淡路恵子さん死去 80歳、映画で活躍 ド
映画「駅前」シリーズなどでツヤのある演技を見せた女優の淡路恵子(あわじ・けいこ、本名井田綾子〈いだ・あやこ〉)さんが11日、食道がんのため東京都港区の病院で死去した. 80歳だった. 松竹歌劇団の研究生だった1949年、黒澤明監督の「野良犬」に場末の劇場の踊り子役で出演して映画デビュー. 芸名は、宝塚歌劇のスターだった淡島千景から1字もらって付けた. アディダスサッカーシューズ 54年、米映画「トコリの橋」でミッキー・ルーニーと共演. 55年、「この世の花」シリーズに主演した. 57年には「太夫さんより 女体は哀しく」の遊女役でブルーリボン賞助演女優賞などを受けた. 東京映画と契約をしてからは、森繁久弥主演の「社長」シリーズや「駅前」シリーズなどに出演. バーのマダムや社長の愛人といった色っぽくてしたたかな役柄で真価を発揮した.
カテゴリ:饭冢
投稿者:裕美  投稿日時:2014/10/08 16:16:16
コメント(0) | トラックバック(0)

コメント一覧

トラックバック一覧

この記事のトラックバックURL:

名前:

Mail:

URL:

コメント:

下記画像に表示されている文字列を入力してください