PROFILE

お名前:ロッシ高橋
性別:男性
生年月日:1969年01月25日
出身地:三重県
自己紹介:
所属チーム

チームBETAエンジョイズ

デモチーム トライアルエクスチェンジ風の会W1レーシング の4番 


搭乗マシン

・BETA RR2T300-one


ほか

・YAMAHA YZ250FX-one
・GASGAS TXT280RF
・SUZUKI ADDRESS V50W
・HONDA APE (笑)

経歴

・G-net ハードエンデューロ 全日本選手権 2014年~2016年チャンピオン
・第2回,第3回全日本ヒルクライム選手権 エキスパート全日本チャンピオン
・2014 ハードエクストリームGEKKOONE チャンピオン  
・ブルーモリス社(スキーボード) 元スキークロス専門ライダー
・カイダック倶楽部 現書記長
・モーターホーム旅男


まずは、ミスタースズキ 水谷勝氏を代表とするボランティア団体「風の会」の活動に賛同し、私もそのチームに属することによって、精力的にバイクの普及・認知に貢献するボランティア活動をしております。   風の会の詳細はコチラ → http://kazenokai.org/index.html

自己紹介   バイクとスキーの2足のわらじを履いて、ダブルライダー ロッシと称すること約20年以上。  だって、名前がヒロシなんだもん。    ちなみにバレンチノ・ロッシの真似ではありません。    はるかに僕のほうが年上だし、使いはじめたのも僕のほうが早いのだ。   

トライアルバイクはデモのほうが忙しくなり、国内はもとより時には海外(マレーシア、韓国)でもその腕前を披露しました。       なお、国内では東京と大阪でしか開催されないモーターサイクルの一大イベント  大阪モーターサイクルショーではトライアルプロモーション様の協力で、「2007年から2013年まで連続してトライアルショーを担当させていただきました。   

2016年の夏 エンデューロバイクは永らく親しんだヤマハを離れ、ベータモータージャパン様の完全サポートを受け、史上最強難所系2ストロークバイク BETA RR2T300-one
 を駆り、中年の星として全国各地でお騒がせしています。
      
その他に、2006年に世界初のスクーターによるシンクロナイズド・ウイリーチーム「風の会W1レーシングチーム」を、水谷勝氏の協力で立ち上げ、各地のイベントでトライアルとセットにしたデモを展開中。      神業的な技術を駆使し、4人の天才ヘッポコライダー達が、コミカルに息のあったウイリーを奏でる姿を、是非ともご覧になってほしのあき。        

そしてスキーのほうは、国産メーカー「ブルーモリス社」のスキーボード専属ライダー(99~08)でした。      それまで、スキーは殆どやったことが無いド素人が人気のクロス競技で頭角を現し、競技挑戦3年目の2003年に全日本ランキング2位にまで上り詰めるも、同じチームメートに無敵なライダー(ライダー・JOE)が居たことで、ことごとく優勝を阻まれる。        しかし彼のみならず、他にも国内トップクラスの変態チームメートが居たお陰で、極めて短時間でスキーのノウハウを吸収できたことに、大いに感謝している。

カイダック倶楽部(KDC)とは     アクリル変性高衝撃塩ビ板、通称カイダック板を用いた工作倶楽部のことである。           中部地方で密かに流行していたDIYなのだが、素材がゲットしにくいにもかかわらず、私の知らない間に部員が全国的に増殖中なのである。

モーターホーム「バーストナー・エレガンスⅠ690」でぶらりと気ままに旅をするのが最近のライフスタイル。      大会のついでにちょいと温泉へ、とか 美味しいもの食べにちょいと遠方へ、とか 好きなときに好きな場所へ行けるこの車が何よりダイスキ!        最近は宿泊先でゆっったりと車中ホームシアターを楽しんでいます。      但し、デカいので、いろいろ気をつかうことも多いけど、この大きさに慣れたので次は8メートル級を飼いたいが、嫁さんの反対にあい意気消沈。   今はニースマンビショフに夢中・・・   

そんな波乱万丈な人生を歩んでいますが、今一番ホットなことは、ヒルクライム。
誰も登れない急坂を、一筆書きの如く鮮やかに制覇し、そして喝采を浴びることに、ひたすら情熱を注いでいます。         難しいセクションとコンディションになればなるほど圧倒的な技術力で撃破し、ギャラリーを盛り上げること。     そんなしょうもない、くだらないコトが今一番の 自分の生き甲斐でもあり、喜びなんです。
その努力の甲斐あって、2014年 ついに全日本ヒルクライム選手権の最上級クラスでチャンピオンを獲得!

人生は一度きり。     いつ死ぬかなんて分かんないから、体が動けるうちに一生懸命遊んで、仕事して、金使って  破産しない程度に贅沢すること。      40代になって、そのことを痛感しながら日々生きています。   

最後に Gネットシリーズで全日本チャンピオンを獲ったいまは、私が率先してエクストリームエンデューロ界を全国的に盛り上げることが使命だと思っています。         そして、ほか頑張っている若手に技術を伝え、そして後輩達にもこの世界で頂点を目指して日本のハードエンデューロシーンを盛り上げて欲しい。      
そのための土壌作りと方策を日々考え、取り組んでいます。

HISTORY

CATEGORY

COMMENT

TRACK BACK

TOTAL: 11件 [ 1/2 ]
<< 前へ 12 次へ >>

毎週やってます

 今月は思い返すと、毎週ケガなり事故なりしてました        大会直前の左アキレス腱肉離れからはじまり、翌週の大阪遠征では転倒して頭から木にダイブ         次はコス道場後の居残り練習で、ステップが左踵を直撃し内出血でパンパン         そして今日 いい感じで坂を下ってたら、2メートルくらいの落ちていた太い木が一瞬でフロントホイルに入り込み、その後は・・・        はい、またしてもダイブしました ^ ^           今度は岩盤な場所だったんで骨折してもおかしくない場所でしたが、運が良かった       ちょっと左腕痛いけど全然大丈夫    

バイクの調子もそうだったけど、今年の5月はそういう月間だったのかもしれん        過去を見返しても、こんなに派手に転びまくった記憶は無いなぁ         いよいよ老化が始まったのかしらん?         ま、人間が致命的な怪我してないのが不幸中の幸い        ギリギリのところで幸運が味方してるんでしょうね          これだけてんこ盛りなら、6月はきっと大丈夫やな
   


斑尾で出た沢のステアとツグポン       助走は無いし見た目けっこうな感じ
こういう練習ゾーンはなかなか無いなぁ           フルサイズでこんな場所走るのはそんなに好きじゃないけど、攻略していかないとね。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/05/31 22:04:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ハードエンデューロネタ   コメント( 3 ) 

昨日のエルズ

 ハードエンデューロという競技を一生懸命やっていながら、いままで一度も生で全部 宇宙一難しいエルズベルグロデオを見たことがありませんでした       関係者の方々には誠に申し訳なく思っています 汗  

感想は、一言で言えないけど ズバリ 「夢の舞台」ってとこかな      今までタイチ君を第一人者として、落ち武者殿、タイスケ君、カズト君などなど ハードエンデューロを一生懸命やってたらコレに出たいって思う人の気持ちが分かりました            それを現実にするには難しいことだらけなので躊躇するけどね            もしあそこに立てたら、自分はどこまで行けるんだろう? というチャレンジ精神は掻き立てられます          俺だったら全部簡単に登ってギャラリー沸かせてやるね   なんて想像しちゃうと、もうワクワクしか無い           今までも、そしてこれからもヒルクライムだけは究極の必殺技として極めていきたいな 




そんな想いをほのかに抱いて、ほんでもって完全貸し切りで映画を楽しんだ週末でした。
                  

        
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/05/30 09:36:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ハードエンデューロネタ   コメント( 2 ) 

ムース はじめました

 まだまだ世の中知らないことが多くて、知らないままに過ぎていくことが多いこと          もちろんエンデューロの話            前回のパンクについて、やはり早めの対策が必要かと思い、すぐにいろんな方々に相談しました           練習ではまずパンクさせることが無かったけど、そんな過剰な自信は禁物でした          同じ轍は絶対に踏まん

そこで、一番最初に相談した小菅師匠からいただいた必殺「コスムース」
早速装着してみた   


      

 そもそも、初めてムースなるものを拝見して、ちょっと驚き         こんなんでいいのか?ってのが素直な印象          で、早速テストしてきた

ズバリ    いいんじゃなーい ^ ^        ほんの少しだけ障害物への当たり方とハイスピードの回転の仕方に違和感がありますが、やはり何やってもパンクしないというこの安心感には代えがたい               なによりゲコタはタイヤ自体が超軽いしビードも柔らかいんで、使いやすいことこの上なし             しまった、もっと早く知っておくべきだった



新品は、いつも僕の愚痴を聞いてくれる大将のお店    北海道はモトバレーゼさんからお取り寄せ      ムースの箱から鮭が出てくるかな? なんて思いましたが、ドッキリは無しでした

今日はリアだったんで、次はフロントも試してみよう。






このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/05/28 22:58:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: IRC GEKKOTA   コメント( 2 ) 

ンパンパ

 ずっとマシンも、そんでもって人間も調子悪いのが続いてまして、おまけに今日ひさびさに怪我しちゃった       ちょっとしたことでマシンのステップが踝を直撃       内出血してンパンパですがな         ま、骨には異常ないだろうからほかっとくことにする

先週は弟子のツグポと関西に遠征      やっぱね、あそこのフィールドは取り巻く人間も環境も、全てが素晴らしい            できることならアソコを拠点にしたい       現実無理なんだけどさ                     そして、そこで走ると、たった一つの弱点を除けばYZFXはやはり僕にとっては最高の乗り物だと再認識させられます      たった一つを除けば・・・・ 

そして、いろいろ次戦に向けて対策しているところですが、まずは先日のパンク対策としてようやくムースを使ってみようかと思います         まずはお試し的に小菅師匠から頂きました       そのライディングや考え方から、いつもいつも尊敬しております       今日もコテンパンにやられました         なにかとありがたい先輩です       また宜しくお願いいたします



先日お逢いした北海道は福田女史からの贈り物

お魚さんには悪いけど、可愛いすぎる ^ ^ 。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/05/25 22:42:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ハードエンデューロネタ   コメント( 2 ) 

マサル君

 

いま、昨年度ゼッケン2番のマサル君がケガで戦線離脱しております            ここ数年で最も伸びてきたライダーであり、そして誰よりも研究熱心で真摯にハードエンデューロに取り組んできました         僕も彼と一緒になって技術を磨いてきたので、今の彼もそうですが、この世界の先輩 森君でさえも怪我で離脱している現状なので、ちょっと一抹の寂しさを感じています            

ハードエンデューロも昨年から少しづつ世代交代しつつあり、新しい芽を育てている状態でゆくゆくは彼らにバトンタッチしたいと思っているけど、理想としているルール作りにはホド遠い・・          いろいろ今まで書いてきたことを大半の方々は賛同してくれているけど、人の意見なんて十人十色      まとめるGネットの事務側も非常に難しいことであることが分かった            

だから、暫くはライダーとして、まず戦績を確実に残すことに専念する             あとは、やっぱ観てるお客さんにフルサイズのエンデューロバイクが、迫力があってスタイリッシュでカッコイイと思われる   そんなキレッキレの走りを披露すること     
       僕はこちらの世界に転向した時からそれを美学としているので、そこにいま共感してくれているライダーさんと一緒に頑張って、ハードエンデューロの世界を走りたい            それだけでんがな。  ^ ^
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/05/21 10:38:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ハードエンデューロネタ   コメント( 0 ) 

忙しい日常

 今週は自宅に帰ってからはトラブルの原因追及や仕事に追われ、また時間の空いた日は携帯電話の乗り換えに忙殺されて一回も練習に行けず        たまるわ~~~        ま、全然雨降らなくてつまんないから丁度いいけどね

で、携帯電話の話        2年縛りから解放されるのです        この一か月の更新期間を過ぎると自動的に倍額なんて、とてもやないけどやってられません          なので、シムフリー携帯をチャッと買ってきて、今の携帯を辞め、ナンバーポータビリティの番号を発行してもらって、即日発行してもらえる格安シムを買って変更完了         ってな具合だけど、なんだかんだで半日かかりました
この件に関して、FBでいろいろアドバイスしていただいき、感謝しています! 






     

先日の大会で、セクション名「ちょっと沢」を上がってから謎のエンスト        再始動不能に陥ってしまった我が愛機           こんな遠くにまで徒歩で降りてきて、ソウシさんが撮ってくれていました           本当に、いつもいつもありがとうございます!!        CGCはソーシさんのおかげで、皆んな良い記念になる思い出をきり撮ってもらっています        感謝の言葉しかないです


 さて、せっかくパンクからも復活して、ここから面白くなりそうな展開でしたけどね・・          しかし、後で知りましたが、面白いことにこのマシンに寄り添うように小さな動物が居たらしいです





ペロさん、写真拝借しましたよ ^ ^       ナメクジかとおもったけど、それはミニオオサンショウウオでした
           主だけがパドックに戻って不在の間に、仮死状態のマシンを慰めててくれてたのかしら       きっとそうやな          サンキュ


ところで、たった1週だけですが、僕のヘルカメ動画が揃ったみたいなので紹介させていただきます

スタートから https://www.youtube.com/watch?v=xBcKn5lpoJg

パンクしてからの中盤 https://www.youtube.com/watch?v=NAWV3PcSsxQ

終盤悶絶の緑沢      https://www.youtube.com/watch?v=9OzWrZnexqI



僕自身のヘルカメ動画公開は初めてですね             アクセルやクラッチの握り、ブレーキの握りなどの操作関係がものすごく良くわかります           出場したヒトにだけ分かる微妙なライン取りとか          あと、なぜ燃費がいいのか        とかね         今回は、パンクしてからのバイクの扱いが経験したことのない集中力を発揮できて、ちょっとだけオモロかった。                  
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/05/19 20:36:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: その他   コメント( 2 ) 

レースさせてもらえなかった週末

 まずは昨日、斑尾のレースに関わったすべての皆様に感謝です!!            土日の天気もコンディションも、文句なしに最高でしたね          本当にセクションといい、会場のホシピタリティといい、最高の週末だったと思います 


        

レースに関する詳しいレポートは次号のビッグタンクマガジンに寄稿しますので、ここではほんの少しだけ自分自身に起こったことを書こうと思います


結果から先に言うと、今回10位です      正味一時間程度しか走っていません      普段練習でも起こらないトラブルがこの日に限って降りかかってきた       一言で言うとそんな感じ
でも実はそれだけじゃなくて、自分自身の体調のピークを一週間先に持っていってしまったかな~と反省             それが証拠に、大会直前に疲労の蓄積したふくらはぎが軽く肉離れをおこし、走ることができない状態だったので、自転車で体力トレーニングしてみたりとか   焼け石に水でしたね        なので、今回は下見が半分で済んだのでホント良かった           けど、大会中にあんなに歩き回ることになるとは・・・        


      

IRCさんにはスタッフさんが3人もいらっしゃって、今回も全面的に応援していただいたのに期待に応えられなくて心から申し訳ない気持ちでいっぱいです        SLICKのラキさんも、チャネさんも、それにトライアルの大親友だった小森さんファミリーまで応援に駆けつけてくださってるのに、みなさんごめんなさいとしか言いようがないです    


でもね、コレ   なんか先っちょの鋭いモノが刺さったのかしらん


スキー場の跡地なんで、いろいろあるんでしょうね       一週目の斜度40度ヒルクライムを登ってる最中にパンクに気が付いたから、その直前に何か有ったな       まだ半分も走ってないのに      しかも残った半分は全部難所ときた      何とかしてパドックまでビード落とさないように帰らないといけない       ちょっと集中しました       でも、スピードで惰性は付かないわ、真っ直ぐ走らないわの状態で特に、沢を走るのはあんなに体力を消耗するとは思わなかった      もう押しまくりでしたね       フラッフラになってゴールに向かう直前の、オフキャンバーの激下りでタイヤが撚れまくってチーム谷側になったときは、もう笑うしか無かったわい          そこで2位の大宮大先輩にあっさり抜かれ、一週目は3位     上出来かと

ここからタイヤ交換して復活した時は5位まで転落       頑張って追っかけてたら4位のアヤトの背中が見えて、追撃態勢が整ったとたんに妙な音と共に謎のエンジンストール        新国立競技場の手前でした         嫌な予感が的中して、再スタートならず       ここで私のレースは終了でした


一切工具を持ってないんで、いったんここからパドックまで戻って、プラグを持ってきて交換したら一度は息を吹き返しました         ほんの数分だけ          結局スタッフさん3人がかりで引っ張って押し上げて、何とかスキー場の下まで生還          そこからアヒルさんが車で駆けつけてくださって、無事にパドックに戻れました



アヒルさん、その節はありがとうございました       それまでは帰らないといけないという緊張の糸で何とか心をつないでいましたが、泥だらけのバイクが車に収まった瞬間に悔しくて悔しくて     バイクも後ろ姿から、なんか僕に訴えてくるんですよ           もうあんな思いは2度と味わいたくないです       そのために普段からいろいろトラブルを出し尽くし対処している術に取り組んでいるのに、こんな日もあるんだな         そう思った   とういか、そう思うしかなかった


ちゃんと綺麗にして、またバッチリ整備して     次回は必ず     また思いっきり走って観客の皆さんに楽しんでもらいたい   それだけです
また今日から頑張らなきゃね。

  





               





                 
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/05/16 09:42:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ハードエンデューロネタ   コメント( 8 ) 

チャンピオンマシン

ハードエンデューロのチャンピオンマシン  はじめました ^ ^     

ってか、完成しました         今週末の斑尾でお披露目します            








 










ヤマハブルーを基調とした、なかなか洗練されたデザインだと思います      新進気鋭女性デザイナーの禮さんは自身もバイク乗りなんで、良く分かってらっしゃる          ところどころに赤が入ってるのもまたピリっとしていますね         さすがです ^ ^         お願いして良かった!!  

ちなみに、このデザインのレプリカを販売するそうですよ      そのままお願いしても良し      お気に入りのスポンサー名に変えても良し

特注デカールの相場をしってるだけに、今なら結構格〇      値段はココでは言えないので、興味ある方は直接問い合わせてみてネ


デザイナー禮さんのツイッタ   https://twitter.com/rei_SMR144
フェイスブック     https://www.facebook.com/reiko.nakashima.52?fref=ts 






このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/05/10 23:49:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ヤマハYZ250F&FX   コメント( 1 ) 

ややデカール屋さんのデカール

 余裕で大会までに間に合った今年のニューデカール     禮さんサンキュ!
自身初の特注品       次回はバイクに付いた状態をアップしますね
   








このシールが余りにも綺麗なんで、ちいと延命措置を実施




TRICOMZさんからサポートしていただいている傷防止フィルム コブラシールドで傷を防御するのだ


やり方は至って簡単   こうやってほぼ同じ大きさに切りだして







丁寧に貼ってくだけ     この透明シールはめちゃんこ伸びるんで、ほぼどこでも貼れるんだな           分厚いし、気泡もほとんど入らない      
エンデューロレースは一回出るだけで結構傷まるけになるので、コレを施工しとくとピカピカの状態が維持できるんだなも

今日は最終調整でした        非常に良い状態をキープしてるんで、このまま来週は軽めの調整をしたのちに突入します          あ~早く週末になんないかの。













このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/05/07 23:17:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: Tricomz トライコムズ   コメント( 4 ) 

Gネットホームページリニューアル

 昨年から一時閉鎖していたGネットハードエンデューロのホームページが全面リニューアルしたようです



http://g-net.hard-enduro.com/


同時にツイッターもはじめたようですよ     


1月の開幕から3か月の間をおいて来週から再開する、国内最高峰の難易度を誇るGネットの全日本シリーズ戦        九州はすでに終了し、いよいよ本州、四国、北海道、中部、中国と全国を駆け巡ります             これだけくまなく全国を網羅しているエンデューロのシリーズ戦は唯一Gネットだけ           毎試合見どころ満載、そしてもちろん参加してもオモシロイ         それは一度体験した人にしか分からない
まずは先日終了したアタックエンデューロとかプチモンスクとか入門者向けの大会からがお勧めかな         腕に自信のある方はいきなりGネットの中級者クラスから出てもよし       

来週の斑尾はコース監修に定評のCGCスタッフさんが作ってるので、面白くないわけが無いと断言できます      僕も楽しみで仕方ないです        今回はどんな難所が作ってあるのかな
早く走りたい、登りたい!!!        今はただそれだけです。



           
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2016/05/06 12:27:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ハードエンデューロネタ   コメント( 2 ) 
TOTAL: 11件 [ 1/2 ]
<< 前へ 12 次へ >>

<<  2016年5月  >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
COUNTER
今日 : 0
昨日 : 0
合計 : 0
ARCHIVE
2017 年 07 月 ( 7 )
2017 年 06 月 ( 6 )
2017 年 05 月 ( 6 )
2017 年 04 月 ( 6 )
2017 年 03 月 ( 5 )
2017 年 02 月 ( 6 )
2017 年 01 月 ( 5 )
2016 年 12 月 ( 5 )
2016 年 11 月 ( 4 )
2016 年 10 月 ( 5 )
2016 年 08 月 ( 1 )
2016 年 06 月 ( 4 )
2016 年 05 月 ( 11 )
2016 年 04 月 ( 12 )
2016 年 03 月 ( 11 )
2016 年 02 月 ( 12 )
2016 年 01 月 ( 10 )
2015 年 12 月 ( 9 )
2015 年 11 月 ( 6 )
2015 年 10 月 ( 11 )
2015 年 09 月 ( 10 )
2015 年 08 月 ( 10 )
2015 年 07 月 ( 10 )
2015 年 06 月 ( 8 )
2015 年 05 月 ( 10 )
2015 年 04 月 ( 8 )
2015 年 03 月 ( 9 )
2015 年 02 月 ( 8 )
2015 年 01 月 ( 7 )
2014 年 12 月 ( 9 )
2014 年 11 月 ( 8 )
2014 年 10 月 ( 12 )
2014 年 09 月 ( 12 )
2014 年 08 月 ( 8 )
2014 年 07 月 ( 7 )
2014 年 06 月 ( 10 )
2014 年 05 月 ( 11 )
2014 年 04 月 ( 14 )
2014 年 03 月 ( 12 )
2014 年 02 月 ( 8 )
2014 年 01 月 ( 13 )
2013 年 12 月 ( 13 )
2013 年 11 月 ( 11 )
2013 年 10 月 ( 10 )
2013 年 09 月 ( 8 )
2013 年 08 月 ( 11 )
2013 年 07 月 ( 12 )
2013 年 06 月 ( 13 )
2013 年 05 月 ( 11 )
2013 年 04 月 ( 12 )
2013 年 03 月 ( 8 )
2013 年 02 月 ( 7 )
2013 年 01 月 ( 9 )
2012 年 12 月 ( 8 )
2012 年 11 月 ( 6 )
2012 年 10 月 ( 6 )
2012 年 09 月 ( 7 )
2012 年 08 月 ( 6 )
2012 年 07 月 ( 8 )
2012 年 06 月 ( 9 )
2012 年 05 月 ( 9 )
2012 年 04 月 ( 8 )
2012 年 03 月 ( 11 )
2012 年 02 月 ( 8 )
2012 年 01 月 ( 13 )
2011 年 12 月 ( 11 )
2011 年 11 月 ( 11 )
2011 年 10 月 ( 12 )
2011 年 09 月 ( 8 )
2011 年 08 月 ( 7 )
2011 年 07 月 ( 11 )
2011 年 06 月 ( 8 )
2011 年 05 月 ( 15 )
2011 年 04 月 ( 10 )
2011 年 03 月 ( 7 )
2011 年 02 月 ( 9 )
2011 年 01 月 ( 11 )
2010 年 12 月 ( 10 )
2010 年 11 月 ( 9 )
2010 年 10 月 ( 14 )
2010 年 09 月 ( 7 )
2010 年 08 月 ( 13 )
2010 年 07 月 ( 8 )
2010 年 06 月 ( 13 )
2010 年 05 月 ( 13 )
2010 年 04 月 ( 12 )
2010 年 03 月 ( 19 )
2010 年 02 月 ( 15 )
2010 年 01 月 ( 15 )
2009 年 12 月 ( 22 )
2009 年 11 月 ( 16 )
2009 年 10 月 ( 14 )
2009 年 09 月 ( 14 )
2009 年 08 月 ( 14 )
2009 年 07 月 ( 11 )
2009 年 06 月 ( 9 )
2009 年 05 月 ( 12 )
2009 年 04 月 ( 12 )
2009 年 03 月 ( 14 )
2009 年 02 月 ( 15 )
2009 年 01 月 ( 16 )
2008 年 12 月 ( 13 )
2008 年 11 月 ( 16 )
2008 年 10 月 ( 17 )
2008 年 09 月 ( 12 )
2008 年 08 月 ( 13 )
2008 年 07 月 ( 19 )
2008 年 06 月 ( 20 )
2008 年 05 月 ( 20 )
2008 年 04 月 ( 14 )
2008 年 03 月 ( 19 )
2008 年 02 月 ( 11 )
2008 年 01 月 ( 14 )
2007 年 11 月 ( 4 )
LINKS
QR-CODE