自己紹介文

よくばりといっても、物欲はありません。あー楽しい!という気分を味わいたくて、いろんなことに手をのばしてしまいます。特に仕事が立て込んでいるときの、現実逃避系は、かなり得意かな?

カレンダー
<<  2017年8月  >>


12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031



TOTAL: 86件 [ 7/9 ]
<< 前へ 123456789 次へ >>

アイスクリームの日らしい
2009/05/09 19:15:47

5月9日はアイスクリームの日。
明治2年の今日、日本で初めてアイスクリームが製造販売されたとか。
というわけではないのだけど
ぷすことちびくじらとアイスを買いにでかけました



今日買ったのはこれ!
そうしたらなんと!



当たっちゃったー!
70円のアイス1本当たっただけなのに
なんという幸福感。
安上がりですみません。
いい風が吹いてきたかなー?

と、猛烈に滞っていたブログひさびさに更新してみました。
IDもパスワードもすっかり忘れていたその横でした。

取材裏話 パート3
2009/04/02 09:50:48

新年度が始まりましたね。
緊張気味に肩にちょっと力の入っている新人さんを見ると
なんだか微笑ましい気分になります。
がんばれ!新人。

話は変わり、
「おきなわいちば」25号で
ジーマミー豆腐の作り方を教えてくださった安藤さんのエピソードです。
安藤さんは、何が本職かわからないほど多忙な方。
アロマセラピストの資格を持っていて
お家に伺うときにはいつも
とても気持ちの休まるオイルを炊いて出迎えてくださいます。
打ち合わせでお会いしたときに
化粧品にかぶれて、顔が赤くかさかさになっていたのを訴えたところ
蜜蝋を使ったクリームをくださいました。
イランイランの香りがするクリームをお風呂あがりにつけていたら
荒れていた肌も落ち着いてほっと安心。
このクリームの作り方を今度は教えていただきたい!

ちなみにローズマリーは記憶のハーブで
この香りをかぎながら覚えたことは
香りを思い浮かべただけで思い出せるとか
記憶力のまったくない我が編集室の人間には
ぜひとも必要なハーブなのでした。



これは安藤さんからいただいた焼き物のふくろう。
(とっても個性的なシーサーを作られる方でもあります)
フクロウ(不・苦労)ということで
縁起物のふくろう、これからいいことたくさん起きるといいなあ。

野菜天国
2009/03/31 09:50:14

この間の日曜日3月29日は旧暦の3月3日。
沖縄では「浜下り」という伝統的な行事の日です。

その昔、女性が唯一家事から解放されて遊ぶことの許された日で
重箱にごちそうをつめて浜に出て
海で身を清め、一日楽しく過ごしたといいます。

春の大潮の日なので
今は浜で貝をとる人でいっぱい。
潮干狩り的な日になってます。
私も今帰仁の浜に出て身を清めてきました。
貝は全然とれなかったけどね。

せっかく今帰仁まででかけたので
おきなわいちば26号で取材をした
畑人(ハルサー)片岡さんのところで
野菜を買ってきました



片岡さんのところで個人宅に送っているお好みセットを
少しボリュームアップしてもらいました。
このにんじんは
取材のときにカメラマンのはあこさんといっしょに
間引きをしたときのもの。
すくすくと育って…なんかうれしい。

お味の方は?といいますと
イタリアンパセリも春菊もルッコラも
非常に味がしっかりしていて美味しい!
片岡さんに教えてもらった
イタリアンパセリでだしをとったスープは家族に大好評。
薄めの味付けにすぐぽん酢を入れたがる
娘(ぽんずらーと呼ばれている)も
「美味しいから入れなくてもいいか」と…。

片岡さんの野菜は農薬を使っていないので
虫も大好きだから
洗うときにかたつむりとか虫の糞が残らないように
手間が少々かかるけど
それを差し引いてもいい野菜でした。
家に野菜がたくさんあるときって
かなり幸せ。野菜天国です。

お酢好き
2009/03/28 09:49:21

昨日編集会議に出かけた帰り
国際通りのわしたショップで「フルー酢」という商品を発見。
果汁を発酵させたお酢で
水で割って飲んだり、カクテルにしたり
お料理にも使えるという楽しい商品。
お酢好きな私ととしては迷うことなく
タンカン味を即買いしました。

あーまた何か買ってきたーという家族の冷ややかな目を感じつつ
そういえば我が家にはお酢関係商品がたくさんあるなーと
取り出してみてびっくり!
こんなにあったー!



前列左から
県産レモンで手作りしたサワードリンク
昨日買ったタンカンのフルー酢
バルサミコ
東京で買ったハニービネガー
ワインビネガー
後列は米酢、りんご酢、黒酢

こんなにいろんな種類を持っているのって
料理上手なのか
応用のきかない料理下手か評価の別れるところですが。

「おきなわいちば」22号でおきなわの手作りせっけんを企画してから
シャンプーの代わりに石けんを使っているので
リンス代わりの酢の消費も激しく
一般家庭でお酢をたくさん使うランキングで(こんなのあればね…)
かなりの上位にくいこむことまちがいなしだな。

春はたまねぎ
2009/03/26 09:04:44

今日の沖縄はとっても青空。
空気が冷たいのでよけい気分がいいです。

で、家の中で春を見つけました。

野菜置き場のバケツの中でひっそりと芽をだしていたたまねぎを
ビンに入れて育ててみたら
このとおり!


1週間もたたずにこのありさまです。

アニメ「ONE PIECE」のトナカイのキャラクターを思わせる風貌で
名前を「チョッパー」とつけました。

花が咲くかなー。
咲いたらまたブログにアップします。
楽しみー。


たまねぎの横にいるのは
植物の育たない我が家の中で、唯一3年も生息している
エアープランツです。

今日のMVP
2009/03/24 14:55:52

やったー、日本優勝。
どきどきしましたねー、って今は仕事中。
お昼にアンリさんとそばやのテレビでWBC観戦をしたのが運のつき。
あまりの接戦に
今日は朝早くから編集会議もしたからいいでしょうと
昼休みが終わっても腰をあげずにいたところ
なんと延長戦突入。

しかたなく店を出たのだけど
つい3日前に携帯を変えたばかりの私。
ワンセグでテレビが観れる機種に変えたのが
こんなにも早く役に立つなんて。



イチローの活躍にも劣らない
その横の携帯に
今日は私からMVPをあげよう。

編集長、これからちゃんと仕事するからね!

取材裏話 パート2
2009/03/24 12:22:01

「おきなわいちば」25号の農業企画「土と暮らす。」で
取材したカル・カフェの知念さん。
酪農をやりながら、忙しいカフェの仕事もこなす
ばりばりの仕事人間かと思えばそういうわけでもなく
朝3時からの搾乳は、子どもが小さかったときに
子どものスケジュールに仕事をあわせたという素敵な話だったのです。

「牛の搾乳は12時間あいだをあければいいんですけど
大人の時間帯で朝夕の6時に搾乳をすると
朝は子どもたちが起きてしまう時間帯だし
夕方は夕食の準備の時間で
家に小さい子どもだけおいておくのは心配でしょう」

だから、朝は子どもがまだぐっすりと眠っていて
午後は保育園から帰ってくる前の時間に搾乳をするために
3時のサイクルを選択したそう。



とっても忙しい知念さん。
今何かもらえるとしたら、あと自分の体がふたつ欲しいといいます。
一つは子どものために
一つはカフェのために
一つは牛のために
バランスよく、すべてに丁寧に向き合っている妙子さんの
誌面には書けなかったちょっといい話です。
これからもがんばってくださいね。

そうそう、アンティーク雑貨の趣味は雑誌にも掲載されるほどの妙子さん。
日曜日はカフェの庭先でマーケットを開くこともあるそう
お好きな方はぜひ足を運んでみてください。


名前のない料理店inおうちカフェ
2009/03/19 14:45:32

「おきなわいちば」25号の「土と暮らす。」企画で取材をした首里のおうちカフェ花。
カフェといっても現在のところ日曜の昼だけ営業で
お弁当を販売したり、そのほかの活動が注目を集めているところです。
多様な催しのひとつが
月に一度の「名前のない料理店」の出張店。
今月は3月15日(日)が営業日。
取材に伺ったときから話を聞いていたので
行ってきましたよー。
「アグーdeごはん」で小島さんのお料理は食べていたけれど
コースでいただくのは初めてです。

言葉で表現できないお料理の数々。
シンプルな調味料とオリーブオイルとハーブが素材より前に出ることなく
見事な引き立て役に徹しているのがとにかくすごい。
素材のおいしさを引き出すことこそが調理なんだとしみじみ。

味付けで料理をした気になっていた自分として反省しきりでした。


左からヘゴと読谷村の小麦のマリネ、県産びわとセリのサラダ、キャッサバ


山本大五郎さんが育てた青空放牧豚のラグー


ビーツのタルトと2週間熟成させた青パパイヤのケーキ
バター、砂糖、卵は使っていません


小島さんのお料理をしっかりいただけるチャンスは少ないので
月イチのチャンスをお見逃しなく

詳しくはおうちカフェ花の石橋さんのブログで。
http://tural.ti-da.net/


「おきなわいちば」取材裏話 パート1
2009/03/13 09:04:55

「おきなわいちば」25号の農業企画「土と暮らす。」で取材をした片岡さん。
奥さんに向かって「のんの」と呼ぶのが、なんかかわいいなーと思っていたら
「昔はね、彼女も花のようにかわいかった時代がありましてね
アイヌの言葉で花のことをのんのというわけですよ」
と照れながら片岡さん。
取材の日、朝・昼ご飯、自家焙煎のコーヒー、チャイと
たくさん美味しいものをいただきましたが
あらまあ、いちばん美味しいのはこれでしたね
どうもごちそうさま




おまけ・
片岡さん曰く「いやーん大根」



野菜の中で大根が一番色っぽい?そうです。

ジーマミー豆腐を作ってみました
2009/03/11 16:44:52

「おきなわいちば」25号の「おいしいものづくり」で紹介したジーマミー豆腐。
これなら自分にもできるかもと作ってみました。
ただし本に掲載されているのと違う点が3つ

1 生豆がなかったので、殻付きの煎った豆を使用
2 我が家にはミキサーがないので、手動のフードカッターを使用(かなり致命的)
3 分量を1/10とちょっとにしてみた

できましたよ。一応それなりの雰囲気のものが。
が、やはりミキサーのないのが痛く
いまいちジーマミーのエキスが搾りきれなかったような…

そこできな粉をまぶして黒糖蜜をかけて
デザート風に
これはこれで結構好評でした。



うーん、豆腐を作るにも必要だし
やっぱりミキサー買うかなー。

TOTAL: 86件 [ 7/9 ]
<< 前へ 123456789 次へ >>