PROFILE

お名前:ロッシ高橋
性別:男性
生年月日:1969年01月25日
出身地:三重県
自己紹介:
所属チーム

チームBETAエンジョイズ

デモチーム トライアルエクスチェンジ風の会W1レーシング の4番 


搭乗マシン

・BETA RR2T300-one


ほか

・YAMAHA YZ250FX-one
・GASGAS TXT280RF
・SUZUKI ADDRESS V50W
・HONDA APE (笑)

経歴

・G-net ハードエンデューロ 全日本選手権 2014年~2016年チャンピオン
・第2回,第3回全日本ヒルクライム選手権 エキスパート全日本チャンピオン
・2014 ハードエクストリームGEKKOONE チャンピオン  
・ブルーモリス社(スキーボード) 元スキークロス専門ライダー
・カイダック倶楽部 現書記長
・モーターホーム旅男


まずは、ミスタースズキ 水谷勝氏を代表とするボランティア団体「風の会」の活動に賛同し、私もそのチームに属することによって、精力的にバイクの普及・認知に貢献するボランティア活動をしております。   風の会の詳細はコチラ → http://kazenokai.org/index.html

自己紹介   バイクとスキーの2足のわらじを履いて、ダブルライダー ロッシと称すること約20年以上。  だって、名前がヒロシなんだもん。    ちなみにバレンチノ・ロッシの真似ではありません。    はるかに僕のほうが年上だし、使いはじめたのも僕のほうが早いのだ。   

トライアルバイクはデモのほうが忙しくなり、国内はもとより時には海外(マレーシア、韓国)でもその腕前を披露しました。       なお、国内では東京と大阪でしか開催されないモーターサイクルの一大イベント  大阪モーターサイクルショーではトライアルプロモーション様の協力で、「2007年から2013年まで連続してトライアルショーを担当させていただきました。   

2016年の夏 エンデューロバイクは永らく親しんだヤマハを離れ、ベータモータージャパン様の完全サポートを受け、史上最強難所系2ストロークバイク BETA RR2T300-one
 を駆り、中年の星として全国各地でお騒がせしています。
      
その他に、2006年に世界初のスクーターによるシンクロナイズド・ウイリーチーム「風の会W1レーシングチーム」を、水谷勝氏の協力で立ち上げ、各地のイベントでトライアルとセットにしたデモを展開中。      神業的な技術を駆使し、4人の天才ヘッポコライダー達が、コミカルに息のあったウイリーを奏でる姿を、是非ともご覧になってほしのあき。        

そしてスキーのほうは、国産メーカー「ブルーモリス社」のスキーボード専属ライダー(99~08)でした。      それまで、スキーは殆どやったことが無いド素人が人気のクロス競技で頭角を現し、競技挑戦3年目の2003年に全日本ランキング2位にまで上り詰めるも、同じチームメートに無敵なライダー(ライダー・JOE)が居たことで、ことごとく優勝を阻まれる。        しかし彼のみならず、他にも国内トップクラスの変態チームメートが居たお陰で、極めて短時間でスキーのノウハウを吸収できたことに、大いに感謝している。

カイダック倶楽部(KDC)とは     アクリル変性高衝撃塩ビ板、通称カイダック板を用いた工作倶楽部のことである。           中部地方で密かに流行していたDIYなのだが、素材がゲットしにくいにもかかわらず、私の知らない間に部員が全国的に増殖中なのである。

モーターホーム「バーストナー・エレガンスⅠ690」でぶらりと気ままに旅をするのが最近のライフスタイル。      大会のついでにちょいと温泉へ、とか 美味しいもの食べにちょいと遠方へ、とか 好きなときに好きな場所へ行けるこの車が何よりダイスキ!        最近は宿泊先でゆっったりと車中ホームシアターを楽しんでいます。      但し、デカいので、いろいろ気をつかうことも多いけど、この大きさに慣れたので次は8メートル級を飼いたいが、嫁さんの反対にあい意気消沈。   今はニースマンビショフに夢中・・・   

そんな波乱万丈な人生を歩んでいますが、今一番ホットなことは、ヒルクライム。
誰も登れない急坂を、一筆書きの如く鮮やかに制覇し、そして喝采を浴びることに、ひたすら情熱を注いでいます。         難しいセクションとコンディションになればなるほど圧倒的な技術力で撃破し、ギャラリーを盛り上げること。     そんなしょうもない、くだらないコトが今一番の 自分の生き甲斐でもあり、喜びなんです。
その努力の甲斐あって、2014年 ついに全日本ヒルクライム選手権の最上級クラスでチャンピオンを獲得!

人生は一度きり。     いつ死ぬかなんて分かんないから、体が動けるうちに一生懸命遊んで、仕事して、金使って  破産しない程度に贅沢すること。      40代になって、そのことを痛感しながら日々生きています。   

最後に Gネットシリーズで全日本チャンピオンを獲ったいまは、私が率先してエクストリームエンデューロ界を全国的に盛り上げることが使命だと思っています。         そして、ほか頑張っている若手に技術を伝え、そして後輩達にもこの世界で頂点を目指して日本のハードエンデューロシーンを盛り上げて欲しい。      
そのための土壌作りと方策を日々考え、取り組んでいます。

HISTORY

CATEGORY

COMMENT

TRACK BACK

ミッション コンプリート

 今日も引き続きハイエースのことでバタバタしていました
まずは保険屋さんで新しいプランの検討    同じ条件なのに、ナンバー変わっただけでおよそ5万も安くなっちゃいました    なんじゃそりゃ

次は最寄りのインターチェンジへ    昨日やり損ねた車種区分証明書を貰うためです
こんなモノでした


ちゃんと室内もチェックも受けて、無事に工作車のお墨付きをいただきました

それから黄色い帽子へ行ってETC変更手続きね        事務手続きに2700円も支払って、ようやミッションすべて完了         

一連の手続きやってて思ったけど、こんなんだったら最初から100万くらい高くなってもキャンピングカー買ったほうがはるかに楽ですな           しかし、100系みたいにキャンパーベースのディーゼルを未だに出さないのはなんでかな?         


常滑ニャン   もう、遠方に行っても事故りませんように。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/01/29 22:36:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ハイエース200系   コメント( 4 ) 

2年越しの計画実行

 今日はまるっと半日、陸運局にいました    しかも、夕方5時近くまでかかっちゃって、まさかの最後の1人になってしまったという         それほどに時間がかかってしまいました         まあ、想定内ではありましたが


いったい何をしていたかというと


1ナンバーから8ナンバーの工作車に登録を変更しに行ったのです       
新車で購入してから、ちょうど2年       何が不満かというと、高速道路は中型扱いなのが我慢ならなかったのです       しかも次から1年車検        もうたまらん

ということで、写真の状態が搬入前の姿        ネットで調べたら0.5㎡の作業机と万力があれば良しってはずだったけど、違うんだな         持っていったらいろいろ突っ込まれまくりでした

まず作業机自体、高さが50センチ超えたら3方向を覆わないといけないとか(それ以下なら要らないだって・・ 知らんがな)         あと床面積が広すぎるので0.7㎡程度の棚を増設してもらわないといけないとか          とにかく寸法を測ることに相当な時間を費やされ、業務終了4時の1時間前にそれらをまとめて指摘されて、いや焦りましたね             慌ててコーナンに行ってプラボード買ってチャチャっと工作して       棚はベッドに使っていたものを移植して     
はひ~、何とかパスできました



こんな感じオッケーでした     マジでおしっこチビリそうでした       今日ダメだったら、また明日だもんな      それは無理


  

激戦を物語る赤字ボールペンの嵐           まあでも、これでキャンピングカーも工作車も自分で全部改装して登録までできたので、自信にはなった      店やるか?  なんてね    

最後にETC変更して終了のはずが     これまたお店で1時間程度待たされた挙句 「車種区分証明書」なるものが必要だそうな         最寄りのインターに取りにいかないといけないみたい      

ということで、本日は時間切れ     結構疲れました

あと大事なことは任意保険       切り替えがうまくできない会社があるから気をつけてください     1から8への乗り換えではなく、用途車種変更という技で従来の割引率が引き継げるはずですが、今までお世話になった会社では駄目でした               いろいろあるんだなも               

因みにかかった費用は
自賠責36120  重量税24600  ナンバー代1440  検査料1700  検査登録料400  用紙代35
総額64295万円天でした        

参考までに 

 




むふふ ^ ^ 。
     

     



     
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/01/28 21:33:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ハイエース200系   コメント( 2 ) 

ヒンソンクラッチキット

誕生日のプレゼントがモト禅さんから届きました     

今シーズンからお世話になります!!    ミッキーさん、ありがとうございます ^ ^



 
モトクロスをやってる方なら知らない人は居ないでしょう
ヒンソンのクラッチキットです・・・・        誰が貧相や?    貧村もちゃうで 

しかし、たかがクラッチと侮るなかれ




AMAご用達でっせ  奥さん!  


何が凄いかってのはですね   その作り方です


この2つ    共に大きなアルミブロックから削り出しているんですよ        ってことは、殆どがゴミで捨てられてるということ(笑)      それほど精度に拘っているんですね          市販品と比べ物にならんわけですわ





これがクラッチ板とセットになったコンプリートキット


カバーも勿論削り出し    素晴らしすぎる



しかしなぜここにきてヒンソンに変えようと思ったのか       


今私のFXには、F用のクラッチに丸ごと変えてあります    理由は、半クラッチが短く、スパっと繋がるからです        そのぶん耐久性は劣るようですが、僕が使う分には全然大丈夫です

しかし、クラッチバスケットの耐久性がイマイチなんで、すぐに段差がつきますよね            特にニュートラルが出にくくなるのが気に入らなくって        その点ヒンソンは耐久性がずば抜けていると聞いています               もちろん精度もそうですね

ということで、週末はテストしてきます    結果はわかっちゃいるけど、一応また報告します

モト禅さん YZFX用キット  http://www.motozen-japan.jp/SHOP/HC441.html  

この作りだから、このお値段も納得かも。   







このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/01/26 22:17:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: motozen ヒンソン   コメント( 1 ) 

新年雪中走行会

僕の所属するエンジョイズの新年会に出席してきました          
私は土曜日だけの出席でしたが、全国から50人ほどの変〇さんが大集合したんで、怖くて怖くて終始端っこで震えていました

特に宴会はいつ恥ずかしい襲撃(撮影)をされるか分からないので、緊張感満載なのです    巷でよくある、「アウト」ってやつですよ      幸い宴会後は帰らなくっちゃいけなかったんで、それは免れました


 

もう、ホント  汚さ~んばっかり(笑)       平均年齢は50くらいでしょうか?      いったい日本のEDの将来はどうなるのでしょう           そういう僕も、実は今日で47になってまった^ ^;;;;;;;;;;;;;;       健康で特に大きな毛が無く今まで過ごせてきたことに感謝です

アヒルさんとチバ〇ツさんは本当に毛が無いですが、安心してください

そこで現れた救世主 我らが新人つぐぽん        その輝かしい経歴から一瞬で横山会長に溺愛されたようで、何よりです         ぜひ、3年で駆け上がってきてほしいと思う!!     ガンバ


左が大型新人 つぐぽん    ほんまに凄い奴っちゃ!







しかし、ひたすら寒かったわ~~~    昼からコンコンと雪が降り始めて、待ってるとみるみるバイクの上にも積もるんですもん      でも、あの程度なら全然走れたので面白かったな

しかしほんと、いいチームだなも。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/01/25 12:41:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: トライアル   コメント( 2 ) 

週末は記録的寒波が来るんですけど

 今週末の土日は、僕の所属する宴会チーム エンジョイズの新年会なんやけど・・・記録的寒波が来てるんですけど・・・   本当にやるの    マジで?


雪中エンデューロ間違いなしやんか   新年から縁起がよろしいようで(笑)

風邪だけはひかんように注意しよ    ってか、家に帰れるのか?    ちょっと緩めで頼むぞ寒波。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/01/22 21:19:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ハードエンデューロネタ   コメント( 2 ) 

頼られること

 頼られる喜び        今日はそう感じる出来事が沢山ありまして、それに応えるべくいろいろ動き始めました          僕も、もうすぐ47歳         人生はとっても短い      今やらなくていつやるの?        そんな危機感を感じながら日々、バイク人生にどっぷり浸かって過ごしています             いろんな意味で、今が一番ピークで幸せなときかもしれないな      いや、きっとそうだ


今年は自分的に大きな転機の年になるかも                    とりあえず、夢に向かって一つ一つ全力でアタックしていきます。 
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/01/20 22:47:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ハードエンデューロネタ   コメント( 0 ) 

一石を投じます

Gネット初戦 フィールド佐賀大和から無事帰って一息ついたところです
無事に激闘を制してきました        今回の遠征で何かと、下の世話までサポートしてくれた兄貴に感謝しています(笑)        基本どこでも独りで行くけど、翌日仕事はいくらなんでも辛いから、本当に助かりました     兄貴サンキュ!!     

さて大会のお話ですが、いつもなら結果が出ればオーライで済ますところですが、ちょっと辛口なことを書かざるを得ません           レース運営は本当に大変なことは重々承知で、感謝しなければいけない立場ではあるのですが、やはりちょっと皆さんにも考えて欲しいことがあって、正直に書かせていただきます                         決してブログ上の個人的な愚痴ではなく、このことは切に、主催者の方々に口頭で伝えましたし、また名前は特に公表しませんが黒ゼッケン衆やGネット幹部、そして私の考えが一致したうえでの書き込みということをご承知ください               それと、提案も同時にさせていただきますので、出場ライダーの意見の代表として、今後のレースに取り入れてくれたら幸いです           今回はあえて、今後のたたき台としての毒を吐かせていただきます 

でもホント、今は各主催者の大会にGネットが乗っかっているだけなので、まるでバラバラなルールだし、もう少し一定の 最低限のレースフォーマットを決めないといけない時期だと思います          だって、数ある国内のエンデューロ競技でGネットだけが唯一、九州、四国、中国、中部、東北、北海道と日本全土を網羅しているんですよ               
なんとか僕の現役でいるうちにレースフォーマットを分かりやすく、参加しやすくするためにハードルを少しでも下げて、次世代にきちんとバトンタッチしてあげたい       ハードエンデューロライダーにもっとスポットが当たり、トップライダーは憧れられる存在にしたい         そうすることが、いまの私の原動力です         
                    

まず、クラス分けのお話しから      以前から水面下で2クラス開催を強く訴えてきました      とりあえずクラスによって難易度はちゃんと変えましょうと        それが成功している大会は確実に出走台数は増えています                逆に、参加者が減っている大会はやはり、例えばバイクを担がないと超えれないセクションがあったりする、エンデューロらしくない大会です         単発の大会なら別にそれでいいのです               でも、シリーズの一戦でそれをやられちゃうと、初中級者はみんな離れていくのです                     ちゃんとすそ野を広げるために、ひとつのステップとして絶対に走るラインのクラス分けは必要です         一番の理想は、やはり別々の時間に走るのが良いとは思いますがね             きっと上位陣の走りを生で見たいと思うライダーさんも多いと思いますので               

                     

そして、一番重要なコース難易度のお話し      今回についてはコンセプトが「バイク版サスケ」と銘打った大会なので、難易度を極端に高くしてあったのは分かります            分かりますが、明らかに  それこそトライアルバイクでさえ攻略不能な箇所が何十か所とあったので、黒ゼッケン衆が束になって、何とか走れるようにしたという感じです              何もせずそのままの状態でレースしていたら、たぶん僕も10分くらいの場所で試合終了です            ただ、その手直しの結果で何とか私は周回できましたが、たった一個だけ懸案の箇所は修正してもらえず             写真のコレです 
多くの観客の前でひたすら自分でスコップを持ち、30分ほど土木作業をしたうえに、2回もバイクを投げることになりました        今までたった一度もバイクが裏返ったことが無かったのに・・・(泣)  
僕たちが理想とするハードエンデューロはスタイリッシュに、ライダー自身がちゃんと自力で行けるギリギリのセクションです            そして、そこで期待して待っているお客さんのためにやっぱカッチョ良く決めていきたい                    

因みにあの土木作業ですが、観ていたお客様の意見も良かったら聞かせてください          あれがかっちょ良かったって言うのでしたら僕も考え方を変えますが、仮にあれが定番化されるんだったら、う~む・・・・    まいっちんぐマチコ先生になっちゃうだろうな ^^;;
          
この世界にやってくるハードエンデュランサーはみんな簡単に周回するレースには辟易しており、極限にバイクで行けるかどうかというチャレンジ魂を持って、セクションに期待してやってくるはず             そして、そのために多大な時間を費やしてコース作りをしていただいている各主催者の方々には本当に頭が下がる思いです          でも、お互いがほんの少しの譲歩で絶対に良い方向に行くはずです          不可能なセクションを無くせなんてことは言いませんが、こうすれば何とか行けますよという提言はいつもしています          なので、その辺のさじ加減が分かるのが間違いなく黒ゼッケン衆なので、黒ゼッケン有志連合と称してセクション提言委員会なるものを発足しようと思います          前日の夕方にでも時間を作って、下見をした黒ゼッケン有志連合の意見をどうか真摯に聞いてください           宜しくお願いいたします


最後に時間などのお話し     ライダーは持てる時間を使って精一杯行けるところまで走りたいとみんな思ってます         なので、全大会そうして欲しいです           ハードエンデューロ競技からは、3時間+何分かの間にゴールという特殊なルールを撤廃して、時間ギリギリまで、精魂尽き果てるまでアタックさせてください       せっかく遠くからやってきたのにゴール時間待ちなんてのは勿体極まりない無いのです        このことはライダーを代表して、切に願います     

とりあえず3点ほど書きましたが、本当はまだまだ表には出ていない、進めていかなくてはいけない課題が一杯あるんですよ         ただ、僕だけの力ではどうしようもできないのです

本当はこんなこと書きたくなかったし、批判も沢山あるでしょうが、たたき台は有ってしかるべきだと思う        ただ黙っっていても何も進まないので、こうしていろんな意見をぶつけて、Gネットをより良くしていきたいと強く思ってます。





                    
                  

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/01/14 00:38:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ハードエンデューロネタ   コメント( 11 ) 

いざ 開幕戦の九州へ

 ちょっと早い出発ですが、いろいろと寄り道でもしながら行くかな

今週末のGネット開幕戦九州大会の会場  フィールド佐賀大和は90年代に全日本トライアルで一回行ったっきりで、久々です
記憶には、絶壁岩盤の鋭いところだったような気がしますが、今回もたった一周勝負なんで、何とでもなるでしょう            なんにせよ、難しければ難しいほど有りがたいですが、本当に相当ヤバいと聞いてます ^ ^           なみあい以来の←まあ、先日やったばっかですけどね    きっと観る捧腹絶倒エンデューロであることは間違いないでしょう             とりあえず目の前の超絶ヒルは全部まとめて喰ってやる

そして、大会翌日の月曜日はブレイズマウンテンにもお邪魔して、新しいヒルでも開拓していきますわ
お暇な方はぜひ!

では、タイトル防衛の大事な大事な初戦を獲りに、逝ってきます 

近場で会場に足を運んでくれる貴重な(奇特な?)お客様      観に来れないまでも、遠方で応援していただいている沢山の変〇ファンの皆さま     また今シーズンもオッサンの熱い走りに温かい応援、宜しくお願いいたします!





このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/01/07 10:51:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ハードエンデューロネタ   コメント( 2 ) 

今日の整備中に発見    週末の大会に備えた整備だったけど、これ見て一瞬でやる気が萎えました     トホホ





 昨日の練習でやっちゃったか        〇会人失格ヒルで登頂後に真横に倒れた時に切り株が有ったか?       シュラウド内に隠れた部分なんで、引っぺがすまで分からんかったわ~
素人なりの板金でちょっとは直ったけど、もう練習用に決定だな




dep pipes japanさんに相談したら、こんなオサレなサイレンサーがあったんで、替えちまうか・・・・

フルエキシステム    およそ10マソ     うーむ、汗ばむわぁ。


     




このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/01/05 22:01:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ヤマハYZ250F&FX   コメント( 0 ) 

2016 始動

 あけましておめでとうございます
今年も思い立ったときだけ気ままに更新しますので、お付き合いのほど宜しくお願いいたします

さて、もう今週末にGネットハードエンデューロ全日本選手権大会が、九州から開幕するんですよね     オフシーズンなんて無いんですよ奥さん!

なので、慌てて2016ウェアを新調しました


このゼッケン1とROSHはプロのデザイナーさんの仕事です
草場真砂美さんとおっしゃる方ですが、ご自身もJECに出場されてる方なんで、知ってる方も多いですよね              もう、センス抜群大絶賛!!!
ロゴデータも無いものだってオリジナルで作ってくれるので、アイロンワッペンでお悩みの子羊は一度相談されてみてはいかがでしょ?          草場さんもフェイスブックやってるので、連絡はそちらでメッセージ送ってみてくださいな



スポンサーロゴもこの際全部お願いしました     最初はちょっと小さいかなと思ったけど、バッチリでした          ってか、応援してくれている企業さん    嬉しいことに、また増えました  ^ ^          やっぱ2番じゃダメってことを身に染みて感じています







これは草場さんのオリジナルキャラだそうな    ちゃんと一番目立つ胸上に、お守りに付けました





前から見ると、全体はこんな感じ


後ろ




このウェアはね、良く見るところではハスクバーナチーム御用達なんですよ      グラハムジャービスが着てるでしょ         他にも沢山デザインがあるけど、日本国内では身近に着てる人はまだそんなに居ないんじゃないかな?          だから、今なら目立つこと間違いなしかと          
まずデザインがカッチョイイし、一番重要な生地にしても頑丈な割に薄くできてるから、何しろ軽いです       そして膝とかの動きを邪魔しない ← はい、ここ一番重要ね     モトクロウェアは膝あたりがモノによって曲げる際に突っ張るのも有るのでご注意を      

因みにSHOTウェアの販売元はdep pipes japanさんです http://www.deppipesjapan.com/shop/index.php?main_page=index&cPath=10

では、週末は開幕ロケットダッシュできるよう、頑張ります。









              
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/01/04 23:42:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: SHOT 戦闘服   コメント( 0 ) 
<<  2016年1月  >>





12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
COUNTER
今日 : 0
昨日 : 0
合計 : 0
ARCHIVE
2017 年 07 月 ( 7 )
2017 年 06 月 ( 6 )
2017 年 05 月 ( 6 )
2017 年 04 月 ( 6 )
2017 年 03 月 ( 5 )
2017 年 02 月 ( 6 )
2017 年 01 月 ( 5 )
2016 年 12 月 ( 5 )
2016 年 11 月 ( 4 )
2016 年 10 月 ( 5 )
2016 年 08 月 ( 1 )
2016 年 06 月 ( 4 )
2016 年 05 月 ( 11 )
2016 年 04 月 ( 12 )
2016 年 03 月 ( 11 )
2016 年 02 月 ( 12 )
2016 年 01 月 ( 10 )
2015 年 12 月 ( 9 )
2015 年 11 月 ( 6 )
2015 年 10 月 ( 11 )
2015 年 09 月 ( 10 )
2015 年 08 月 ( 10 )
2015 年 07 月 ( 10 )
2015 年 06 月 ( 8 )
2015 年 05 月 ( 10 )
2015 年 04 月 ( 8 )
2015 年 03 月 ( 9 )
2015 年 02 月 ( 8 )
2015 年 01 月 ( 7 )
2014 年 12 月 ( 9 )
2014 年 11 月 ( 8 )
2014 年 10 月 ( 12 )
2014 年 09 月 ( 12 )
2014 年 08 月 ( 8 )
2014 年 07 月 ( 7 )
2014 年 06 月 ( 10 )
2014 年 05 月 ( 11 )
2014 年 04 月 ( 14 )
2014 年 03 月 ( 12 )
2014 年 02 月 ( 8 )
2014 年 01 月 ( 13 )
2013 年 12 月 ( 13 )
2013 年 11 月 ( 11 )
2013 年 10 月 ( 10 )
2013 年 09 月 ( 8 )
2013 年 08 月 ( 11 )
2013 年 07 月 ( 12 )
2013 年 06 月 ( 13 )
2013 年 05 月 ( 11 )
2013 年 04 月 ( 12 )
2013 年 03 月 ( 8 )
2013 年 02 月 ( 7 )
2013 年 01 月 ( 9 )
2012 年 12 月 ( 8 )
2012 年 11 月 ( 6 )
2012 年 10 月 ( 6 )
2012 年 09 月 ( 7 )
2012 年 08 月 ( 6 )
2012 年 07 月 ( 8 )
2012 年 06 月 ( 9 )
2012 年 05 月 ( 9 )
2012 年 04 月 ( 8 )
2012 年 03 月 ( 11 )
2012 年 02 月 ( 8 )
2012 年 01 月 ( 13 )
2011 年 12 月 ( 11 )
2011 年 11 月 ( 11 )
2011 年 10 月 ( 12 )
2011 年 09 月 ( 8 )
2011 年 08 月 ( 7 )
2011 年 07 月 ( 11 )
2011 年 06 月 ( 8 )
2011 年 05 月 ( 15 )
2011 年 04 月 ( 10 )
2011 年 03 月 ( 7 )
2011 年 02 月 ( 9 )
2011 年 01 月 ( 11 )
2010 年 12 月 ( 10 )
2010 年 11 月 ( 9 )
2010 年 10 月 ( 14 )
2010 年 09 月 ( 7 )
2010 年 08 月 ( 13 )
2010 年 07 月 ( 8 )
2010 年 06 月 ( 13 )
2010 年 05 月 ( 13 )
2010 年 04 月 ( 12 )
2010 年 03 月 ( 19 )
2010 年 02 月 ( 15 )
2010 年 01 月 ( 15 )
2009 年 12 月 ( 22 )
2009 年 11 月 ( 16 )
2009 年 10 月 ( 14 )
2009 年 09 月 ( 14 )
2009 年 08 月 ( 14 )
2009 年 07 月 ( 11 )
2009 年 06 月 ( 9 )
2009 年 05 月 ( 12 )
2009 年 04 月 ( 12 )
2009 年 03 月 ( 14 )
2009 年 02 月 ( 15 )
2009 年 01 月 ( 16 )
2008 年 12 月 ( 13 )
2008 年 11 月 ( 16 )
2008 年 10 月 ( 17 )
2008 年 09 月 ( 12 )
2008 年 08 月 ( 13 )
2008 年 07 月 ( 19 )
2008 年 06 月 ( 20 )
2008 年 05 月 ( 20 )
2008 年 04 月 ( 14 )
2008 年 03 月 ( 19 )
2008 年 02 月 ( 11 )
2008 年 01 月 ( 14 )
2007 年 11 月 ( 4 )
LINKS
QR-CODE