PROFILE

お名前:ロッシ高橋
性別:男性
生年月日:1969年01月25日
出身地:三重県
自己紹介:
所属チーム

チームBETAエンジョイズ

デモチーム トライアルエクスチェンジ風の会W1レーシング の4番 


搭乗マシン

・BETA RR2T300-one


ほか

・YAMAHA YZ250FX-one
・GASGAS TXT280RF
・SUZUKI ADDRESS V50W
・HONDA APE (笑)

経歴

・G-net ハードエンデューロ 全日本選手権 2014年~2016年チャンピオン
・第2回,第3回全日本ヒルクライム選手権 エキスパート全日本チャンピオン
・2014 ハードエクストリームGEKKOONE チャンピオン  
・ブルーモリス社(スキーボード) 元スキークロス専門ライダー
・カイダック倶楽部 現書記長
・モーターホーム旅男


まずは、ミスタースズキ 水谷勝氏を代表とするボランティア団体「風の会」の活動に賛同し、私もそのチームに属することによって、精力的にバイクの普及・認知に貢献するボランティア活動をしております。   風の会の詳細はコチラ → http://kazenokai.org/index.html

自己紹介   バイクとスキーの2足のわらじを履いて、ダブルライダー ロッシと称すること約20年以上。  だって、名前がヒロシなんだもん。    ちなみにバレンチノ・ロッシの真似ではありません。    はるかに僕のほうが年上だし、使いはじめたのも僕のほうが早いのだ。   

トライアルバイクはデモのほうが忙しくなり、国内はもとより時には海外(マレーシア、韓国)でもその腕前を披露しました。       なお、国内では東京と大阪でしか開催されないモーターサイクルの一大イベント  大阪モーターサイクルショーではトライアルプロモーション様の協力で、「2007年から2013年まで連続してトライアルショーを担当させていただきました。   

2016年の夏 エンデューロバイクは永らく親しんだヤマハを離れ、ベータモータージャパン様の完全サポートを受け、史上最強難所系2ストロークバイク BETA RR2T300-one
 を駆り、中年の星として全国各地でお騒がせしています。
      
その他に、2006年に世界初のスクーターによるシンクロナイズド・ウイリーチーム「風の会W1レーシングチーム」を、水谷勝氏の協力で立ち上げ、各地のイベントでトライアルとセットにしたデモを展開中。      神業的な技術を駆使し、4人の天才ヘッポコライダー達が、コミカルに息のあったウイリーを奏でる姿を、是非ともご覧になってほしのあき。        

そしてスキーのほうは、国産メーカー「ブルーモリス社」のスキーボード専属ライダー(99~08)でした。      それまで、スキーは殆どやったことが無いド素人が人気のクロス競技で頭角を現し、競技挑戦3年目の2003年に全日本ランキング2位にまで上り詰めるも、同じチームメートに無敵なライダー(ライダー・JOE)が居たことで、ことごとく優勝を阻まれる。        しかし彼のみならず、他にも国内トップクラスの変態チームメートが居たお陰で、極めて短時間でスキーのノウハウを吸収できたことに、大いに感謝している。

カイダック倶楽部(KDC)とは     アクリル変性高衝撃塩ビ板、通称カイダック板を用いた工作倶楽部のことである。           中部地方で密かに流行していたDIYなのだが、素材がゲットしにくいにもかかわらず、私の知らない間に部員が全国的に増殖中なのである。

モーターホーム「バーストナー・エレガンスⅠ690」でぶらりと気ままに旅をするのが最近のライフスタイル。      大会のついでにちょいと温泉へ、とか 美味しいもの食べにちょいと遠方へ、とか 好きなときに好きな場所へ行けるこの車が何よりダイスキ!        最近は宿泊先でゆっったりと車中ホームシアターを楽しんでいます。      但し、デカいので、いろいろ気をつかうことも多いけど、この大きさに慣れたので次は8メートル級を飼いたいが、嫁さんの反対にあい意気消沈。   今はニースマンビショフに夢中・・・   

そんな波乱万丈な人生を歩んでいますが、今一番ホットなことは、ヒルクライム。
誰も登れない急坂を、一筆書きの如く鮮やかに制覇し、そして喝采を浴びることに、ひたすら情熱を注いでいます。         難しいセクションとコンディションになればなるほど圧倒的な技術力で撃破し、ギャラリーを盛り上げること。     そんなしょうもない、くだらないコトが今一番の 自分の生き甲斐でもあり、喜びなんです。
その努力の甲斐あって、2014年 ついに全日本ヒルクライム選手権の最上級クラスでチャンピオンを獲得!

人生は一度きり。     いつ死ぬかなんて分かんないから、体が動けるうちに一生懸命遊んで、仕事して、金使って  破産しない程度に贅沢すること。      40代になって、そのことを痛感しながら日々生きています。   

最後に Gネットシリーズで全日本チャンピオンを獲ったいまは、私が率先してエクストリームエンデューロ界を全国的に盛り上げることが使命だと思っています。         そして、ほか頑張っている若手に技術を伝え、そして後輩達にもこの世界で頂点を目指して日本のハードエンデューロシーンを盛り上げて欲しい。      
そのための土壌作りと方策を日々考え、取り組んでいます。

HISTORY

CATEGORY

COMMENT

TRACK BACK

FAVORITE

なみあい2デイズ走行会終了

エミお姉さま企画のなみあい2デイズ走行会は、初回にして大盛況のうちに終了しました     2日間で述べ100人オーバーな大イベントだったと思います      これをたった一人の女性が全部企画されたということが何より素晴らしい!                                   

全国各地から参加されたライダーさんはもちろん、裏方の そりゃ沢山のエキスパート(変態)スタッフをはじめ、前面バックアップのオープンエリア様、出店されたちゃねスポーツ様、MCギア様、マキシスタイヤ様、ベータモータージャパン様など多くの方々の参加があって、まるで大会か?  と思うような賑やかさがありました             まとめてな挨拶になってしまいますが、皆様たいへんお疲れさまでした!!             

コースも本当に面白かったですね       私も久々にお邪魔したのですが、初心者からエキスパートまで満足できる本格的山系コースだと思います          しかも、まるでスキー場のメンテナンスの如く、夜中のうちに轍を埋めて元通りにしてしまうという   コース管理者であるなみあいのスタッフさんをはじめ、その代表の純ちゃんの姿勢       さすがっす!       参加者の皆さん、大絶賛してましたよ ^ ^      人気のある綺麗なキャンプ場に併設されているので、いろいろ気苦労も多いかと思うのですが、長く続けていって欲しいと思います

 

ところでダートスポーツ誌に連載させていただいてきた私のハードエンデューロ忍法帳というライテク講座     ひとまず今月号で終わりです      当初の予定通りですが、まだまだ伝えたいことは山ほどあるわけで      文章で伝えるのはなかなか難しいことを痛感しています          でも、おかげさまでコレを見て現実にスクールで学びたいと来て下さる方もいて、今回もリピートで来ていただいた方も沢山いらっしゃいました        個別に伝え切れていませんが、本当に 心からありがたいと思っています!                  

僕も今までやってきたことですが、上達する秘訣はやはり生で上手な人の走りを見ることです      ビデオ(死語かな?)で見るのも良しですが、このエンデューロという分野においては上手い人の背後を走るのも良し        とりあえずその人の走りを全部コピーすれば良いのです       

今までフリーライド系のイベントに、九州、中部   勝手な遠征で中国、近畿地区は頻繁にお邪魔していますが、今年中の目標として秋に四国  夏くらいに北海道もいいかな  なんて勝手に思っています    東北はチーズナッツの小松さんが来年企画されるようなので、楽しみに待つことにして、今持っている技術から大会の裏技まで、いろいろ伝授したいことがあるんですよね         10年スパンでいろいろやってるので、今はその6年目       ひとまずあと4年のうちに、てなことを考えてます            次に出てくるスーパーハードエンデューロライダーはいったいどこにいるのか探す旅をかねて、私ももう少し頑張ってみます。      

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2015/07/01 07:36:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:その他  コメント(2) 

今週末はなみあいキャンプスクール

 ということで、週末はなみあい貸切キャンプスクールに行ってきます     

どうやら昨年オープンしたばかりのなみあいの会場を貸切で使うのは初めての試みだそうな      エミ姉さま、凄いや ^ ^          因みに一日だいたい10万くらいで借りれるみたいなので、相場としてはかなりお安いのでは?          コースもぼちぼちできてきたみたいだし、楽しみです           では週末参加される皆様、宜しくお願い致します!

 

それはそうと先日の強化練習の際、途中から結構ラジエタ液が噴出してきましてね        僕は噴かない走りをするのが定評で(自分の中ではね 笑)、何だろうと思ったらラジエタの前面の下3センチくらいに泥が積もっていたのです        ラジエタファンは下半分に風が当たるのでこれはイカンと思い、ちょっと対策してみた

 

 ラジエタ後ろ側の上にアルミ板で覆いを付けて、ほぼ全てファンに風が通る設計に変更しました      ファンとラジエタには若干の隙間がわざと作ってあるので、風を取り込む威力は倍増かと

一方で走行中の風が通り抜けにくい設定にはなってしまいますが、ファンの風のほうが強力なのでラジエタ全体を冷やすには絶大な効果が期待できそうです                

週末はメインがスクールではあるのですが、Gネットランカーも沢山来ているので本気練習モードになることもあるでしょう           その練習風景も是非ご覧になってみてください

だもんで、週末はテストタイプYZ250Fで行こう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2015/06/24 23:46:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:ヤマハYZ250F&FX  コメント(0) 

アルミカラー

 

YZFXのリアホイル純正カラーって鉄なのです     写真の左2つがそれ     持った感じメチャ重いです       しかし右の2つはアルミで出来ており、超軽い

鉄製 168グラム

アルミ製 65グラム    半分以下なのだ     ちなみにこのアルミ製は2ストYZ250用

あの~、こういう軽いのがあるんなら最初から付けてくんねかな・・・    ほんの少しゴムの傘の形状は違うけど、この軽さには変えれないもんね   

   

でもって、YZ250F用リアホイル25ミリシャフト → 23ミリアルミシャフト&対応カラーセットは近日テスト予定        これがあるとF用ホイルもFXに流用できるのだ

APSさん、いつもありがとうございます。^ ^        

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2015/06/18 23:07:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:ヤマハYZ250F&FX  コメント(0) 

ダートスポーツのライテク教室

 今月24日はダートスポーツ誌の発売日です         今月号はカズト君のエルヅベルグ土産話も沢山あるだろうし、非常に楽しみですね!

さて、一方で連載させていただいている私のライディングテクニック教室ですが、今回でひとまず終了のようです             まだまだ伝えたいことは沢山あるのですが、今後は機会あるごとに単発で何かを発信しければいいかな~とは思ってます

Gネットライダー若手特集とか面白そうかもね   提案しておきます(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2015/06/14 09:14:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:ヤマハYZ250F&FX  コメント(0) 

水道ポンプ交換

 先日焼きついてお亡くなりになった水中ポンプ      ネットで調べたら、結構沢山あるもんですね          しかしながら、もう水中投入型はやだ         水が無いと焼きつくなんてもう堪忍やわ~ 

ということで、ご近所にあるキャンピングカー製作工場 レクビイさんへ久々にお邪魔しました       ここに訪れたのも8年ぶりくらいかな        営業の下川さんがいらっしゃって、覚えてくれていたのが嬉しかった         遡ること15年前、ハイエース100系のキャンパーを自作する際に頻繁に通ったものです       あの頃のノウハウが今の200系にも生きています       その気になれば何でも出来るもんですわ

 

で、ポンプはコレを購入してきたのですが、実は工場で製作中の車につける間際のブツを無理やりいただいてきました       下川さん、さすがっす ^ ^      おかげさまでイロイロ助かりました

この外付けポンプ  1万2千円くらいのモノですが、出力はこれで充分過ぎるくらいです     しかも静か         良いモン買いました

床下エレクトロボックスのお部屋にすんなりと収まりました       ここは床下暖房も効いてますので、走行中は凍ることが無いスペースなのです

これでまた、多い日も安心かな。

          

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2015/06/11 11:47:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:大会遠征用モーターホーム  コメント(0) 

再生

 かれこれ15年以上は楽に使いこんできた室内用エクササイズマシン          時として結構激しく使い込んできたので、ペダルのベアリングはバラバラになるし、フレームもクラックだらけでした           普通のご家庭ならとっくにスクラップになるところですが、そこは頼りになるAPSさん            快く再生してもらいました               コイツは頂き物とはいえ人生の大先輩が贈ってくれた代物なので、そう簡単には捨てれなくってネ

 

色もテキトーに塗りなおして

訳あって、ペダルも溶接      完璧に修理完了!

各部グリスアップしたことだし、また10年は使い込むことにしよう

 

ところで昨日のエルズベルグロデオ  ご覧になられましたか?       レッドヌルテレビのHPから3時間超の録画版も見れるみたいなんで、是非!!

その中であった一番最後のほうのシーン

 

ダウンタウンという難所で魅せたトップ連中の共同作業      なんと、ワイヤーと人力7人がかりくらいで一台のバイクを引っ張り上げています     久々に笑っちゃったな~ ^ ^          コレ、エンデューロの大会としては賛否両論あるでしょうね            

過去に私も大会中に同じような経験をさせてもらったのですが、現場では変な一体感が生まれるんですよ              なので、ココで助け合ったトップ連中はあと少しのゴールをあえて競い合ったりしなかったのかと思われ            私の勝手な予想ですけどね

この写真、ゲコワンで使われた男坂って言います      ここをノーヘルプで駆け抜けて行った太一っチャンやったら、ノーヘルプでも行けたやろなぁ    

私はこんな感じで全然ムリやったけど(笑)          ここで私を引っ張ってくれた皆様方、あらためて感謝しておりますよーーー。  

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2015/06/09 00:01:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:その他  コメント(0) 

IRC GEKKOTA IS NO1!

 

いま、ハードエンデューロの世界では局所専用ソフトタイヤ戦争真っ只中              固いタイヤに慣れた方にとっては違和感ありありでしょうけど、スピード系では無い大会においてはこれほどグリップの素晴らしいモノは無いですよね          なので、使い方を誤って固い路面をむやみやたらにアケアケで行ったら、ブロックがもげることは致し方ありません          使用上の注意でもそう書いてありますしね         あと、固いタイヤほどには地面を掘り返さないから、若干環境には優しいのです         なので、大会とかではみんなこういうタイヤを履いて出れば、あんなに酷い轍にはなんなくていいのになぁ      なんて思うのですが、使い方を誤ったら一緒かな?(笑)      

                              

最近は他社からも局所専用タイヤがボチボチ登場するようにはなりましたが、やはり国内においてはIRCのGEKKOTAがナンバー1に間違いないでしょう             Gネットハードエンデューロのトップライダーは、ほぼ全員が装着している定番中の定番なのです             他社製品との違いとしては作りが完全コンペ専用なので、ブロックの高さの規制とかにはひっかからないのです      なので廃土性能が素晴らしい      あとはタイヤのたわみによるブロック全体の地面の掴み具合       その辺りの設計と、数多くのテストを経て作り上げた結果が今の製品です       でも実はまだ進化中でして、今年になってもうすでに結果がlndsgfqwilejfijqiwgi:oqerbqeiなんで、乞うご期待なんです           ああ、また余計なこと書いて叱られるかな?(汗)     

因みに今週末のエルズベルグでは日本の誇るスピード系エクストリーマーIAカズト君がゲコタを履いて決勝を走りますので、皆さんぜひぜひ応援してやってくださいね!

 

それにしても、ヒルクライムは最高でんなぁ!  

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2015/06/05 10:26:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:その他  コメント(0) 

なみあいフリーライドキャンプ開催

 先週の斑尾から帰って昨日は洗濯、そして今日になってやっとバイクを洗うことができました    

貧乏暇なしやて     

      

 

そういえば先日、斑尾から帰るときにウチの嫁はん  この状態に変身したバイクを見て一言 「良くこんな小さなタイヤで走るわ」って・・・・・・  ちょ!?           とても冗談には聞こえなかった       バイク命のだんなの嫁とは思えないんだが、良くある事なので軽くスルーしといた

 

さて、今月末27日と28日 長野県下伊那郡阿智村の新規エンデューロコース スターライトフォレストなみあいにてフリーライドキャンプがあります             この企画は、エンデューロが三度の飯より大好きな北陸の岩本さん(お姉さま)が単独でやってます           なので、ご自身が儲けようなんてつもりは一切無く、純粋にみんなで楽しみたい       そして山走りが不得意なご自身がスキルアップしたいので、だったら沢山のライダーさんも集めて懇親を深めましょ           ということが主旨なのです           私にはココまでこと細かくイベントを主催する能力が無いので、お姉さまの気持ちを全面的に応援するのが役目かと思い、広報させてもらってます         僕もついでに遊びたいしネ

http://slf-namiai.com/    ←    まずはスターライトフォレストのホームページ  場所もココで分かります

いま流行のお山系エンデューロコースで、昨年出来たてほやほやのコースです      でも開拓はすすんでおり、初級者、中級者向けのコースはすでに完成    そして上級者向けは好きに走れみたいな      奥に行けば行くほどとてつもないヒルクライムやロックなどがあります     なので11月28日のGネットハードエンデューロ最終戦はココなんですよ    

因みにこの最終戦はGネットランキング上位陣と他各カテゴリのトップライダー招待による日本初のエクストリーム国内頂上決勝戦みたいなモノらしい         いわばショーですね       鈴木健二さんも早々と参戦表明?なのかな       斑尾でのマジ練習を見てなんとなく感じました             

普通に2日間練習走行するだけなら、なんと昼の弁当付きで8000円です     もちろんどちらか一日だけでもオッケー     そして私のプチスクールを受けたい方向けもプランがあるようですので、是非!      変態になってもシランョ

エントリーフォームです https://ws.formzu.net/fgen/S22127089/

 

ココは空気が澄んでいて標高が非常に高い場所です       国内でも有数の星空観測が出来る場所として有名なので、普通にキャンプをしに来られるお客さんも多いようです            もともとは完璧に整備の行き届いたものすごく綺麗なキャンプ場ですからね             コースはそのキャンプ場から川の上流へ少し離れた場所にあって、遊歩道として整備された場所の跡地に作られています            そんなところに出来たエンデューロコースなので、バイクに乗られないご家族を連れてこられても充分満足していただけると思います

因みにGネットの黒ゼッケン衆も何人か参加が確定しているので、大会ではなかなか見ることができない激しい練習風景が見れると思います       そちらも是非お楽しみに^^^^^^^^

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2015/06/03 12:26:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:その他  コメント(3) 

CGC斑尾 裏方参加

 先日はCGC斑尾へ裏方として参加してきました

思い返すと、エンデューロデビュー2年目のここで僕も初優勝させていただきました      非常に感慨深いです       それ以来だったので、自分があれからどれだけ成長したのかが良く分かることがありました      その当時は難所だったブラッククリフは壁にしか見えなかったのですけど、その当時走ったヒルクライムは全てただの移動路でした(笑)                        

土曜日は夜勤明けでぶっ飛ばして不眠のまま土曜日のフリーライドイベントに参加         走ってる最中は楽しいから眠気なんて平気でしたが、やはり風呂に入って車に戻ったら即気絶        でも、従妹の娘っ子2人と嫁さんが来るってんで、長野駅までちょいとお迎えに        うちの嫁さん、実はエンデューロを見たことが無かったんです     しかし、その翌日は誕生日      でも僕は斑尾で走っていたい       ということでわざわざ呼んだんですが、我侭だったかなと反省       しっかりプレゼントは高価なモン請求されましたがね ^ ^;;          

翌日曜日    昨夜シトシト降った雨がちょうど良い湿り気具合になって、正真正銘まさにベスコン状態に    しかも霧で曇っていて、涼しい!              僕の役目はコースで苦しんでるライダーさんのヘルプ役      代走とかラインアドバイスとかけが人の救助とか、いろいろやらせていただきましたが、ちょっとはお役に立てたかしら?        運悪く怪我された方、お大事にしてくださいね               

しかし、適度に周回させていただいたのですが、本当に良いコースでした      さすがはCGCスタッフ、ハードエンデューロのツボを良く分かっていらっしゃる        来年はここでGネットの公式戦をやって欲しいな~ なんて勝手に思っちゃいました      それくらいバラエティに富んだ良いコースでしたよ           

  

健二さんも中盤は2週くらいマジ走行してましたね        125の咆哮が凄まじかった!       流石の走りでした。                

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2015/06/02 10:12:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:その他  コメント(2) 

bikeplus

<<  2015年6月  >>

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

COUNTER
今日 : 0
昨日 : 0
合計 : 0

READER

ARCHIVE
2017年03月 (5)
2017年02月 (6)
2017年01月 (5)
2016年12月 (5)
2016年11月 (4)
2016年10月 (5)
2016年08月 (1)
2016年06月 (4)
2016年05月 (11)
2016年04月 (12)
2016年03月 (11)
2016年02月 (12)
2016年01月 (10)
2015年12月 (9)
2015年11月 (6)
2015年10月 (11)
2015年09月 (10)
2015年08月 (10)
2015年07月 (10)
2015年06月 (8)
2015年05月 (10)
2015年04月 (8)
2015年03月 (9)
2015年02月 (8)
2015年01月 (7)
2014年12月 (9)
2014年11月 (8)
2014年10月 (12)
2014年09月 (12)
2014年08月 (8)
2014年07月 (7)
2014年06月 (10)
2014年05月 (11)
2014年04月 (14)
2014年03月 (12)
2014年02月 (8)
2014年01月 (13)
2013年12月 (13)
2013年11月 (11)
2013年10月 (10)
2013年09月 (8)
2013年08月 (11)
2013年07月 (12)
2013年06月 (13)
2013年05月 (11)
2013年04月 (12)
2013年03月 (8)
2013年02月 (7)
2013年01月 (9)
2012年12月 (8)
2012年11月 (6)
2012年10月 (6)
2012年09月 (7)
2012年08月 (6)
2012年07月 (8)
2012年06月 (9)
2012年05月 (9)
2012年04月 (8)
2012年03月 (11)
2012年02月 (8)
2012年01月 (13)
2011年12月 (11)
2011年11月 (11)
2011年10月 (12)
2011年09月 (8)
2011年08月 (7)
2011年07月 (11)
2011年06月 (8)
2011年05月 (15)
2011年04月 (10)
2011年03月 (7)
2011年02月 (9)
2011年01月 (11)
2010年12月 (10)
2010年11月 (9)
2010年10月 (14)
2010年09月 (7)
2010年08月 (13)
2010年07月 (8)
2010年06月 (13)
2010年05月 (13)
2010年04月 (12)
2010年03月 (19)
2010年02月 (15)
2010年01月 (15)
2009年12月 (22)
2009年11月 (16)
2009年10月 (14)
2009年09月 (14)
2009年08月 (14)
2009年07月 (11)
2009年06月 (9)
2009年05月 (12)
2009年04月 (12)
2009年03月 (14)
2009年02月 (15)
2009年01月 (16)
2008年12月 (13)
2008年11月 (16)
2008年10月 (17)
2008年09月 (12)
2008年08月 (13)
2008年07月 (19)
2008年06月 (20)
2008年05月 (20)
2008年04月 (14)
2008年03月 (19)
2008年02月 (11)
2008年01月 (14)
2007年11月 (4)

LINKS

MOVIE

QR-CODE