PROFILE

お名前:ロッシ高橋
性別:男性
生年月日:1969年01月25日
出身地:三重県
自己紹介:
所属チーム

チームBETAエンジョイズ

デモチーム トライアルエクスチェンジ風の会W1レーシング の4番 


搭乗マシン

・BETA RR2T300-one


ほか

・YAMAHA YZ250FX-one
・GASGAS TXT280RF
・SUZUKI ADDRESS V50W
・HONDA APE (笑)

経歴

・G-net ハードエンデューロ 全日本選手権 2014年~2016年チャンピオン
・第2回,第3回全日本ヒルクライム選手権 エキスパート全日本チャンピオン
・2014 ハードエクストリームGEKKOONE チャンピオン  
・ブルーモリス社(スキーボード) 元スキークロス専門ライダー
・カイダック倶楽部 現書記長
・モーターホーム旅男


まずは、ミスタースズキ 水谷勝氏を代表とするボランティア団体「風の会」の活動に賛同し、私もそのチームに属することによって、精力的にバイクの普及・認知に貢献するボランティア活動をしております。   風の会の詳細はコチラ → http://kazenokai.org/index.html

自己紹介   バイクとスキーの2足のわらじを履いて、ダブルライダー ロッシと称すること約20年以上。  だって、名前がヒロシなんだもん。    ちなみにバレンチノ・ロッシの真似ではありません。    はるかに僕のほうが年上だし、使いはじめたのも僕のほうが早いのだ。   

トライアルバイクはデモのほうが忙しくなり、国内はもとより時には海外(マレーシア、韓国)でもその腕前を披露しました。       なお、国内では東京と大阪でしか開催されないモーターサイクルの一大イベント  大阪モーターサイクルショーではトライアルプロモーション様の協力で、「2007年から2013年まで連続してトライアルショーを担当させていただきました。   

2016年の夏 エンデューロバイクは永らく親しんだヤマハを離れ、ベータモータージャパン様の完全サポートを受け、史上最強難所系2ストロークバイク BETA RR2T300-one
 を駆り、中年の星として全国各地でお騒がせしています。
      
その他に、2006年に世界初のスクーターによるシンクロナイズド・ウイリーチーム「風の会W1レーシングチーム」を、水谷勝氏の協力で立ち上げ、各地のイベントでトライアルとセットにしたデモを展開中。      神業的な技術を駆使し、4人の天才ヘッポコライダー達が、コミカルに息のあったウイリーを奏でる姿を、是非ともご覧になってほしのあき。        

そしてスキーのほうは、国産メーカー「ブルーモリス社」のスキーボード専属ライダー(99~08)でした。      それまで、スキーは殆どやったことが無いド素人が人気のクロス競技で頭角を現し、競技挑戦3年目の2003年に全日本ランキング2位にまで上り詰めるも、同じチームメートに無敵なライダー(ライダー・JOE)が居たことで、ことごとく優勝を阻まれる。        しかし彼のみならず、他にも国内トップクラスの変態チームメートが居たお陰で、極めて短時間でスキーのノウハウを吸収できたことに、大いに感謝している。

カイダック倶楽部(KDC)とは     アクリル変性高衝撃塩ビ板、通称カイダック板を用いた工作倶楽部のことである。           中部地方で密かに流行していたDIYなのだが、素材がゲットしにくいにもかかわらず、私の知らない間に部員が全国的に増殖中なのである。

モーターホーム「バーストナー・エレガンスⅠ690」でぶらりと気ままに旅をするのが最近のライフスタイル。      大会のついでにちょいと温泉へ、とか 美味しいもの食べにちょいと遠方へ、とか 好きなときに好きな場所へ行けるこの車が何よりダイスキ!        最近は宿泊先でゆっったりと車中ホームシアターを楽しんでいます。      但し、デカいので、いろいろ気をつかうことも多いけど、この大きさに慣れたので次は8メートル級を飼いたいが、嫁さんの反対にあい意気消沈。   今はニースマンビショフに夢中・・・   

そんな波乱万丈な人生を歩んでいますが、今一番ホットなことは、ヒルクライム。
誰も登れない急坂を、一筆書きの如く鮮やかに制覇し、そして喝采を浴びることに、ひたすら情熱を注いでいます。         難しいセクションとコンディションになればなるほど圧倒的な技術力で撃破し、ギャラリーを盛り上げること。     そんなしょうもない、くだらないコトが今一番の 自分の生き甲斐でもあり、喜びなんです。
その努力の甲斐あって、2014年 ついに全日本ヒルクライム選手権の最上級クラスでチャンピオンを獲得!

人生は一度きり。     いつ死ぬかなんて分かんないから、体が動けるうちに一生懸命遊んで、仕事して、金使って  破産しない程度に贅沢すること。      40代になって、そのことを痛感しながら日々生きています。   

最後に Gネットシリーズで全日本チャンピオンを獲ったいまは、私が率先してエクストリームエンデューロ界を全国的に盛り上げることが使命だと思っています。         そして、ほか頑張っている若手に技術を伝え、そして後輩達にもこの世界で頂点を目指して日本のハードエンデューロシーンを盛り上げて欲しい。      
そのための土壌作りと方策を日々考え、取り組んでいます。

HISTORY

CATEGORY

COMMENT

TRACK BACK

FAVORITE

TOTAL: 13件 [ 1/2 ]
<< 前へ 12 次へ >>

遠征とスクール

 まずは、先週の土曜日  ごっちゃん軍団とちょいとハードな練習    

その風景はコレ    餅入り最中君、撮影ありがとう!!

https://www.youtube.com/watch?v=LCUNCIefmVM




その中で出ていた真直角

https://www.youtube.com/watch?v=KhhQkHoGKRk

あまりにもサスペンションが反応しすぎて、登った後に前転寸前でした    テクニクスチューニングサスペンションの登坂力はマジ恐ろしいです        余りにも上り過ぎるので、ちょっとダンピングの戻り方向を固めにしておこう       いやしかし、面白かった!



翌日はエデンさんにて、ちゃねさん主催の今年第一回のハードエンデューロスクールを開催しました





だいたい10人前後の少人数制でやってまして、受けたくても受けれなかった方が居たようで、誠にすみません       また、当日仕事になっちゃって泣く泣くキャンセルされた方、また次回お会いしましょうね ^ ^

大体の内容はFBに書いちゃったので、まっいいかな   


 

中部圏内で山系のハードな練習をしたいなら、なみあいかココですね       沢なんかもこの写真の通りなかなかのハードさだし、ヒルクライムなんかいくらでも凄いの作れそうです
          
走行料金ですが、練習の際は入ってすぐの広場に赤い集金箱があって、そこに千円いれてくださいね       しかし安いな~      でもトイレはいまのところ女性用しか無いですからご注意を

ここのオーナーさんは毎回差し入れしてくれる温かい方だし、手伝ってくれるスタッフさんも2人ほど来てくれて、本当に助かりました       あと、撮影してくれた専門スタッフさんも本当にありがとう!!         参加されたライダーさんの良い記念になったことでしょう



やっさんさん♬   サンクス!!



さて、週末は九州で2回目のライドライドライドですね       土曜のハードエンデューロスクールに若干まだ空きがあるようですが、良かったっすか?           この期を逃すと、また来年まで九州に行くことは無いカモですよ~        

そして土曜のスクールもそうですが、日曜のフリーライドは九州勢とマジハード練習が見れるとっても良い機会だと思います          黒ゼッケンが普段どんなアンポンタンな練習をしているのか、ある意味参考になると思います(笑)           とはいえ、観客として来る方用の駐車場が無いみたいなので、やっぱ参加するしかないのかなと    

ということで、またイロイロ楽しみです。     











このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2016/03/01 11:49:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:ハードエンデューロネタ  コメント(0) 

改装工事

 わが長距離遠征用トランポ エレガンス号     たった一つの難点を抱えたまま早や9年を迎えました

その難点ってのがコレ






車内に収納するたびに、この作業を毎回強いられていたのです     泥だらけの時の交換作業なんてマジ最悪      ホント面倒極まりなし

なので、思い切って車庫内の大改修を試みた次第






あ、これは車庫の扉にある魔除けです      九州限定の免罪符のようなものらしいです

しらんけど



奥に発電機が鎮座してるのです      これが超邪魔       発電機持ってるからいらないんだけど、最初っから付いてきたからしょうがない

これを何とかして幅を詰める作業なのです





このカットがわずか数センチでバイクが入るかどうかが決まるんで、もう思い切ってぶった切ってます

結果


入った ^ ^


しかし、あまりにも時間がかかり過ぎて、おかげでバイクの慣らしに行けんかったとよ   トホホ
日曜はスクールがエデンであるので、土曜日は近くの某所にでも行って慣らしすっかな

あ、そうそう   新型軽量ピストンを組んだエンジンですがね、ものすごいことになりました    ちょっと乗っただけで体感できる凄さですわ    土曜が楽しみです。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2016/02/25 23:05:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:大会遠征用モーターホーム  コメント(2) 

保護

 


  
なにかと傷からの保護にはコレ   コブラシールドさん    めちゃ重宝しております
 
一枚がかなり大きいので、その都度カットして使います



そして、ここを保護するのです


テクニクスさんのステッカーで充分保護効果はあるのですが、フォークの半周分しかしていないのです

なので、一周分をこれから貼ります





厚みが0.5ミリの結構厚い透明膜なので、飛び石はもちろん転倒の際の傷もかなり守ってくれます


同時にステッカーチューンもしてあるので、一石二鳥ですね

整備ネタはまだ続く。








このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2016/02/24 22:45:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:Tricomz トライコムズ  コメント(0) 

歴史を変える魔法のクーラント

 もうトップライダー連中はこぞって使い始めています     ご存知でしたか?
魔法の沸騰しないクーラント  EVANS



詳細はコトラ 
エバンスジャパン ホームページ http://evans-japan.co.jp/feature/no-pressure/





いかんせん、水じゃないからね    なんていうか、臭わない水色の灯油みたいな感じでしょうか     
190度まで沸騰せず、マイナス40度まで凍らないという非常に優れものなのだ
まだあるよ    機械に対して腐食しにくいとか、沸騰して蒸気化しないから機械内部の圧力上昇が無いとか     まるで至れりつくせりなのです      

だから簡単な話、沸騰しないからおのずとファンが不要になるんです     モノはちょっと高いけど、ファン買って電源買ってなんてことを考えなくてよいのです      

軽量化に気を遣うトライアルバイクなんかにはもっといいんじゃないのかな      全開で乗る時間なんか知れてますからね      なので、今度ガスガスに入れて試してみます         



ただし、交換の際はちょっと注意ね     完全に内部の水気をふっとばして欲しいそうな
今回僕は腰上整備したので、ケースにちょっと水気が残ってたくらいなので、そんなに面倒は無かったです




エアでぶっ飛ばしまくり       これで殆ど充分だそうな       一応専用の脱水材あるけど、結構高価なんですよね        あとはエバンスを数百cc注いで、ちょっとだけエンジン回して、それを捨てて終了



もうサブタンクは廃棄       様子みてファンも廃棄すっかな・・・・ ^ ^

最後になみなみに注いでキャップしてエンジンかけて、ファンが回るまで放置      試しにアチアチの状態の時にキャップ開けてみました           


凄い      液体がシーンってしてる(笑)       過去にこれやって大やけどした友人知ってるだけに、ちょっと危ない行為なんですがね        ほんのちょっとだけモヤっと蒸気が出たのは残ってた水分かも     なので、フタ開けた状態でしばらく放置     これで完璧かと


いろいろな協力が有って、私も今回テストさせていただく機会を得ましたので、こいつで今シーズン戦ってみます   

あとは人間が沸騰しない体液をぜひ、注入してみたいものです ^ ^

整備ネタはまた次回に続く。












このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2016/02/22 23:48:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:evans クーラント  コメント(0) 

サスのご帰還

 今日はいつぶりか分からんけど、トラ連しにお寺に行ってきた        そもそもお寺自体が2年ぶりくらいになると思う       結構様変わりしてはいましたが、やってる人たちはそんなに変わってはいませんでしたね              懐かしい方々ばかりでした 
ちょうどYZが整備中だったのでトラ連するには良いタイミングだったけど、なんかね~   全然乗れなくなっちゃった        あんなにロックが大好きだったのに、サッパリやわ        おまけに昼から急に手首が痛くなってきて、余計にコントロールできず           でもまあ、頑張って将来期待の若手を指導しつつ、こちらも何年かぶりに誘ったノリピにも遊んでもらえて、良い一日でした


そんでもって、帰宅したらこんなものが ^ ^


おお!    これは!!





業務用の大量マシュマロかと思った (笑)

けど、中をまさぐると









出た出た    飛びきり上等な芋が




長芋も2本入っていた     ものすごく梱包も丁寧にネ




おほっ♬





シールは当然SKF    この緑のシールは低摩擦シールの定番中の定番です

中身もテクニクスさんのfree piston を入れてもらいました
まったくもって多い日も安心な設計に大変身して帰ってきたのだ




傘もナイスですね~      ナイスといえば、先日村〇監督がテレビに出てましたね        そのトークにむちゃくちゃ笑い転げていましたけど ^ ^


  

しかしうまそうなマシュマロ・・・・・・           


なんてね  食べちゃダメですよ


テクニクス様、お忙しいところありがとうございました!
















       
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2016/02/21 22:27:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:テクニクスサスペンション  コメント(0) 

ピストン交換

 YZFX君のリニューアルに伴ってサスペンションは技術的サポートをしていただいているテクニクスさんのところに既に旅立っており、自分で出来るエンジンの腰上整備を実施


ちょうど一年乗ったからこんなもんか

腰上整備は確かに2ストよか面倒だけど、一年に一回これやっとけば、あとはオイル替えるだけで充分やし、なにより2ストみたいに性能の劣化を殆ど感ないのが4ストのいいところ





バルブも外してみるかな



まずまずのカーボン付着です

これをドリルの先端に挟んでジョリジョリ削るのだ 

   


そうそう、外したピストンですが


こんな感じです   左がFX  右が今回投入の16F用     ちょっと薄くなりましたね      カ〇ヤさんの頭〇部のように・・・・  汗

重量も測ってみた



20グラムもの軽量化を達成!!    やりぃ 

これがどれほどのレスポンス向上になるのか、楽しみです



   

  

穴という穴を綺麗にしたった    スッキリ 

あとはリニューアルされたテクニクスチューニングサスペンションを待つのみ       
何度も言うよ     テクニクスチューニングはバイクがまるで高級車のようなゴージャスな乗り心地に変身し、尚且つどこでも地面に吸い付いて走る魔法のサスに変身するのです      僕の登坂力のアドバンテージは、この魔法の足に支えられているのです         ま、機会が有ったらぜひ乗ってみてネ

それはそうと、来週のスクールに間に合うかな~ ^ ^ 。





 









このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2016/02/18 23:02:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:ヤマハYZ250F&FX  コメント(3) 

5年ぶりの白馬と座間さんとの再会

 会社の同僚と白馬2デイズに逝ってきました        自身のスキー統計を見ると、2011年1月以来の白馬でした        その後2012年に岐阜へ一回を最後に、完全に雪山から撤退      あんなに雪山に逝きまくってたのに、エンデューロ転向をきっかけに、完全に遠ざかっちゃいました          
しかし、久しぶりに会社の同僚に誘わたので、気分転換に逝った次第 


天気は曇っててよかったんですが、雪質が終始カリカリで微妙な感じでしたね




 

白馬に棲むスキーボードの神様 座間さんとも6年ぶりくらいに再会!           
今はニセモノスキー協会のナンバー3として、モノスキーに夢中みたい       ブルーモリスからもうすぐその新製品が出るみたいですよ
因みに、白馬の国道沿いの神城にあるザマーン工房では、座間さんの芸術作品が多数展示されています


しかし、夜勤明けでフラフラになっての初日は結構キツかった     なにせ久しぶりに履くブーツに足が馴染まず強烈にしびれまくるし、ちょっと不安だったスキー板もプラスチック部分が微妙に割れるし       なかでも一番参ったのはコレ


ゴーグルの裏側のスポンジがカステラみたいになってて、砕けた粉が目に入りまくり      頭にきて途中でスポンジを取っぱらったら、今度は直に当たる頬が痛いのなんの       完全に参りました

おまけに、咲花のパークで座間さんが「あのバンクをカーブせずに飛び出すと、ジャンプできておもろいで」っていうから、下見無しの一発目から気分よくやったら、なんてことはない 
ジャンプした先はガケまっしぐらだったという素晴らしいオチが待ってました ^ ^;;;       相当ゴロゴロしながら転落しましたが、まったく怪我しなかったのは本当に奇跡かと      ヘルメットを被っていたからというのもあるけど、今日は3回くらいヘルメットに救われたかな         備えあれば患いなし とは良く言ったものです        




座間さんの工房では鉄とガラス細工のアートがいつでも見れますし、体験で作ることもできます   

座間さん作品満載の、村の鍛冶屋     ぜひ寄ってみてはいかがですか?

      


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2016/02/16 22:54:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:SKIBOARD  コメント(2) 

FXリニューアル

 明日の練習を最後に、FX君をフルオーバーホールします
サスペンションはテクニクスさんに出して、エンジンは腰上だけ自分でやります
そこで、ちょっと楽しみな改良を施してみます


まずは2016年YZ250F用の新型軽量ピストン投入        かなり軽い老けになるとか ^ ^

それに伴って、圧縮も少しいじってみます     テスト結果は早くて再来週かな      どうなるかな~。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2016/02/12 23:07:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:ヤマハYZ250F&FX  コメント(3) 

なにかと整備デー

まずはFXにザムジャパンさんの扱うCLブレーキパッドを装着         このメタルパッドは雨でも晴れでもメッチャメチャ効きますねん          結構トライアルチックにズバっと効くので、いつでもジャックナイフできまっせ       

 




次はちょこっとハイエースの静音化       前から気になってた部分なんだけど   
写真では分かりにくいかな


フロントのドアの内貼りをめくってます  黄色いのはスピーカーです    鉄板の内側と樹脂の内側にもたっぷり細かいスポンジを詰め込みました      これだけで、かなりの静音効果です           コレが有ると無いとでは、外に漏れる音が全然違いますよ     ドアを閉める音さえも変わりました

それと、前から気になってた部分の改良をば


ハイエース200系の皆さん、コレご存知ですか?        後ろのドアノブのこの部分        ほんのちょっとだけアレするとアレできちゃうんです       なので、詳しくは書きません
    防御方法として、内側にちょっとした加工を施しました
この加工は聞きたい方にだけ教えることにします


最後はバイク用エアモニの充電     USBから電源をいただきます     結構保つんだけど、たまにはやっとかないとね

そんな、整備に費やした一日でした。








このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2016/02/10 23:05:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:その他  コメント(0) 

アンケートの結果が出たようです

 今まで有りそうでなかったモノ         世の中にはトライアルライダー向けのテクニックDVDは沢山あるけれど、エンデューロのテクニックヴィデオって有るのかな?           特にハードエンデューロに限っては、もはやトライアルのテクニック無しでは辛い時代に一気に突入してしまった感が無きにしも非ずですね                でもね、同じテクニックを使っても、トラ車でやるのとオフ車でやるのはまるで違いますからね            

そこで、ザ・ハードエンデューロライダー向けのテクニックDVDの制作が動き出したわけです        アンケートにご協力してくださった沢山の方々、どうもありがとうございました!

撮る場所はもう決まってるんだけど、細かい詰めの作業があって、発売はどうだろ     夏くらいまでには出したい感じですがね          ヴィデオに登場する生徒さんもオーディションしないといかんし・・・・  やっぱ出川さんみたいなリアクションの素晴らしい方がいいなぁ  





あ、でもこういう絵は無しの方向で  (汗) 
       
いやそれにしても  ヤマハフェンダーのい耐久性は素晴らしいね     これでも割れないんだもんン。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時:2016/02/09 23:30:00 投稿者:【ロッシ高橋】
カテゴリ:ハードエンデューロネタ  コメント(2) 

TOTAL: 13件 [ 1/2 ]
<< 前へ 12 次へ >>

bikeplus

<<  2016年2月  >>

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829

COUNTER
今日 : 0
昨日 : 0
合計 : 0

READER

ARCHIVE
2017年03月 (5)
2017年02月 (6)
2017年01月 (5)
2016年12月 (5)
2016年11月 (4)
2016年10月 (5)
2016年08月 (1)
2016年06月 (4)
2016年05月 (11)
2016年04月 (12)
2016年03月 (11)
2016年02月 (12)
2016年01月 (10)
2015年12月 (9)
2015年11月 (6)
2015年10月 (11)
2015年09月 (10)
2015年08月 (10)
2015年07月 (10)
2015年06月 (8)
2015年05月 (10)
2015年04月 (8)
2015年03月 (9)
2015年02月 (8)
2015年01月 (7)
2014年12月 (9)
2014年11月 (8)
2014年10月 (12)
2014年09月 (12)
2014年08月 (8)
2014年07月 (7)
2014年06月 (10)
2014年05月 (11)
2014年04月 (14)
2014年03月 (12)
2014年02月 (8)
2014年01月 (13)
2013年12月 (13)
2013年11月 (11)
2013年10月 (10)
2013年09月 (8)
2013年08月 (11)
2013年07月 (12)
2013年06月 (13)
2013年05月 (11)
2013年04月 (12)
2013年03月 (8)
2013年02月 (7)
2013年01月 (9)
2012年12月 (8)
2012年11月 (6)
2012年10月 (6)
2012年09月 (7)
2012年08月 (6)
2012年07月 (8)
2012年06月 (9)
2012年05月 (9)
2012年04月 (8)
2012年03月 (11)
2012年02月 (8)
2012年01月 (13)
2011年12月 (11)
2011年11月 (11)
2011年10月 (12)
2011年09月 (8)
2011年08月 (7)
2011年07月 (11)
2011年06月 (8)
2011年05月 (15)
2011年04月 (10)
2011年03月 (7)
2011年02月 (9)
2011年01月 (11)
2010年12月 (10)
2010年11月 (9)
2010年10月 (14)
2010年09月 (7)
2010年08月 (13)
2010年07月 (8)
2010年06月 (13)
2010年05月 (13)
2010年04月 (12)
2010年03月 (19)
2010年02月 (15)
2010年01月 (15)
2009年12月 (22)
2009年11月 (16)
2009年10月 (14)
2009年09月 (14)
2009年08月 (14)
2009年07月 (11)
2009年06月 (9)
2009年05月 (12)
2009年04月 (12)
2009年03月 (14)
2009年02月 (15)
2009年01月 (16)
2008年12月 (13)
2008年11月 (16)
2008年10月 (17)
2008年09月 (12)
2008年08月 (13)
2008年07月 (19)
2008年06月 (20)
2008年05月 (20)
2008年04月 (14)
2008年03月 (19)
2008年02月 (11)
2008年01月 (14)
2007年11月 (4)

LINKS

MOVIE

QR-CODE