてます!

さて、今回作っていただいたモノとは  まずはコレ

シートとサブフレームと・・・あれ?  どこだっけ?   まいいや

あと特注六角   これでEFI本体を留めるバンドを調整します

 

次は

 

23ミリFX用アルミシャフトと、カラー類     何のカラーかというと

 

YZ250F用の19インチホイールを換装するためのカラーです     Fは25ミリ、FXは23ミリなので、コレが無いと付かないのです      ちょうど良い寸法を出すのにかなりの時間を要しましたが、これでテストできそうです      それにしても、いずれの逸品も作りこみが素晴らしい!!

ありがとうございました  ^ ^

 

最後に、追加で昨日ティスさんが挙げたモンスクの動画 ナンバー6のお話    これはイイ題材です!

動画の中盤から当日デモでやったヒルクライムの様子が最後までノーカットで映っています 

Gネットシリーズで勝敗の大きなカギとなる猛烈なヒルクライムたち        コレを一発で決めれるか否かが今後も勝敗に大きく関わる要素です       デモで最後のほうにやったものはさすがに大会レベルを超えていますが、猿山の斜度や斜面の起伏とかが全般的に良く分かると思います          そのなかで果敢にアタックするGネットのトップライダーたちですが、ヒルクライムには緻密なテクニックが潜んでいることが分かりますか?        ライダーの体の使い方、アクセルワーク、ライン取り、半クラッチを使っているのか否か、スタンディングかシッティングか        その中で一番成否を分けるのは、スピードに準じたアクセルで登っているかどうかが重要です      

上を目指す方はぜひ、そのあたりを良く見て、コマ送りでさらに目に焼き付けて、イメトレに励んでみてください。

 https://www.youtube.com/watch?v=49dYh9J7CZQ

 

 

 

     

    

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2015/05/22 23:20:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ヤマハYZ250F&FX   コメント( 0 ) 

ハードエンデューロの実態 モンスクの動画

 そろそろと先日のGネットハードエンデューロ第2戦 モンスク動画が挙がってきていますね

作っていただいた関係者の方々、勝手にリンク貼らせていただきますね~!

 

まずはモンスク男汁倶楽部(笑)さんから   これが結構面白いところを濃縮して編集してあると思います   https://www.youtube.com/watch?v=jDyR9RAZwGQ

のんびり3人づつスタートするところが、初めて見る方にとっては??  でしょ   このあと立て続けに難しい難所が存在するので、こんなところでイケイケで飛ばしてもしょうがないのです      そこがハードエンデューロの奥深さと面白いところです

 

次は2位になったタックさんのヘルカメ動画      臨場感が凄いです    一緒に走っている気になってみてください    https://www.youtube.com/watch?v=iqL3mM3i3x4

 

あとは、ヨーコチン動画 https://www.youtube.com/watch?v=nkaQaXF9wL8      知り合いばかり映ってます ^ ^

 

かなりマニアックなところではティスさんがヘルカメ動画を5つほど挙げてます     これはその最初の一個目だけ紹介しますが、字幕入りでかなり頑張っている様子が伺えて、思わず手に汗握る動画です       ま、続きの4つはウェブで探して見て見てください    https://www.youtube.com/watch?v=GpDRM8rahbQ 

 

 

ハードエンデューロというのはライダー同士の戦いではなく、自然のセクションとの勝負というのがこれで良くお分かりになったのではないでしょうか?             こんな苦しいエンデューロなんて果たして面白いんか?       と思われるかもしれませんが、この何でも楽にできる時代において自分の限界を知ることが分かるんで、嵌る人は嵌るんですなコレが。       

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2015/05/21 19:53:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: その他   コメント( 2 ) 

モンスク2015参戦記

 福島のチーズナッツパークまで距離にして550キロ       時間にして14時間        往復1100キロ計28時間の単独下道エンデューロ遠征から無事に帰宅しました          修行かと思うような旅でしたが、いつものことなので全然平気なんですなこれが(笑)      今月はもう一回、月末に斑尾まで行かないといけないし、もろもろな事情があって出費がかさむので、今回は意地でも高速は使わないと決めてたんです

 

ま、そんなことはどうでもいいですね      大会参戦記をツラツラっと書こうかな

前日の土曜は半日雨でした     下見の段階で粘土質な場所が結構まずい感じだったので、迷わずIRCのVEを選択しましたが、今思うと失敗でした       というのは、翌日になってみるみるコンディションが良くなって、まさにベスコン状態         勝負どころはレース後半の岩と根っこ勝負になってきたところで、VEはこういうの全然ダメなんですよね      普段いかにゲコタが素晴らしいか、身をもって体験できました       

今回の出走(3人づつスタートの規定6周、持ち時間3時間30分)については、見てる方には誰が今トップなのか分かり難いかも知れませんが、走ってるライダーとしては面白い試みだったと思います               Gネットは主催者によってそういう個性があって面白いといえば面白いんですが、本当は統一したルールにしたほうがいんじゃないのかな      と個人的に思ったりもする               

いつぞやのCGC以来久しぶりに一番先頭で出走しましたが、今回はラインが全然安定していないので1周目は結構辛かったですね      穴掘りたくなかったんで、躊躇無く押しが沢山入って、みるみる消耗するのが分かりました      あとの周はそこそこソツなく走りましたが、5週目のチェックで残り20分少々      規定周回は6週なので、最後の周はちょっと頑張ってみたら久々に左手が攣りました      やはりジワジワきてたんですね          

ところで、今回軽量化のためキックは外して走ってたんです     セルを全面的に信頼してたんで

するとどうでしょう     最終週の残り5分を切ったところでセルが急に回らなくなったんです        スイッチ押しても、もうんともすんとも言いません      ここでタイムアップです     下りで押しがけしたらエンジンがかかったんで、それで何とかパドックへ 

そこで分かった原因とは

男根・・・・ あいや、断線でした      ハンドルストッパーの部分で何回か噛みこんでいたんでしょう       不幸中の幸いだったなも     残り5分でマジ助かった!!

これで2015YZ250FX君に待望の一勝をプレゼントすることが出来ました     やっぱこのマシンは最高だということが証明できて、マンモス・・・     まい~や

当日は沢山の観客の方に応援していただき、ありがとうございました!!      面白かったですか?

最後に大会を見れなかった方     Gネット トップライダー達の大会終了後の名物となっているデモンストレーションでも見てやってください          最大斜度50度の壁    猿山アタックの様子です     オモロですよ ^ ^ 。

https://www.youtube.com/watch?v=SL6i3rg7pb4

   

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2015/05/19 23:48:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ヤマハYZ250F&FX   コメント( 6 ) 

週末は第2戦 福島モンスク

 やってきました今週末  第2戦は福島チーズナッツパークで開催されるモンキースクランブル

今年も、これでもかというくらいヒルクライムの連続する素晴らしいコース設定だそうな    楽しみだなも        エントリー台数も2クラス開催ということも幸いして、昨年より大幅アップ!      これも東北でハードエンデューロを盛り上げようとしているタックさんの努力の賜物でしょう        この調子で全国各地で盛り上がっていくといいなあ        僕もPR頑張らなきゃ      特に大会終了後の黒ゼッケンと若手有志によるヒルクライムデモなんか、みんな意地を張り合うから絶対面白いもん見れますよ          バケメ様もまた見にきてくれるのかしらん? ^ ^

 

ということで、今日は張り切って遠征の準備をしていました      まずは遠征専用車エレガンス君のちょっとした整備をば

           

 

2台ともデカイ車だけど、もっと大きいの欲すい

 

ダイナモとエアコンを廻すベルトの交換です       フィアット車だけど何故か日産のベルトが適合するんだな

交換前     チョコチョコと亀裂が入ってます      気が付いたら7年替えてなかった     そりゃあかんわ

 

交換後   結構面倒だけど、約一時間で終了          これで気持ちよく週末は福島まで逝けそうです。   

 

 

             

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2015/05/13 22:52:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: 大会遠征用モーターホーム   コメント( 2 ) 

若手育成とスリックシャイン

 最近は連チャンでGネットを主戦場とする関西圏の若手と練習する機会があり、汚じさんは年齢にして10以上 下手すると息子くらいの年齢のライダーと一緒になって遊んでもらってます              その目は皆真剣で、いつかは俺がトップをとってやるんだという意気込みがあるので、惜しげなくその方策についていろいろ伝えているところです

僕が常々思うのは、たとえば山を登るルートってのはひとつでは無くいくつか存在するはず      そのいくつかってのは、最短で逝ける道もあれば、迂回して逝ける道もあったり          僕の場合、トライアルとスキークロスという永い迂回路を経て、このハードエンデューロの山に登りました          そのルートを見つけ出すのは同じ道を辿る人に聞いてもいいし、独自に開拓してもいいし、そこに辿り着くまでのプロセスが楽しいわけですが、僕がとった方法はまずは師匠の金子さんの真似をし、トライアルとスキークロスという膨大な経験をミックスさせたものが今の僕のカタチを作り出しています                そのためにかなり年齢は往ってしまいましたが、全部が完成している今が人生で一番楽しい時期だと思っています

最短で頂上に逝くのにエンデューロ一本に絞るに越したことはないのですが、ことハードエンデューロの世界に於いてはトライアル的な練習をしだすとマシンも体も幾つあっても足りません           なので、多少費用はかかってしまいますがトライアルバイクでの基礎練習を積んだほうが上達するには絶対に手っ取り早いです         トライアルはありとあらゆる基礎が詰まってますからね           あとは大会へ取り組む姿勢やラインの考え方などなど                   本当に勝ちたいのなら普段の生活から見直して徹底してやらないと          てなことをを喋ってきた週末でした                    

 

話は変わって、魔法の洗剤スリックネタを少々

コレ、僕イチ押しな逸品    その名も「SLICK SHINE」 スリック シャイン 

 

・・・・・因みにスリック シネでは無い(笑)

 

簡単な話、樹脂光沢復活撥水剤なんです    たとえば

カイダックフォークガードも練習用のやつはかなりくたびれてきましたが、コレを吹くと

光沢復活!   でもって、水洗い洗車ならしばらくは撥水効果が持続します        なんでもプラスチック樹脂の中にまで薬液が浸透するらしい          なので、かなりくたびれたプラスチック類の光沢復活にはモッテコイです          もはや練習仕様で外装がくたびれてきたYZFには手放せないアイテムとなっています。

 

 

 

         

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2015/05/12 10:57:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: SLiCK NeverWet   コメント( 0 ) 

Tricomzさんの商品

 最近はいろんな会社の商品テストなどをやらせてもらってます       まだ開発中で言えない物もチョコチョコあるのですが、本当にありがたいことです ^ ^

今日はトライアルの大先輩で、最近新しく会社を興された方からいただいたモノを2点ほど紹介します    会社の名前はTricomz  http://tricomz.com/       

バイク用品を中心に商品を展開していくようです     まずはコレ

殆どの方はこうやってスペアホイルを生で縛ってますよね     僕はこういうの大嫌いです    なので、今までは特殊なビニール袋に入れてたりしたものですが、そんなときに出た商品がコレ

バイクホイール専用設計のスペアタイヤバッグ   お値段は一個税込み7560円となかなかなのですが、これの特徴はその作りにあります

それぞれ左右のディスク、スプロケの当たる部分に緩衝材が入ってます    なので、擦れて穴が開く心配は無さそうです    当然ベルトも付いてるので、持ち運びもラクラク     何より、万が一泥だらけになった際の持ち帰りも、車の中が汚れないのでとっても重宝するのです

ほらね、スッキリかっちょいいでしょ?

 

次はコレ

傷防止の透明シート      商品名コブラシールド      80センチ×27センチ  厚み0.5ミリで一枚税込み5179円です        

フェンダー用のデカールシールとか、割と厚めのモノがありますよね     それの透明シートと思ってもらえば良いかと

よくケツで擦れるリアフェンダーと

ハンドルのプロテクタに施工してみました

うん、いいんじゃなーい ^ ^   擦れても傷が目立ちにくそうです

できればバイク全体に施工したいなも

明日早速テストしてみますね。

 

 

 

  

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2015/05/09 20:07:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: Tricomz トライコムズ   コメント( 0 ) 

ブーツゲーター

スリックネタはひとまず次回に延期して、まずはこの写真にご注目

膝下の鮮やかな青い部分    これ、ブーツゲーターというモノです       

ウェットスーツに使われる素材で、非常に伸縮性に富み引き裂きにも強いのです        これがブーツの中に進入する泥や埃や水を一切カットしてくれます         なので、ブーツの中はいつも快適です          ライディング中に砂が入って気分が悪くなるそこの貴方、これ無しでは間違いなくもう乗れなくなっちゃいますよ         

作ってる人は34さん      僕がエンデューロに転向したときから何かと応援していただいている御方で、非常に手先の器用なモノ作りの職人さんです           このブーツゲーターも、絶妙な立体縫製がしてあって、ただの平べったいキレじゃないんですよね          しかもマジックテープ留めなので、パンツを着た後に巻けるのです         サイズもモノに伸縮性があるので、誰でもピッタリとフィットするはず          その大きさも程よく、いくつかテストしてようやくこのカタチに決まりました      そんな34さんの逸品です      

因みに僕が使っているモノと全く同じ物がオークションで販売中なので、興味のある方は是非買ってみてください       色は他に赤と黒もありますよーん様。

http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e156715636

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2015/05/07 23:41:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: その他   コメント( 2 ) 

世の中は連休だけど

ゴールデンウイークなんて 全然カンケー無く仕事      ま、何処行っても人だらけ渋滞だらけなんで、この時期は遠出しないことに決めてます                 

 

とりあえずこういうときはバイクメンテか車のメンテかな

ってことで、車洗お    

最近使ってる魔法の洗剤スリック     ご存知、ラッキー商会さんが扱ってる海外からの輸入商品です          この洗剤で専らバイクを洗っているのですが、いろいろ種類があるなかでワックス入りのちょっと特殊なもので車を洗うテストをしてみました

高圧かけた後にこいつをちょっとスポンジにとって軽く洗い、水で洗い流しますと

 

 

 

おお!  汚れがスキキリ全部落ちて、しかも水玉弾いてる!!      まあこんだけ弾けば充分かな     わざわざワックスかける必要が無さそうです      これからは車の洗車もコイツだな     

依然は一ヶ月に一回は車にワックスかけてたけど、今はそんなこと一切しません    一回ガラスコーティングかけた後は洗車のみ     それも高圧かけて軽く拭く程度       なので、購入後一年経ったいまでもボディはピカピカを維持してます

車のボディが綺麗になった後は、また違うスリックでバイクを綺麗にしてみます

続く。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2015/05/06 13:51:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: SLiCK NeverWet   コメント( 0 ) 
<<  2015年5月  >>





12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
COUNTER
今日 : 0
昨日 : 0
合計 : 0
ARCHIVE
2017 年 08 月 ( 5 )
2017 年 07 月 ( 7 )
2017 年 06 月 ( 6 )
2017 年 05 月 ( 6 )
2017 年 04 月 ( 6 )
2017 年 03 月 ( 5 )
2017 年 02 月 ( 6 )
2017 年 01 月 ( 5 )
2016 年 12 月 ( 5 )
2016 年 11 月 ( 4 )
2016 年 10 月 ( 5 )
2016 年 08 月 ( 1 )
2016 年 06 月 ( 4 )
2016 年 05 月 ( 11 )
2016 年 04 月 ( 12 )
2016 年 03 月 ( 11 )
2016 年 02 月 ( 12 )
2016 年 01 月 ( 10 )
2015 年 12 月 ( 9 )
2015 年 11 月 ( 6 )
2015 年 10 月 ( 11 )
2015 年 09 月 ( 10 )
2015 年 08 月 ( 10 )
2015 年 07 月 ( 10 )
2015 年 06 月 ( 8 )
2015 年 05 月 ( 10 )
2015 年 04 月 ( 8 )
2015 年 03 月 ( 9 )
2015 年 02 月 ( 8 )
2015 年 01 月 ( 7 )
2014 年 12 月 ( 9 )
2014 年 11 月 ( 8 )
2014 年 10 月 ( 12 )
2014 年 09 月 ( 12 )
2014 年 08 月 ( 8 )
2014 年 07 月 ( 7 )
2014 年 06 月 ( 10 )
2014 年 05 月 ( 11 )
2014 年 04 月 ( 14 )
2014 年 03 月 ( 12 )
2014 年 02 月 ( 8 )
2014 年 01 月 ( 13 )
2013 年 12 月 ( 13 )
2013 年 11 月 ( 11 )
2013 年 10 月 ( 10 )
2013 年 09 月 ( 8 )
2013 年 08 月 ( 11 )
2013 年 07 月 ( 12 )
2013 年 06 月 ( 13 )
2013 年 05 月 ( 11 )
2013 年 04 月 ( 12 )
2013 年 03 月 ( 8 )
2013 年 02 月 ( 7 )
2013 年 01 月 ( 9 )
2012 年 12 月 ( 8 )
2012 年 11 月 ( 6 )
2012 年 10 月 ( 6 )
2012 年 09 月 ( 7 )
2012 年 08 月 ( 6 )
2012 年 07 月 ( 8 )
2012 年 06 月 ( 9 )
2012 年 05 月 ( 9 )
2012 年 04 月 ( 8 )
2012 年 03 月 ( 11 )
2012 年 02 月 ( 8 )
2012 年 01 月 ( 13 )
2011 年 12 月 ( 11 )
2011 年 11 月 ( 11 )
2011 年 10 月 ( 12 )
2011 年 09 月 ( 8 )
2011 年 08 月 ( 7 )
2011 年 07 月 ( 11 )
2011 年 06 月 ( 8 )
2011 年 05 月 ( 15 )
2011 年 04 月 ( 10 )
2011 年 03 月 ( 7 )
2011 年 02 月 ( 9 )
2011 年 01 月 ( 11 )
2010 年 12 月 ( 10 )
2010 年 11 月 ( 9 )
2010 年 10 月 ( 14 )
2010 年 09 月 ( 7 )
2010 年 08 月 ( 13 )
2010 年 07 月 ( 8 )
2010 年 06 月 ( 13 )
2010 年 05 月 ( 13 )
2010 年 04 月 ( 12 )
2010 年 03 月 ( 19 )
2010 年 02 月 ( 15 )
2010 年 01 月 ( 15 )
2009 年 12 月 ( 22 )
2009 年 11 月 ( 16 )
2009 年 10 月 ( 14 )
2009 年 09 月 ( 14 )
2009 年 08 月 ( 14 )
2009 年 07 月 ( 11 )
2009 年 06 月 ( 9 )
2009 年 05 月 ( 12 )
2009 年 04 月 ( 12 )
2009 年 03 月 ( 14 )
2009 年 02 月 ( 15 )
2009 年 01 月 ( 16 )
2008 年 12 月 ( 13 )
2008 年 11 月 ( 16 )
2008 年 10 月 ( 17 )
2008 年 09 月 ( 12 )
2008 年 08 月 ( 13 )
2008 年 07 月 ( 19 )
2008 年 06 月 ( 20 )
2008 年 05 月 ( 20 )
2008 年 04 月 ( 14 )
2008 年 03 月 ( 19 )
2008 年 02 月 ( 11 )
2008 年 01 月 ( 14 )
2007 年 11 月 ( 4 )
LINKS
QR-CODE