PROFILE

お名前:ロッシ高橋
性別:男性
生年月日:1969年01月25日
出身地:三重県
自己紹介:
所属チーム

チームBETAエンジョイズ

デモチーム トライアルエクスチェンジ風の会W1レーシング の4番 


搭乗マシン

・BETA RR2T300-one


ほか

・YAMAHA YZ250FX-one
・GASGAS TXT280RF
・SUZUKI ADDRESS V50W
・HONDA APE (笑)

経歴

・G-net ハードエンデューロ 全日本選手権 2014年~2016年チャンピオン
・第2回,第3回全日本ヒルクライム選手権 エキスパート全日本チャンピオン
・2014 ハードエクストリームGEKKOONE チャンピオン  
・ブルーモリス社(スキーボード) 元スキークロス専門ライダー
・カイダック倶楽部 現書記長
・モーターホーム旅男


まずは、ミスタースズキ 水谷勝氏を代表とするボランティア団体「風の会」の活動に賛同し、私もそのチームに属することによって、精力的にバイクの普及・認知に貢献するボランティア活動をしております。   風の会の詳細はコチラ → http://kazenokai.org/index.html

自己紹介   バイクとスキーの2足のわらじを履いて、ダブルライダー ロッシと称すること約20年以上。  だって、名前がヒロシなんだもん。    ちなみにバレンチノ・ロッシの真似ではありません。    はるかに僕のほうが年上だし、使いはじめたのも僕のほうが早いのだ。   

トライアルバイクはデモのほうが忙しくなり、国内はもとより時には海外(マレーシア、韓国)でもその腕前を披露しました。       なお、国内では東京と大阪でしか開催されないモーターサイクルの一大イベント  大阪モーターサイクルショーではトライアルプロモーション様の協力で、「2007年から2013年まで連続してトライアルショーを担当させていただきました。   

2016年の夏 エンデューロバイクは永らく親しんだヤマハを離れ、ベータモータージャパン様の完全サポートを受け、史上最強難所系2ストロークバイク BETA RR2T300-one
 を駆り、中年の星として全国各地でお騒がせしています。
      
その他に、2006年に世界初のスクーターによるシンクロナイズド・ウイリーチーム「風の会W1レーシングチーム」を、水谷勝氏の協力で立ち上げ、各地のイベントでトライアルとセットにしたデモを展開中。      神業的な技術を駆使し、4人の天才ヘッポコライダー達が、コミカルに息のあったウイリーを奏でる姿を、是非ともご覧になってほしのあき。        

そしてスキーのほうは、国産メーカー「ブルーモリス社」のスキーボード専属ライダー(99~08)でした。      それまで、スキーは殆どやったことが無いド素人が人気のクロス競技で頭角を現し、競技挑戦3年目の2003年に全日本ランキング2位にまで上り詰めるも、同じチームメートに無敵なライダー(ライダー・JOE)が居たことで、ことごとく優勝を阻まれる。        しかし彼のみならず、他にも国内トップクラスの変態チームメートが居たお陰で、極めて短時間でスキーのノウハウを吸収できたことに、大いに感謝している。

カイダック倶楽部(KDC)とは     アクリル変性高衝撃塩ビ板、通称カイダック板を用いた工作倶楽部のことである。           中部地方で密かに流行していたDIYなのだが、素材がゲットしにくいにもかかわらず、私の知らない間に部員が全国的に増殖中なのである。

モーターホーム「バーストナー・エレガンスⅠ690」でぶらりと気ままに旅をするのが最近のライフスタイル。      大会のついでにちょいと温泉へ、とか 美味しいもの食べにちょいと遠方へ、とか 好きなときに好きな場所へ行けるこの車が何よりダイスキ!        最近は宿泊先でゆっったりと車中ホームシアターを楽しんでいます。      但し、デカいので、いろいろ気をつかうことも多いけど、この大きさに慣れたので次は8メートル級を飼いたいが、嫁さんの反対にあい意気消沈。   今はニースマンビショフに夢中・・・   

そんな波乱万丈な人生を歩んでいますが、今一番ホットなことは、ヒルクライム。
誰も登れない急坂を、一筆書きの如く鮮やかに制覇し、そして喝采を浴びることに、ひたすら情熱を注いでいます。         難しいセクションとコンディションになればなるほど圧倒的な技術力で撃破し、ギャラリーを盛り上げること。     そんなしょうもない、くだらないコトが今一番の 自分の生き甲斐でもあり、喜びなんです。
その努力の甲斐あって、2014年 ついに全日本ヒルクライム選手権の最上級クラスでチャンピオンを獲得!

人生は一度きり。     いつ死ぬかなんて分かんないから、体が動けるうちに一生懸命遊んで、仕事して、金使って  破産しない程度に贅沢すること。      40代になって、そのことを痛感しながら日々生きています。   

最後に Gネットシリーズで全日本チャンピオンを獲ったいまは、私が率先してエクストリームエンデューロ界を全国的に盛り上げることが使命だと思っています。         そして、ほか頑張っている若手に技術を伝え、そして後輩達にもこの世界で頂点を目指して日本のハードエンデューロシーンを盛り上げて欲しい。      
そのための土壌作りと方策を日々考え、取り組んでいます。

HISTORY

CATEGORY

COMMENT

TRACK BACK

サポート品の紹介

 私は今年からオフロードバイクの百貨店 ダートフリーク様にサポートについていただいてます
ウェアもブーツもご存知の通り、アルパインスターズブランドを身に着けて、参戦させていただいてます

振り返るとダートフリークさんには私がエンデューロに転向したときから足しげく通い、本当になにかとお世話になっていました     

エンデューロ界で憧れと言ったら私にとっては鈴木健二さんなので、健二さんのサポートについているスポンサーさんも当然憧れの対象となり、それがダートフリークさんであったりテクニクスさんであったりしたわけです                
ハードエンデューロライダーとしての契約は初のようなので、これを契機により一層私も頑張っていこうと思います


さて、今日またいろいろ商品をいただいてきたので一品一品簡単に紹介していこうと思います
因みに部品類は全てベータRR2Tで使うモノです



DRCの鉄リアスプロケ52T    鉄ってのがミソで、重いけど圧倒的にアルミより強い!
たぶん一年は余裕で保つかと     曲がってもすぐ修正できるし、実用性は非常に高いですね



DRCフロントスプロケット12T   前12 後52は他のバイクでも共通に言えることですが、この辺がハードエンデューロのベストチョイスです
1速イゴイゴはクラッチ要らず    そして3速がヒルクライムで万能に使えるのです



DRCグリップゴム   僕はクローズタイプを使います
このくらいの普通の固さが一番使いやすいので、お気に入り




AIRTECのフィルター   これは初めて使います





同じくAIRTECのフィルターオイル     これは今まで使っていました
サラサラしたオイルなので、非常に浸透させやすいです
たっぷり漬けた後は最低でも数日は放置がよろしいかと思うので、フィルターは最低でも2個は欲しいところですね




DRC可倒式レバー   おかげさまで、今までの経験ではちょっと運悪く曲がったことはあるけど、折れたことはありません     信頼性は抜群です




昨年のテネシーノックアウトの頃から使っているDRCのタフスター リチウムバッテリー
いまどきリチウムの軽さを知らない人は損ですよ       おもちゃかと思うくらいの軽さ
今のところノントラブルで、セルの廻りも力強いし、もう手放せません





ノザキハンドルバー    トライアルの野崎選手開発のトライアル用ハンドルです
昨年までジャイアンバーを使っていましたが、初心に帰ってトライアルハンドルに戻しました
双方いいところがありましてね       迷いに迷いましたが、最後は慣れですよ





ZETAのスロットルパイプ   消耗品なので、これも必ずスペアで持っておきたい部品です




ZETAのアルミグリップエンド    これはですね、とにかく見栄えが最高!
締め付けもハンドルの左側はアルミのクサビ状の座金なので、しっかり食いつきます






最期はニューフレンのブレーキパッド
フロントのパッドは、最強に効くメタルを採用     理由は、いつでもジャックナイフ走行したいのでね  笑         

これはホンマ、良く効きまっせ



サポート品の紹介はまた次回に続く。


























 
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2017/03/23 21:59:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ダートフリーク   コメント( 0 ) 

練習機のエンジンOH

 本チャンは当然ベータRR2Tなのですが、2ストなので、そればっかりで練習していたら消耗が早まりますわな     本当は毎回それで練習したいところなので、いよいよベータも2機は必要な気がしてきた


超超難所系のスペシャルバージョンとして、やっぱベータのクロストレーナーはアリだよな
これだったらどんなマシンが来ようとも、トライアルセクションみたいな面倒なやつがワンサカ出て来ても、負ける気はしない       それくらいコンパクト且つハイパワーで、良くできてると思う





さて、そんな本番車温存のため、今所有するYZFXはハードエンデューロ技術向上のための練習専用機となってます
ベータより圧倒的に重いからややこしい処に行くと、これがまたいい練習になるんですよね


前回のオーバーホールからまたそろそろ一年経つので、今日は腰上整備と主要部品の交換とすっかな




幸いにも、消耗部品と、万が一のためのモノはほぼ在庫しています
いちいち計算してないけど、結構なお値段になるかと

レースに出るなら、このくらいは持っていると絶対安心というくらいは必ず持ち合わせてます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2017/03/21 11:31:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ヤマハYZ250F&FX   コメント( 2 ) 

スクール

 ちゃねさん主催のスクールも無事終了     先ほど帰宅しました
取り急ぎ参加された生徒さん、たいへんお疲れ様でした!!
今回は遠方から来てくださった方も数名いたりして、本当に感謝感謝でございます
私も回を追うごとにいろいろ勉強になることが多く、ちょっとづつ教え方のノウハウを蓄積しているところです          今回のように、またいろいろ要望を出していただけると助かります
日頃悶々と練習に励んでいる皆様の一助になるよう、私も頑張らないとね
      
次回のスクールはまた4月以降になりますが、今後とも宜しくお願い致します





最後にちょっと週末の回顧     土曜日はお寺さんで久々の、僕だけトラ連      あそこのエルズとルーマニアは最高のポイントだね           トラで走ってもちっとも面白くなかったから、今度は絶対ベータ持っていこ          あ~やっぱエンデューロバイクは最高だな     もうトラの世界には戻れないよ         
お付き合いしてくれたエデンの皆さん、ありがとう!

そして、その夜のエデン宴会も裏話炸裂で超面白かった      宴会に駆けつけてくれた皆様、ありがとう!!
これからのエデンスクールは、このスケジュールで2日間満喫するのが最高かもしんないと強く思った週末でした。

    

※写真は本文とは一切関係ありません  w              




このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2017/03/12 23:06:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ハードエンデューロネタ   コメント( 0 ) 

成長する弟子たち

 かつての1番弟子 アヤトはすでに独立し、いまハスクバーナに乗って活躍しています          立派に成長し、今や20代のハードエンデューロライダーのなかではトップクラスの実力を付けたようにも見える            


2番弟子のマサテルは、ツイッタではホ〇と言われ続けながら頑張ってヤッテるけど、アイツはまだまだ未成熟なんで、いろいろ面倒みてやらんといかん
まずは強い心を持つよう一から鍛え直すか



そして今回一緒にヒルクライム選手権に行った新弟子2人のうちの、まずはツグポん



チャレンジクラスで勝ってほしかったけど、ちょっとまだ時間がかかる感じ

あまり知られてないけど、彼は違う分野(カヌーのフリースタイル)で全日本チャンピオンを獲っている逸材なので、一番になる方法論は誰よりも良く分かってんだよね      

パッと見は怖そうな兄ちゃんだけど、話してみるといろいろ深いから、僕も勉強になってます

そいやこないだ   やっぱ一番になる奴は何か持ってるなと思った出来事がコレ




ジャンケン大会2連勝  笑      

このおかげで、一回勝った人はもう駄目ってなったんだけど、強い勝負運は今のところコッチに働いてるようですな

今はまだ技術的な取り組みを一からやってるから、ちょっとずつ進化していくのを見守ってるよ






そして、いま一番調子こいてるこの男  「イズヤン」 「イズミヤ」 「シゲル」 いろんな呼び方が有るのですが、いずれは赤い人にイズヤンステッカーを作ってもらおう




この年代特有の、まさに生きる「不思議ちゃん」   たまに何を喋っているのか汚じさんには理解できないし、失礼なことを堂々と言うから目下、いろんなところで出入り禁止を食らっているとかどうとか・・・ www
 
完全にイジられキャラとしての地位を確立しようとしている昨今だが、飄々とした風貌からは見えない闘志の持ち主なんだなコレが

昨年までバイクを含めて、人生で何を一生懸命にやっていいか分からないと言っていた子羊でしたが、ハードエンデューロに狙いを定めてからは一気に才能が開花した感じ     さすが天然

アクサバ3位    そして今回の全日本ヒルクライム選手権が、なんとなんと 準優勝!



当初はタックさんが2位       3位には同点決勝があって、勝ちあがったのがこのイズヤン    
勝ち取った3位で喜びを爆発させたのですが、ちょっとした集計ミスがあって、あとで2位になってしまったのです

詳しい事情は良く分からないけど、タックさん気の毒です       そんでもって、現地でリアルタイムに準優勝を勝ち取っていたのかもしれなかったイズヤンも、ある意味かわいそう

こういった団子状で僅差になるかもしれないヒルクライム選手権の採点方法も、今後はちょっと工夫の必要がありますね      8割登ったら、ちょっとだけ点貰えるとか




そんなこともありましたが、いまスクスクと育っていく弟子たちにはいろいろ僕のいいところだけ盗んでもらって、20代 30代といった各年代のトップライダーとして切磋琢磨してもらうのが、いまの僕の役目

もっと全体的な底上げにはまだまだ時間がかかりますが、各地でのスクールを通して、いろいろ伝えられたらいいなと なんて思ってます。 




※写真は「フミネコ」さんと「BRAINS」さんから拝借しました  ありがとうございました!








このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2017/03/08 13:36:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: ハードエンデューロネタ   コメント( 2 ) 

第3回全日本ヒルクライム選手権

 逝ってきました九州 ブレイズマウンテン

大会に関わったすべての皆様方、大変お疲れ様でした!!!!




今回は単独旅行ではなく、弟子のツグポ・イズヤンと3人で、行きはフェリーでのんびりと船旅を満喫    身体は楽だし、なかなかいいもんですな

さて、この大会   全国からヒルクライムジャンキーが集まることで悪名が高い大会です www
何たって全日本ですからね      その大会で頂点に立つことこそ、栄誉あるヒルクライムキングの称号が与えられるのです         私にとっては涎が垂れるくらいに欲しい称号なのです

ルールは簡単に説明すると、15あるセクションを2回トライして、そのうち一回でも登ったら成功
たったそれだけ

しかし、今回用意されたセクション群は前回より100倍くらいパワーアップしてましてね
ま、そのうち動画があがるでしょう     すさまじい斜度に加えて、どこもかしこも2日前に振った雨の影響でツルツルなんです       

でも、雨の日にしか走りにいかない私にとって、このコンディションはごくごく普通     下見の時点では15セクションのうち2個はダメかなと思ってましたが、フタを開けたら・・・




一応勝つには勝ちましたが、いくつかのセクションには負けた        イメージ通りいかなかったセクションが5つくらい有って、大会終了後の反省会なる練習会を楽しみに走っていましたが、タイムオーバーでやる時間なし       思いっきり宿題を残してきたことが一番悔やまれます




ま、とりあえず  目標の2連覇は達成しました   ベータRR2T300は最強であることが証明できたからヨシとすっか

もちろんIRCタイヤだってそう     宣言通り前はゲコタ  後ろはVE   空気圧は


前0.7   後ろ0,2   今回はチューブ仕様だったんで、プロテクタさんのエアモニターシステムで常時パンクを監視していました

何度も言いますよ    IRCのゲコタは岩や石や根っこには最強ですが、濡れた土や粘土には弱いのです
一方でVEはオールラウンダー  濡れた土や粘土には最強で、しかも岩、石、根っこにもまずまずなのです    だから、こちらを選択し、ちゃんと結果を出しました         

最近は・・というか昨年くらいから結構VEラブなんですよね~



ということで、応援に駆けつけてくれた知人、友人   そして、声援を送ってくれたすべての観客の方々
どうもありがとうございました!!








     
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シェア

投稿日時: 2017/03/06 22:52:00 投稿者:【 ロッシ高橋 】
カテゴリ: BETA moto   コメント( 2 ) 
<<  2017年3月  >>



1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
COUNTER
今日 : 0
昨日 : 0
合計 : 0
ARCHIVE
2017 年 07 月 ( 5 )
2017 年 06 月 ( 6 )
2017 年 05 月 ( 6 )
2017 年 04 月 ( 6 )
2017 年 03 月 ( 5 )
2017 年 02 月 ( 6 )
2017 年 01 月 ( 5 )
2016 年 12 月 ( 5 )
2016 年 11 月 ( 4 )
2016 年 10 月 ( 5 )
2016 年 08 月 ( 1 )
2016 年 06 月 ( 4 )
2016 年 05 月 ( 11 )
2016 年 04 月 ( 12 )
2016 年 03 月 ( 11 )
2016 年 02 月 ( 12 )
2016 年 01 月 ( 10 )
2015 年 12 月 ( 9 )
2015 年 11 月 ( 6 )
2015 年 10 月 ( 11 )
2015 年 09 月 ( 10 )
2015 年 08 月 ( 10 )
2015 年 07 月 ( 10 )
2015 年 06 月 ( 8 )
2015 年 05 月 ( 10 )
2015 年 04 月 ( 8 )
2015 年 03 月 ( 9 )
2015 年 02 月 ( 8 )
2015 年 01 月 ( 7 )
2014 年 12 月 ( 9 )
2014 年 11 月 ( 8 )
2014 年 10 月 ( 12 )
2014 年 09 月 ( 12 )
2014 年 08 月 ( 8 )
2014 年 07 月 ( 7 )
2014 年 06 月 ( 10 )
2014 年 05 月 ( 11 )
2014 年 04 月 ( 14 )
2014 年 03 月 ( 12 )
2014 年 02 月 ( 8 )
2014 年 01 月 ( 13 )
2013 年 12 月 ( 13 )
2013 年 11 月 ( 11 )
2013 年 10 月 ( 10 )
2013 年 09 月 ( 8 )
2013 年 08 月 ( 11 )
2013 年 07 月 ( 12 )
2013 年 06 月 ( 13 )
2013 年 05 月 ( 11 )
2013 年 04 月 ( 12 )
2013 年 03 月 ( 8 )
2013 年 02 月 ( 7 )
2013 年 01 月 ( 9 )
2012 年 12 月 ( 8 )
2012 年 11 月 ( 6 )
2012 年 10 月 ( 6 )
2012 年 09 月 ( 7 )
2012 年 08 月 ( 6 )
2012 年 07 月 ( 8 )
2012 年 06 月 ( 9 )
2012 年 05 月 ( 9 )
2012 年 04 月 ( 8 )
2012 年 03 月 ( 11 )
2012 年 02 月 ( 8 )
2012 年 01 月 ( 13 )
2011 年 12 月 ( 11 )
2011 年 11 月 ( 11 )
2011 年 10 月 ( 12 )
2011 年 09 月 ( 8 )
2011 年 08 月 ( 7 )
2011 年 07 月 ( 11 )
2011 年 06 月 ( 8 )
2011 年 05 月 ( 15 )
2011 年 04 月 ( 10 )
2011 年 03 月 ( 7 )
2011 年 02 月 ( 9 )
2011 年 01 月 ( 11 )
2010 年 12 月 ( 10 )
2010 年 11 月 ( 9 )
2010 年 10 月 ( 14 )
2010 年 09 月 ( 7 )
2010 年 08 月 ( 13 )
2010 年 07 月 ( 8 )
2010 年 06 月 ( 13 )
2010 年 05 月 ( 13 )
2010 年 04 月 ( 12 )
2010 年 03 月 ( 19 )
2010 年 02 月 ( 15 )
2010 年 01 月 ( 15 )
2009 年 12 月 ( 22 )
2009 年 11 月 ( 16 )
2009 年 10 月 ( 14 )
2009 年 09 月 ( 14 )
2009 年 08 月 ( 14 )
2009 年 07 月 ( 11 )
2009 年 06 月 ( 9 )
2009 年 05 月 ( 12 )
2009 年 04 月 ( 12 )
2009 年 03 月 ( 14 )
2009 年 02 月 ( 15 )
2009 年 01 月 ( 16 )
2008 年 12 月 ( 13 )
2008 年 11 月 ( 16 )
2008 年 10 月 ( 17 )
2008 年 09 月 ( 12 )
2008 年 08 月 ( 13 )
2008 年 07 月 ( 19 )
2008 年 06 月 ( 20 )
2008 年 05 月 ( 20 )
2008 年 04 月 ( 14 )
2008 年 03 月 ( 19 )
2008 年 02 月 ( 11 )
2008 年 01 月 ( 14 )
2007 年 11 月 ( 4 )
LINKS
QR-CODE