■ブリヂストンタイヤを堪能しました !

こんにちは、アールエスタイチ京都です。


 

タイヤメーカー『BRIDGESTONE』主催のタイヤ試乗会に行ってきました!


     

今回の試乗会は、漫画の「弱虫ペダル」でも有名な静岡県伊豆市の修善寺にある


「日本サイクルスポーツセンター」で行われました。


自転車用に作られた施設ですが、ここの「5㎞サーキット」での試走です。


通常のサーキットと違い、路面μが低く、山岳地を利用した高低差と、様々なアールの


コーナーがある、まるで峠を走るようなコースです。


公道でのタイヤ特性を体感できると、期待し参加してきました。



 

 

試乗の為に用意されたタイヤはこちらです。


【RS10タイプR】【RS10】【S21】【T30EVO】【TS100】【H50】【A40】

 

 

試乗車はYZFR-1、GSXR1000、CBR1000RRからハーレーダビッドソンまであり、


それに比較対象が出来るように、各タイヤが装着されています。


全てのタイヤを体験するのはスケジュール的に厳しく、何に試乗しようか


迷ってしまうほどです・・・。



 

 

天候も良く日差しはあったのですが、風が強く気温は低い状況で、


走行前のブリーフィングでも注意を促されました。


気になるタイヤの感触を、参加スタッフは真剣に体感していました。


 

 


限られた時間の中で、タイヤを選び試乗をしました。


各タイヤの感想はコチラになります。




◆ RS10 【アールエステン】

ニュートラルなハンドリングで軽快感もあり、非常に乗り易いです。


乗り心地もよく、荒れた路面の吸収性も高く、安定した走行が出来ます。


コーナーリングでのグリップ力やコントロール性も非常に高いレベルで、


ワインディング走行に慣れないスタッフでも楽しく走れました。


タイヤとして必要な性能が高次元で融合しており、誰でも気軽に使える


ハイグリップタイヤです。




◆ S21 【エスニイイチ】


軽快なハンドリングからの深いバンク角と、高いグリップ力が魅力です。


モトGPでの開発で使用されていた、「アルティメット・アイ」を使用して


開発されたタイヤで、摩耗ライフを向上しています。


フロントのバンクスピードが速く、リアは比較的ゆっくり動くので、軽快感と安定感の


バランスがとれ、様々なオートバイにマッチします。







◆ T30EVO 

 

自然なハンドリングで、ツーリングカテゴリーでありながら、コーナーリングでの


コントロール性も高いタイヤです。


T30からT30evoになり、トレッドパターンとコンパウンドを変更して、ウエット性能も


さらに向上し、ロングツーリングでの雨でも安心・安全な走行ができます。


今回の試走では周りの景色を見ながら、まるでツーリング中の様な気持ちで


楽しく走行できました。


いい旅を演出するタイヤになりそうですね。




◆ TS100 【ティーエスイチマルマル】

  

ブリヂストンの新作スポーツタイヤです。


非常にニュートラルなハンドリングで、走りやすく好感がもてます。


S21ほどの軽快感はないですが、自然なハンドリングでコーナーリングできます。


ニュートラルなハンドリングから、どのオートバイとも相性がよく、


「カジュアル・ラジアル」のコンセプト通り、街乗りからツーリングまで


楽しめるタイヤです。




非常に有意義なタイヤ試乗会となりました。


各タイヤを車種ごとに体験した事で感じたのは、どのタイヤも優れたハンドリングと


性能を持っており、大切なのはオートバイの使用にあったタイヤを選ぶことが


重要であるということです。


今回の試乗にはアールエスタイチ大阪本店、京都店のスタッフが参加しております。


今年のタイヤ選びで「どのタイヤにしたらいいか悩むな~」と迷われている方は、


アールエスタイチにご来店ください、


様々な経験や知識の中から、お客様のご要望にあうタイヤのご相談をさせて頂きます。



当日は、弊社レザースーツを使用されている青木宣篤選手も、


先導車として試走会に参加されました。


試乗会終了後に、参加スタッフと記念撮影して頂きました!


 



最後に、流石は伊豆ですね。

朝方に富士山がすごく綺麗だったので思わず1枚。(笑)

 

シェア

投稿日時: 2017/03/15 13:38:00
カテゴリ: ■スタッフブログ