■【GSFブログ】フレームを送るのは大変なのだ ! の巻

バイクのフレームって箱詰めするとめっちゃ大きいんです。


そして運送屋さんが想定する大きさを超えてしまうので、運賃がまぁ高いのなんの。


ほとんど空気を運んでいるようなものですが。


 

 それでも車に乗せて鈴鹿まで行くことを考えたら安いか…。


 

ん? 鈴鹿? そうです、送り先は鈴鹿の野島エンジニアリング。


ファサームブランドのマフラーで有名なノジマエンジニアリングさんです。


が、車体づくりも大好きの大得意です。


www.nojima-japan.co.jp/

 


 ノジマさんのデモバイクと言えばZRXですね。



【NJシリーズ】と銘打って、ZRXやゼファーなどツインショック車を、


モノショックにコンバートする加工を行っています。


その第7弾のNJ7がGSF1200なのです。

 

 


 

 ※写真のフレームはTAICHI号ではありません。念のため。


アッパーマウントを作り直し、大幅な車高調整を可能に。


リンクも専用リンクを装着。スイングアームは専用のウイリー製。


ゴージャスです。


 

そして、今回はNJ7標準オーリンズを使わず、TTX36を使う計画。


さらにゴー☆ジャス!


ただし、野島さんに「TTXにしてくれぃ!」というわけにいかないので、こちらで用意します。

 


Rショックのお話は次回に。

 

ではでは。

シェア

投稿日時: 2017/03/01 11:33:00
カテゴリ: ■GSF1200 カスタムブログ