PROFILE

お名前:ロッシ高橋
性別:男性
生年月日:1969年01月25日
出身地:三重県
自己紹介:
所属チーム

チームBETAエンジョイズ

デモチーム トライアルエクスチェンジ風の会W1レーシング の4番 


搭乗マシン

・BETA RR2T300-one


ほか

・YAMAHA YZ250FX-one
・GASGAS TXT280RF
・SUZUKI ADDRESS V50W
・HONDA APE (笑)

経歴

・G-net ハードエンデューロ 全日本選手権 2014年~2016年チャンピオン
・第2回,第3回全日本ヒルクライム選手権 エキスパート全日本チャンピオン
・2014 ハードエクストリームGEKKOONE チャンピオン  
・ブルーモリス社(スキーボード) 元スキークロス専門ライダー
・カイダック倶楽部 現書記長
・モーターホーム旅男


まずは、ミスタースズキ 水谷勝氏を代表とするボランティア団体「風の会」の活動に賛同し、私もそのチームに属することによって、精力的にバイクの普及・認知に貢献するボランティア活動をしております。   風の会の詳細はコチラ → http://kazenokai.org/index.html

自己紹介   バイクとスキーの2足のわらじを履いて、ダブルライダー ロッシと称すること約20年以上。  だって、名前がヒロシなんだもん。    ちなみにバレンチノ・ロッシの真似ではありません。    はるかに僕のほうが年上だし、使いはじめたのも僕のほうが早いのだ。   

トライアルバイクはデモのほうが忙しくなり、国内はもとより時には海外(マレーシア、韓国)でもその腕前を披露しました。       なお、国内では東京と大阪でしか開催されないモーターサイクルの一大イベント  大阪モーターサイクルショーではトライアルプロモーション様の協力で、「2007年から2013年まで連続してトライアルショーを担当させていただきました。   

2016年の夏 エンデューロバイクは永らく親しんだヤマハを離れ、ベータモータージャパン様の完全サポートを受け、史上最強難所系2ストロークバイク BETA RR2T300-one
 を駆り、中年の星として全国各地でお騒がせしています。
      
その他に、2006年に世界初のスクーターによるシンクロナイズド・ウイリーチーム「風の会W1レーシングチーム」を、水谷勝氏の協力で立ち上げ、各地のイベントでトライアルとセットにしたデモを展開中。      神業的な技術を駆使し、4人の天才ヘッポコライダー達が、コミカルに息のあったウイリーを奏でる姿を、是非ともご覧になってほしのあき。        

そしてスキーのほうは、国産メーカー「ブルーモリス社」のスキーボード専属ライダー(99~08)でした。      それまで、スキーは殆どやったことが無いド素人が人気のクロス競技で頭角を現し、競技挑戦3年目の2003年に全日本ランキング2位にまで上り詰めるも、同じチームメートに無敵なライダー(ライダー・JOE)が居たことで、ことごとく優勝を阻まれる。        しかし彼のみならず、他にも国内トップクラスの変態チームメートが居たお陰で、極めて短時間でスキーのノウハウを吸収できたことに、大いに感謝している。

カイダック倶楽部(KDC)とは     アクリル変性高衝撃塩ビ板、通称カイダック板を用いた工作倶楽部のことである。           中部地方で密かに流行していたDIYなのだが、素材がゲットしにくいにもかかわらず、私の知らない間に部員が全国的に増殖中なのである。

モーターホーム「バーストナー・エレガンスⅠ690」でぶらりと気ままに旅をするのが最近のライフスタイル。      大会のついでにちょいと温泉へ、とか 美味しいもの食べにちょいと遠方へ、とか 好きなときに好きな場所へ行けるこの車が何よりダイスキ!        最近は宿泊先でゆっったりと車中ホームシアターを楽しんでいます。      但し、デカいので、いろいろ気をつかうことも多いけど、この大きさに慣れたので次は8メートル級を飼いたいが、嫁さんの反対にあい意気消沈。   今はニースマンビショフに夢中・・・   

そんな波乱万丈な人生を歩んでいますが、今一番ホットなことは、ヒルクライム。
誰も登れない急坂を、一筆書きの如く鮮やかに制覇し、そして喝采を浴びることに、ひたすら情熱を注いでいます。         難しいセクションとコンディションになればなるほど圧倒的な技術力で撃破し、ギャラリーを盛り上げること。     そんなしょうもない、くだらないコトが今一番の 自分の生き甲斐でもあり、喜びなんです。
その努力の甲斐あって、2014年 ついに全日本ヒルクライム選手権の最上級クラスでチャンピオンを獲得!

人生は一度きり。     いつ死ぬかなんて分かんないから、体が動けるうちに一生懸命遊んで、仕事して、金使って  破産しない程度に贅沢すること。      40代になって、そのことを痛感しながら日々生きています。   

最後に Gネットシリーズで全日本チャンピオンを獲ったいまは、私が率先してエクストリームエンデューロ界を全国的に盛り上げることが使命だと思っています。         そして、ほか頑張っている若手に技術を伝え、そして後輩達にもこの世界で頂点を目指して日本のハードエンデューロシーンを盛り上げて欲しい。      
そのための土壌作りと方策を日々考え、取り組んでいます。

HISTORY

CATEGORY

COMMENT

TRACK BACK

ジミーテック カーボンパーツ

 昨日はサハリンへ武者修行に行くマサル君と特訓    いろんな意味で熱かった     そして今日は独りで特訓     一番良い時間にパンクして終了・・・  あれ?   そういやスーパーハードチューブでパンクしたん初めてやわ       運悪かったんやなぁ

ということで、最近いろいろまた良いお話が舞い込んでるんですが、そのなかの一つ     ジミちゃん特製のカーボンパーツを紹介

 

これは柔軟に曲がるカーボン板をカットして巻いてあります     モノホンカーボンはザクとは違うのです

 

これも前に紹介したエキパーヒートガード   多い日も安心のガード

 

クラッチケースカバーガード    ジミーテック万歳(笑)

 

 

 

 

 

 

これが今回の新作    フライホイルとセルモーターギアガード    124グラム      熊本君のクラッシュをフィードバックして製作されてます          

 

特にこのセルギア部分はメチャ弱いみたい     なので、今のところこうやって守ってましたが、もう必要はなし

この状態から

 

完全防備

 

 

いつでもかかってきたまへ仕様へ    

これらのジミーテック製品は今のところ受注生産らしいです        因みに製作者のジミちゃん自身はGネットのバリバリトップライダーで、カーボンパーツはGネットライダーの間では有名なのです          ワンオフでも柔軟に対応してくれるので、気になったあなたはフェイスブックの大西実君を探してメッセージ送ってあげてくださいな。    

 

 

 

 

    

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2015/07/27 23:30:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ヤマハYZ250F&FX   コメント( 2 ) 

久々のカイダック通信

久々のカイダック通信です

今日のお題はコレ

純正のシートが、どうも水を吸ってるみたいで超重いんです       カタチも自分好みで仕上げてみたかったので、今回思いきってベースから作ってみることにした

 

 

赤い部材がカイダック       さて、ここからどうやってフレームに固定していくか

 

さしあたりアルミ板をサクサクっと曲げて製作し、カイダックにリベット留め       M8のネジ切ってベースは完成

あとはスポンジの成型とシート生地の接着なんだけど、ここでちょっと時間切れ

続きはまた今度真彦。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2015/07/23 18:01:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ヤマハYZ250F&FX   コメント( 0 ) 

コブラシールド施工例

 

練習専用の1号機 YZ250F  大会専用2号機 YZ250FX      実験的にFで試したものはそのままFXに生かせるという点で、いまはこれが最高の環境です        ですが、エンジンの中身的なところで若干違いがあってそこを合せることは不可能なので、悩ましいところではある         キーワードはトライアルバイク並みの極低速回転域の実現      またちょっとひとつ試してみっかな

 

さて話は変わって、先日いただいた超肉厚UVカットシール 商品名コブラシールドの施工の一例を紹介

商品はこの中に入っています    寸法は50センチ×80センチ

それを好きな寸法でカット

そして貼る場所は

メインフレームです    僕の好みで白いカッティングシールがすでに貼ってあるのですが、その上に更に保護として貼ります

写真でも分かりますよね   透明UVカットシールは0.5ミリの相当な肉厚です

そんでもって、これ位の曲面でも素材が伸びるので、全く問題ナッシング       いいでしょコレ ^ ^        これで多少ぶつけても全然傷が付かないから安心きわまりなし

さて、次はフェンダー類にでも貼ってみっかな。

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2015/07/21 23:41:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: Tricomz トライコムズ   コメント( 0 ) 

究極の下着

ライディングウェアの下着は今までずっと発汗に強いと言われるウェアでした

しかし、この季節でも長袖長ズボンに各種装具にヘルメット重装備ときたモンで、普通の人から見たら、さぁ熱中症になりましょう!  って感じですよね         それにこのハードエンデューロという競技の特性上 並じゃない発汗量なので、毎回下着は汗で服が肌に引っ付いて皮膚呼吸もままならないなぁ   なんて感じていました

 

そこに登場したこの肌着     ニュースで知ってすぐにダートフリークさんに注文しました

dfさんはご近所のオフロード関連百貨店なので、めちゃんこ助かります ^ ^

 

これはMILLETのドライナミックメッシュという下着の上下です     ひと目見た瞬間にコレや!!   って思いました       毛細管現象をウェアに取り入れた感じなので、この太い繊維が汗をまとめて吸って、ちょっと走った風を受けて汗を蒸散させる手法です     なので、今までみたいに素肌全体にシャツが纏わりつかないのです        いいモンが出ましたわ

 

 

 

で、ちょっと試着してみた

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとギリギリまで責めたった (笑)        特にパンツが危ないので、これが限界

 

自撮りで何枚か撮ってて、なんだか新しい境地に逝ってしまいそうな感じがして怖くなりました・・・・    

 

 

 

そう

 

 

 

 

要はこんな感じ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、無いわ~。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2015/07/18 00:10:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ハードエンデューロネタ   コメント( 2 ) 

新たな方向性へ

 これからのマシン作りの方向性として、余分なものは徹底して省くようにした

ノックは無用・・・・ ならぬ、キックは不要    なんちゃって    あっという間に800グラムの軽量化が実現

これからはバッテリー君に頑張ってもらうことにした

 

 

それと

 

徹底した低重心化と足付き性能重視     これはテクニクスさんの扱うスペシャルトップブリッジ XTRIGならでは     約2センチ強突き出しができます            おまけに大きなショックもこのトップブリッジが拾ってくれるので、とっても手首に優しい     いたれる尽くせりな逸品です

週末はこの仕様でテストしてみます。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2015/07/15 23:02:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ヤマハYZ250F&FX   コメント( 0 ) 

スターライトフォレストなみあい

 徐々に認知されつつある新規お山系エンデューロコース スターライトフォレストなみあいに先日行ってきました             ノームページはココ http://slf-namiai.com/

場所が最寄の高速道路 中央道園原 もしくは飯田山本から殆ど信号の無い下道でスイスイと30分程度でアクセスできる便利の良さもあって、関西や関東からもボチボチいらっしゃってましたね          確かに、これだけ広いフィールドで自由なお山遊びができる公式コースは他に無いのでは?         コース使用料も一日2000円前後(トラタイヤは値引きがあるようです)で、練習後にマシンも洗車できるサービスまで入ってます     ほか、キャンプ場なのでシャワーも完備(200円だったかな)      自然がいっぱいの環境で、まさに至れり尽くせりです

僕もいままでいろんな山を散策してきましたが、こんなに静かで星が綺麗で夏涼しくて、おまけに蟲(特に顔の周りを飛び交うヤツ)がそんなに居ないんですよね     蚊もおるんかな?   今まで何回か行ってるけど、まだ見てないなあ         そんな素敵な場所です

管理しているのはチームIIDAを率いる北澤君を中心としたメンバーとアドブの若手たち      心底山好きなライダーが集まって作ってるから、面白くない訳がない         そして、なんといってもそのコース管理状態が素晴らしい!         どんな深い轍もきちんと重機で修復したりして、山系コースでありながらもきちんと管理しています         駐車場周辺のゴミやバイクが運んでくる土にも配慮して、次に来るときにはみんなが気持ちよく使えるよう、常に綺麗な状態を維持しています          そりゃ当たり前なことかもしれれないけど、こういうことが大事なんですよね        管理人の北澤君も本当は乗りまくりたいんだろうけど、いろいろあって今は管理人業務に没頭してるので、僕もできることは応援していきたいと思っています

 

で、先日はイゴイゴ練習強化のためコソっと行ってきましたが、ここで課題発見      そんでもってスピード練習でも課題発見の良い一日となりました        マシン作りの方向性をほんの少し見直さないといけないな

 

 

 

最後に、番外編のコチラもチェックヨロシク!   http://sakhalin.slf-namiai.com/sakhalin/

 

 

 

 

 

 

       

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2015/07/14 12:55:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: SLFなみあい   コメント( 2 ) 

コブラシールド

ブログの表紙写真を更新しました     

ビジネスラリアート様、いつもありがとうございます!!

因みにこの写真の8人は、Gネットハードエンデューロシリーズ2014年のランキングトップ8        国内のハードエンデューロ界では抜きん出た変態連中です・・・  自爆(笑)       重さ100キロ以上あるバイクで、あんなコトやこんなコトやってる人は変態や妖怪呼ばわりされても仕方ないですわな     そんなデザインになっておりますが、苦情は受け付けません ^ ^     

 

 

そして今日はコブラシールドという商品の再紹介です         コブラツイストではありません

先回も紹介しましたがテスト結果が非常に良好でしたので、本格的にサポートしてもらえるようになりました ^ ^

 

もう一回説明すると、これは透明UVカットスーパープロテクションシールなのです        厚みはなんと0.5ミリ        80センチ×50センチでお値段は税別8800円なり            車の世界では結構有名ですが、バイク業界ではこれからの商品かもしんないですね

特注でバイクのデザインシールを貼ると結構なお値段になるけど、全く同じような素材でこの大きさ一枚でバイクの外装の大部分が貼れることを考えると、かなり安いと思います    

使い方はいろいろありますが、僕はこういうふうに使っています

試合用のフェンダーにオリジナルのカッティングで作ったステッカーが貼ってあり、その上に保護目的で貼ってあります        コレがしてあることによって高圧洗車でもステッカーが飛ぶことが無くなり、フェンダー本体の傷防止や、なんとシールによる補強効果もあって割れ防止にも繋がります                 粘着力抜群でシール自体の伸びもあり、しかも小さな傷にメチャ強いということもあって、自由自在に使えます      ほんでもって、これを剥せば傷ひとつ付いていないという当たり前の素晴らしさ           追加で沢山来たので今度はバイクのフレームと、あとトランポのドア取手付近の傷防止にも使ってみようかな            何にせよ、モノを大切に、いつまでも綺麗に使いたい方にはうってつけの商品だと思います

 

他にも沢山商品はありますが、ご用命はトライコムズさんへ。

http://tricomz.com/

            

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2015/07/08 13:40:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: Tricomz トライコムズ   コメント( 0 ) 

パイプ〇ット

 先週のなみあいスクールでは、最後の最後にやっちゃいましてん

思えば福島の大会のときも最後の最後に動かなくなったし      不幸中の幸いとはこれいかに(笑)

それにしても、どこでやったのかサッパリ記憶に無いのです

ここです

 

ウオーターポンプ直前のスチールパイプ     見事に、綺麗にヒットしてます     パイプヒットですよ     傷が全然無いところをみると、相手はたぶん木だな 

ちょうど停止したときに他のライダーさんが水漏れに気が付いてくれたからエンジンを痛めずに済んだし、なにより山の頂上付近だったので、エンジンをかけずに帰れたのもこれ幸いなことでした

 

 

まるで貝の口みたい      一応頑張って修正してみたけど、やっぱダメだこりゃ 

おまけに絶対部品が買ってあると思い込んでて、一週間も放置       今日やろうと思ったら何処探しても部品無いし・・・・        テラオ君、ヨロチク!! 

 

  

あーもう     また数百グラム重くなってまった

でも、沢をイゴイゴするならば要対策ですわ。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2015/07/05 22:50:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ヤマハYZ250F&FX   コメント( 4 ) 

北海道 逝きます!

 先の日記で宣言した通り、9月に北海道フリーライド&スクールツアーへ

勝手に逝きます!^ ^

 

この3日間ほどで思いつきで決めたことですが、やるときはやりますよ(笑)        北海道のヒルクライム、待ってろよ!!      なんてね

日時は9月の5日と6日の土日          本当はJNCCほおのきに出るつもりだったけど、コレを逃すとGネットの後半戦がすぐ始まるので、自分の好奇心を優先します

沖村さん、モトバレーゼさん、まだ企画段階で何も決まってませんが、どうぞ宜しくお願いいたします!        そしてまだお会いしていない北海道のハードエンデューロライダー愛好家の皆さん   こんな私ですが、お友達になってくださいネ

 

生粋の変態ですが なにか。

 

 

後藤さん、寂しいので一緒に逝かないかなあ・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2015/07/02 13:14:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: その他   コメント( 0 ) 

なみあい2デイズ走行会終了

エミお姉さま企画のなみあい2デイズ走行会は、初回にして大盛況のうちに終了しました     2日間で述べ100人オーバーな大イベントだったと思います      これをたった一人の女性が全部企画されたということが何より素晴らしい!                                   

全国各地から参加されたライダーさんはもちろん、裏方の そりゃ沢山のエキスパート(変態)スタッフをはじめ、前面バックアップのオープンエリア様、出店されたちゃねスポーツ様、MCギア様、マキシスタイヤ様、ベータモータージャパン様など多くの方々の参加があって、まるで大会か?  と思うような賑やかさがありました             まとめてな挨拶になってしまいますが、皆様たいへんお疲れさまでした!!             

コースも本当に面白かったですね       私も久々にお邪魔したのですが、初心者からエキスパートまで満足できる本格的山系コースだと思います          しかも、まるでスキー場のメンテナンスの如く、夜中のうちに轍を埋めて元通りにしてしまうという   コース管理者であるなみあいのスタッフさんをはじめ、その代表の純ちゃんの姿勢       さすがっす!       参加者の皆さん、大絶賛してましたよ ^ ^      人気のある綺麗なキャンプ場に併設されているので、いろいろ気苦労も多いかと思うのですが、長く続けていって欲しいと思います

 

ところでダートスポーツ誌に連載させていただいてきた私のハードエンデューロ忍法帳というライテク講座     ひとまず今月号で終わりです      当初の予定通りですが、まだまだ伝えたいことは山ほどあるわけで      文章で伝えるのはなかなか難しいことを痛感しています          でも、おかげさまでコレを見て現実にスクールで学びたいと来て下さる方もいて、今回もリピートで来ていただいた方も沢山いらっしゃいました        個別に伝え切れていませんが、本当に 心からありがたいと思っています!                  

僕も今までやってきたことですが、上達する秘訣はやはり生で上手な人の走りを見ることです      ビデオ(死語かな?)で見るのも良しですが、このエンデューロという分野においては上手い人の背後を走るのも良し        とりあえずその人の走りを全部コピーすれば良いのです       

今までフリーライド系のイベントに、九州、中部   勝手な遠征で中国、近畿地区は頻繁にお邪魔していますが、今年中の目標として秋に四国  夏くらいに北海道もいいかな  なんて勝手に思っています    東北はチーズナッツの小松さんが来年企画されるようなので、楽しみに待つことにして、今持っている技術から大会の裏技まで、いろいろ伝授したいことがあるんですよね         10年スパンでいろいろやってるので、今はその6年目       ひとまずあと4年のうちに、てなことを考えてます            次に出てくるスーパーハードエンデューロライダーはいったいどこにいるのか探す旅をかねて、私ももう少し頑張ってみます。      

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2015/07/01 07:36:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: その他   コメント( 2 ) 
<<  2015年7月  >>



1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
COUNTER
今日 : 0
昨日 : 0
合計 : 0
ARCHIVE
2017 年 05 月 ( 5 )
2017 年 04 月 ( 6 )
2017 年 03 月 ( 5 )
2017 年 02 月 ( 6 )
2017 年 01 月 ( 5 )
2016 年 12 月 ( 5 )
2016 年 11 月 ( 4 )
2016 年 10 月 ( 5 )
2016 年 08 月 ( 1 )
2016 年 06 月 ( 4 )
2016 年 05 月 ( 11 )
2016 年 04 月 ( 12 )
2016 年 03 月 ( 11 )
2016 年 02 月 ( 12 )
2016 年 01 月 ( 10 )
2015 年 12 月 ( 9 )
2015 年 11 月 ( 6 )
2015 年 10 月 ( 11 )
2015 年 09 月 ( 10 )
2015 年 08 月 ( 10 )
2015 年 07 月 ( 10 )
2015 年 06 月 ( 8 )
2015 年 05 月 ( 10 )
2015 年 04 月 ( 8 )
2015 年 03 月 ( 9 )
2015 年 02 月 ( 8 )
2015 年 01 月 ( 7 )
2014 年 12 月 ( 9 )
2014 年 11 月 ( 8 )
2014 年 10 月 ( 12 )
2014 年 09 月 ( 12 )
2014 年 08 月 ( 8 )
2014 年 07 月 ( 7 )
2014 年 06 月 ( 10 )
2014 年 05 月 ( 11 )
2014 年 04 月 ( 14 )
2014 年 03 月 ( 12 )
2014 年 02 月 ( 8 )
2014 年 01 月 ( 13 )
2013 年 12 月 ( 13 )
2013 年 11 月 ( 11 )
2013 年 10 月 ( 10 )
2013 年 09 月 ( 8 )
2013 年 08 月 ( 11 )
2013 年 07 月 ( 12 )
2013 年 06 月 ( 13 )
2013 年 05 月 ( 11 )
2013 年 04 月 ( 12 )
2013 年 03 月 ( 8 )
2013 年 02 月 ( 7 )
2013 年 01 月 ( 9 )
2012 年 12 月 ( 8 )
2012 年 11 月 ( 6 )
2012 年 10 月 ( 6 )
2012 年 09 月 ( 7 )
2012 年 08 月 ( 6 )
2012 年 07 月 ( 8 )
2012 年 06 月 ( 9 )
2012 年 05 月 ( 9 )
2012 年 04 月 ( 8 )
2012 年 03 月 ( 11 )
2012 年 02 月 ( 8 )
2012 年 01 月 ( 13 )
2011 年 12 月 ( 11 )
2011 年 11 月 ( 11 )
2011 年 10 月 ( 12 )
2011 年 09 月 ( 8 )
2011 年 08 月 ( 7 )
2011 年 07 月 ( 11 )
2011 年 06 月 ( 8 )
2011 年 05 月 ( 15 )
2011 年 04 月 ( 10 )
2011 年 03 月 ( 7 )
2011 年 02 月 ( 9 )
2011 年 01 月 ( 11 )
2010 年 12 月 ( 10 )
2010 年 11 月 ( 9 )
2010 年 10 月 ( 14 )
2010 年 09 月 ( 7 )
2010 年 08 月 ( 13 )
2010 年 07 月 ( 8 )
2010 年 06 月 ( 13 )
2010 年 05 月 ( 13 )
2010 年 04 月 ( 12 )
2010 年 03 月 ( 19 )
2010 年 02 月 ( 15 )
2010 年 01 月 ( 15 )
2009 年 12 月 ( 22 )
2009 年 11 月 ( 16 )
2009 年 10 月 ( 14 )
2009 年 09 月 ( 14 )
2009 年 08 月 ( 14 )
2009 年 07 月 ( 11 )
2009 年 06 月 ( 9 )
2009 年 05 月 ( 12 )
2009 年 04 月 ( 12 )
2009 年 03 月 ( 14 )
2009 年 02 月 ( 15 )
2009 年 01 月 ( 16 )
2008 年 12 月 ( 13 )
2008 年 11 月 ( 16 )
2008 年 10 月 ( 17 )
2008 年 09 月 ( 12 )
2008 年 08 月 ( 13 )
2008 年 07 月 ( 19 )
2008 年 06 月 ( 20 )
2008 年 05 月 ( 20 )
2008 年 04 月 ( 14 )
2008 年 03 月 ( 19 )
2008 年 02 月 ( 11 )
2008 年 01 月 ( 14 )
2007 年 11 月 ( 4 )
LINKS
QR-CODE