TOTAL: 13件 [ 1/2 ]
<< 前へ 12 次へ >>

▮「残雪残る大山はまだ寒かった」の巻

すっかり晴れ渡った日曜日、またもや山陰方面にソロツー。

例によって中国道宝塚付近は混んでなく、機嫌よく走っていると

降りる予定の院庄I.Cを過ぎてしまい、米子道の久世で降りる。

ここまで来たら大山に行くしかないので、県道を迂回して景色を楽しむ。

  

 ■里桜もあちこちで見られます。八重桜の類はこれから見頃

道を間違えつつも関金温泉に出ます。

   
  
   ■間違いました。

 

 ■ちょっと北アルプスの眺めに似てるかも。

 
  ■違うポイントから。

ここから大山環状道路に入って登頂を目指すものの、途中の

渓流料理「いわなや」のあるゲートで通行止め。ガクッ、積雪だと。

 

 ■多分一部の区間だけだと。

来た道を戻り蒜山高原を迂回して南側から登ります。

標高が800m以上あるので、山肌は残雪があります。



大山の観光シーズンとしては早いのか、道路は空いていて

気楽に走ることができました。


▮県道45号側より望む。



▮迫力の三の沢。



▮絶景ポイント鍵掛峠 。荒々しい大山が一望に。



▮アップしました。

この時期、最高気温は20度前後、山に入ると15度前後。

日中の風も冷たいので防寒を意識したウェアがおすすめです。

   

 ■すっかりお昼を食べ忘れていたので「つるや」で。
  サクッとお安くお腹を満たすならココ。只今、ハンバーグ定食売り出し中。

帰りは毎度の宝塚渋滞が14kmと表示されてましたが、

20時前に解消、スムーズに帰宅できました。

GW前の静けさといったところでしょうか。

シェア

投稿日時: 2017/04/24 12:36:00
カテゴリ: ■ツーリングブログ  

■山陰お花見ツーリング

先週末、予報とは打って変わって好天に恵まれましたので

満開時期も過ぎた桜のお花見に出かけました。

吉野方面は混雑しそうなのでJARTICの高速道路情報で調べると、中国道の

宝塚近辺がナント空いてます。

  

早速、近畿道➡中国道をひた走るものの、ガソリンが少ないことに気づいて、

名塩で泣く泣くチョット高めのハイオクを入れて即出発。

ホントはシェルか出光のガスが 入れたかったんですが。。。

しかもエネオスだったのにTポイントカード出すのを忘れる始末。

次にいつもの赤松P.Aで休憩。時間が遅いせいか他のバイクはいませんでした。。

 

 ■まずはP.Aでお花見

この先、舞鶴道との分岐がありますが、走っているクルマの9割方が舞鶴道へ。

混むのは嫌なので自動的に直進、安富P.Aで行先を思案。

今から大山は時間がナイ。

というわけで桜の楽しめそうな【若桜鉄道 若桜駅】に決定。

走り出してスグ山崎I.Cで降ります。


ここから29号線因幡街道、若桜街道をのんびり北上。

この道は広い揖保川、途中より引原川が並行して流れているので、山間でも景色が広がり

快適なので気にいってます。

 
 
 ■以前から気になってる昔ながらのドライブイン。今回は腹時計と合わずスルー。旨いというウワサ。

 

 
 
 
 ■なんのことはない支流の土手沿いも、桜が咲いているだけで風情があります

 

 花散らしの風ですが、わき道を入ると桜の花びらが敷かれています。

 

 ■モフモフ系の土手道。

 

 

途中ダム湖を通り高度を上げていくと・・。

 

途中の戸倉峠付近は残雪がありました。

トンネル前の温度表示は10℃。トンネルの中は当たり前に激寒でした 。


 

 若桜駅に着きました。先週は「さくらまつり」があったようです。

 隼駅は5駅程先にあります。

 

 

 国鉄時代の名残が見受けられます。

 

 

 C12はGW頃よりラッピングされてピンクになるらしいです。

動力が圧縮空気なので実現できるのですね。

 

 今回は時間もなかったので構内には入場しませんでした。

 

 〆は遅いお昼を駅前筋の食堂で頂きました。

  道の駅側にも、おいしいご飯屋さんがありますよ。

さて、帰りはお約束の神戸三田から宝塚まで渋滞してましたとさ。チャンチャン !
シェア

投稿日時: 2017/04/19 12:11:00
カテゴリ: ■ツーリングブログ  

■ライダーズカフェ ツーリング

ライダーの皆様こんにちは!


アールエスタイチ大阪本店のスタッフB農です。


 

今回は後輩オススメの、ライダーズカフェ『Vintage』を目的地に


奈良県吉野まで、若人だけでツーリングをしてきました。

 

大阪本店近隣のコンビニに集合し、阪奈道路を通ってまずは


いつもの針テラスへ !


   


ちなみに、メンバーはこの5台です。  


   

 

朝早かったので、ちょっと間食(笑)


      


道の駅って、つい何か食べちゃいますねー。

 

さて、ゆっくりしていると寝てしまいそう ? なので出発!!


一気に目的地まで駆け抜けます…そして、到着♪


   

 

私自身、初めて「ライダーズカフェ」に行ったんですが


イメージ(妄想)していた、怖そうなバイカーが集まるアメリカのバー


の様な感じとは違って、オシャレで、居心地が良くて、いい時間が


過ごせる良いお店でした(*^V^*)。

 

スタッフの方が大変親切で、気さくに話しかけてくれました。


そして、何よりハンバーガー・ホットドック・パンケーキ


どれを食べても美味しいー♪ σ(´~`゛) 大満足でした。


  

  ケチャップとマスタードはもちろんハインツです !

  

もちろんデザートもいただきます。

これだけ食べれば間食も不要・・と思います。


オートバイに乗っていくと、マスターが写真を撮ってくれる様で、


お店のフェイスブックに掲載される様です。(もちろん確認してくれます)


恥ずかしいですが、お店のフェイスブックに 自分のオートバイが


載ってるのは嬉しいですね。


 

最後に、綺麗な景色を楽しんで帰りました。


  

  


一年で最もオートバイライフが楽しい時期です。


ライダーズカフェおすすめですよー♪

シェア

投稿日時: 2017/04/13 14:22:00
カテゴリ: ■ツーリングブログ  

■春一番 !  焼き肉(かしわ) 雪中ツーリング

3月も末になると、気温もぼちぼち上昇して日中ともなるとポカポカと

暖かかったりします。4月に入ればさらに暖かろうということで、久々に

マスツーリングを企画。天気の加減で行けば4/2がベストですが、各人諸々と

家庭の事情もあるので、ちょっと天気の怪しい4/1に決行 !

目的地は松阪市の「前島食堂」。

かしわの味噌タレ焼きで有名な食堂です。

集合場所は、南部か東部に行く場合はお馴染みの【針テラス】。


  

さて当日、外は曇天で時折り雨のパラつく、ソロツーなら2度寝する天気。

この時点で一人リタイア、一人遅刻(私)。

ということで9時にお集りの皆様には、先行してもらうことに。

   

針で給油して369号線を南下。

先発組を追いかけますが、なんか周りは雪が残っています。

「まあ、寒いからしょうがないねぇ。」

えー、4月1日なんですけど・・・

このまま進んでホンマに先発組がいるのか少々不安。

雨もパラついて、景色も何もありませんが、悪路は悪路でライディングの

練習になります。わざと白線やマンホールの上を走ったり、タイヤのウエット

性能を確認したりと。。。そんなことしていると身体もあったまってきます。




  

  先発組は早くもトイレ休憩。。
  
  

  4月に入って電熱グローブが役立ったそうです。

  

  369号線はイイ感じの雪景色です。。

  多分、美杉あたりで合流出来るかと思い淡々と走ります。

  

  美杉で追いつきました。

  休憩も終わって出発寸前。トイレだけ借りました。

   
  美杉から先の仁柿峠はかなり狭い道が続きます。

  この区間は当面このままでしょう・・・。

  

     もっと路面が荒れてタイトコーナーの続く場所もあります。

  


  伊勢本街道そのままの道です。

  やっと里に出てしばらく走って166号線の三叉路にあたります。

  そこを左折して数キロ・・途中よく似た形態の食堂もありましたが、
  
  やっと着きました !!

      
    かしわですよ、かしわ!

  

  12時を少し回った所なので満員です。

  30分くらい待って呼ばれました。 

  さて、献立は・・・

  若どり・・・450円     
  めす・・・・450円
  きも・・・・450円
  とり野菜・・450円

  ご飯・・(大)190円
      (中)160円
      (小)150円

  みそ汁(大) 150円
        100円

  キャベツ  100円

  キムチ   80円 

 ※消費税は別途

 ドリンクはイロイロあります・・

 しばらくは「かしわの焼肉」でお楽しみくださぃ。
 
  

  

  ガスですが、アミ焼きはイイですね~。
  
  

  

  いやー、食べました。

  9人でハラいっぱいいただいて一人1,500円いったのかな・・


  土曜は満員ですが、日曜はもっとスゴイらしいです。

  お手頃価格と合わせて、給仕してくださる数人の地元のおばちゃんが

  親切に世話を焼いてくれるので人気なのでしょうね。


  さて、おなかも膨れたところで久居まで伊勢道を使い青山高原へ。



  
  
  


  はい、やっぱり雪です。

  
  

  雪で喜んでいる御仁も居てはります。

  
  
  展望台まで行きます。凍結はありませんでした。

  

  

  観光の人は・・あまりいません。

  

  

 ここのトイレ、使えませんでした・・。

  

  やっと今日初めての青空。


  

  

  記念撮影です。


  

  サテンで休憩したい~。

  で、ウインディーヒルに行きます。(写真撮り忘れ)

  ここでケーキセットでまったり。

  マスターの話だと、昨日の昼から夜にかけて雪が降ったとのこと。

  標高750mなのでナットク。

  


  帰路につきます。

  ほぼ定刻通り?名張の湯に到着。

  
  

   湯に浸からんと帰れない人と、湯に浸かると帰れなくなる人で分かれます。

  散開~。

 

  さて、翌日は絶好の洗車日和となりましたとさ。

  




シェア

投稿日時: 2017/04/04 16:30:00
カテゴリ: ■ツーリングブログ  

■ツーリングの目的は食にあり! の巻

ライダーの皆様こんにちは!


アールエスタイチ大阪本店の普通二輪代表のスタッフB-Noです。

 

関西のライダーの方であれば・・の勝手な想像ですが、


滋賀県をツーリングスポットに選ばれる方は多いと思います。

 


その滋賀県と言えば「琵琶湖」


琵琶湖と言えば「ブラックバス」・・・と言う方は、少ないかもしれませんが

 

今回は、そんな「ブラックバス」の天丼が食べられると言うことを聞きつけて、

 

滋賀県立琵琶湖博物館内のレストラン「にほのうみ」を目的地に、


私を含め3台で、ツーリングに行ってきました。

 

私自身、久しぶりに滋賀を走りましたが、


ツーリングスポットだけあり気持ち良く走れる道が多くてイイですよね♪

 

また、琵琶湖周辺には、きちんと停められる無料の駐車場も多いので


休憩や琵琶湖をや比叡山を背景に写真なんかも撮りやすいのも嬉しいトコロですね。


  

 

さて、目的の「にほのうみ」レストランについてですが


博物館内にあるもののレストランのみの利用であれば入場料は無料です。

 

そして、こちらが琵琶湖で獲れたブラックバスを素材にした「バス天丼」です!!


  

正直、若干味に不安を感じながらでしたが、いざ食べてみると美味い!!

 

3月に入って暖かい日も増えてきました。


皆様も是非行ってみてくださいね♪

 

◆にほのうみHP【http://www.nanyouken.co.jp/nionoumi/

シェア

投稿日時: 2017/03/08 10:10:00
カテゴリ: ■ツーリングブログ  

■レッ津ゴ~2匹 鰻丼を食す! の巻

年明け早々、ツーリングに行きたいものの、寒いは道路の凍結は心配やらで、

何かと腰が重たくなるこの季節。

何か余程の理由がない限り、愛車のエンジンに火が入りません。


そこで過去の旨いものツーリングの記憶をモヤモヤと解凍していくと真っ先に

現れたのが「津」でいただいた【鰻丼】。

あのボリュームと味は忘れられません。

あっという間に食欲ECUからアドレナリンが増量噴射されました。

これを理想食う燃比にするには鰻丼を食べるしかない !

早速、本店の普通二輪免許代表、B農君をお供にレッ津ゴ~。

寒さをものともせず、あっという間に三重県 津市に。

到着したのは伊勢道津インター近くの『新玉亭』。“味でも”有名な名店です。

     

【お店紹介文】

1890年創業。秘伝の辛口のタレと、炭火で焼いた香ばしいうなぎは連日賑わう超有名の

老舗看板の味。お米は伊賀米や一志米を使う地産地消。


      


さて、画像の丼は“鰻が上丼でご飯中盛り”です。

献立の詳細は、鰻の数が並丼で2切れ、中丼で3切れ、上丼で4切れ、特上丼が5切れ

となってます。ご飯の盛りも、中盛り、大盛りとオプションがあります。

盛りの基準が判りませんが、ご飯は【並】で十分です。中盛り頼んじゃいましたけど。


さぁ、いただきます。

ひたすらごはん、ごはん、ごはん、、、そしてうなぎ!というペースで食べ進めます。

鰻もおいしく絡んでいる秘伝のタレも最高です。コメも旨い !

無言でひたすら食べ続け、無事完食しました。

     


そして次回“大盛り”にチャレンジできる お札を獲得。

シリアルナンバー入りです。


     


大盛りは絶叫間違い無しなので、興味のある方は新玉亭大盛りでググってみてください。

さて、理想食う燃費になった所で帰路につきます。

冬場はアレコレ道を選ぶのは好きではないので、あくまで目的地のネタ勝負!ということで

帰りはR163一本で帰ってきました。


次こそは苦しまなくて済むように並盛りを注文しようと、きっと無駄になる誓いをたてて。


【付録・津市うまっぷ】

 


ほかにも有名な学校給食が起源の【津ぎょうざ】もオススメ。

詳しくは☞ http://www.tsukanko.jp/gourmet/812/  


●走行距離:不明

●ライダー:F井・B農

●食う燃費:12.5くらい ややリッチ気味

シェア

投稿日時: 2017/01/17 15:08:00
カテゴリ: ■ツーリングブログ  

■ちょっとだけ林ツー気分

 

ライダーの皆様こんにちは!


アールエスタイチの普通二輪免許代表のスタッフBです。(笑)


寒さにも雪にも負けず「針テラス」まで、ショートツーリングに行ってきました(^^)♪


    

アールエスタイチ大阪本店からスタート。

まずは、阪奈道路を通り奈良公園前まで走ります。
そこから、169号線→80号線で道なりに進みます。
【東紀寺三丁目】を右折し『奈良奥山ドライブウェイ』方面へ
ドライブウェイには入らず一般道を道なりに進みます。

(この道はキツいカーブが多く、マンホールも嫌な場所にありますので要注意を!)
そのまま走っていくと『田原』という交差点が出てきます。

針テラスに行くのなら、ここを真っ直ぐですが、素直に行っても

面白くありませんので寄り道をします。(笑)


   


この交差点を右折し47号線へ→47号線を進むと、下記画像の分岐が出てきます。


左に曲がると山の中を寄り道して行けます。


   


山の中を走っていると、わかりにくいですが、途中右手に手書きの表示で


『長台線林道』という林道があります。 


    

    



雰囲気は抜群!   ここを走ります♪

「4t車以上は通れません」とありますが、4トンが正面から来られると、

まぁまぁ困る道です。

    



林道といっても、大部分は舗装路が荒れている程度の山道ですので、


(ちょっと心細めの) 初心者の方にはオススメです。


ただ、林道には違いないので、ガードレールはありません。




気を抜くと転倒はもちろん、一歩間違えば谷底ですので十分注意を!


私の愛車CRF250 L は、現在モタード化していますので写真の通りロードタイヤです。



が、もちろんオフロードの装備を纏い、何度も走っている道ですので、



オンロードバイクユーザーの皆様は真似をしないでくださいね(笑)



こういったミニ林道は、今後続々と発売されるであろう、ミドルアドベンチャーバイクの



ナラシには丁度良いかもしれません。


   


さて、林道の出口を右に出て走っていくと先ほどの【田原】交差点に戻れます。



そこを右折し、道なりに80号線→369号線で、針テラス到着です \(^_^)/。


暗いし、寒さのせいか、オートバイは一台も居ませんでした。


   


関係ないですが、夕日に照らされて影になってるオートバイのシルエットって


何かいいですよね。


私だけかもしれませんが…。


   



では、またお会いしましょう!


皆様も冬ですので十分お気を付けて楽しいツーリングを\(^^)/


文中の画像は、【止まってオートバイを降りての撮影+GOPRO】で撮影した動画から


写真を切り取っています。走行中のカメラ操作は大変危険ですので、


皆様もGOPROがオススメですよ。

シェア

投稿日時: 2017/01/16 15:07:00
カテゴリ: ■ツーリングブログ  

■2017初ツーリング


今年のお正月は、この季節にしては暖かいお天気でした。

結構お出かけになったライダーも多かったのではないでしょうか。

ぽかぽかと暖かいもので、ちょっと軽装でツーリングに出かけました。

ホンのその辺りをちょいと乗るつもりでしたが・・。


愛車はGSR750。もちろん風を防ぐような野暮なものはついてません !

ライトカウルは付いていますけどね。

お陰で季節を充分すぎるくらい体感いたしました。


【走行ルート】


■自宅(奈良)⇒柳生⇒月ヶ瀬ダム⇒名張⇒青山高原


青山高原⇒針テラス⇒月ヶ瀬ダム⇒柳生⇒スーパー銭湯(奈良)


   


最初の休憩ポイント「月ヶ瀬ダム」はツーリングライダーはおろか、クルマすら

居ない寂しい状態でした。

売店も正月休みです。


     

    ■山の木々も冬模様。



梅の季節は賑わうのですが、それはもう少し先ですね。


  


■ここでコーヒーだけ飲んで一服・・


名張を経由して青山高原へ向かいます。


途中ですれ違うライダーもいません。


 

 ■融雪剤は未だ撒かれてませんでした。



高原の道路では2台のバイクとすれ違ったのみで、パーキングにバイクは皆無。


クルマも3台くらいしかいませんでした。


やっぱり来てはいけなかったのでしょうか?(笑)


  

■ココの自販機補充担当の方ご苦労様です。


しかも、青山高原の冬季はトイレも含め全て閉まっていました。


コレは辛い ! トイレは開けといよ。


さすがは避暑地なので物凄く寒い。(当たり前や)


特に風の冷たさが尋常じゃない。


途中で雹(雪)がチラホラ降り出す始末 ! 山頂はすっかり冷えていました。


しかし山頂(三角点)からの眺めは空気も澄んでいて絶景です。


      


   


風力発電もこんな近くで見たのは初めてで、その大きさに圧倒されました。


   


ただ、先にも記した通り、売店もトイレも閉鎖されていて、その上風が物凄く


吹いており、写真を取るのが精一杯で、さっさと退散です。


この時期の青山高原は「こんな季節にバイクで来たらエライでぇ」オーラが漂っています。


ただ、景色も良いですし道も楽しめるので、暖かい(トイレの開いている) 季節に


また来たいですね。


   


高原の道路自体は楽しく、山頂の駐車場をこえて反対側?の麓まで下りたのですが


何もなかったので山頂道路に戻りました。


  

■バイクも少なく・・・


帰りは遅い昼飯もかねて針テラスへ寄り、つつましく「かけそば」を頂きました。


フードコートにあるカフェでゴマ団子もデザートとして頂き、食後は外のテーブルで


コーヒーを飲んでくつろいで帰路につきます。


   

■質素倹約がモットーのツーリングです。


帰りも月ヶ瀬ダム経由で帰ったのですが、体が冷え過ぎたのでたまらず


奈良市内のスーパー銭湯に立ち寄り、湯冷めしないようノンビリ走行で帰宅です。


●走行距離250㎞程。

●燃費22km/L

●ライダー 京都店 : Y本

シェア

投稿日時: 2017/01/06 17:22:00
カテゴリ: ■ツーリングブログ  

■晩秋の九州阿蘇ツーリング 2日目の巻

 さて二日目。7時前に目覚め、外を見ると靄で真っ白です。

 大広間で朝食をとっていると、大観山で日の出を見てきたという

 他の泊り客が来ました。

 カルデラの中は雲海で、日の出は大変きれいだったそうです。

 日の出を見ようという発想がなかったのは失敗です。

 また次回ということで、8時前に旅館を出ます。

     
  
・朝食のみの宿泊なので内牧温泉の街を2件ハシゴ。
 旨い焼き鳥屋があったけど閉めてました。残念。

    内牧の常宿? 「旅館金時」 24時間入浴OK。
                            バイクは1階屋内駐車場に停められますよ。

 想像していたより寒くありません。

 最近は阿蘇も雪が積もらないとのこと。

 さて旅館を出て、国道212を登ります。路面は所々濡れていますが、

 BT45がしっかりグリップしてくれて、何の不安もありません。

 ミルクロードに出て大観山に到着です。

 昨日よりは靄も残っていてまずまずの素晴らしい景色ですが、

 要はもう少し早起きしろということですね。

 展望台まで歩いていきます。

  

 展望台まで歩いていきます。

 バイクは4輪のスペースではなく、左奥のベンチ前に停めるのがローカルルールの様です。

 

 

 ・赤水方面です。阿蘇に入る国道57号はまだ通行止めです。

 

 ・小さくこんもりしているのは、北塚および本塚でしょうか。その奥は米塚かな。

 

 ・内牧温泉の街もよく見えます。

 

 


 

 ・ラピュタの道がある方角。まだ通行止めです。農道となので地元の方も大変不便な筈です。

 展望カーブもきれいに舗装されたばかりなのに残念。

 よく見るとカルデラの壁面の崩壊は結構ひどい状態です。

 

・反対側はくじゅう連山です。夕方は赤く染まります。

地名、山の名称は九重(くじゅう、ここのえ)、久住山、くじゅう連山とあり、ややこしいのです。


 大観山も数多くのバイクとクルマが集まります。雄大なロケーションも考慮すると

 阿蘇一帯は日本一の聖地と言えますね。

 (ヘルメットを被って運転する スーパーセブンを初めて見ました)


  

 ・この辺りの道も結構好きです。途中で左に折れると、産山村方面に行きます。

 

 ・ココのカーブのロケーションもいいですね。春から夏は緑の中の道になります。

  

 ・展望所が見えてきました。

 


 ・大観山からやまなみハイウエイを右折、宮地に出る途中の展望所。

 残念ながら売店施設はかなり荒れており、手つかずのままでした。

 国道57に出て、道の駅阿蘇で休憩して、東登山道から草千里へ向かいます。


   

 登るにつれて、アスファルトのひび割れが増え、コールタールでの

 補修箇所が路面いっぱいの場所もあり延々と続きます。

 気が遠くなる様な補修作業です。

 

 米塚は無事な感じがします。

 

 よく見ると山肌のあちこちは崩れています。


      

      草千里の駐車場は、現在無料となっていました。

     

      ・草千里に入る左コーナー手前のパーキングも崩壊で片側通行です。
       ここからカルデラ内の眺めも最高です。

  

 ・お馬さんもお客さんが来るのを待っております。

 10月に来た時は爆発があった1週間後だったので、入山できませんでした。

  今は草千里まで通行できます。ただし南阿蘇側の南登山道は通行止めです。

  

・お池の水量も少なめ。

  

  ・水蒸気は以前の感じですが、いつ爆発するやら不気味です。

  

  ・湿原を歩いている方も多いですね。四季折々の顔があり、毎季節来たいです。(真冬以外)

  

 ・杵島岳 ここも山肌が崩壊しています。昔は麓にバイクを止めて登りました。
 
 ここからの眺めは最高なのですが、今は立ち入り禁止の様です。

             

  ・米塚の横を通る県道は通行止めです。ここもロケーションの良い道です。


 その後同じ道を逆戻りし、産山村経由で高森から南阿蘇へ出ます。

     
   

   周辺は牧場が広がるカントリーロードです。荒涼感もイイです。

   


 県道40を南下し、国道57の交差点に。右折すべきか迷っていたら、

 竹田方面から来る地元のライダーがどんどん左折していきます。

 これはイイ道に違いないと思い、そのまま直進、後を追っかけていきます。

    

 ・行き当たりばったりでも阿蘇はロケーションの良い楽しい道が多い。

 ファームロードの様で、大きくうねった道が上ったり下ったりを繰り返します。

 途中で休憩中のライダーも多く、ローカルライダーが好んで走る道の様です。

 そろそろ適当なところで停車し、現在地を確かめます。

 17時過ぎには別府港に到着したいので そろそろ帰り道も考えてプランニング。

 ケニーズカフェの前を通り (時間がないので今回はパス、お昼も抜き !) 

 名もない細い道を経由し、国道265を下り 高森の町に出ました。

  

    ・いつの間にか根子岳の裏手に出ていました。

  

   高森の町です。阿蘇山の裏手です。

  
   

   南阿蘇一帯です。水源地も多く、意外と思われますが、焼酎以外に日本酒の

   酒蔵も多いです。やっぱり水が決め手ですね。

   今回は時間がないので蔵めぐりはこれまたパス。

   その後県道28からケニーロードを通り大津町へ。

   ケニーロードはクルマも多く流れもゆったりしています。 

   さて、いい加減時間が迫ってきました。

   通行止めの国道57を回避し、大渋滞の県道339を経てやまなみハイウェイへ。

   そして瀬の本の三愛レストハウスでルートプランニング。

   ここもバイクが多く集まります。

   九州のライダーはスマートに乗っている方が多いと実感。

   
  

   瀬の本高原の紅葉もきれいです。

  


   瀬の本から長湯温泉方面へ。ほていの湯につかっていたらもう15時過ぎ。

   そこからは渋滞回避のためファームロードで湯平温泉、国道210に出て由布院へ。

   これが正解で、道は荒れ気味ですが2車線で紅葉もきれい。

   日曜というのに不安になるくらい誰も走っていません。


   このあたりは走りっぱなしで写真がありません。


   由布院からは大分道で別府までワープします。

   当日フェリーに乗船するライダーはここがポイントです。

   休日の夕方、県道11で別府に出ようものなら大渋滞でフェリーに乗り遅れます。

   由布院町の手前から混んでいて、恐らくやまなみハイウェイ出口から

   混んでいるでしょう。

   その場合は九重I.Cから大分道に乗ります。急がば回れですね。


   ただし、この区間の高速道路も曲者で、悪天候時などは霧が出てなんと通行止めに。

   前回は見事コレをくらって、雨の渋滞路にハマってしまいました。

   こういう時のプランBは由布院から県道617→616→国道500です。

   県道は山間の道ですが2車線です。ただし夜間は見事に真っ暗です。

   その後は別府S.A付近から県道で国道10に抜けるのが良いと思います。

   ※道路状況はネット確認なので少々古いです。運が良ければ新しくアスファルトが敷かれているかも。


  

   ・由布岳が見えてきました。帰りは夕日に照らされています。

  

   由布岳P.Aにて。山陰で寒いです。

  

別府の街が見えてきました。高速は空いています。

何とか明るいうちに到着。

別府インターから右折し、フェリー乗り場までは車線も広がりますが混み気味。

左折して、狭いですが、県道52から冨士見通りを経て国道10に出るのもアリです。


  

   ・「ようこそ」とネオンが照らしてます。夜着便は関西汽船の頃から無かったような。

   帰りの便も満員です。帰りはぐっすり寝たいのでツーリストベッドへ。

   一泊のせわしいツーリングでしたが、景色は堪能できました。

   次回は春に来たいと思います。

  







シェア

投稿日時: 2016/11/21 15:28:00
カテゴリ: ■ツーリングブログ  

■晩秋の九州阿蘇ツーリング

11月になってやっと天気が安定してきましたので、この秋2回目の阿蘇へ

「さんふらわあ」を利用して1泊ツーリングに。

前回は10月中旬、「さんふらわあ」周遊プランで志布志に上陸して、帰りは

別府から乗船しましたが、2日の日程ではちょっときつい。

フェリーの料金はお得ですが、阿蘇での時間を長く取るため、今回は

南港⇔別府往復プランにしました。

しかし志布志航路は2018年に新造船がデビューしますのでちょっと楽しみです。


さて、別府行きは南港を19:55出港なので余裕があります。

ちょっと雨もぱらついてますが・・・とりあえず手前の出光で満タンにしておきます。

昔は「なるべくカラにして乗船を・・」と言われていた気がしますが

今はそんなことはないようです。


 

・乗船して即お風呂に行くと大体空いてます。 バイキングはおいしいですが、おビールはもう少しマケてください。


乗船後、車両甲板にバイクと共にヘルメットをはじめ不要な荷物は置いていきます。

船内に持っていく荷物は最小限にします。

       

   ・今便はジャズナイトということでギターデュオの演奏も。 


さて、翌朝。別府は快晴です !

フェリーは既に大分湾内を航行しています。


    



    

   ・温泉が湯気を立てている別府おなじみの景色です。

     
     

      ・一か月振りの九州です。前回は雨の上陸でした。

      

      ・フェリー下船後すぐに九州横断道路へ。午前8時過ぎですが思ったほど寒くありません。
  
   
今回は九重まで高速を使って時間を稼ぎます。 由布院までの

ワインディングでそこそこ時間がかかりますので。 



     

由布岳PA手前。目の前に由布岳が見えてきました。この辺りは標高500mです。

さすがに寒くなってきました。

実はこの高速沿いにも国道と県道があり、由布院までの抜け道となります。


  

由布岳も過ぎ、由布院の町が見えてくる筈ですが、霧の中です。

多分、県道11、216号は渋滞していたでしょう。高速ワープ正解です。

  

高速道もガスが迫ってきましたが、すぐにクリアになりました。

  さて、九重ICで降りて県道40号に入ります。

前回はまだ色づいていなかった、ローカルの紅葉名所「九酔渓」に行きます。

耶馬渓は有名ですが、ここの良いところは渓谷の下から、つづら折りの道を

上がった所からの景色です。

  

・見上げるだけでなく見下ろせる景色は格別。

  

・色づきはもう少しといったところです。

ここでUターンをして、前回走れなかった景色の良い道を通ります。

県道681九重町役場に入った所から、さらに飯田高原方面に左折。

地図上はファームロードのような細い表記ですが、適度なカーブの続く素晴らしい道です。

  

くじゅう連山が見えてきました。

   

やっと「やまなみハイウエイ」に合流しました。

ここからは阿蘇が一望できる大観山までひとっ走りします。

ひょっとしたら、由布院の町のように霧に包まれているかも

しれないからです。

   

 阿蘇に来た! と実感する景色が続きます。

   

   まず牧ノ戸峠を越えて、九州のライダーにはおなじみの三愛レストハウスのある瀬の本に。

   

   長者原から麓の温泉の湯気が見えます。

   

   峠の下り。瀬の本一帯は靄に包まれてます。

   もう少し早ければもっと素晴らしい景色だったでしょう。

   根子岳をはじめ、阿蘇五岳が姿を現しました。

   阿蘇中岳火口から噴出する水蒸気も見えます。

   三愛レストハウスはパスして、大観山へ。

   

   大観山に到着。 手前の砂利の広場に留めます。

   うっすらと靄はかかってはいますがもうお昼です。
  
   

   雄大な景色です。

   そろそろお腹が減ってきました。

   国道212で内牧まで降ります。これが楽しいワインディングなのです。

   内牧温泉入口交差点を左折してすぐの「なぽれおん食堂」へ。

   

 なぜナポレオンなのか、今回も聞きそびれました。

 内牧のいまきん食堂のように、行列はできませんが、ボリュームもあっておいしいです。

 名物はカツカレーでとんかつが売りなのです。

 真っ黒出汁ですが、おでんもおいしいです。夜は居酒屋になります。

 この後は温泉を探しに適当に走り、宿に着く頃には薄暗くなってしまいましたが、

 大阪より日の入りが1時間近く遅いので一日が長く感じます。

 【続く】

 

 

   




 







   
シェア

投稿日時: 2016/11/19 15:34:00
カテゴリ: ■ツーリングブログ  
TOTAL: 13件 [ 1/2 ]
<< 前へ 12 次へ >>