■【GSFブログ】装着するタイヤが決定しました!の巻

サスペンション・車体姿勢と合わせて大きく

ハンドリングに影響するパーツです。

十分に吟味しないといけません。

 

決定したタイヤは【ダンロップ】の

ハイグリップタイヤ【α-14】です。  

http://ridersnavi.com/index.html


 


好評だった前作α13の性能をブラッシュアップ

して、高性能と扱い易さを両立したタイヤに

生まれ変わりました。

その特徴はシャープなハンドリング。

 



フロントはツーカットベルトとキャンバー

スラストチューニングで別次元の「軽快性」

「コントロール性」「旋回性」を実現させました。


******************************************************

キャンバースラスト・チューニング・テクノロジー

キャンバースラスト・チューニング・テクノロジー



各バンク角でのフロント/リアタイヤのキャンバースラストの発生力をパターン、構造、

プロファイルで多角的にマネージメントしてバランスをとるチューニング技術。

バイクをバンクさせることによって発生する力がキャンバースラスト。
円錐が転がると、曲がっていくのと同じ原理です。

******************************************************



早いバンクスピードからバンク角にあわせて

手応えが高まります。

シャープなハンドリングでどの速度域でも

軽快さを失いません。

フルバンクまでの過渡特性が分かりやすいので、

バンキングスピードは速く

なりつつも、安定感は増しているという魔法の

ようなハンドリングです。

 


リアも素晴らしく、シャープに舵角の付いた

フロントに追従するようにラインを描きます。

しかもショルダーコンパウンドはスリック

タイヤに迫るグリップ力を発揮し、高い

旋回力を維持しながら、スロットルを

開ければグイグイと車体を前に

進めてくれます。

結果として非常に小さいアールで、まさに

コーナーを削り取っていくように走ります。

それだけですと扱いにくくなるのですが、

α14はどのレベルの方でも扱い易く、

走る事が楽しくなること間違いなしです。

 



GSFにも、もちろんマッチングします。

 

グルーブデザインもレーシーで

かっこいいですね。

 


次回はメーターマウント。お楽しみに。


ではでは。

シェア

投稿日時: 2017/07/03 16:23:00
カテゴリ: ■GSF1200 カスタムブログ